出資馬近況(2/6~14)

今日、2/14。今週のレースも終わったのですが・・・
今もショックと苛立ちが交錯しています。
いろいろと書きたいこともありますが・・・今週も愛馬たちお疲れ様でした。

今週の出資馬たちの更新です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


16/2/9 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「今朝来場された久保田調教師に見てもらいましたが、調教自体は問題なくこなすことができています。ただし、動きという点では物足りないですね。併せた相手にもよりますけれど、遅れてしまうことがありますから、もっと余裕を持って駆け上がってこれるようにしたいですね」(天栄担当者)


復活を信じて焦らずいきましょう。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


sagres_160214.jpg
16/2/14 小倉競馬場
14日の小倉競馬では好スタートから先手を主張する。勝負どころから後続に来られ、最後まで踏ん張り切れず6着。「そこまで速いペースではなかったと思うのですが、道中はずっと右にモタれるような感じで走っていました。その分だけ最後に粘り切れませんでしたね。小回りコースで他の馬も早めに動いてきますし、なおさら厳しい展開になってしまいました。力はある馬なのでもう少し楽にフワッと行ければ最後の粘りもまた違ってくると思います」(黛騎手)比較的楽に先手を取ることができたのですが、後続のマークもきつくなってしまい、今日は展開的にも厳しい競馬になってしまいました。それでも大きく負けているわけではありませんし、今後の巻き返しに期待したいところです。

16/2/11 小倉競馬場
14日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走いたします。

16/2/10 小倉競馬場
6日に小倉競馬場へ移動しました。10日は小倉競馬場ダートコースで追い切りました(56秒4-41秒7-12秒8)。「予定通り先週末に小倉競馬場へ移動して、体調面の不安がないことを確認できたので、日曜日は馬場を軽く走らせたんです。ちょっと元気が良かったということでしたが、スッと落ち着いてくれたようですし、現地でもスムーズに調整できています。ウチのスタッフも乗ることができるのですが、追い切りは弘人に頼もうと思い彼に託していました。日曜日の競馬なので木曜日追いでもいいよと言ってあったのですが、天気が良くて馬場コンディションが優れている時に追ってもいいでしょうかと弘人が提案をしてきたので、今日の追い切りにしました。半マイル重点でしたが、終始リズムよく走れていたということでしたし、思惑通りにここまで来ることができましたね。あとはレースで自分の力を発揮できるか。前回もここに勝負をかけて臨みました。体質的にも数を使い込めるタイプではありませんから、まずは今回の一戦に集中してしっかりと仕上げるように担当者には伝えてあります。良い競馬をしてほしいですね」(奥平師)14日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走を予定しています。


いやぁ~惜しかったですね。
あの流れだと厳しいかな・・・でも良く粘ってましたし次ですね。
連戦できるかな?消耗が心配です。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
騙馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


16/2/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も週に3回ほど終い重視の調教を行っています。引き続きビッシリ速い調教を取り入れるというよりは、じっくりと我慢させて集中して走れるように心がけているところです。まだ具体的な移動日程は決まっていませんが、このまましっかりと態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


まだ戻してもらえません・・・。忘れてないよね??

◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


16/2/10 NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミル調整を行っています。「トレッドミルでダクや軽めのキャンターペースを継続しても状態は安定していますね。脚元の見た目も変わりありませんし、獣医師のチェックでもここまでの経過は順調とのことです。本格的な乗り運動の再開にはまだ時間がかかってしまいますが、この調子で少しずつ前進していきたいものです」(早来担当者)


まだまだ我慢の時です・・・。

◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


creole_160214.jpg
16/2/14 武藤厩舎
14日の東京競馬では道中後方でジッとして溜めを作り、直線では外からしっかりと脚を使って4着。「この距離の流れだとちょっと忙しくなるのですが、下手に追いかけるとバタバタになってしまうでしょうから、この馬のリズム重視で進めました。そのため後ろからの競馬になりましたが、いい手応えで勝負どころを上がって行けましたし、直線ではこちらが考えていた以上にいい脚を使ってくれましたよ。今日はいい結果を出せず申し訳ありませんが、このクラスでも十分に対応してくれるはずです」(三浦騎手)「休み明けではあったもののいい状態で送り出せましたし、相性のいいジョッキーでしたから余計に期待していました。道中はちょっと忙しい様子はあったものの、自分のリズムで運んで溜めを作ってくれたのは良かったですね。終いは確実に差を詰めてきて良さを見せてくれましたから、これを継続して結果につなげていきたいです。この後は続けて競馬を考えて行ければ理想的ではありますが、まずはレース後の状態をしっかりと見てどうするか判断していきます」(武藤師)直線では先に抜け出した上位2頭からは離されたものの、それでも外からしっかりと伸びて見所を作ってくれました。上手く噛み合えばこのクラスでもやれる手応えを掴めましたし、休み明けを一度叩いてのさらなる良化、前進に期待したいものです。 この後はレース後の状態をしっかりと確認してから、続戦できるか判断していきます。

