ウルル嬢 8戦目で初勝利!

ウルル&浜中コンビがようやくやってくれました~

11/05/14 京都3R 3歳未勝利(混合) 芝1200m
18頭 2人気 1着 54kg 浜中 1:09.6 3F34.3 着差0.1 体重476kg(+0kg)





◆◇◆ ウルル レース後コメント ◆◇◆
牝馬 父スニッツェル 母タイキナタリー(母父コマンダーインチーフ)
2008年4月22日生 鹿毛 栗東:宮本博厩舎 生産:ノーザンファーム


uluru_110514_1.jpg
uluru_110514_2.jpg

11/05/14 宮本厩舎
14日の京都競馬では好スタートから2番手につけ、スムーズに追走。直線半ばで逃げた馬を捕らえると、後続を振り切って優勝。「前走が今日と同じ大外枠で出負けしてしまったのでそこを気をつけました。好スタートを切れたのが大きかったですし、終始スムーズに競馬ができましたね。追ってからもしっかりしていて、芝がいいのかジリッぽさも感じませんでしたよ。厩務員さんもしっかり仕上げてくれて返し馬から状態の良さを感じていましたし、ようやくこの馬で勝ててホッとしました」(浜中騎手)「直前の追い切りの動きが良かったし、芝に戻って期待していました。大外枠でしたがうまくスタートを決めてくれて、終始安心して見ていられる内容だったと思います。長くお待たせしましたが、とにかく勝ててホッとしました。昨年は夏場に鼻出血があったので、このあとはひと息入れて涼しい北海道開催で使うことなども視野に検討していきたいと思っています」(宮本師)これまでの惜敗が嘘のような完勝。スタートを決めて2番手につけた時点で勝負が決したと言って過言ではないほど、スムーズな内容でした。待望の勝利をきっかけに、さらなる飛躍を期待したいものです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

またまた大外枠だったので心配してましたが・・・。
今回はスッと出て難なく2番手で競馬が出来ました。
4コーナーでは前にとりついて楽に先頭に立って最後まで粘り強く走れたと思います。
ウルルらしい勝ち方だったと思います。
競馬は時計だけでは計れませんが同日のオープン、葵ステークスの勝ち時計とも0.3秒差。
上のクラスでもいい競馬が出来るかもしれませんね。
このタイミングで1つ勝てたのは本当に良かった。
昨年夏は鼻出血もあったので今年の夏は北海道へ行きそうですね。
夏も元気に走って欲しいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。