出資馬 近況(5/8~11)

多忙で更新遅れちゃいました。一気に今週の近況です・・・

◆◇◆ アマルフィターナ 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母ホワットケイティーディド(母父Nureyev)
2007年3月24日生 黒鹿毛 栗東:平田修厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/09 平田厩舎
9日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-38秒8-25秒9-13秒2)。「今朝は坂路でサッと強め程度に追い切りました。ちょうど落馬があって逆走してきた馬がいた時だったのでヒヤヒヤしましたが、リズムを崩すことなく走りきってくれたので良かったですよ。頭を上げてしまうところがあるので、スタンディングマルタン(頭を上げたり立ち上がるのをしにくくする馬具)をつけていますが、普段のキャンターなどでは効果を見せているようです。カイバ喰いは相変わらずあまり良くありませんが、馬体はなんとか維持できていますし、今週の競馬にいい状態で向かえるようにしっかりと調整していきます」(平田師)13日の京都競馬(4歳上500万下・芝1400m)に秋山騎手で出走を予定しています。

12/05/10 平田厩舎
13日の京都競馬(4歳上500万下・芝1400m)に秋山騎手で出走いたします。

仕上がりも上々みたいなので好結果を期待しています。
そろそろ結果が欲しいところです。
G1トレーナー&ジョッキーのコンビでお願いします!


◆◇◆ サファーガ 近況 ◆◇◆
牝馬 父アグネスタキオン 母アドマイヤマカディ(母父ノーザンテースト)
2009年2月9日生 栗毛 栗東:橋田満厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/09 橋田厩舎
9日は栗東坂路で追い切りました(53秒1-38秒6-25秒2-12秒3)。「今朝は坂路で終い重点の追い切りを行いました。朝一番の馬場状態がいい時間帯だったとはいえ、ひと追いで終い12秒3は好調な証ですね。乗っているスタッフに聞いたところ、これでもまだ一杯ではないとのことですから、状態は間違いなくいいと思います。土曜日の京都に芝1400mの番組があるのでそちらに向かうつもりで川田騎手を押さえました。想定表からすると出走できるはずですので、新潟で組まれている牝馬限定戦の番組が混雑しているようですから、そこから回ってくる馬がいないことを願いたいですね」(橋田師)12日の京都競馬(3歳未勝利・芝1400m)に川田騎手で出走を予定しています。

12/05/10 橋田厩舎
12日の京都競馬(3歳未勝利・芝1400m)に川田騎手で出走いたします。

無事に出走が確定しました。
川田を押さえた辺りはさすが橋田センセ。
追い切りも万全に近いし出遅れが無ければ勝ち負け出来そうです。
先週出走できなかったのが良い方向に行って欲しい。
応援には行けませんが期待してTV観戦します。


◆◇◆ プレザントライフ 近況 ◆◇◆
牡馬 父シンボリクリスエス 母アドマイヤセラヴィ(母父サンデーサイレンス)
2009年5月9日生 青鹿毛 栗東:松田国英厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/10 松田国厩舎
9日、10日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬を見ていても、直線半ばまでは非常にいいリズムで走れているのに、いざ追い出すと弾けないという内容。まだ体の収縮をうまく使えず、伸びきった走りになるので、ヨーイドンの競馬になると分が悪くなってしまいます。手脚が長く胸前が薄い馬体を見ても先々は芝の長いところで活躍できると思うのですが、まだ走り切れていない現状ですから、まずひとつ勝つためにダート戦も視野に入れて調整していきます」(松田国師)

やはりダートを視野に入れてきましたか・・・。
今は勝ち上がることが優先ですからね。
もっと成長したら芝でも走れると思いますのでまずは1つ勝って欲しいです。


◆◇◆ プラチナスレッド 近況 ◆◇◆
牡馬 父ジャングルポケット 母フィルドール(母父アグネスタキオン)
2009年3月26日生 栗毛 栗東:小崎憲厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/08 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「こちらに到着後、左の飛節の状態を確認しました。以前こちらにいるときに傷めた箇所とは違い、飛節の前面に腫れが見られます。ただ、骨などには異常がなく、痛みもなさそうですので、ゆっくりと動かしながらその後の状態を見ていきたいと思っています。キャンターの動きは以前よりずっと良くなっていますから、飛節のケアをしっかりとしつつ乗り進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

完全な黄色信号です・・・
デビューできたらそこそこやれると思ってただけに残念です。
このまま慎重に様子見るのか、少し早めの決断がされるのか・・・心配です。
何とかして良化してほしいと願うばかりです。


◆◇◆ ヴァリディオル 近況 ◆◇◆
牝馬 父Dynaformer 母ヴァレラ(母父Monsun)
2009年2月21日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


12/05/08 NFしがらき
周回コースでハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。9日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。「この中間も順調に乗り込み、15-15もコンスタントに取り入れることができています。ここ最近は気持ちの面でも落ち着きがあっていい雰囲気をキープしていますし、馬体を含めて特に不安なところはありません。今のところ明日の帰厩を予定していますが、いい状態で送り出すことができそうです」(NFしがらき担当者)

