ウルル 近況(2009/09~2009/12)

追加出資しました、ウルル(タイキナタリーの2008)の近況をずらっと載せていきます。

まずは2009年9月~12月更新分まで。

◆◇◆ ウルル 近況 ◆◇◆
牝馬 父スニッツェル 母タイキナタリー(母父コマンダーインチーフ)
2008年4月22日生 鹿毛 栗東:宮本博厩舎 生産:ノーザンファーム


uluru_091225.jpg
09/12/25 NF早来
週3回は屋内周回コース2000mをハロン20~22秒で乗り込み、週3回は周回800mと坂路コースをハロン20秒程度で乗り込んでいます。調教内容が示しているように、ここまですこぶる順調にきています。体の大きい馬という印象の本馬ですが、今後は併せて力強さも身につけられるよう、このままじっくりと乗り込んでいきます。

09/12/11 NF早来 馬体重:489kg(-2kg)
週3回は屋内周回コース2000mをハロン20~22秒で乗り込み、週3回は周回800mと坂路コースをハロン20秒程度で乗り込んでいます。移動してきてから2ヶ月ほど経ちましたが、ここ最近の成長は驚くほどです。無理することなく、こちらの予定していたペースを上回るメニューで負荷をかけることができています。今後もこの頑健さを活かして、しっかりと乗り込んでいきます。

uluru_091130.jpg
09/11/30 NF早来
ウォーキングマシン1時間の準備運動の後、屋内周回コース3周と、屋内坂路1本を軽めのキャンターで交互に乗り込んでいます。予定どおり順調な過程で調教を進めることができており、スムーズにキャンターへ移行することができています。馬格もありますし、すこぶる健康で体調面で不安を見せるところがありませんので、今後もしっかり乗り込んで体をつくっていきます。

09/11/13 NF早来 馬体重:491kg(-23kg)
ウォーキングマシン1時間の準備運動の後、厩舎周りをダクで20分の運動を行っています。性格は大人しく、スムーズに馴致を進めることができています。体の大きい馬ですが、身のこなしに重さを感じさせることはありません。順調にメニューをこなすことができていますので、このまま今月中に周回コースでキャンターを行えるところまで進めていく予定です。

uluru_091030.jpg
09/10/29 NF早来 馬体重:514kg(+24kg)
イヤリング遠浅在厩中は脚元の不安もなく、休むことなく元気いっぱいで夜間放牧を行っていました。ふっくらと見せる馬体はパワーにあふれ、機敏に放牧地を走り回る姿はスピード能力も感じさせます。これから徐々に鞍付け等のブレーキングを行っていきますが、素直でおっとりとした性格ですので、スムーズに受け入れくれると思います。カイバ喰いも心配ありません。

09/10/05 NF早来
5日にNFイヤリング遠浅からNF早来へ移動しました。これから本格的な騎乗訓練を開始していきます。

uluru_090929.jpg
09/09/30 NF-Y遠浅
在厩している中でも随一の馬体の大きさで、ひと目見ただけでは牡馬と見間違えるほどどっしりとしています。性格も馬体と比例するようにどっしりと構えており、多少のことでは動じません。現在、鞍を装着して馴致を行っていますが、スムーズにこなしているところを見ると利発さを感じさせます。放牧地では他馬に率先して元気に走り回っており、心身ともに健康な状態で夜間放牧を行うことができています。

09/09/03
馬体重:490kg、体高:156.5cm、胸囲:183.0cm、管囲:20.1cm

※馬体重の+-は前回測定時からの増減です。

年内の更新を見ていても順調そのものですね。
馬体が大きいので年内の時点では全く出資候補にはあがっていませんでした。
体質に不安はなさそうで息の長い競走生活を期待できそうです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。