出資馬近況(11/7~12/10) その1

ずいぶんと久々の更新になってしまいました。
忙しいやら風邪気味やらで更新を後回しにしていたらたまっちゃいました・・・。

ぼちぼち更新していきます
11/7~12/10 の出資馬たちの近況(その1)です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/8 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「現状では年明けの中山開催での競馬を目標に少しずつ乗り進めています。さすがに先週と比較して抜群に良くなったとは言い切れないのですが、それでも調教中の前躯と後躯の連動が徐々に見られるようになっていますから、この調子でより動けるようにしていきたいですね」(天栄担当者)

15/12/2 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「良い意味で変わりないですね。ただ、理想を言えばもっとグッと良くしていきたいということに変わりありませんし、引き続き乗り込みを行ってベースをしっかりとしたものにさせていければと思っています。久保田調教師とも話をしていきますが、年明けの番組も念頭に入れつつ何とか良くしていきたいです。馬体重は495キロです」(天栄担当者)

15/11/25 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「良くも悪くも変わりないという状況ではありますが、火曜日に来場された久保田調教師に見ていただきました。実際の坂路の動きなどを見ていると悪いとまでは言わないので、何とかこのまま乗り込み、動きに磨きをかけていきたいと思っています。そのうえで改めて具体的なことを決めていければと考えていますよ」(天栄担当者)

15/11/18 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「乗り手の感触はまだいい頃に足りないということなのですが、全体の時計など求めているものにはしっかりと対応してくれているんです。何とか復調させなければいけないと思うだけに判断が難しいところなのですが、年末年始の中山開催のどこかで競馬を使ってもらえれば理想的という気持ちもありますし、今後の状態を見ながら久保田調教師と相談をしていきたいと思っています」(天栄担当者)

15/11/10 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「体調自体は悪くないように感じますが、走りがまだ微妙に感じるのは正直なところです。前と後ろがしっかりとハマり切れておらず連動が上手くできていないのかなという感じなんです。体がしっかりと使えていない分、溜まるところももうひとつになり、動かしても勢いだけになって一息で走ってしまうようなところがあるんですよね…。それでも少しずつは上がってきていると思えますし、何とかさらなる良化を促して今後につなげていきたいです」(天栄担当者)


じっくり調整できています。変わってくれないかな~。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/8 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「良い意味で変わりはありません。使ったなりの疲れはあり、それの回復に努めてきていますが、背腰、トモの傷みはあるものの、厳しいなと思ったときに比べればまだいいと思える状態なんですよ。まだ本格的な騎乗調教は行っていませんが、徐々に乗りを取り入れて頻度を高め、順調ならばその後にそれなりのスピードで動かしていきながら徐々に次の競馬へ向けた調整過程を踏んでいきたいと思っています」(天栄担当者)

15/12/2 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週は帰ってきたばかりでもあったのでマシンのみの運動を行っていましたが、この中間からトレッドミルでの調整に切り替えています。今はキャンターペースで体を動かしていて、馬体の回復を促し、来年に向けての余裕をつくっていけるようにと考えながら接しています。本格的な調教を開始するタイミングは様子を見ながら決めることになりますが、来年こそ何とか勝ち星を狙えるようにしていきたいですね。馬体重は494キロです」(天栄担当者)

15/11/25 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週こちらに帰ってきました。今回トレセンへ送り出す時の状態が絶好調とは言い切れないものでもありましたし、次は何とかいい状態に持っていきたいと思っています。今は疲れが見られる状況ですから騎乗調教は控えてマシンでの運動で回復を図っています。来年に向けてしっかりと疲れを取るところから始めて、回復を見ながら進めていくつもりです」(天栄担当者)

15/11/18 NF天栄
18日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週は楽しみにしていたレースだったのですが、申し訳ありませんでした。タフな展開、馬場になったのも堪えたのでしょう。それに枠もあって理想的な形に持ち込みにくかったですね。小回りの福島、芝1800mの牝馬限定戦と魅力的な条件だっただけに、ここで良い競馬をして来年に備えることができればと思っていたのですが、悔しい限りです。絶好調とまでは至っていなかったのかなという気もしますし、疲れもそれなりに見せていましたからここは無理せず放牧に出します。順調に回復し、調整が進められれば今年のように小倉を狙いに行くのも一つの手かなと思っていますが、それはあくまでも状態次第になるでしょう。今日出させていただきましたので、また天栄での様子をよく確認しながら相談していきたいと思っています」(奥平師)

sagres_151114.jpg
15/11/14 奥平厩舎
14日の福島競馬では五分のスタートから前々で競馬を進める。勝負どころから徐々に手応えが悪くなってくると直線では伸びを見せることはできず14着。「今日は枠も外でしたし、馬場状態も考えて無理に行くことは避けました。なるべく芝の綺麗な場所を走らせましたが、それでも前が速かったこともあって最後は厳しくなってしまいました。いい走りができればと思いましたが、悔しい結果に終わってしまいました。力を出し切ることができず申し訳ありませんでした」(黛騎手)「天候を考慮して土曜を選択しましたが、結果的には厳しい条件での競馬を強いられてしまいました。力を出し切れない競馬となってしまい、本当に申し訳ありませんでした。ジョッキーは馬場の良し悪しを見て、強引に前を取りに行くことはしませんでしたが、ペースも速かったので最後は厳しくなってしまいました。春は福島で結果が出ていただけに何とかしたかったのですし、悔しいですね。今後はレース後の状態を見て判断したいとは思いますが、基本的には来年に気持ちを切り替えていこうと考えています」(奥平師)ここでも十分勝負になる力はありますが、今回はベストな条件が整わず力を出し切ることはできませんでした。夏の巻き返しを図りたかっただけに残念ではありますが、その悔しさは次走できっちり晴らせればと思います。今後は一旦リフレッシュ放牧に出す予定で考えています。

