出資馬近況(9/28~10/8)

仕事は一時の 超多忙 から やや多忙 になった感じです。
朝晩冷える日もあるので体調だけは気をつけなくては。

さて、今週は2頭の出走が!!!
期待の2頭なので応援に行きたいところですが、京都行きは即却下されました。
おとなしくラジコで応援します。

先週、今週の出資馬たちの近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/7 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週こちらに帰ってきています。体調自体は悪くないのかもしれませんが、体つきなどを見ているとひと息かなという感じもしますし、良くなるにはちょっと時間が必要かなとも思えます。使ってもらえたこと自体は悪いことではないでしょうけれど、おそらく前走も本調子ではなかったのだと思いますし、徐々に上げていきたいですね。ほかでは、蹄が少し繊細になっているように見せますので、そのあたりもしっかりケアしていきたいと考えています」(天栄担当者)

15/10/3 NF天栄
3日にNF天栄へ放牧に出ました。

15/9/30 久保田厩舎
30日は軽めの調整を行いました。「コース形態的にもいいかなと思えた中山での出走だったのですが、やはりまだ重かったのか思うような競馬ができませんでしたね。完調時ならばもちろんもっといい競馬をしてくれたと思いますが、考えていた以上に夏場の調整で苦労されていたのが改めて実感させられたレースでもありました。今は様子を見ているところですが、現状グッと変わったなという感じはそこまでありません。連戦することでプラスに転じる部分はあるかもしれませんが、レースでの印象からするとすぐ良くなるというよりは適度に間を取っていったほうが復調させられるかなという印象もあります。また、使わないと決めつけているわけではないですが上がり勝負の東京となると苦労もするでしょうからね…。もうちょっと様子を見つつ検討させていただければと思いますが、今のところはひと息入れて体調を整えてから改めて競馬を考えるという方向で行こうかなと思っているところです」(久保田師)


良くなるには時間が必要か・・・精神的なケアも必要ですね。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によってはハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。「じわじわと乗り込んできています。今のところは坂路ではなく周回コース主体で乗っていて日によってはハロン15~16秒くらいのキャンターです。感じからするとすごくいいなと思える時よりは物足りないかなと思えますから勝負はもしかしたら来年になるかもしれませんが、年内にもそれなりの競馬ができるような状態に持っていければと思っています。馬体重は485キロです」(天栄担当者)

15/9/29 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によってはハロン16~17秒のキャンター調整を取り入れています。「少しずつ乗り進めてきており、今週は月曜日に周回コースで良いキャンターを行ったところです。順調と言えば順調ですが、もう少し時間はほしいという感じでもありますので、目標に関しては秋と言っても後半寄りになるかな…と思っています」(天栄担当者)


年内出走は微妙かな?年末だと中京!?
もし来てくれたら応援に行きたいです。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
騙馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/10/7 NFしがらき
7日にNFしがらきへ移動しました。

15/10/5 NF天栄
5日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。「去勢手術後も順調に調整を続けることができましたので、予定通り今週の移動となりました。力はあるので、あとはきっかけ一つでしょうし、復活できると信じて取り組んできましたから、頑張ってもらいたいですね」(空港担当者)

15/9/30 NF空港
週3日は屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンターを1本登坂しています。また残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。「本州移動に向けて更にペースアップを図っていますが、しっかり対応できています。今のところ、早ければ来週中にもNFしがらきへ向けて移動させるプランもありますので、話を詰めていければと思います」(空港担当者)


一気にしがらきまで移動してきましたね~これは楽しみ。
復帰戦どんな走りを見せてくれるんだろう。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/7 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週勝ち上がったうえで帰ってきてくれましたね。本当によく頑張ってくれました。さすがに疲れていると思いますし、よく確認していくようにしているんです。疲れもありますが、ただの疲労感だけでなく歩様も若干気になるかなという状況でもあります。トレセンから送り出されるときはそこまででもなかったようなのですが、左トモの球節にいくらか炎症もあります。以前の放牧時にも見られたところなので今回もよく確認していきます。必要に応じてしっかりお休みを取ってもいいでしょうし、数日楽をさせて乗ってみての変化も確認していくつもりです」(天栄担当者)

15/9/30 NF天栄
30日にNF天栄へ放牧に出ました。「改めましてありがとうございました。調整は本当に気を遣いましたがうまく行きましたし、結果レース選択も間違わず日曜日で最良の結果を出せたので良かったです。それに、ウッチー様々ですね(笑)。本当にここを勝つと勝たないとでは話がまるで違いますから、今でも顔が緩んでしまうくらいうれしいです。レース後、やはり多少は疲れていますし、ここまで頑張ってくれました。静かな時なのに馬房内で蹴ってみることもありますから、やはりイライラした部分が表面化してきているのかもしれませんから、ここは勝ったご褒美ということも含めて一度お休みにし、リフレッシュさせてあげたいと思います。今の時点でここと決めつけることはしません。まずはしっかりと英気を養ってもらって、また競馬を考えていけそうという状況になってきたら判断していきます」(古賀慎師)


