出資馬近況(8/1~8)

うちの会社もお盆休みに入ったのですが昨日は休日出勤でした。
仕事が間に合ってなく、明日も少し出る予定・・・忙しいことには慣れちゃってますが
仕事があることには感謝感謝です。

そういえば7/26無料Dayに中京競馬場へ行ってきました。
nonnoモデル新川優愛ちゃんのトークショーがあったので会社の同僚も誘って行ってきたのですが
思っていたよりも混んでた・・・新川ちゃん効果なのかな??
半分以上トークショー目的で行ってきたけど私たちみたいな人多かった気が・・・。
新川ちゃん、初めて競馬新聞みて、予想もして、馬券買って、初めてづくしで楽しそうでしたよ。
30分ほどでしたが楽しかった~めっちゃかわいかったです。
午前中で疲れちゃってメインレース見ずに帰ってきちゃいました・・・。
JRAさん、こういうイベントはどんどんやってください。

さて、先週の出資馬たち(3歳以上&2歳馬2頭)の近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/5 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、速めのペースを織り交ぜながら良化に努めています。まだ競馬を考えるには上積みがほしいですし、何とか送り出すまでにグンと体調を上向かせたいと思います。馬体重は496キロです」(空港担当者)


順調ですね。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/7 札幌競馬場
7日に札幌競馬場へ帰厩しました。

15/8/5 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本登坂しています。「この中間も速めのペースでしっかり乗り込みを重ねることができましたので、今のところ今週中にも札幌競馬場への入厩を予定しています。何とか春以上の着順を目指して頑張ってもらいたいと思います。馬体重は493キロです」(空港担当者)


競馬場へ入りましたか。レース楽しみにしています!

◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/8/5 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、ウォーキングマシン運動に終始することで心身のリフレッシュ期間に努めています。その甲斐あって馬体重も徐々に回復傾向にありますし、この調子で良化を促していきたいですね。馬体重は479キロです」(空港担当者)


まずはゆっくり疲れをとるべきですね。

◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/5 古賀慎厩舎
5日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒8-52秒3-39秒3-13秒3)。「前走はいくらか急ぎ足で使う形にはなりましたけれど見どころがありましたし、次に期待を持てる内容でしたから、その感触を忘れないでいました。中間は天栄で様子を見ながら乗り込んでもらっていましたし、その間に僕も見に行っていましたけれど比較的順調に進めることができていましたね。これならば新潟戦、順調ならば牝馬限定戦を中心に考えていけるだろうと思い、トレセンでの調整をスタートさせています。暑さに参ることもないですし、順調ですよ。今朝も後半の時間帯で追い切りましたが、動きもしっかりしていて思った以上に時計も出せていました。体は一度使ってスリムになっていますが寂しいというほどではありませんし、精神的にも悪くありませんから順調でしょう。今日しっかり動けましたし、このあとの調教の感触が引き続き良ければ来週の競馬から考えていってもいいかもしれませんね」(古賀慎師)16日の新潟競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)に内田騎手で出走を予定しています。


しっかり仕上げて次は勝ちきって欲しいです。
未勝利で終わる馬では無いはずですよ。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/5 函館競馬場
5日は軽めの調整を行いました。「ありがとうございました。いや~、何度思い返しても嬉しいですね。嬉しくて握手の力も入ってしまいます(笑)。本当によく勝ち上がってくれました。まだまだこれからとも思える馬ですから、勝ち上がることができ将来の成長も期待して見ていけるのは大きなことですよね。現状はまだ気を遣いながらやっていかなければいけない状態ではありますけれど、力がついて来たらもう少し距離があってもいいのではないかと思いますし、今後の変わり身にも期待したいです。現在はそのまま様子を見ているところですが、大きく変わった様子、脚元の不安などは見せていません。今週どこかでいったん牧場へお返しして頑張りをねぎらってもらえればと思っていますし、疲れを取って適度に調整を進めて悪くないなと思える状態になってきたらまた競馬のことを考えていきたいですね」(武藤師)