15/11/12 奥平厩舎
14日の福島競馬(土湯温泉特別・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走いたします。

15/11/11 奥平厩舎
11日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒2-40秒6-13秒3)。「先週半ばはじっくりと乗り込んでいて、予定通り金曜日に追い切りを行いました。ジョッキーを背にして追い切ったのですが、それなりの時計にもなりましたし、そのひと追いでピリッとしてきたんです。あとは時計ではないけれど入念に動かして運動量を補いつつ、背腰を中心に馬体のケアをしっかりと行ってきていたんです。今週に入ってからも悪くはなかったのですが、ちょっとテンションの高揚が気がかりだったので、最終追い切りを行った今朝の調教ではジョッキーではなくウチのスタッフを背にして追い切ったんです。担当している調教厩務員が跨って追い切ったわけですが、感触は悪くなかったということでしたし、良い感じで来ることができているのは確かでしょう。あとはレースへこのまま行ければという考えですが、週末の空模様がちょっと気がかりなんですよね…。道悪がダメというわけではないかもしれませんけれど、あまり馬場コンディションが悪くなるのは好ましくないかなという気がしています。それならば脚抜きがいいダートを考えてみるというのもいいかもしれません。本線は当初の予定通り牝馬限定戦の芝1800mですが、ギリギリまで様子を見て考えさせてください」(奥平師)今のところ14日の福島競馬(土湯温泉特別・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走を予定しています。

15/11/8 奥平厩舎
14日の福島競馬(土湯温泉特別・牝馬限定・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて45頭の登録があります。なお、14日の福島競馬(高湯温泉特別・芝2000m)への特別登録は見送りました。


先行脚質も安定していますし来年こそは・・・と思います。
あと1~2勝、何とかして欲しいです。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
騙馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/12/9 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミル中心の調整を行っていますが、今はキャンターペースまで速度を上げて動かしているところです。一気にというわけではありませんが、馬体も少しずつ増えて見た目に幅も出てきていますね。体調面の問題もありませんし、このままじっくりと進めて良化を促していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

15/12/1 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「引き続き、トレッドミルで常歩程度の運動を行っています。ペース自体はまだ変わっていませんが、軽く動かしながら馬体には少しずつ余裕が出てきていますし、疲れた様子も見られず体調面の問題もありません。今回は時間をかけて良化を促していく予定なので、うまくリフレッシュも交えながらじっくりと取り組んでいきたいと思います」(NFしがらき担当者)

15/11/25 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルで常歩程度の軽い調整を行っています。状態面で大きく変わったようなことはありませんが、引き続き疲れた様子や馬体の傷みなどは見られません。もうしばらくはこのように軽めのメニューで進めていき、じっくりと立て直しを図っていきたいと思います。馬体重は484キロです」(NFしがらき担当者)

15/11/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後はトレッドミルで常歩程度の軽い調整を行っています。馬体に大きな疲れや傷みはなさそうですが、石坂師からは少し時間をかけて体に十分余裕を造りたいという話を聞いていますし、しばらくはゆったりとした調整で様子を見ていきます」(NFしがらき担当者)

15/11/11 NFしがらき
10日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は久々とはいえ思わぬ形での敗戦になってしまい申し訳ありませんでした。ジョッキーは途中で急にブレーキをかけるような止まり方をしたと話していたので、故障がないか心配しましたが、幸いそのようなことはありませんでした。内枠で他馬のプレッシャーに嫌気が差したのでしょう。このあたりは去勢の効果が出るまでもう少し待った方がいいのかもしれません。馬体ももっと膨らませたいですし、ここで放牧に出させていただいて立て直したいと思います」(石坂師)

delizia_al_limone_151107.jpg
15/11/7 石坂厩舎
7日の京都競馬では五分のスタートから出たなりで好位をうかがうも、周囲を気にしてか徐々にポジションを下げてしまう。そのまま直線も手応えなく11着。「最内枠でロスなく競馬ができると思っていましたし、スタートもまずまずでいい感じだったんです。それが、どうも周囲を気にしているようで集中せず、ハミを取らなくなってしまいました。終始気を遣っていて、結果的に内枠が悪い方に出た形です。去勢手術明けということですし、効果が出るまでもう少し時間が必要なのかもしれません」(秋山騎手)「これはもう、気持ちの問題としか言いようがありません。調教ではかなり動いていたわけですから、ここまで無抵抗に下がってしまうのは精神面が影響しているのでしょう。去勢手術明けで、まだその効果が出ていないということでしょうし、馬体も休み明けとしては寂しい感じです。このような結果になってしまい申し訳ありませんが、まずは馬体をもっとふっくらさせたいですし、放牧に出して立て直すことも考えます」(石坂師)帰厩後の調教はいい動きを見せており、変わり身がありそうな内容だっただけに残念な結果になってしまいました。去勢の効果が出るまではある程度時間が必要ですし、調教の良さが実戦につながるまではもう少し長い目で見ていきたいところです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


馬が楽をする方法を知ってしまってレースになっていない気がします。
環境をガラッと変えるようなことでもしないと何も変わらないような・・・。
復活を信じていますが現状では厳しそうです。
転厩?何か打開策が欲しいところです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。