出資馬近況(12/26~1/14)

今年初めての更新です。

お久しぶりです(笑)

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

相変わらずの多忙ぶりです・・・。

たまってしまっていますが、3週分の出資馬たちの更新です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/14 NF天栄
14日にNF天栄へ放牧に出ました。

16/1/13 久保田厩舎
13日は軽めの調整を行いました。「ノリちゃんには具体的な指示を出さなかったのですが、好調時に比べるとまだちょっと足りなくて、いくらか硬いかもしれないとだけ伝えてあったんです。ただ、思いのほか馬が張り切っていて、それに応えるようにノリちゃんも積極的な競馬をしていましたね。結果的にオーバーペースになったのか最後は失速してしまいましたが、乗った感じが硬さを含めて悪くなかったと言ってくれていましたし、少しずついい方向には向かってきているのかもしれません。上がりの様子を見ているところですが、まだしっかりと乗るまでを行っていないのでわからないところはあるものの、歩きだけを見ているとガラッと変わったという感じはまだないかなという印象です。何とか硬さが強くならないまま競馬へ向かっていきたいですし、そう考えるとこの寒くて余計に筋肉が硬くなりがちな時期に無理に行く必要はやはりないのかなという気もしています。この先の開催で言うと東京もダメではありませんが、時期的なことや実績からも中山の方が勝っていますからね。今のところいったん放牧に出して、例えば春の中山開催のダート1800m戦かダート2400m戦を見ていくほうが現状ではベターかなと考えています」(久保田師)

white_fleet_160111.jpg
16/1/11 久保田厩舎
11日の中山競馬では中団から徐々にポジションを上げて先団から後半勝負にかける。直線に入っても踏ん張っていたが、最後は力つき11着。「頑張ってくれているとは思います。硬くもないし、悪くはないんです。ただ、乗ってて感じるのは休み明けからこの長い距離だとちょっともったいないかなという気もしました。張り切って走るところがあるので、体調が万全でないと後半がちょっと苦しくなるんですよね。やってみないとわからないところもあるのですが、休み明けなら例えば1600~1800mくらいでビューッと伸ばしてみる競馬をやってみるなどしてみて、使ったことでガス抜きをし、その後良ければ少し距離を延ばしてみるなどの作戦も考えてみても良いんじゃないかなと思ったんです。その方が疲れが溜まりすぎないで次に行けるでしょうからね。もちろんそのあたりは厩舎が判断することですし、正解と言えるものでもありません。いずれにせよ、完調手前で見どころはありましたから、このあとにうまく繋がってくれたらと思います」(横山典騎手)「今回は体がちょっと立派で動きにも重々しさがありましたし、今週半ばでは脚を腫らしたりと決して万全ではない臨戦過程でしたからね。立ち回りの上手さを活かすために内枠が欲しいなと思っていたら外枠だし、正直今回ばかりは厳しいかなと思っていたんです。ノリちゃんにもムリな指示は出さないで、運び方は任せてあったのですが、考えていたよりも良い形で運べて攻めることができていたように思いました。コンディションが万全であれば最後の踏ん張りがもっとあったとは思いますが、悲観する内容ではないと思います。このあとですが、使ってよほど具合が良くなってきたなどの状況にならなければ、上がり勝負になりがちな東京はパスしたいなと思っています。いずれにせよ状態次第になりますし、よく見てから判断させてください」(久保田師)今回は休養が長くなったこと、そして時期もあってか重々しさがなかなか抜けきれず調整に苦労しました。さらに直前に不安定な状況になっていたこともあり、順風満帆でレースへ向かえたということではありませんでした。それなので今回は次に繋がる競馬をしてくれればという思いで見守っていましたが、人馬ともに気合いを見せてもらい、積極的な走りを披露してくれました。さすがに最後は息切れしてしまいましたが、順調なら面白いところがあったのではないかと思えるほどの内容でしたし、何とか良い形で今後へつなげていければと考えています。このあとについてはまず様子を見てからになりますが、今のところは春開催に向けて進めていければと考えています。