勝ち上がってホッとしています。
次は秋かな~府中あたりかな~楽しみにしています。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/6 高野厩舎
「水曜日の想定を見たところ、今週の牝馬限定戦は出走できるかギリギリだったのですが、今朝の状況はさらに厳しく、ほぼ出走が無理ということでした。混合のダート1700mに回れば出走可能かもしれませんが、来週も牝馬限定戦はありますし、もう1週だけ待つことにしました。今週の状況のままであれば、おそらく大丈夫だろうという見通しです」(高野師)8日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)は非抽選除外になりました。この後は16日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に出走を予定しています。

15/8/5 高野厩舎
5日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-39秒9-25秒7-12秒6)。「この中間も、特に変わったところはなく、体調を含めていい状態をキープできています。今朝は坂路で併せて追い切りました。体はもうできていますし、輸送も考えて先週同様馬なり程度です。2歳新馬の外に併せて楽な手応えのまま、ラスト1ハロンは12秒6ですから、動きに関しては心配は点はありません。問題はダートがどうかというところに尽きますが、スタートから行き脚がついた前走の内容を見れば、それほど心配はいらないのではないかと考えています」(高野師)8日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)にパートン騎手で出走を予定しています。


パートンさん確保していたのに除外は痛いなぁ・・・。

◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


sun_flame_150808.jpg
15/8/8 小倉競馬場
8日の小倉競馬ではやや立ち遅れ気味のスタートから、道中は鞍上が促しながら中団を追走。直線はなかなか前との差を詰めることができず8着。「ゲートで少し遅れてしまったので、そこから出していこうと思ったのですが、なかなか進んでいってくれませんでした。最後も伸びず、バテずといった感じで…。道中は砂を被っても問題ありませんでしたし、ノドも特に気になりませんでしたが、この距離はちょっと忙しかったのかもしれません」(松若騎手)「久々を叩いて上積みを見込むことができると思ったのですが、このレースぶりを見ていても、こちらが考えていた以上に良化がスローな印象ですね。本当に良かった頃と比べてもまだピリッとしてきません。朝晩は栗東よりも気温が低いくらいですし、もっと上向いてきてくれてもいいのですが…。ただ、馬具の効果か砂を被っても気にする様子はなかったので、そのあたりは収穫がありました。連闘の後ですし、馬の状態をよく確認した上で問題がなければ、このまま滞在で次走を考えていく予定です」(西村師)スタートが遅く、その後も追走に苦労する展開となってしまいました。いいスピードを持っている馬ですし、もっと楽に行くことができると思ったのですが、そのあたりはまだ本調子を欠いている分なのかもしれません。この後については馬体を確認した上で検討していきますが、今のところは滞在のまま次走へ向かう予定です。

15/8/6 小倉競馬場
5日、6日は軽めの調整を行いました。「先週のレース後にお伝えしたとおり、小倉競馬場に残って滞在で調整を続けています。私も小倉に残って状態をチェックしていますが、馬の少ない静かな環境でずいぶん落ち着いていますし、疲れも見せずいい状態ですね。もし出走のチャンスがあればと思い芝の特別に登録させていただきましたが、想定を見るとダートの1000mがフルゲート割れという状況です。もちろん、連闘も視野に入れて滞在させていましたし、ダート1000mに出走できるならそれに越したことはありません。今回は、前走を踏まえてシャドーロールとメンコを着用し、できるだけキックバックの影響がないように、スムーズな位置で競馬をさせたいと考えています」(西村師)8日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に松若騎手で出走いたします。