ラストチャンスのレースでは本当に頑張ってくれました。
これぞ血のなせる業だなぁと思いましたよ。
脚元には不安を持ってる仔なのでしっかりとケアが必要そうです。
焦らずじっくりと復帰戦に向けて頑張って欲しいです。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/7 NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン16秒のキャンター調整も取り入れています。「この中間も坂路でハロン16秒の調教を行っていますが、脚元は変わりなく来ていますよ。また、馬体重は483キロと乗りながら増えているのはいい傾向ですね」(早来担当者)

15/9/30 NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン16秒のキャンター調整も取り入れています。「先週に引き続き坂路でハロン16秒程度のキャンターを取り入れ、しっかり乗り込んでいますよ。ペースを上げ始めてからここまでは順調に来ていますが、過度な負担がかからないよう速めの調教開始は慎重に判断していきたいですね」(早来担当者)


良い感じで進めていますね。
そろそろお声がかかるかも!?


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/8 高野厩舎
10日の京都競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に福永騎手で出走いたします。

15/10/7 高野厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒4-25秒6-12秒7)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。目一杯というわけではなく、相手に合わせて少し強めにという感じだったのですが、最後までしっかりした脚取りでいい手応えのままゴールしてくれました。体つきも大きく見せてくれていますし、ここにきて中身が入ってどっしりとしてきた印象がありますね。引き続き、前走後からの反動もなく状態に関してはケチのつけようがありません。これならば昇級初戦でも楽しみは大きいのではないでしょうか」(高野師)10日の京都競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に福永騎手で出走を予定しています。

15/9/30 高野厩舎
30日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-38秒9-25秒3-12秒4)。「この中間も乗りながら慎重に状態を確認してきましたが、反動らしい反動は感じない状態です。これなら使っていけると判断し、来週の牝馬限定戦を目標に今朝坂路で時計を出しました。2歳新馬を相手に、馬なりでついていっただけの内容ですが、手応えを残したままフィニッシュととてもいい動きでした。昇級戦で古馬相手と条件は厳しくなりますが、前走と同じダートの1400mという条件でどこまでやれるか期待したいと思います」(高野師)10月10日の京都競馬(3歳上500万下・牝馬限定・ダ1400m)に福永騎手で出走を予定しています。


まさかの続戦ですが出来は良さそう。
もしかしたら掲示板くらいはいけるかも!?とちょっと期待しています。
そして怪我だけはないように、と祈ります。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/6 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「術後の経過も順調でしたので、曳き運動を経てウォーキングマシン運動に移行しています。この期間に脚元も重点的にケアを行っていければと考えていますし、復帰に向けてしっかり対応していきたいですね」(空港担当者)

15/9/30 NF空港
舎飼で休養しています。「オペ終了後は舎飼で休養していますが、問題なく過ごすことができています。今後は徐々に曳き運動からスタートしていき、メニューアップを図っていく予定ですが、あくまでも馬の状態次第で無理をしないようにしたいですね。馬体重は493キロです」(空港担当者)


思ったよりも早く動かし初めてもらえました。
年内に移動のめどがたつのかも?と少し期待しています。
喉が良くなればもっともっとやれるはず。復帰を楽しみにしています。


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/10/7 NF天栄
周回コースと坂路でキャンター調整を行い、日によってはハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。「早来では口向きの難しさがあるということでしたので、こちらの環境において確認しながら乗っていくようにしています。今のところは極端な難しさを見せていませんけれど、動きを見ていると物足りなさがあるようにも感じるんです。気持ちの部分が関係しているのか、体力的なことなのかは何とも言えませんが、少し時間をかけて探っていき、その都度出てきた課題に対応していければと思っています」(天栄担当者)

15/9/29 NF天栄
「調教師といろいろ話をしたのですが、北海道でそのまま調整を進めていく考えはあったものの、トモのことを考えても天栄の周回でジックリと乗って行くことになり、こちらへ移動して来ています。また、口向きに関してももっと改善していきたいですし、その都度調教師にも状況を報告しながら前進を図って行きたいですね」(天栄担当者)

15/9/28 NF天栄
28日にNF天栄へ移動しました。


天栄への移動には驚きましたが、即入厩はなさそうです。
じっくりと調整が必要ですかね。馬は良いので精神的な成長が待たれます。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/8 戸田厩舎
7日は美浦南Pコースで追い切りました(66秒8-53秒0-39秒3-12秒9)。8日は軽めの調整を行いました。「前走後じっくり時間をかけて調整してきましたが、ここまで大きなトラブルもなく順調に来ることができたかなと思っています。月曜日の1800m戦に圭太で行くことにしたわけですが、併せ馬の兼ね合い等もあり追い切りは水曜日に行いました。また、ウッドチップコースではなく実戦が左回りのこともありますし、ポリトラックコースで動かしました。パートナーを離れた後ろから追走して終いを伸ばすようにしました。相手に先着を許しましたけれど、決して悪い走りではないですし、こちらとしては心配していませんよ。まだまだこれから良くなる馬だと思いますが、まずはここで前走以上の良い競馬を見せてほしいですね」(戸田師)12日の東京競馬(2歳未勝利・芝1800m)に戸崎騎手で出走いたします。