16/2/11 武藤厩舎
14日の東京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に三浦騎手で出走いたします。

16/2/10 武藤厩舎
10日は美浦南Pコースで追い切りました(69秒7-55秒0-41秒2-13秒2)。「ここまで順調に来ることができました。体もこの馬としては安定していましたし、少しずつ芯がしっかりしてきているのでしょうね。いいと思いますよ。今朝は後半の時間帯にポリトラックコースに入って終いを伸ばしています。相変らず動きはしっかりとしていて良い。前回は良い結果を出すことができませんでしたが、具合の良さから巻き返してくれないかな、いや巻き返してくれると思いたいほどです。東京の1400mという条件でどのくらいの走りができるか。小回りの1700mには対応してくれましたし、今回の条件で幅を広げてくれると今後より良い形に持っていけるでしょう。それに、今回は勝たせてくれて、ダート変更への進言もくれた皇成に頼みましたし、またいい流れを築いていければと思っています」(武藤師)14日の東京競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に三浦騎手で出走を予定しています。


こうせい君頑張ってくれました!
やっぱり距離がちょっと短かった?
続戦なら次は中京?期待してますよ。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


16/2/9 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週の水曜日にこちらへ到着しており、馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。トレッドミルも併用しながら今はコースに入れて軽いキャンターを行っているところですが、特に疲れも見られず順調に動かせていますよ。ただ、もともと油断するとすぐに太ってしまう馬なので運動量はしっかりと確保して進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)


期待の大きな馬なので敗戦のショックを引きずっていますが
しっかり成長して帰ってきてくれると信じています。
次こそはこのクラスを卒業して欲しいです。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


16/2/13 西村厩舎
13日に栗東トレセンへ帰厩しました。

16/2/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込んでいます。引き続き終い15秒程度の調教をコンスタントに取り入れて馬体もだいぶシャープになってきましたし、徐々に態勢が整ってきた感じですね。西村師とも、番組などを見ながら移動の段取りを考えていきましょうと話をしているところで、こちらも近々の帰厩を視野にピッチを上げていくつもりです」(NFしがらき担当者)


ようやく帰ってきてくれました。
状態もまずまず良さそうだし、復帰戦が楽しみです。


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


16/2/10 NF天栄
9日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週は悪くないかなと思っていただけに、いい競馬ができなくて申し訳ないのと、悩ましいので頭が痛いです。すみませんでした。レース後はすぐに美浦へ戻すのではなく東京に泊まって馬に楽をさせてから帰厩しました。その間の様子は良い意味で変わりなかったので、そのことを確認したうえで火曜日に一度放牧に出させていただきました。今後については正直悩みます。左回りを考えるなら新潟あたりかなという気もしますが、テンや上がりの時計がかかることも条件のひとつになってきますからね。ダートはという考えもないわけではないですが、芝のキックバックでも不安定な部分を見せていたのでリスクも感じます。今後の成長は精神面にもよるところがあるでしょうし、何とか少しずつでも前進を図っていければと思っています。天栄のスタッフとも話をしながらどうしていくか考えていきたいと思います」(大竹師)

