出資馬 近況(5/2)

明日から休みだというのにテンション下がり気味です・・・。
今日は心配な更新がありました・・・。


◆◇◆ アマルフィターナ 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母ホワットケイティーディド(母父Nureyev)
2007年3月24日生 黒鹿毛 栗東:平田修厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/02 平田厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(55秒1-40秒0-26秒4-13秒2)。「今朝は坂路で強め程度の時計を出しました。元々トレセンに戻ると臨戦態勢の環境にピリピリとしてしまってカイバが落ちるタイプ。今はふっくらした体つきなので、あまりビシビシとはやらず、気持ちを乗せていくというつもりで調整しています。動きはしっかりしていて、変わらずいい状態です。坂路でも頭を上げて走るようなところがあるので、距離は前走と同じぐらいがいいはず。入るようなら来週京都の芝1400mに向かいたいと思います」(平田師)13日の京都競馬(4歳上500万下・芝1400m)に秋山騎手で出走を予定しています。

仕上がり良く帰ってきてくれましたので早めに出られそうです。
京都芝1400mは合っていそうですし、秋山ジョッキーお願いします。


◆◇◆ サファーガ 近況 ◆◇◆
牝馬 父アグネスタキオン 母アドマイヤマカディ(母父ノーザンテースト)
2009年2月9日生 栗毛 栗東:橋田満厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/02 橋田厩舎
2日は栗東坂路で追い切りました(53秒4-39秒3-25秒4-12秒3)。「今朝は坂路で追い切りました。一杯にはやらず、終いにハミをかけて反応を確かめる程度で追わなくていいと指示を出していたのですが、仕掛けてからの切れは予想以上でした。朝一番で時計の出やすい馬場状態ではありましたが、それにしてもいいタイムでしたね。前走を見る限り1200mでは前半の追走に手間取るし、新潟の1400mか1600mというつもりでジョッキーを探そうと思っていたのですが、京都の1400mなら岩田が乗れるとのこと。鞍上の魅力もあって、京都に向かうことにしました」(橋田師)5日の京都競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1400m)に岩田騎手で出走を予定しています。

あれ?京都に変更?
騎手確保に苦戦したようですが岩田なら文句ないでしょう。
でも出走予定してる想定頭数はかなり多いはず。
除外対象では無いのでしょうかね・・・???
出来は良いので今週出られるといいのですが。


◆◇◆ プラチナスレッド 近況 ◆◇◆
牡馬 父ジャングルポケット 母フィルドール(母父アグネスタキオン)
2009年3月26日生 栗毛 栗東:小崎憲厩舎 生産:ノーザンファーム


12/05/02 小崎厩舎
2日は軽めの調整を行いました。「飛節の状態は、日によってまちまちで、落ち着いていることもあればちょっと熱っぽくなったりと、なかなか安定してきません。今朝は15-15を乗る予定でしたが、馬房から出したときの感じがあまり良くなかったので、角馬場での乗り込みに留めました。様子を見ながら進めていくつもりだったのですが、一進一退の状態で手加減しながらやっていっても仕上がりには時間がかかってしまいますし、思い切って一度放牧に出した方が近道だろうと判断しました。お待たせしてしまって大変申し訳ありませんが、しっかりと治療して立て直します」(小崎師)3日にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

あぁ・・・恐れていたことが起きちゃいました。
脚元がしっかりしてくる前にタイムリミットになりそうな嫌な予感がしています。
何とか放牧で脚元の状態が上向いてくれることを祈ります!


※ 2012/05/03 21:26追記
12/05/03 NFしがらき
3日にNFしがらきへ放牧に出ました。

◆◇◆ ペドレリーア 近況 ◆◇◆
牝馬 父ネオユニヴァース 母ジェリクル(母父メジロライアン)
2010年3月7日生 鹿毛 美浦:栗田博憲厩舎 生産:白老ファーム


12/05/02 栗田博厩舎
2日は舎飼で様子を見ています。「先週入厩して翌日から角馬場とコースでキャンター調整を行い、ゲートにも少しずつ入れて試験合格を目指して動かしていたのですが、今週の火曜日の午後に歩様が悪くなってしまいました。これと言った要素もなくおかしいなと思って獣医に見てもらったところどうも蹄に炎症が出ているとのこと。最初は両前脚ともに気にしているように見えたのですが、特に左前脚に炎症があるとのことでした。今朝も診療所と話をしたのですが、“環境が変わったことで体調がひと息になり、ホルモンバランスの崩れからどこかに過度に負担がかかり炎症を起こすケースは何件かあるし、この仔もその部類だと思われる”との見解でした。すぐに治療に入ったので今のところ大ごとにはならなそうですが、このまますぐに進めるのは避けたほうが良さそうです。少なからずとも数日は安静にして、症状が落ち着いたらいったん楽をさせたほうがいいとのことでした。入厩させたばかりなのにこのようなことになり心配をおかけして申し訳ありませんが、症状が落ち着いて状態が安定してくれば大丈夫なはずです。しばらくはこのまま様子を見ますが、状態に合わせて一度天栄へ放牧に出すように段取りを取るつもりです」(栗田博師)

あらら・・・。
早期入厩の3頭とも早くから期待してましたが・・・。
大したことないといいのですが・・・。大丈夫かな?
まぁ、まだ早い時期だししっかりと体調整えて再入厩してください。
8月の新潟で抜群のスピードを見せて欲しいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。