ウルル嬢 5戦目、出遅れて3着

ゲート出たとたん・・・出遅れ・・・。
『ダメだ・・・』って思いましたが、最後は外から伸びてきて3着。
今回はスタートが全てでしたね・・・。

11/01/08 京都1R 3歳未勝利(牝馬限定) ダート1200m
16頭 1人気 3着 54kg 浜中 1:13.8 3F37.6 着差0.5 体重484kg(+2kg)


以下、レース後の公式コメントです。


◆◇◆ ウルル レース後コメント ◆◇◆
牝馬 父スニッツェル 母タイキナタリー(母父コマンダーインチーフ)
2008年4月22日生 鹿毛 栗東:宮本博厩舎 生産:ノーザンファーム


uluru_110108.jpg

11/01/08 宮本厩舎
8日の京都競馬ではスタートで立ち遅れ、追っ付けながらの追走。徐々に中団へとりつき、4コーナーを回って外めに出すとよく伸びて前との差を詰めたが3着まで。「今日はちょっとテンションが高いと感じていたのですが、ゲートに入ってすぐ突進してしまって、左右に向けても回りそうになるほどでした。出負けしたところに隣からぶつけられて、二の脚もつかなかったことが最後に響いてしまいました。ダート自体は問題ありませんし、砂をかぶるのも慣れれば大丈夫でしょう」(浜中騎手)「予想外の出遅れで前に行けなかったのが誤算でした。パトロールを見ると出てすぐに隣の馬にぶつけられていたし、あれではなかなか二の脚もつかないでしょう。ダートは対応できていますが、最後はちょっと脚も止まっていたように見えたので、鼻出血がないかよく確認し、問題なければこのまま続けて使っていきたいと思います」(宮本師)芝でも先手を奪うスピードがあるだけに出遅れは残念でしたが、初ダートも無難にこなし、後方からしっかり脚を伸ばした内容を見れば悲観する必要はないでしょう。あと一歩のレースが続きもどかしいところですが、初勝利が近いことは間違いありません。この後はトレセンに戻り馬の状態を確認してからになりますが、問題がなければ在厩で調整していく予定です。

やっぱり出遅れが悔やまれますね・・・。
でも最後は伸びてきて3着を確保する辺り、本当に頑張り屋さんです。
次はもう6戦目。結果が欲しいです。
もう一回、思い切った騎手起用とかないかな・・・。
リスポリさんとか、岩田ジョッキーとか。

道中は浜中ジョッキーは結構追ってる感じがしたので鼻出血を心配しています。
無事であって欲しいです。

無事ならば次は、
1/29 京都ダ1400m(牝)、1/29 京都ダ1200m、2/5 京都ダ1200m(牝)
これらあたりでしょうか?
ダートでもメドが立ったのは大きいですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。