1次申し込みのおさらい

さて、ここで1次申し込みのおさらいを。

昨年の1次募集が終わったあとに早々と決めていましたが
2011年のテーマは『ディアデラノビアの10(牝)を取ろう』というものでした。

なので本当はディアデラノビアの10かバランセラの10を最優先で考えていましたが
ファインセラの10がその2頭以上にどうしても欲しくなり、最優先に決めました。

どういういきさつかと申しますと、
ファインセラの決め手は、ズバリ!一目惚れです(汗)
第一印象で『これだ!』と思うとやはりどうしても欲しいです。
これは昨年も同じでした。(昨年はプレザントライフ)
正直、一口を始めてからクロフネの仔は全く見向きもしていませんでした。
産駒の勝ち上がり率は高めですが適正はどうしてもダート寄り。
今年はホエールキャプチャやカレンチャンの活躍で私はやや見方が変わってきました。
繋ぎの角度や柔らかさ次第では行こうかと思っていました。
そこでファインセラの10を発見。
クロフネ産にしては強気な価格ですが血統も素晴らしいし、出来も相当良さそうです。
ツアー情報でも皆さん揃って『凄くいい馬』とお聞きしました。
母ファインセラは今年のキンカメの牡馬を産んだ後、亡くなったそうです。
ブエナビスタの姉でしたし、血統的にも貴重な母馬でしたので非常に残念です。

最終的に悩み、悩み、そして悩み、2頭を両天秤にかけてみて・・・
欲しいのはディアデラノビアの10、外したくないのはファインセラの10。
こうなったら確率の問題。ディアデラは最優先でも最低5倍は行くと予想。
ファインセラなら最優先なら間違いない。
という判断からあっさりと最優先はファインセラの10に変更しました。
バランセラの10も最初は一般で抽選だろうと行く気でいましたが
一般ではダメだろうと言うことで断念。
今年もディープとは縁がありませんでした。

一般は
フサイチパンドラの10 と グレイスルーマーの10
を申し込みました。

フサイチパンドラの10に関してですが、実は今年はシンクリはスルーしてました。
15日頃に始めてパンフ&DVDを見て検討対象に。
母はGⅠ馬で2番仔と、条件はいいですね。
この仔を選ぶに当たって、馬体・測尺・厩舎・育成先・は文句なしに良く、
DVDも合格点、ツアーでの評判も悪くないので、今年の他のシンクリ牝馬の価格を考えてみました。
まずはキャロットですが、価格は牡馬は強気の高額でしたが、牝馬はといいますと、
良さそうに見えたモンローブロンドの10は1800万と比較的抑えられました。
東サラのスティンガーの10も良く見えますが2000万。
本家でもシンクリ牝馬は安めの価格設定。
アイスドールの10が1600万、レースウィングの10が1800万といったところ。
フサイチパンドラの10は他のシンクリ牝馬と比べると相当高めの価格設定です。
血統面での強気の価格というのもあるとは思いますが、牧場側の自信の表れでもあると思いました。
今ではキャロットの看板繁殖牝馬ディアデラノビアとも現役時代は互角以上に戦ってきた女傑です。
一般枠でも出資できる可能性があり、クラシックを意識できる逸材だと思い、
このちゃんを逃すわけにはいかまいと決断に至ったわけです。
ちなみに全兄はセレクトセールで大魔神佐々木氏が7800万で落札しています。
やっぱり私はシンクリ大好きみたいですね・・・(笑)
にしても今年はシンクリは見ないつもりでしたが結局行き着いてしまった。

昨日の1次募集申し込み数発表を受けてファインセラの10とグレイスルーマーの10は出資が確定。
パンドラは予想以上に票が入りましたね。
今年は自分は抽選無いかなと思ってましたが・・・果たしてどうなりますか。

【2011年 選馬のポイント】

■最優先出資 希望馬
9. ファインセラの10
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士 厩舎予定 生産:ノーザンファーム 育成:NF空港

9. ファインセラの10
・顔が好み。かわいい!かっこいい!
・馬体バランスが良く、体型が好み。
・DVDの動きが一目惚れ。柔らかいし力強い。
・ツアーでの評判はかなり良かったらしい。
・血統の魅力大!ファインセラはブエナビスタのお姉ちゃん。
・ラスト産駒みたいです・・・残念。血統的希少価値あり。
・クロフネ産駒での自信の値付け(牧場側に自信あり?)
・目指せ!追い越せ!フサイチリシャールってことで!(クロフネ×SS)

■その他出資 希望馬
56. フサイチパンドラの10
牝馬 父シンボリクリスエス 母フサイチパンドラ(母父サンデーサイレンス)
2010年2月12日生 青毛 栗東:石坂正 厩舎予定 生産:ノーザンファーム 育成:NF早来

56. フサイチパンドラの10
・凛とした気品のある顔立ち。いかにも良家のお嬢様という感じが気に入りました。
・血統マニアには外せない馬です!(笑)
・シンクリの血のなせる技か、バランスの良い好馬体。青毛も光ってます。(笑)
・DVDの動きがまぁまぁかな。これからの成長に期待。
・青毛が光っていたせいか好馬体でツアーの評判は良かったらしい。
・この値付けは牧場側の自信のあらわれだと判断。
・繁殖入りした後の期待(ミスプロ系の血との配合に期待、例えばキンカメ)

13. グレイスルーマーの10
牡馬 父ダイワメジャー 母グレイスルーマー(母父トニービン)
2010年1月25日生 栗毛 美浦:栗田徹 厩舎予定 生産:ノーザンファーム 育成:NF早来

13. グレイスルーマーの10
・いかにもダイワメジャー!という逞しい体つき。丈夫そう。
・前脚が若干心配ですが踏み込みも力強く、歩様はあまり気にならない。
・社台の血を詰め込んだ超マニアックな血統です!
・先日、強い勝ち方だったトランドネージュ(新馬戦はエネアドと差のない3着)とは4代の血統構成がほぼ同じ。(ダイワメジャー×トニービン×リアルシャダイ×ノーザンテースト)
・早生まれなので早期デビューが期待できる。
・新規若手厩舎なのは不安ですが、大事にしてもらえそうだし、数も使ってくれそう。
・ツアー行かれた方にお聞きしても皆さん「良い馬だった」と言ってくださいました。


パンドラがもしダメでも2次候補はまだまだいます。
ダンスザクラシックス、ムーンライトダンス、アイルドフランス、
ベビーグランド、インディスユニゾンなどなど。
まずは月末の結果郵送が待ち遠しいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。