ウルル 休み明けは大敗でした

休み明け・・・見せ場無しのシンガリ負け。

11/08/27 札幌10R まりも特別 (3歳以上500万円以下) 芝1200m
16頭 9人気 16着 52kg 吉田隼人 1:10.8 3F36.8 着差1.2 体重490kg(+14kg)


出もイマイチで押して行くも前には行けず。
道中もいきっぷり良くなく3~4コーナーでは追い通し。
直線入り口ではもういっぱいになっちゃいました。
またやっちゃったか!!??と心配でしたが大丈夫そうです。
それにしてもセレスマジェスティにはまた悔しい思いをさせられてしまいました。
未勝利戦で下したタイヨウパフュームにも大きく負けちゃったし、
今回は休み明けで余裕残り&洋芝が合わなかった?
悔しいシンガリ負けです。


◆◇◆ ウルル レース後コメント ◆◇◆
牝馬 父スニッツェル 母タイキナタリー(母父コマンダーインチーフ)
2008年4月22日生 鹿毛 栗東:宮本博厩舎 生産:ノーザンファーム


uluru_110827.jpg

11/08/27 函館競馬場
27日の札幌競馬はスタートから中団を追走。4コーナー手前から鞍上の手が激しく動くものの、反応がなく16着。「ゲート内はきちっと駐立をしていたし、スタートも決まったのですが、そこからスピードに乗り切れませんでした。いくらか外を回っているにしても、3コーナーからは付いて行くのが精一杯になってしまいました。こちらが促しても反応がなかったですからね。浜中騎手が乗っていた頃の映像を見て早めの競馬を意識して乗ったのですが、うまく行きませんでした。久々の競馬でしたし、使いながら変わってくると思いますよ」(吉田隼騎手)「放牧先でもしっかりと乗ってもらっていましたし、具合は悪くなかったと思います。プラス体重は休み明けを考えればこれくらいでいいと思っていましたが、結果的には余裕がありすぎたのかもしれません。このクラスでもやれる馬だと思いますし、使いながら行きっぷりも変わってくると思います。今後は栗東に移して考えたいと思います」(宮本師)昇級初戦、さらに休養明けと条件は楽ではありませんでしたが、それにしても良さがみられませんでした。今後は函館競馬場へ戻り、問題がなければ栗東トレセンに移動する予定です。次走での巻き返しに期待したいと思います。

悔しいのですがレース後無事みたいなので良かったです。
シンガリ負けといっても勝馬と1.2秒差。あまり気にしません。
体に余裕のある内に栗東へ連れてきてもらって再調整してもらいたいです。
次は阪神or京都で巻き返してください。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)