12/05/09 石坂厩舎
9日に栗東トレセンへ帰厩しました。

12/05/10 石坂厩舎
10日は軽めの調整を行いました。「水曜日に無事帰厩しました。今朝は坂路で軽く脚慣らしをしましたが、休み明けの分やや気負って走っているような印象は受けました。ただ、口向きなどは問題なくスムーズでしたし、馬体も464キロといい状態です。順調に進めて行けそうですよ」(杉山厩務員)

無事に帰厩しました~♪
馬体も回復していますし調子も良さそうなので早めに使えそうです。
さすがに来週のオークスDayの京都の限定戦には使わないでしょうか?
狙い目だと思ってますが・・・。
2場開催になっちゃうと出走が難しくなりそうなので調子次第では出走もあると思います。


◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/09 久保田厩舎
9日はゲート中心のメニューを行いました。「少し大きめのところとゲートを並行しながら進めているのですが、ガクッと来るようなこともなく順調に調整できています。クロフネの分だけ上2頭ほど軽すぎる動きではないのですが身のこなしはやっぱりいいですよ。ただ、週末に少し動かしたときの息遣いはもうひとつでしたね。このあたりは鍛錬しながら徐々に上昇させていければと思っています。今朝はゲートへ行きましたが、出ることに関してはほぼ問題ないような気がするのでそう遠くないうちに試験を受けてみてもいいかなと思っているところです。ただ、駐立の際に少しうるさくなってきて、ファインセラっぽいところが見え隠れしてきたというか、気をつけないとこれから危なくなってきそうだなと思えるので慎重に接していきます。この血統なのに“何かあるんじゃないか?”と構えるくらい順調すぎるくらい進んでいますので、焦らないことが大事ですね」(久保田師)

12/05/11 久保田厩舎
11日にゲート試験を受けて見事一発合格しました。「ちょっとガタガタしてくるかもしれないと構えていましたが、今朝の様子は悪くなかったのでいいときに試験を受けてみることにしました。実際、入りも中も問題なかったし、出るほうも大丈夫でしたよ。ここまで順調に行って怖いくらいなので、慎重に見極めてこのままデビューが可能か判断していきます」(久保田師)

やりました~!
もうゲート試験合格しちゃいました。
今年の2歳たちはホント早いです。
デビューにしても放牧にしてもじっくり予定が組めるのが良いですね。
先生の期待の高さも分かりますし、デビューが楽しみです。
ただ、『ファインセラっぽいところ』ってのが気になりましたが。


◆◇◆ グレイスヒーロー 近況 ◆◇◆
牡馬 父ダイワメジャー 母グレイスルーマー(母父トニービン)
2010年1月25日生 栗毛 美浦:栗田徹厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/10 栗田徹厩舎
9日、10日はゲート中心のメニューを行いました。「ゲート練習を継続して行っていますが、普通にビュンと出られるようになってきました。それなので今日あたりに合格まで持っていけないかなと思っていたのですが、2歳のゲート馬が多くなり、ゴチャゴチャしていたので寄りで少し敏感になっていて“もう少し練習が必要かな”と発走員に指摘されてしまいました。ダイワメジャーの気持ちの部分が少しずつ顔をのぞかせるようになってきているのかもしれませんね。クーデグレイスも少しだけ難しいような面を見せることがありましたし、父系、母系ともメンタル面の変化にはよく注意してあげなければいけない。納得すれば大丈夫ですが、それまでに無理をすると良くないので慎重に行きたいと思います。受検に関しては馬の精神状態をよく見ながらタイミングを図っていきます」(栗田徹師)

12/05/11 栗田徹厩舎
11日にゲート試験を受けて無事に合格しました。「昨日は馬場が悪く頭数も多くてゴチャゴチャした、馬にとってちょっと可哀想な状況だったためうまく行きませんでしたが、今日は大丈夫でした。寄りも駐立も出もスムーズで無事に合格をもらうことができました。まずはひと安心です。今後については、このままデビューへ向かえるか、ひと息入れてあげるべきか、馬の状態をしっかり見極めた上で判断していきます」(栗田徹師)

こちらもゲート試験合格です。
状態をしっかり見極めてもらって良い状態でデビューして欲しいです。
血統的にも府中は合うと思うけどなぁ~。


◆◇◆ ペドレリーア 近況 ◆◇◆
牝馬 父ネオユニヴァース 母ジェリクル(母父メジロライアン)
2010年3月7日生 鹿毛 美浦:栗田博憲厩舎 生産:白老ファーム


12/05/09 NF天栄
9日にNF天栄へ放牧に出ました。「引き続き経過を観察してきましたが、消炎剤などを投与しながらケアしてきたこともあってか状態がさらに悪化することはありませんでした。ここまでの様子からどういった診断になるのか診療所に改めて確認を取ったところ、先天的なものではなく急性によるもので、診断名は急性蹄葉炎ということでした。今のところ大ごとまでには至っていませんが、落ち着くまでしばらくは時間が必要になるだろうとのことでした。急激な負担とならないように北海道から早めにノーザンファーム天栄へ移動させてもらい、体調をしっかり整えてから先月末に満を持して入厩させたのですが、このようなことになってしまい申し訳ありません。しばらくは安静にしなければいけないでしょう。ご心配をおかけして本当に申し訳ありません」(栗田博師)

大変な病気になってしまいました・・・。
しっかり治して元気に走ってくれることを祈るしかありません。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。