gooseberry_160206.jpg
16/2/6 大竹厩舎
6日の東京競馬では序盤は中団から進めてコーナーで早めに進出していく。直線でさらに前へと迫っていきたかったが、最後は余力がなくなり11着。「返し馬やポケットで待っている時の雰囲気は前走より良かったですから、あとはレースに行ってしっかりと力を発揮させたいなと考えていました。道中は芝とはいえ、キックバックを気にして頭を振ったり、内の馬に反応して外に張ったりと、ちょっと幼さが目立ってしまいました。それでも極端に力んでコントロールが利かないことはなかったので、何とか前進を図りたかったのですが…。ゲートを含めてテンが速ければまた違うのでしょうが、今日は前走のような形には持ち込めませんでしたし、枠もあって外を通る形になってしまったのも楽ではなかったです。精神面を考えると、もっと極端な競馬をしたほうが良かったのかもしれません。いい走りをお見せできず申し訳ありませんでした」(丸山騎手)「中間の感触が良かったので競馬でも前進を見せてくれないかと思っていたのですが、良い結果を出すことができませんでした。大変申し訳ありません。枠もありましたし、初速があまり速くないので前回のようにスムーズには行けませんでしたね。結果的には中途半端な格好になったように思えましたし、結構タフな競馬をしたように捉えていましたが、元気に話を聞くと随所に幼さ、特に精神面における課題を見せていたようです。極端な競馬をするなどしていかなければいけないのかもしれませんが、注文もついてくる馬なだけにどうしていくべきが悩ましいというのが本音でもあります。距離などの条件もよく考えつつ今後どうしていくべきか判断していきたいと思います」(大竹師)調教で見せる動きには良化を感じさせてくれていましたし、たとえ前回のような形に持ち込めなかったとしても悪くない走りを見せてくれるのではないかと思っていました。しかし、馬や芝のキックバックを受けて苦しさを出していたように精神面の難しさを見せていましたし、走りを見ていても体力面もまだこれからということを実感させられる今回のレース内容でした。一戦ごとに消耗が大きいタイプですが、それも心身ともにしっかりとしきれていないからこそなのかもしれませんし、しっかりケアする期間を設けつつ競馬を使いながら前進を図っていければと考えています。


良い馬なんですけどね・・・。
きっと能力が発揮できると信じています。
次は鞍上変わるかな?
もうそろそろ変えてみてもよいのでは?


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


maitres_dart_160214.jpg
16/2/14 戸田厩舎
14日の東京競馬ではまずまずのスタートから道中は最後方を追走。迎えた直線では猛然と追い上げを図るが、前の2頭を捉えることはできず3着まで。「先を見据える意味でもここは着実に賞金を加算しなければいけないレースでした。結果を出すことができず本当に申し訳ありませんでした。道中は1番人気の馬をマークしていましたがその馬の手応えが早々になくなってしまいましたし、前に馬を置けず外々を回る形で自分の思っていたレースができませんでした。最後までしっかり脚を使って力は見せてくれただけに、それだけではいけませんし、悔しい限りです」(ルメール騎手)「今回は賞金加算が何より大事になりますし、何とか結果を出して欲しいと思っていました。スタートと位置取りは正直しょうがないところがあります。ただ、あの外を選ぶとは…。ルメール自身が言ってましたけど完全にハートレーを見た競馬を選んでいましたからね…。考えはわかりますが、今の東京はあそこを通ると届かない。内側の馬たちが外目に出してきた分余計に外を回らされたから、なおさらキツかったはずです。今の馬場傾向を考えるとよく3着に来ていると思うくらいでやはり脚力は凄い。それだけに賞金加算が叶わないのが歯がゆくて仕方ないです。本当に悔しいし、今後を考えるうえで頭が痛いのですが、何とかダービーを狙えるように考えていきます」(戸田師)春の大舞台を見据える意味で今回のレースでは賞金加算が必要でしたが、残念ながら僅かに前で粘る2頭の馬を交わすことはできませんでした。持っている力を再確認できるレースだっただけに、今日の結果は非常に残念でなりません。ただ、上位どころと十分に渡り合える力は示しているので、諦めずに次走へ向けて取り組んでいければと思います。今後についてはレース後の状態次第で具体的な目標を検討していきます。

16/2/11 戸田厩舎
10日は美浦南Wコースで追い切りました(67秒1-52秒2-38秒3-13秒1)。11日は軽めの調整を行いました。「今週の競馬に備えて追い切りは水曜日に行いました。相手を前に見ながらジックリ進めて終いを伸ばしましたが、決して無理せずじっくりと動かしています。楽に抜けてきましたし、良い動きだったと思いますよ。今回はルメールに替わりますが、乗り方などはスタートを出た感じになるのではないでしょうか。これまで後ろから行っていたのは、作戦というよりは馬がまだ自らグッとハミを取っていく感じではなく、自ずと後ろからになってしまっている分もあったと思うんです。コンディション的に大きく変わっているというわけではないでしょうから、そのあたりは手が替わったからと言ってガラッと変わるかと言われると何とも言えませんが、先入観なく乗ってもらえるのは悪いことではないでしょう。中山から東京に替わることは間違いなくいいと思いますし、何とかメートルの良さを存分に発揮してこの後につながる結果を出してくれたらと思っています」(戸田師)14日の東京競馬(共同通信杯・芝1800m)にルメール騎手で出走いたします。

