ウルル嬢 復帰戦 3着

夏の小倉での鼻出血で休養していたウルル嬢が復帰戦を迎えました。
思ったよりも早くの復帰で何とも凄い仔です。
今回は結果は欲しいものの、鼻出血の再発が心配で
何とか無事で走りきってくれることを祈りました。

調教も夏場のようにガンガン時計を出すのではなく、上手く仕上げてもらいました。
宮本先生に大事にされてるんだなぁと感じました。

さて、レースですが、
好スタートもダッシュがイマイチな感じで少し下げ、好位でレースを進めました。
4コーナーで一気に前との差を詰めるのかなぁと思ってましたがなかなか差は縮まらず。
直線に入ってから浜中ジョッキーのゴーサインにもなかなか反応できず、
最後はジリジリと伸びて・・・3着。

10/11/21 京都3R 2歳未勝利 芝1200m
17頭 2人気 3着 54kg 浜中 1:10.2 3F34.9 着差0.2 体重484kg(+2kg)


まずは無事にレースが終えられて良かったと思いました。

以下、レース後の公式コメントです。


◆◇◆ ウルル レース後コメント ◆◇◆
牝馬 父スニッツェル 母タイキナタリー(母父コマンダーインチーフ)
2008年4月22日生 鹿毛 栗東:宮本博厩舎 生産:ノーザンファーム


uluru_101121.jpg

10/11/21 宮本厩舎
21日の京都競馬では好スタートから好位の外めを追走。直線では馬群をさばいて伸びたが3着。「久々の実戦でしたが、好スタートを決めてくれて、道中もスムーズでした。ただ、直線で追い出してからギアが上がらず、ジリジリした伸びになってしまいましたね。そのあたりは休み明けということでしょう。鼻出血のあとですし、今日は地力を見せてくれました」(浜中騎手)「最後はもうひとつ伸び切れませんでしたが、久々だったことを考えれば内容は悪くありません。レース後見る限り鼻出血はしていませんし、このまま順調に調整できれば、小倉で初勝利を目指したいと思います」(宮本師)今日は久々の分最後伸び切れませんでしたが、きっちり3着を確保したあたりに地力を感じます。鼻出血明けだけに心配もありましたが、幸いレース直後は異常なく、このまま順調なら在厩のまま調整し、小倉開催を目指す予定です。

直線でなかなかのびてこないので、鼻出血の再発??
と心配しましたがそれは無さそうで一安心です。
今後、毎レースヒヤヒヤしますね・・・。

休み明けということもあり、反応が鈍かったのでしょうか?ズブくなった?
直線では前が壁になってましたが、距離ももう少し長い方が良いのかもしれません。
毎回鼻出血を心配しながらの出走になりますが今後も無事に走ってもらいたいです。
次は小倉のようで応援には行けないと思いますが、次は勝てたらいいなぁ・・・。
宮本先生、厩舎の皆様、今後ともよろしくお願いします。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。