16/1/8 久保田厩舎
8日に美浦南Wコースで追い切りました(68秒1ー53秒2ー39秒6ー13秒8)。「昨日の調教後もよく確認してコンディション面に大きな変動はないと見て予定通り今朝追い切りを行いました。イレギュラーの金曜追いになったこともあって単走での追い切りになりましたが、ビッシリやるわけでもないので問題はありません。5ハロンから行って大体68秒くらいで動かしています。終いは動かす必要があってシュッとは動けていないかもしれませんが、もちろん競馬を考えられるレベルにはあると思います。ただ、本音を言うと昨年2着に来た時と比べると感触的には足りないかなという印象もあるんです。本調子にはまだないかなとは思いますけれど、立ち回りの巧さはこの馬の長所でもありますからね。長丁場で、しかも上がり勝負よりも持久力を求められることが多いこの中山の舞台ですから、良さを活かして頑張って欲しいと思っています。追い切った直後の脚元の様子、体調は安定していますが競馬までまだ日にちがありますので、不安がぶり返さないかよく確認していきます。難しい状況に万が一なれば無理はしませんし、当日までよく確認して調整を行っていきます」(久保田師)11日の中山競馬(成田特別・ダ2400m)に横山典騎手で出走いたします。

16/1/7 久保田厩舎
6日、7日は軽めの調整を行いました。「3日にそこそこのペースで動かしておいたので大きな影響はないかと思うのですが、一昨日くらいから若干、左前脚に皮膚炎が出てきていたんです。傷をつくりやすい時期にもなっているからなのでしょうからより慎重に見てきました。昨日は通常よりコンマ2度ほど高いかな、どうかなという感じだったので運動にとどめておいて、今朝は馬場入りはしたものの追い切りませんでした。角馬場で入念に乗って、その後はゲートへ行って確認をしてと、速い追い切り自体は行わなかったですが、しっかりと運動をこなしてくれています。現時点では見送るほどではないかなと思いますし、予定通り出馬投票をさせていただきました。いちおう明日無理のない程度にサッと動かして態勢を整えてレースへ向かえるようにするつもりです。月曜日競馬なのでこのスケジュールでも問題なく行けるはずですからね」(久保田師)11日の中山競馬(成田特別・ダ2400m)に横山典騎手で出走いたします。

16/1/5 NF天栄
11日の中山競馬(成田特別・ダ2400m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて27頭の登録があります。

16/1/3 久保田厩舎
3日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒8-39秒7-12秒6)。「動かし出して悪くはないかなと思っていましたけれど、正直すごく良くなったと感じていたわけでもありませんでした。ただし、そこからじわじわと動かしてきてスローながらも少しずつ良化は見られるので、悪くない流れの中にはあるのかなと感じています。今朝はウッドチップコースで半マイル重点で動かしました。今回は自分で跨ったのですが、動かしたときの感触は悪くなかったので、何とかこのまま上げていきたいですね。月曜日のレースなのでおそらく木曜日の追い切りになるかと思いますが、帳じりが少しでも合うように調整してレースへ送り出せればと思っています」(久保田師)11日の中山競馬(成田特別・ダ2400m)に横山典騎手で出走を予定しています。


レースすら見ていません。
もうノリちゃんは変えた方が・・・と思うのは私だけでしょうか?
新味を出すという意味でも変えるべきだと思うのですが・・・。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/13 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行っています。「年末年始を挟みましたがこれといった問題はなく、順調に調整を行えています。現在も周回コースを主体にしていて、時に速めのペースを取り入れて乗り込みを行っています。感じは悪くないので、何とかこのまま状態を上げて次のレースへ向かっていけるようにしたいですね」(天栄担当者)


悪くありませんね。復帰を楽しみに待ちます。

◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
騙馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


16/1/12 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「年末にかけて坂路での普通キャンターも開始し、年明けからは終い15秒ぐらいまで脚を伸ばす調教も適宜取り入れるようにしています。時間をかけて体に余裕を持たせ、心身ともにフレッシュな状態にしてからのスタートで、馬も活気のある動きを見せてくれていますよ」(NFしがらき担当者)


もうそろそろ帰ってくるのでしょうか?
そろそろ復活が見たい。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/14 NF早来
ウォーキングマシンかトレッドミル調整を行っています。「脚元の状態を見ながら運動を続けて来ましたが、ウォーキングマシンは問題なくこなすことができていました。そのため、この中間からトレッドミルでの運動を開始していて、先週からトレッドミルでダクまで取り入れていますよ。ここまでの経過は悪くありませんが、引き続きしっかりと状態をチェックしながら日々の運動を課していきたいと思います」(早来担当者)