15/10/1 戸田厩舎
9月30日は軽めの調整を行いました。10月1日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒9-53秒1-39秒0-13秒0)。「前走後はじんわり時間をかけつつ乗り込んできていますが、良い意味で変わりありませんね。これまでもそれなりに動かしてきましたが、今週は1週前追い切りということもありますし、今朝は併せて動かしました。前の馬を見ながら後ろより進めて直線で内へ促すとスーッと伸びてきて、悪くない走りを見せてくれました。今のところ悪い印象を持つこともありませんし、少しずつ力も付けてきてくれるだろうと思っています。まずは来週いい競馬をして、今後につながるような結果を出してくれたらいいですね」(戸田師)12日の東京競馬(2歳未勝利・芝1800m)に戸崎騎手で出走を予定しています。


いつも慎重な戸田師が連戦を選択し、満を持して戸崎騎手を手配してくれました。
相当な自信の表れだと思います。
ここはあっさりと未勝利を突破して欲しいです。


◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/8 上原厩舎
8日に美浦トレセン・上原博之厩舎へ入厩しました。「これまで適度な間隔で馬を見に行っていましたが、段々と進めていける状態になってきていることを確認できていました。まだしっかりとし切れていない部分もあるのでいきなり競馬とはいかないかもしれませんが、まずは最初の課題であるゲートをこなすこと、そしてトレセンの場を経験してまたひとつ成長を図っていければという思いもあって、このタイミングで入厩させていただくことにしました。北海道からの長旅になるのでいったん天栄へ運んでもらいましたが、体調面の問題はないということで本日迎え入れています。明日から動かしていくことになりますが、見えない部分も含めて疲れもあるでしょうし、まずは様子をよく確認していきたいと思います。よろしくお願いいたします」(上原師)

15/10/6 NF天栄
6日にNF早来を出発し、NF天栄に向けて移動しました。この後は体調を見ながらトレセン入厩に向けて態勢を整えていきます。「引き続き順調に乗り込めているように体調は良好ですよ。こちらでやれることはしっかり出来たと思いますし、本州に向けて送り出す態勢は整ったと言えるでしょう。そのため本日、NF天栄に向けて出発しました。まずは無事に到着して、トレセン移動へ向けて進めていってくれればと思います」(早来担当者)

15/9/30 NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン15秒のキャンター調整も取り入れています。「それなりのペースで乗り込んでも反動が出るようなことはなく、この中間も順調に進めることができていますよ。今後の馬の状態、検疫の都合もあるので確定的な話はできないのですが、調教師には徐々に態勢が整いつつあるとは報告をしていますから、いつ声がかかってもいいようにしっかりと体調を整えておきたいですね」(早来担当者)


いきなりの移動に驚きましたが、そのまま入厩にも驚きました。
とんとん拍子とはいかないとは思いますがトレセンで頑張って欲しいと思います。


◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/6 NF空港
週2日は屋外直線坂路コースでハロン14~17秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整を行っています。「ひと夏を越して体にも成長が見て取れますので、この中間から屋内坂路コースでの調整も取り入れています。徐々に馴らしながら対応していき、今後も少しずつ進めていこうと思います」(空港担当者)

15/9/30 NF空港
週3日は屋外直線坂路コースでハロン15~17秒のキャンターを2本登坂しています。また残りの日は軽めの調整を行っています。「馬体重は439キロまで増加傾向にあり、乗り込みながらしっかり成長してくれているのが感じられます。今後もこの調子で負荷をかけていき、上積みを求めていきたいですね」(空港担当者)


体も増えてきたし、調教内容にも進歩が見られます。
良い感じで進められていますのでこのまま順調にいって欲しいです。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


15/10/7 高橋康厩舎
7日は軽めの調整を行いました。「先週木曜に無事入厩しています。翌日から乗り出したのですが、長距離輸送の疲れがあったのか、すぐにスクミが出てしまいました。血液検査をしたところ、スクミを示す数値もあまり良くなかったので、状態を見ながら少しずつ動かしているところです。環境が変わったことでちょっと緊張しているということもあるでしょうし、ゲートも通す程度からゆっくりと進めていきます。幸い、カイバはしっかりと食べてくれているので、体力的な心配はなさそうです」(高橋康師)

15/10/1 高橋康厩舎
1日に栗東トレセン・高橋康之厩舎へ入厩しました。

15/9/29 NF天栄
29日にNF早来を出発し、NF天栄に向けて移動しました。この後は体調を見ながらトレセン入厩に向けて態勢を整えていきます。「馬体については欲を言えばもう少し余裕がほしいかなと思うところではありますが、ここまでコンスタントに乗り込んできましたし、本州移動に向けた態勢は整ったと言えるでしょう。お父さんはじっくり力を付けていったタイプですし、本馬もまだまだ成長が期待できるでしょうがら、息の長い活躍を期待したいですね」(早来担当者)


この仔も無事入厩。
血統的にもかなり期待している馬なので無事にいって欲しいです。
中京デビューを希望します!合いそう(笑)
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。