出資馬近況(11/7~12/12) その3

1ヶ月分まとめての更新3回目です。(笑)

最後は2歳馬たち。

11/7~12/12 の出資馬たちの近況(その3)です。

◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/12/12 NF天栄
12日にNF天栄へ放牧に出ました。「水曜日には坂路を軽くのぼっていましたし、前走後から大きくコンディションが後退しているということはありませんでした。しかし、正直なところを言うとカイバの食べっぷりを見ていると、それなりに食べる時もあればゴソッと残してしまうこともあるんです。波がある状態で、昨日は特にあまり良くないように見せました。前走後、疲れはあるけれど良くなるのではないかという、欲目で見ればそう思える状態と捉えていたので来週の競馬へ向かっていく気持ちで調整を進めていましたが、現状から無理をしない方がいいのではないかと思い直しました。まだこれからである2歳の牝馬が万全ではない今の状態で来週の中京を目指すのはちょっと酷であり、おそらくダメージだけを蓄積させてしまうように思えました。来週の中京は1600mの牝馬限定戦もありますし、翌日には1600mの一般戦もあるという週なので、番組上つい来週を考えてしまうのですが、それはまわりも同じで関西からもそれなりの馬が来ることは考えられますし、ここを無理をして押すのではなく、ようやくつかみかけた前走のきっかけをつぶさないようにするためにも、一度回復を図らせてください。乗っていたくらいなのでおそらく天栄での調整もそこまで難しくはないとは思いますが、今後については状態次第になります。予定を組んで楽しみにされていた方もいたかと思いますので大変申し訳ないのですが、ここをグッと堪えたことが良かったと後々言えるようにまた帰ってきましたらしっかりとやっていきたいと思っています」(大竹師)

15/12/9 大竹厩舎
9日は美浦坂路で追い切りました(55秒6-41秒4-27秒9-14秒2)。「カイバ食いや硬さに関して注意深く見ていたのですが、幸いにも後退するようなことはなかったので、少しずつ乗り運動を進めているところですよ。今朝の様子も問題なかったことから坂路に入れて時計を出していますが、トレセンの坂路で時計を出すのは初めてだったこともあり、テンに少し戸惑った様子でした。それでも徐々に落ち着きを取り戻してくれて、他厩舎が追い切っている後ろにつけてあえてチップを被せる格好にしてみました。最初は頭を左右に振る仕草をしていましたが、それでも我慢は利いていて、馬なりながらいい調教をこなすことができたと思います。今週末、来週の状態次第にはなるので断言はできませんが、左回りの東京で悪くない走りができましたから、できれば同じ左回りの中京開催には使いたいところです」(大竹師)19日の中京競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)か20日の中京競馬(2歳未勝利・芝1600m)に出走を予定しています。

15/12/2 大竹厩舎
2日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は見どころのあるものだったので今後につなげていきたいですね。問題なければこのまま中京へ向かい、まず初勝利を目指していきたいと思っているのですが、思った以上に疲れが見られます。一生懸命に走ったということなのでしょうね。全身の筋肉が硬くなっていて、カイバ食いもちょっと悪くなっています。時間の経過とともに快方へ向かってくれるとは思うのですが、現段階では続戦できるかは微妙なところですね。明日、明後日あたりから乗ってみようと思っていますから、その感じ次第でこのまま進められるか、ちょっと厳しいかなと思えれば来年に備えて放牧に出すことも考えていきます」(大竹師)

gooseberry_151129.jpg
15/11/29 大竹厩舎
29日の東京競馬ではまずまずのスタートから先手を取る。良いリズムでそのまま粘り込みを図ったが後続に交わされ5着。「いい形で運ぶことができていたのですが、最後はさすがに粘り切ることができませんでした。あと一歩だっただけに悔しいです。ただ、今日の相手が揃った中で頑張れていましたし、左回りの走りもスムーズでしたね。まだゲート内では突進したり、動いたりと少し怪しい部分はあるので、今日くらいの距離で競馬に慣らしていければと思います」(丸山騎手)「今回は狙ったことがいい方に出てくれたので少しホッとしています。ゲートは時々波があるのかもしれませんが、上手く出てくれましたし、良い形に持ち込めましたね。口向きについては、今回は大丈夫でしたから良い経験にもなりましたね。本当はここ使わずに中京を目指しても良いかなと考えましたが、トレセンで長い時間をかけて追い込みすぎるよりは良いかなとも思って今週の出走を決めました。ここを使ってさらに上向いてくれたらと思っています。今後については左回りの中京が一番近いところでの目標になるかなと考えていますが、年末の開催か年始の開催かはよく馬を見て判断していきます」(大竹師)前走はリズムが悪くなりまともに走ることができませんでしたから、条件を改めて臨んでみました。まだ課題はありますが、前回で見せた課題に対してはまずまず対応していたように思えます。もちろん鞍上が考えながら上手に接してくれた部分も大きいでしょうが、このまま良化を図っていければ理想的と思っています。今後につきましては最短の目標として中京開催を考えながら、最終的には馬の様子次第でどうしていくか検討していく予定です。