復帰まで長いな・・・。頑張ってください。

◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/13 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「ガラッと変わった印象はないのですが、適度に楽をさせつつも乗り込みを重ねています。体調のほうも安定はしていますので、このまま乗り進めていければ早くて2月後半くらいの競馬を考えていけるかもしれませんね。1戦ごとに消耗しやすいタイプにも見えますし、しっかりと状態を整えて送り出せればと思っています」(天栄担当者)


今年、期待の馬なので楽しみにしています!

◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/14 高野厩舎
16日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)にルメール騎手で出走いたします。

16/1/13 高野厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(53秒5-38秒9-25秒0-11秒9)。「今週は3日間開催後で火曜日が全休日でしたが、競馬は土曜日ですし、レースまで日にちを空けるためにも追い切りは今朝坂路で行いました。先週水曜にも坂路で一杯に追い切っていますし、今朝は決して無理をしない程度に上がり重点の内容。仕掛けてからの反応、動き共に抜群に良かったと思いますし、昨年と比べても馬は明らかに変わってきているのがわかります。休み明けの一戦となりますが、状態面の不安はありません。いきなりから好勝負を期待できると思います」(高野師)16日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)にルメール騎手で出走を予定しています。

16/1/3 高野厩舎
3日は栗東坂路で追い切りました(57秒9-41秒6-26秒5-12秒8)。「年末の12月25日に無事帰厩しています。前走後、牧場でたっぷりと充電期間を設けたことで馬はしっかりとリフレッシュされていい状態で戻ってきてくれました。31日にはビシッと併せ馬を行って最後まで脚色が衰えることなく全体が53秒1、ラスト1ハロンは12秒5と好時計をマーク。今朝は坂路で15-15から終いをサッと伸ばすような感じでいい動きを見せてくれました。フットワークも力強くてだんだんと状態は上向いてきてくれていますし、未勝利戦を勝った時と比べても具合はかなり良さそうですよ。今のところは3週目の牝馬限定戦を目標にしていますが、このデキならば十分に巻き返しは可能だと思います」(高野師)16日の京都競馬(4歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)にルメール騎手で出走を予定しています。

15/12/26 高野厩舎
25日に栗東トレセンへ帰厩しました。


帰ってきて即出走です。
出来はかなり良さそうなのでいきなりから期待できそう。
負けられない一戦になりそうです。
ルメールさんお願いします。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/12 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「年末から年始にかけては坂路での騎乗調教も開始し、順調に乗り込みを進めています。先週からは、坂路でジワッと終いを15秒ぐらいまで伸ばす調教も取り入れるようにしています。乗りながら蹄の痛みが出ることはありませんし、今のところノドも問題ありません」(NFしがらき担当者)


徐々にペースも上がっています。
このまま無事に復帰して欲しいです。


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


16/1/13 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整も取り入れています。「良い意味で変わりない様子を見せてくれていて、調教のほうも日を選びながらコースや坂路と乗ってきています。もの凄く良くなったというほどではないですけれど、しっかりと乗り込めているのは間違いなく良いことでしょう。このままトレセンへ送り出していければと思っています。厩舎からは早ければ今週か来週あたりの移動を考えるかもしれないと聞いていますよ」(天栄担当者)


まもなく帰厩です。今度は期待して良さそうです。
この仔も期待の馬なので楽しみにしています。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/14 戸田厩舎
13日は軽めの調整を行いました。14日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒7-53秒5-40秒0-13秒3)。「この中間も順調に来ることができています。3日に時計を出しましたが、7日にも時計を出してしっかりと動けていますし、悪くありません。7日の1週前追い切りの時には圭太に乗ってもらったのですが、頭の高さを気にしていたんです。それは以前からで、物見をするのでシャドーロールを着用して少しでも集中できるようにと対応していたのですが、最近は稽古での物見はそこまでではなく、走りも安定してきています。前走のように馬に寄っていくところはありますけれど、少しずついい方向に来ている状況です。また、着け続けると慣れも出てくるので、今回は外しています。だからと言って着用していた時もすごく大きなサイズではなかったですし、そこまで変わりはないのですけれどね。今日は古馬を見ながら進めて終いを伸ばしましたが、しっかりとした伸び脚で、抜け出してからも比較的集中して走れていました。良かったのではないでしょうか。今回は重賞ですし、そう簡単ではないでしょうが、期待している馬ですから何とかいい競馬をしてほしい。前回はちょっと蓋をされたりしてヒヤヒヤしましたが、スムーズに、リズムよく運ぶことができれば、良い競馬ができるはずです」(戸田師)17日の中山競馬(京成杯・芝2000m)に戸崎騎手で出走いたします。

