12/17 愛馬たちの結果・・・惨敗

プレザントライフ、ウルルの出走結果です・・・。

プレザントライフ
11/12/17 小倉 3R 2歳未勝利 芝2000m 曇:良
14頭 3人気 9着 55kg 中館 2:03.0 3F37.3 着差1.3 体重494kg(-2kg)


果敢に逃げたのは良かったみたいですが、飛ばしすぎですね。
レコード決着のペース作りしちゃったみたいで・・・。

以下、レース後の公式コメントです。

◆◇◆ プレザントライフ レース後コメント ◆◇◆
牡馬 父シンボリクリスエス 母アドマイヤセラヴィ(母父サンデーサイレンス)
2009年5月9日生 青鹿毛 栗東:松田国英厩舎 生産:ノーザンファーム

pleasant_life_111217.jpg

11/12/17 松田国厩舎
17日の小倉競馬ではスタート後に押して果敢に逃げるも、徐々に手応が怪しくなって直線では伸びを欠いてしまい9着。「前々で粘り込ませようと積極的に行きました。道中のペースが極端に早いわけではありませんでしたし、バテてしまったいうことではなく、逃げる形が影響したのか物見をしてしまってまともに走っていない感じです。今日の走りからすると前に壁を作ったほうが良かったのかもしれません。返し馬の時から具合の良さを感じていましたし、それだけに結果を残せず申し訳ありません」(中舘騎手)「ストライドの大きな馬でペースアップに瞬時に反応しにくい部分がありますし、小回りということを考えて前々で進めるのは悪くないと思うのですが、結果として番手でも良かったのかもしれませんね。スタート後に馬なりで行けるようだったらまた違ったでしょうし、今日は物見をしていまいましたからね。状態が良くここでキッチリ決めたかっただけに残念な結果になってしまいましたが、まともに走っていればこれほど負ける馬ではありませんし、気持ちの面で走り切っていないのかもしれません。今後はレース後の状態を改めてみる必要はありますが、実際に日が経ってもレースの疲れを見せないようならば、このまま小倉競馬場に置いて来週の競馬を使うことも考えていきます。もちろん状態次第ではトレセンに戻したり、放牧に出したりする可能性もゼロではありません」(松田国師)積極的な競馬で粘りこみを図りましたが、物見をするなど自分の走りに集中出来ずに、伸びを欠いてしまいました。今日は悔しい結果になってしまいましたが、前走までの4戦はすべて入着していますし、まともに走っていればもっとやれる馬でしょう。今後は状態次第で決定しますが、問題がないようならば連闘案も持っています。

正直、普通に勝てると思ってました・・・。
競馬ってやはり難しいですね。逃げたら物見しちゃってマジメに走らず、
気持ちの問題だったのでしょうか・・・?
差して切れ味無く、前行って粘り込めず・・・、
どう走ったら勝利できるのか・・・よほど成長しないと今後も厳しいかもしれません。
成長を促す意味でも一旦放牧が良いような気もします。
でもマツクニさんのことだから・・・連闘しそうですが。
これだけ未熟さを露呈してて連闘の意図が見えてきませんが
スパルタ・マツクニさんにも考えあってのことでしょう。
お任せですが、壊さないようにだけ気をつけてもらいたいです。
一度ダートを試してもらいたい・・・。
あ、中館騎手とは馬券は相性劇悪でしたが一口も同じでした



ウルル
11/12/17 小倉 3R 3歳以上500万円以下(牝) 芝1200m 晴:良
18頭 6人気 13着 54kg 丸田 1:09.8 3F36.4 着差1.0 体重494kg(+4kg)


スタートはスッと出て前に行けたのは良かったのですが道中ずっと丸田君の手が動いてました。
直線に入る頃には手応え無く・・・完敗です。

以下、レース後の公式コメントです。

◆◇◆ ウルル レース後コメント ◆◇◆
牝馬 父スニッツェル 母タイキナタリー(母父コマンダーインチーフ)
2008年4月22日生 鹿毛 栗東:宮本博厩舎 生産:ノーザンファーム

uluru_111217.jpg

11/12/17 宮本厩舎
17日の小倉競馬では先団グループから進めるも、勝負どころではすでに手応えが怪しくなってしまい13着。「前半に位置を取りに行ったぶん脚を使いましたし、極端にペースが速いわけではなかったものの息の入らない流れになってしまいました。そのため思っていたよりも早い段階で手応えに余裕がなくなってしまいました。状態は悪くなかったと思いますし、結果を残せず申し訳ございません」(丸田騎手)「夏の競馬の後は馬体に疲れが出てしまいましたし、結果的に体調が万全ではなかったのだと思います。それを考えれば今日はいい状態で臨めましたし、仕切り直しの一戦として次につながる競馬を期待していました。休み明けの上に展開も楽ではなかったと思いますが、それでももっとやれると考えていましたし、悔しい結果となってしまいました。レースを楽しみにお待ちいただいていた会員の皆様には申し訳ありません。理想としては優先出走権利をとって、そう間隔を開けずにレースを使いたかったのですが、権利を逃した現状だと芝の1200m戦は直ぐに使えそうにありません。元々番組が少ない季節ということはありますが、レース後の状態次第では間隔を開けるために放牧に出して、その間に馬体のケアをしてもらうことも考えています」(宮本師)夏競馬後に馬体を立て直して今日のレースに臨みましたが、息の入りにくい厳しい展開になってしまったこともあり、伸びを欠いてしまいました。今後はレース後の状態を確認してから決めますが、間隔を開けるために放牧に出す可能性もあります。

休み明けでも追い切りで状態は良いと感じていました。
でも実際レースに行って息が持ちませんでしたね。
差し競馬では上手くいかないだろうし、逃げてもたれちゃう仔なので
乗り方は今後も難しそうです。
1200mという忙しい競馬が合ってないのかもしれません。
距離延ばしてみるのも良いかもしれませんが・・・放牧でしょうかね。
使って行く方がこの仔は合うと思いますが・・・。
もう少しやれると思うので何か打開策が欲しいところです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。