15/11/26 大竹厩舎
25日は軽めの調整を行いました。26日は美浦南Pコースで追い切りました(53秒0-39秒0-13秒5)。「先週ポリトラックコースで追い切りを行いましたが、今週も再びポリトラックコースで追い切りました。左回りでの感触を改めて確認したのですが、乗り手の感想は先週よりも動けるようにはなっているのかなと、そして手前を替えても走りのバランスはまずまずだったということです。ゴール板をすぎて向こう正面へ流す時に多少アンバランスなところはあったようなので完璧とは言えないかもしれませんが、稽古の感じではそこまで不安を見せていないように思えます。そして息の入り方から心肺機能のほうも整ってきているのかなと感じますし、今週の競馬へ行こうと思います。できれば前々で競馬をしたいなと思っていてスタートの確認もしているのですが、ダッシュにはバラつきがあるんですよね。中が悪いというわけではないのですが、出が速い時とそうでない時とあります。基本的には遅めではあるので、そう考えるとペース的に距離のある方がその形に持ち込みやすいのかなと思って、2000mの条件を選択することにしました」(大竹師)29日の東京競馬(2歳未勝利・芝2000m)に丸山騎手で出走いたします。

15/11/19 大竹厩舎
18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦南Pコースで追い切りました(83秒3-66秒8-52秒3-38秒5-12秒7)。「天栄に移してじっくりと乗り込んでもらっていました。そのうえで先週末に入れたのですが、体調面の問題は感じられません。北海道の時の印象から次のレースは左回りに拘ってみたいと思っていて東京か中京をメインに考えていて、中間の様子から競馬を決めようと思っていたんです。最短で来週を視野に入れていたので、今日は左回りが大丈夫なのかということも確認するためにポリトラックコースで追い切ってみました。ポリトラックコースをよく使われている勢司厩舎の馬と一緒に馬場入りし、時計を出すところは自分のペースで動かしたのですが、コーナリングは悪くなかったのかなと思います。上がりの様子もまずまずのようなので、来週の動きと状態を見て判断していくつもりです」(大竹師)

15/11/14 大竹厩舎
14日に美浦トレセンへ帰厩しました。

15/11/10 NF天栄
周回コースと坂路でキャンター調整を行い、日によってはハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。「調教中に左に張ることは相変わらずあるのですが、それでもこちらへ移動してきた当初と比べるとだいぶ常識にかかってきた印象です。もちろん競馬に行くと頭数やペースの兼ね合いもあり、そう簡単ではないでしょうが、適度に経験を積ませつつ、なおかつ辛抱強く接して変えていくことが一番でしょう。状態や検疫の都合がつけばそう遠からず帰厩させて東京や中京開催を視野に入れていくとのことですし、それに対応できるように体調管理もしっかりと行っておきます」(天栄担当者)


復帰戦はなかなかの内容でした。
先行出来たのは収穫です。
続戦かと思っていたら、いきなりの放牧。大竹厩舎は慎重ですね。
ルージュバックの予定を見ても分かりますが慎重すぎるくらい慎重です。
しっかり状態を見極めて使ってくれそうなので信頼していますよ。
また次のレースを楽しみにしています。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/9 戸田厩舎
9日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、改めまして会員の皆様おめでとうございます。いい状態だったので楽しみをもって送り出せましたが、正直ハラハラするシーンが何度かありました。パトロールビデオを何度見直しても、スタート後、道中、勝負どころとスムーズではなかったですからね。直線ではいい伸びを見せてくれましたが、抜け出してからは遊んで走っていて、馬に寄って行くように幼い面も見せてしまいましたから、今後の経験、成長という点も重要になってくるでしょう。何はともあれ、年内にキッチリと2勝目を挙げてくれたことは大きいですよ。レース後は厩舎で様子を見ていますが、疲れを見せるようなことはなく、元気な様子です。今後の状態次第にはなりますが、今のところはこのまま在厩で調整して、京成杯あたりを次の目標にして調整していくつもりです」(戸田師)2016年1月17日の中山競馬(京成杯・芝2000m)に出走を予定しています。