16/1/11 戸田厩舎
17日の中山競馬(京成杯・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート17頭のところ、本馬を含めて17頭の登録があります。

16/1/3 戸田厩舎
3日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒1-39秒2-13秒0)。「年末年始も特別変わることなくここまで順調に来ています。24日の追い切り後は15-14くらいの調教を織り交ぜつつ動かしてきて、今朝は日曜日なので単走でじわっと半マイル重点で時計を出しました。数馬身前に目標を置きつつだったのですが、1頭でもリズムを崩すことなく集中して走れていましたし、悪くなかったのではないでしょうか。京成杯まで2週間ありますし、適宜負荷をかけていって態勢を整えていくつもりでいます」(戸田師)17日の中山競馬(京成杯・芝2000m)に戸崎騎手で出走を予定しています。


キッチリと仕上がりました。
ここで2着までに入ってしっかりと賞金加算しておきたいです。
最内枠をどう乗るのか、戸崎さんお願いしますよ。


◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/14 上原厩舎
13日は軽めの調整を行いました。14日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒5-54秒3-40秒5-13秒6)。「今日は同じキャロットであり、先輩でもあるレイズアスピリットと併せ馬を行いました。2回目のハロー明けのできるだけ馬場がきれいで、気候も温かくなっている時間帯に追い切ったのですが、さすがにレイズと比較するともうひとつ動けなかったですね。直線に向いて促されてようやくジリジリジリと走っていましたが、動き切れていないという感じもあるかもしれません。ただ、来週あたりの競馬にしようと思っているので、今日のひと追いでまた良くなるだろうと考えれば悪くないでしょう。本当に良くなるのはまだ先だと思いますが、少しでも良化を図っていければと考えています」(上原師)23日の中山競馬(3歳未勝利・芝2200m)に柴山騎手で出走を予定しています。

16/1/3 上原厩舎
3日は軽めの調整を行いました。「デビュー戦は若さゆえに粗削りな部分が目立つ内容でもありましたけれど、素質の一端は見せてくれました。今後も経験を積みながらしっかりとさせ、まずは初勝利を挙げられるようにしていきたいですね。レース後ですが、右前脚に軽いソエの症状が出たんです。気にして見てきましたけれど、それからさらに悪化するようなことはなく、一過性のものだったのか今はわりと落ち着いています。今は軽めに動かしているところなのですが、もし行けそうならばこのままもう1回競馬へ行ってみたいなとも思っています。そのなかでそのソエであったり、体調面、精神面で気になるようなことが出てくれば、仕切り直すという形を採らせていただければと思っています」(上原師)