16/2/7 戸田厩舎
14日の東京競馬(共同通信杯・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて13頭の登録があります。


仕上がりも完璧、後はルメールに任せるのみでした。
相手はハートレー、イモータル、ディーマジェスティと睨んで馬券も買って応援していましたが・・・。
ルメール騎手はハートレーをマークしていたため前を捕まえ切れず。
今の東京の馬場では外外を回っては届くはずもなく・・・。
私も狙いは完璧だったのですが馬券撃沈。
もう馬券などどうでも良いのですが、肝心の賞金加算できずショックでした。
調教師の期待も大きいのでなんとしてもダービー出走を叶えてもらいたいです。


◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


16/2/9 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「ソエの見られる脚元であったり、体であったりと疲れが溜まっているように見えたので、最初はゆっくりとトレッドミルで動かしていました。そろそろ乗り出そうかなという考えも持っているのですが、予想よりも体が戻って来ておらず、今乗り出しても堪えさせてしまうかなと思い、まだトレッドミルでの運動にしています。今の感じだと4月以降の復帰になるかもしれませんが、焦っても意味がないので今後も馬の良化具合を見ながら判断していきます」(天栄担当者)


焦らずじっくり。

◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


16/2/10 NFしがらき
9日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週は、除外を想定していた状況でしたが、それでも競馬ではセンスの高さを見せてくれましたね。スピードがあることは分かっていましたが、いきなりから内々で脚を溜めて狭いところを割っていくというレースぶりはなかなかのものでした。レース後は特に傷んだところはありませんでしたが、もともと小柄な馬でカイバ食いも安定していないので、ここは一度放牧に出して馬体をふっくらさせたいと思います」(藤岡師)

maxwell_160207.jpg
16/2/7 藤岡厩舎
7日の京都競馬ではゆっくり目のスタートからジワッと中団の内々を追走。直線はラチ沿いの狭いところをよく伸びたが5着。「練習からスタートはあまり上手ではなかったので、意識的に少し出していきました。いいスピードを持っていますし、道中は追走も楽でした。最後はスローのヨーイドンになって苦しくなりましたが、直線は狭いところも怯まず入ってくれていい走りだったと思います。小柄な馬ですが緩めの馬場も気にしていませんでしたし、これからが楽しみです。結果を出せず申し訳ありませんが、いい馬に乗せていただいてありがとうございました」(城戸騎手)「もちろん力を出せる状態でしたが、今回は除外を想定していたのも事実ですし、現状でどれだけやれるかと思って見ていました。追い出してから伸びが鈍くなったのはもう1本追い足らなかった分かもしれませんが、いいスピードは見せてくれましたね。先々につながるレースだったと思います。この後ですが、小柄な牝馬でまだカイバ食いも細めですし、ここは一度放牧に出してリフレッシュさせるつもりです」(藤岡師)厳しい抽選を突破しての出走で、もうひと追いあっても良かったという状態でしたが、素質のあるところを十分示した内容でした。使いつつさらに良くなってくるでしょうが、小柄な馬でもありますし、この後は一度放牧に出す予定です。


思っていた以上に城戸騎手頑張ってくれました。
内から抜けてきたときは一瞬夢を見ましたよ。
今後期待できそうで嬉しいです。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


16/2/10 高橋康厩舎
10日は軽めの調整を行いました。11日は栗東Eコースで追い切りました。「右トモの傷腫れですが、まだ完全にスッキリしたというわけではありませんが、もう痛みなどはなく乗り込むのに心配はいらない状態です。今朝はEコースで最後の3ハロンだけサッと流しています。ラストも無理せず15秒程度ですし、まだ前後肢がうまく連動できていない感じもありますから、ここから少しずつペースを上げていくという段階です。少し楽をさせていたこともあってカイバはとてもよく食べており、馬体も太めを気にしなくてはいけないほどなので、遠慮せず負荷をかけて行けそうですよ」(高橋康師)


持ち直してきました。
しっかりと立て直してデビューに向かってもらいたいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)