maitres_dart_151205_2.jpg maitres_dart_151205.jpg
15/12/5 戸田厩舎
5日の中山競馬では二の脚がつかず中団後方からの競馬。勝負どころで外に出すと一気に伸びて優勝。「ゲートの中はそんなに問題という問題ではなかったですが、出てからふわっとして行き脚がつかず後方からになりました。腹をくくってじっくり進めたのですが、まわりに馬がいる中でも落ち着いて走ることができていましたし、良いリズムで走れていましたよ。伸び伸びと走れるように外に持ち出して終いをしっかりと伸ばすようにしたのですが、いい反応を見せてくれました。ただ、抜け出してから物を見たのもあってか内にささってしまって…。その分だけ差を詰められて際どくなりましたが、まともならもう少し力差はあったのかなと思います。直線の流れは若さの分なのでしょうが、体もまだしっかりとしてないところがあってのものとも思えますので、心身ともにまだまだこれから良くなってくるはずですよ」(戸崎騎手)「ありがとうございました。正直負ける気がしなかったので3番人気というのを見て驚きましたし、結果で見返したいなと思っていました。まだ良化途上中ですが、それだけのコンディションでしたし、無事に勝つことができて良かったです。中山コースがどうかなという思いもありましたが、いい経験ができました。圭太も前回のことを頭に入れながらレースを運んでくれたみたいで続けて乗ってもらったことがプラスになりましたね。最後は子供っぽさを見せましたが、これからもよく見ながら育てていきたいです。今後については様子を確認しながらですね。おそらくダメージは少ないでしょうが、しっかりと走ったことは確かなのでよく見ていきます。あくまでも状態次第になるので確定ではないですが、年明けの中山あたりも考えながらやっていきたいと思っています」(戸田師)前走後はここに目標を定めて時間をかけてじっくりと調整してきましたが、まだ良くなる中でも良好な気配を見せていました。まともならいい勝負になるだろうという手応えを持って臨めました。そのなか、スタート後に後手に回ったことで一抹の不安はありましたけれど、それも杞憂に終わりました。直線の伸びは圧巻でしたし、見事にここの壁を突破し、オープン入りを果たしてくれました。今後がさらに楽しみになる内容でしたし、大事にいけたらと思います。このあとについてはまずよく観察していきながら目標を定めていきます。

15/12/3 戸田厩舎
5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に戸崎騎手で出走いたします。

15/12/2 戸田厩舎
2日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒2-54秒9-40秒3-13秒1)。「今週が競馬の週ですから追い切りは今日行うことにしました。ここも適度な負荷をかけたいと思って先行する古馬を後ろから見ながら追走し、直線で並びかけるという内容でした。リズムが乱れることなく走っていて、直線で仕掛けられるとしっかりと前を捕えるという、良い走りを見せてくれていましたよ。今回時間をかけて調整をしてきましたし、コンディションは悪くないと思います。前走は力上位でしたからそこまで不安なく送り出せましたが、今回はクラスが上がりますから、どのくらいやれるかですね。楽しみはもちろんあります。前走に続いて圭太が乗るということもプラスになるでしょう。良い競馬を見せてほしいですね」(戸田師)5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

15/11/29 戸田厩舎
12月5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて18頭の登録があります。

15/11/26 戸田厩舎
25日は軽めの調整を行いました。26日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒7-53秒9-39秒9-13秒5)。「引き続きじっくりと動かしてきていますが、感触は変わらず良好ですよ。追い切りは馬場コンディションを踏まえてポリトラックコースで終いをシャープに伸ばしていますが、良い動きを見せてくれています。不安らしき不安は今のところなく、ここまで順調と言えると思いますよ。走っている際のテンション面、折り合い面もまずまずですし、このまま乗り込みを重ねていい状態に持っていきたいですね。いちおう圭太で行けることになっていますので、しっかり調整してバトンを渡せればと思っています」(戸田師)12月5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