15/8/2 小倉競馬場
8日の小倉競馬(筑紫特別・芝1200m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて24頭の登録があります。

sun_flame_150801.jpg
15/8/1 小倉競馬場
1日の小倉競馬では五分のスタートからスムーズに好位につけるが、砂を被ってポジションを下げてしまい、差を詰めきれず7着。「スタートからいいスピードを見せてくれたのですが、コーナーで前の馬のキックバックをまともに受けてしまって、そこからなかなか進まなくなってしまいました。うまく外目に出せれば良かったのかもしれませんが、頭を上げて動く余裕もなく、走りのリズムが崩れてしまった感じです。いいスピードがあるだけに、もう少しスムーズに進められれば違うと思うのですが…。申し訳ありません」(国分恭騎手)「馬体重は、前走が減っていたので戻ったと考えればいいですし、見た目にも太目感なく仕上がっていました。スタートからいいポジションで進められそうだと思っていたのですが、コーナーでまともに砂を被って嫌気を差してしまったようです。シャドーロールなど砂を少しでも避けられる馬具の着用を考えた方がいいかもしれません。ジョッキーは『これだけスピードがあるのだから、芝はどうですか?』と言っているほどで、ここでも通用する走りはできると思いますし、優先出走権を確保できなかったとはいえ、平坦小回りはいい条件ですから、出走状況を見ながらこのまま次走に向けて調整していきたいと思います。栗東に戻して態勢を整えていくと再度の輸送になりますし、このまま小倉競馬場に滞在させて状態次第では連闘も視野に入れようと考えています。出走状況にもよりますが、芝のレースも視野に入れていきたいですね」(西村師)今日は残念な結果になりましたが、キックバックを嫌がったという明確な敗因がありますし、戦い方次第で十分チャンスはありそうです。このあとは、今のところ小倉競馬場に滞在させて出走態勢を整えていく予定です。


結果は出なかったけど連闘頑張りました。
500万クラス、まだ歯が立ちません・・・。
連闘でさらに滞在競馬とは、西村師なかなかやりますな~


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/8/6 函館競馬場
5日は軽めの調整を行いました。6日は函館Wコースで追い切りました(70秒7-54秒8-40秒6-13秒9)。「前回いったん放牧に出させていただいて短期間ではありましたからガラッと一変するわけではないのかもしれませんけれど、早来での調教時の動きだけでなく体調面も悪くないということから、一度経験を積ませる意味でも札幌でのデビューを視野に再調整することにしました。それで日曜日に函館競馬場へ入場しています。牧場から引き継いでさっそく今週から追い切りを始めており、今朝時計を出しました。正直に言うと走り自体はハミの取り方などまだ課題がありますし、求めていくと左へ張っていくようなところもあります。それでも新馬ですし、あまり最初からいじくりすぎないように、馬の自然な形に合わせるように対応するようにしています。現状、心身のバランスなどからもっと良くなるという良化の余地を感じさせますが、前回から今回の比較のなかでトモを含めて力強さは増しているかなという印象を受けます。テンションも一度経験しているからかわりと落ち着いて見せていますし、少しずつですが変わってくれているのも確かです。いきなりからという感じはしないかもしれませんが、先々を見据えつつデビューを考えていければと思っています」(大竹師)

15/8/3 函館競馬場
2日に函館競馬場へ帰厩しました。


思惑としては牧場は早く使って欲しい、師はじっくり秋まで調整したい、
という感じでしょうか。
どうも使いながら成長させていく、という感じになりそうです。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/6 札幌競馬場
5日は軽めの調整を行いました。6日は札幌ダートコースで追い切りました(73秒7-58秒5-43秒3-14秒6)。「無事にゲートを合格して様子を見ながら徐々に進め出しています。週末に軽く大きめのところを乗ったところ、思ったよりも動けていてこのまま進めていけそうですという報告を現地のスタッフから受けていましたし、よほどガクッと来るようなことがなければこのままデビューへ向かっていきたいと考えています。まだ幼さはあり、いきなりトップスピードに乗っていくような感じではないようなのですが、それはお姉ちゃんのアールブリュットもそうでしたからね。そのあたりを含めて徐々に良化を図っていけるようにしていきたいと思っていますし、時間をかけつつ乗り込んで競馬へ向かっていきます」(戸田師)9月5日の札幌競馬(2歳新馬・芝1500m)あたりを目標に調整していく予定です。


もう予定がでましたね。
早めから予定立てるということはジョッキーもよい騎手を押さえられそうです。
岩田騎手だったら最高ですが。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)