chief_conductor_151226.jpg
15/12/26 上原厩舎
26日の中山競馬ではややゆっくりとしたスタートも好位につけて内々を立ち回る。4角で外に出て、差を詰めたかったがジリジリとした伸びで4着。「調教でも跨がらせていただいていたのですが、正直なところその時はまだ動き切れていない印象でした。緩さがあってゲートもゆっくりかなと覚悟していたものの、それでも今日はそれなりに出てくれましたよ。走っていてちょっと物見をするなど精神面で幼さはありますが、手前の変換のタイミングや体の伸縮など、まだ体を使いきれていないところがありますから、どちらかと言えば肉体面の成長がポイントになりそうです。最後も脚を使っているけれど、ジリジリとした伸びになってしまいましたからね。粗削りなところはあるものの、経験を重ねていけば良くなりそうな感触も掴めましたし、今日の一戦を経てまた変わって来てほしいです。今日はいい結果を出せず申し訳ありませんでした」(柴山騎手)「タイプ的に新馬向きという馬ではなかったので、現状でどのくらいの走りができるかなと見ていましたが、悪くなかったかなと思っています。道中の感じからオッと思えたのですが、体の芯が緩い分、仕掛けてからがまだスッと動けませんから想像はできました。所々で幼さを感じますけれど、それでいて形にはなっていますから、経験を養いつつ良化させていければと思っています。今後に関しては状態次第ですね。使ったことで良くなってくれると思いますが、まだ完成していない馬なので、疲れてくるようならば無理はできません。年明けまではとりあえず手元に置いて状態の確認をしていき、そのうえで続戦が可能か否かを判断していきます」(上原師)先々で良くなってくる馬と捉えていましたが、そのなかで悪くない走りを見せてくれたのかなと思います。ハミにもたれかかったり、4コーナーでは逆手前になってみたり、仕掛けられてからも瞬時にギアを上げられずモコモコした走りになっていましたが、立ち回り方にセンスを感じさせました。使いつつしっかりしてくるでしょうし、順調に力をつけていってくれたらと思っています。このあと続戦するかお休み挟むかは、このあとの状態をよく確認しながら判断していきます。


デビュー戦はそこそこ頑張ってくれました。
今度は勝ち負けまでもってくるか!?柴山ジョッキー、注目です。


◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/14 藤岡厩舎
13日は軽めの調整を行いました。14日は栗東坂路で追い切りました(55秒8-40秒ー26秒5-13秒0)。「先週ゲート試験に合格した後も、特に反動が出ることはなく順調です。今朝は実質初めての追い切り。城戸を乗せて坂路で併せて追い切りましたが、10時半過ぎの遅い時間帯で馬場も荒れていたにもかかわらずこのタイム。終い1ハロンだけ気合いを入れた程度で、体重の軽いジョッキーが乗っていたことを差し引いてもラスト1ハロン13秒0は上出来です。運動中に時折お転婆なところを見せることはありますが、キャンターはリラックスして走れていますし、このひと追いで変にテンションが上がったりしなければそう遠くなくデビューのメドも立ってきそうですね」(藤岡師)

16/1/8 藤岡厩舎
8日はゲート試験を受け、無事合格しました。「駐立の改善を中心に練習してきて、だいぶ落ち着いて取り組めるようになっていましたし、追い詰める前に試験を受けてみようということで、今朝チャレンジしました。正直発馬はまだまだなのでどうかと思いましたが、ゆっくり目のスタートながらまっすぐに出てくれて、無事に合格することができました。このあとは状態を見ながらですが、今のところはこのまま進めていくつもりです」(藤岡師)

16/1/4 藤岡厩舎
3日、4日はゲート練習中心の調教を行いました。「年末、年始にかけてもゲート練習を中心とした調教を進めています。少しずつ環境に慣れてきてカイバ食いも良くなってきましたし、なかなかいいキャンターをしますよ。ゲートについては、今朝は濃霧のため発馬の感じなどはっきりと見づらかったのですが、ちょっと駐立でバタバタして安定しなかったとのことですので、焦らずに進めていってあげたいですね」(藤岡師)


結構あっさりとゲート試験はパスしてくれました。
初坂路時計もまずまず。水準の走りはできそうなので楽しみにしています。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


16/1/14 高橋康厩舎
13日に栗東トレセンへ帰厩しました。14日は軽めの調整を行いました。「昨日、無事に帰厩しており、今日から軽く乗っています。以前は環境の変化に敏感なところがあってカイバ食いが落ちることもあったのですが、今のところはそんなことはありませんし、今朝もブヒブヒ言いながら飼い桶に顔を突っ込んでカイバを食べていましたよ(笑)。体調は良さそうですし、これから少しずつ動かしていってデビュー戦に向けて仕上げていきたいと思います」(高橋康師)

16/1/12 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、年末から年明けと継続して坂路では15-15近いところを取り入れて乗り込みを行っています。ここまでしっかりと動かして負荷をかけていますが、堪えた様子もありませんし、動きも力強くなって体力もだいぶついてきていますね。厩舎サイドからは今週中の移動と聞いていますので、そのつもりで準備しておきます」(NFしがらき担当者)


さぁ、これからが楽しみです。
カンパニー産駒がどんな走りを見せてくれるんだろう。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。