15/11/19 戸田厩舎
18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦南Pコースで追い切りました(70秒0-54秒2-39秒9-12秒3)。「引き続き順調に来ていますよ。葉牡丹賞をメインに考えていくことにしましたから今週は2週前追い切り。今から目一杯に時計を出す必要もないですし、角馬場での乗り込みをしっかりと行ったうえでその後コースに入って追い切っています。今日は昨日の雨の影響から馬場コンディションが良くなかったですから、その中で安定しているポリトラックコースで5ハロンから時計を出しましたが、動きは問題なくしっかりとしていて、これと言った不安はありません。引き続き心身ともにいい状態に持っていって競馬へ向かえるようにしていきたいですね」(戸田師)12月5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に出走を予定しています。

15/11/12 戸田厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒9-56秒7-42秒6-14秒1)。「先週末に帰厩しました。今週あたりの移動を考えてもいましたが、検疫が混み合ってきて予定が遅れるということは避けたかったので、先週末の検疫を確保できたことから入れさせていただいたんです。前走後に抱いていたのは近いところでベゴニア賞か葉牡丹賞あたりが有力かなとは思っていました。あとは馬の調子と使ってきての変化を見てどちらにトライするか決めるつもりでした。それで今朝追い切ったのですが、相方の馬のほうに自分が乗って2頭併せです。メートルダールは後ろから最後に伸ばしてくる内容だったわけですが、変に慌てたり力んだりする様子はなく、良い意味でふわっと走れていました。これならば将来のために2000mくらいの距離を試してみるのもいいかなと思っていますので、今のところ葉牡丹賞をメインに考えていければと思っています」(戸田師)今のところ12月5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に出走を予定しています。

15/11/7 戸田厩舎
7日に美浦トレセンへ帰厩しました。


葉牡丹賞、やりました~!
出遅れは誤算でしたが、期待通り走りで本当に嬉しいです。
次は京成杯!試金石の一戦ですが頑張ってもらいたいです。
賞金加算してクラシックへの夢を見続けていたいものです。


◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/10 上原厩舎
9日は軽めの調整を行いました。10日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒9-55秒2-40秒7-13秒2)。「大きな馬で緩さもあるのでじわりじわりと上げていくようなイメージで調整を進めています。本格的な追い切りというものは今週から始めていて、今朝は併せる形にしました。まずダートを半周してからウッドチップコースに入って速いところへ行くという流れで、同厩舎2頭と他厩舎1頭での併せ馬です。他厩舎の馬は後ろにくっ付いてくるような格好だったので実質2頭併せだったわけですが、パートナーよりも鞍上の手は動きましたけれど、段々とスピードに乗ってきて勢いがついてくるといい動き。ゴール板を過ぎて向こう正面まで流す時も余力たっぷりでいい感じでしたね。エンジンをかけるにはしっかりと動かしていける人がいいかなという感じもありますし、距離もある方が良さそうですよね。あくまでも今後の仕上がり具合によりますが、今年最後の週に組まれている2000mを直近の目標として進めていければと思っています」(上原師)26日の中山競馬(2歳新馬・芝2000m)に出走を予定しています。

15/12/2 上原厩舎
2日に美浦トレセンへ帰厩しました。「体つきはまだいくらか立派かなという感じですが、じっくり乗り込んで来ていい感触は持っていますよ。それも踏まえて上原調教師からは今週入れたいということで話をもらえ、今日の検疫で無事送り出しています。素質はありそうですが、本当に良くなってくるのは先々かもしれませんし、いい成長を遂げてくれることを楽しみにしています。馬体重は503キロです」(天栄担当者)「ゲート試験合格後は天栄で乗り込んでもらっていましたが、いくらかいいかなという状態になってきたようで、競馬も考えていけそうということでした。それなので色々と調整をして今週のタイミングで入れさせていただくことにしました。緩さは相変わらずある馬ですから、少しずつじっくりと乗り込みながら仕上げて初戦の目標を決めていきたいと思います。よろしくお願いいたします」(上原師)

15/11/25 NF天栄
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「変わりなくここまで来ることができていますね。現状は少しゆとりのある条件からの始動がベターなのではないかと思うところもあり、上原調教師ともそういう話にはなっています。番組を見ると複数あるようですし、あくまでも今後については馬の状態が上向いてきた時に話を進めていければと思っています」(天栄担当者)

15/11/18 NF天栄
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「じわりじわりと動かしてきていますが、順調ですね。まだ緩さがあるなど良化途上の馬ですが、随所に良さを感じせてくれます。大事に行けばサムソン産駒の走るタイプの馬になってくれるのではないかなという期待もかけているんです。もちろんそれは今後の成長次第でしょうし、体調を見ながらしっかりと鍛えていきたいですね」(天栄担当者)

chief_conductor_151110.jpg
15/11/10 NF天栄
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「良い意味で変わりありませんよ。今朝は坂路に入って14-14をベースにしてじっくり動かしましたが、動きはまずまず。トモを中心に全体的な緩さは見て取れる馬ですけれど、焦らず成長を促しながらやっていければ楽しみになる馬だと思うんです。体力的には現状でもまずまずのものがありますが、さらにしっかりと体力をつけていき、より良いパフォーマンスを発揮できるように持っていきたいと思っています」(天栄担当者)


年末にデビューできそうです。
どんな走りを見せてくれるか楽しみです。


◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では15-15近いところを交えながら調教を行っています。調教のメニューは変わりありませんが、力強くてしっかりと動くことができていますよ。疲れも見られず体調の問題もありません。そろそろ移動に向けての話が出てくる頃だと思うので、いい状態で送り出せるよう進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)

15/12/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、坂路では15-15に近いところを乗ったり、日によっては周回コースだけをゆったりと走らせるなどメリハリをつけた調整を行っています。負荷を強めても特に堪えた様子はなく、しっかりと動くことができていますよ。まだ具体的な移動の日程は決まっていませんが、おそらくそんなに遠くない話だと思うのでこの調子でさらに良化を促していきたいですね」(NFしがらき担当者)

15/11/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「坂路で乗り出してからも特に気になるところはなく順調です。坂路では週に1回程度は15-15近いところを乗っていますが、攻めすぎてはいけませんから、周回コースだけでゆったり走らせる日も作って徐々に負荷を強めているところです。今後も厩舎サイドと相談をしながら進めていきます。馬体重は426キロです」(NFしがらき担当者)

15/11/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半からは坂路でのキャンターも開始しました。北海道でもしっかり乗り込んでいましたし、今朝は坂路で併せて終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしました。この感じで15-15をコンスタントに取り入れていければ、そう遠くなく移動の話もしていけそうですよ」(NFしがらき担当者)

15/11/10 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「輸送後の状態を確認し、問題ありませんでしたので、先週後半からは周回コースでの騎乗調教を開始しました。まだ軽いキャンター程度ですが、環境にも慣れて落ち着いて調教に取り組めていますし、このまま移動に向けてしっかりと体力をつけていきます」(NFしがらき担当者)


しっかり乗り込まれて良い感じに思えます。
デビューが今から楽しみです。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も変わりなく順調です。15-15程度は週に1回とまだ本数はこなしていませんが、継続することで体力もついてくるでしょうし、しっかりと動かしながら厩舎サイドとも移動時期の話をしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

15/12/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「騎乗調教を開始してからは順調に調整できています。非常に軽い脚捌きで、なかなかいいものは持っていると思わせるのですが、やはりまだ体力的に物足りないところはあります。終い15秒ぐらいのところは継続して取り入れますが、メリハリをつけて周回コースの軽いキャンターのみに留める日も作るなど無理のないように進めているところです」(NFしがらき担当者)

15/11/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています「少しの間、楽をさせたことで体調はだいぶ上向いてきていますし、この中間からは騎乗調教を再開しており、坂路では終い15秒くらいのところを取り入れています。動きなどを見てもまだ良化の余地はありそうですし、先週いったん緩めた後ということもありますからまずは慎重に様子を見て調教配分を考えていきたいですね。馬体重は454キロです」(NFしがらき担当者)

15/11/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらへ移動してきてからは特に大きな問題もなく乗り込みを続けてきていたのですが、この中間にちょっと疲れが出てしまったようなので今は騎乗調教を控えて、軽く動かして様子を見ているところです。トモも少しムクんでいるようですし、ここは無理をさせずに体調回復を最優先に進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

15/11/10 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「スクミなども見せず環境にも慣れて落ち着いてきましたので、先週後半からは坂路での普通キャンターも開始しています。あまりバリバリと速い調教を重ねるというよりは、じっくりと乗り込みながらデビューに向けた体力をつけていきたいですね」(NFしがらき担当者)


まだじっくり調整ですが移動も視野に入ってきそうです。
1~2月にはデビューできるでしょうか。小倉デビューのイメージ(笑)

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。