出資馬近況(7/19~31)

2週連続で休日出勤など、多忙を極めていますが更新しないと。
たまってから更新するのはしんどいですからね。
忙しいのは良いことなのですが、ゆっくりブログをみられないのはいやだな。
お盆休みは何とか休めるよう今がんばって乗り切ります。

2週分の出資馬たち(3歳以上&2歳馬2頭)の近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/29 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間からハロン14秒ペースを取り入れることができているように今のところ、2回札幌開催での出走を目指しています。しかし、あくまでも馬に合わせて検討していければと考えていますので、まずは更なる上積みを求めていければと思います」(空港担当者)

15/7/22 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~18秒のキャンターを2本登坂しています。「乗り込みながらも馬体重は増加傾向にありますし、いい形で進めることができていると思います。引き続き、継続的に負荷をかけながら良化を促していければと考えています。馬体重は496キロです」(空港担当者)


状態はいつも通りですかね。順調みたいで何より。
そろそろ移動でしょうか。北海道で一つ勝ちたいです。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/29 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本登坂しています。「目標の開催へ向けて順調に負荷をかけることができています。レースまではおよそ1ヶ月ありますし、更に負荷をかけて調子を上向かせていければと思います」(空港担当者)

15/7/22 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本登坂しています。「引き続き、順調に乗り込みを重ねることができています。今のところ、2回札幌開催に照準を定めていこうと話していますので、それに合わせて取り組んでいければと思います。馬体重は488キロです」(空港担当者)


そろそろ移動準備の仕上げでしょうか。
移動してすぐのレースでしょうから牧場できっちり仕上げてほしいですね。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/7/29 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「先日の競馬は新たな面が出ないかと期待しましたが、思ったような結果とならず残念です。調教師からは心身のリセットのためしばらくは楽をさせてほしいと聞いていますので、まずは芯からリラックスさせられるように努めていければと考えています」(空港担当者)

15/7/22 NF空港
21日にNF空港へ放牧に出ました。「今回はブリンカーを試したり、距離を延ばすなど試みたのですが、好結果を出すことはできませんでした。本当に申し訳ありません。どうも本調子にないのかピリッとしないレースになってしまいましたね。今後をどうしようか考えたのですが、このまま次へ向かっても良くないでしょうし、空港牧場へ戻して1回芯からリセットさせて立て直しを図っていければと思います」(石坂師)

delizia_al_limone_150719.jpg
15/7/19 函館競馬場
19日の函館競馬ではまずまずのスタートから道中3、4番手を追走するも、勝負どころに差し掛かると徐々に手応えに余裕がなくなってしまい11着。「スタートはこの馬なりに出てくれましたし、無理をせずに先行することができました。道中のリズムは悪くなかったですからもう少し踏ん張れるかと思ったのですが、直線に入る頃にはもう余裕がなくなってしまいました。今回から着用したブリンカーの効果もあったのか勝負どころでハミを取ってくれましたし、前回と比較しても気持ちが切れて止めている感じはなかったのですが…。何とか良さを引き出したかったのですが、申し訳ありません」(菱田騎手)ブリンカーを着用して初めての条件で変わり身を引き出したかったのですが、結果的には様々な要素が上手く噛み合いきれなかったのか狙った結果を出すことができませんでした。気持ちの面はもちろんのこと、毛ヅヤなどからもまだ本調子とは言えなかったかもしれませんし、何とか浮上のキッカケを掴んでいきたいものです。この後はレース後の状態をしっかりと確認しながら、状況に応じてリフレッシュさせることを含め検討していきます。


今度ばかりは転厩を覚悟しなくては・・・。
残る手段は距離一気の短縮と転厩でしょうから。
気持ちを切らさず走る矯正はなかなか難しいでしょうから
一気に走りきれる短距離を試してほしい。
良い馬なだけにもったいないですね・・・。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/30 古賀慎厩舎
30日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後は脚元を中心に馬体のケアを入念に行いつつ乗り込みを進めてもらっていました。比較的順調に乗れている最近の状況を確認できていましたし、つい先日にも天栄へ見に行って近々の移動ならびに競馬を考えていけるだろうと感じていたんです。そのことから早速入厩の段取りを組み、本日の検疫で戻させていただきました。さっそく明日から動かしていきますが、もちろんこちらでもしっかりと状態を確認していってレースへ向けてピッチを上げていきます。ここ最近はしっかりと乗られていたようですし、暑さに堪える前に競馬へ行きたいですね」(古賀慎師)

15/7/29 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては周回コースもしくは坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「コンスタントに乗り込んできていて、状態面は良い意味で変わりありません。火曜日の朝は周回コースで速いペースで動かす調教を課していますが、動きはまずまずでしたね。先週末に来場された古賀調教師とも近々移動し、競馬を考えていきたいということの確認はしています。今後は入厩に向けて体調を整えて引き継げるようにしていきます。馬体重は545キロです」(天栄担当者)

15/7/21 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては周回コースもしくは坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「順調に調整できていますが脚元のケアは引き続き慎重にやっていかなければいけない馬ですし、これからも気を引き締めて調整にあたっていきます。調教師とは新潟半ばくらいを目指していきたいと話をしていますし、そう遠くなく移動となると思いますよ」(天栄担当者)


次、一発で決めてほしいです。
レース選択さえ間違わなければ勝ち上がれるはず。
芝は難しそうなので新潟ダートで一発を。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/30 函館競馬場
29日は函館Wコースで追い切りました(56秒2-40秒7-14秒1)。30日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬を見送って今週の競馬を本線において調整を進めてきました。延ばした悪影響はもちろんなく、順調に来ることができていると思いますよ。中1週の競馬になりますし、今回は輸送もついてきますから昨日行った追い切りはサッと整える程度のものにしました。跨ったスタッフからも問題なさそうという言葉を聞いていますし、変わりなくきているはずですよ。あとはどのレースにするかですが、出走間隔の兼ね合いももちろんありましたけれどメンバー構成を見ると芝よりダートかなという気もしました。適性に関してはやってみないとわからないところもありますが、これまで試したことがない条件でもありますし、調子がよく、しかもメンバーが割れそう、そして前回いいスタートを切って先行できた後の今回という流れからも、ここでダートを試してみたいという気持ちがありました。芝では長い距離も使いましたが、ふかふかのダートと想定した場合、長距離はさすがにちょっとタフかなという気がしますのでダートの2400mではなく1700m戦を考えることにしました。権利持ち以外のでもちょっと骨っぽい馬はいるのでしょうけれど、権利持ちも含めてまわりの動向はギリギリまで掴みにくい状況でした。そのような中で、今週は土曜日だけ皇成が乗れるということでした。日曜日にアイビスサマーダッシュで新潟に行くから日曜日は乗れないということなのですが、土日両面を見つつも、できれば前走で良いスタートを切れたコンビという良いイメージで今回も臨みたかったですし、ダートを試してみてはどうだろうかと進言したのも皇成でしたから今回は鞍上にも拘ったうえで土曜日のレースを選択させていただきました。やってみなければわかりませんが、こなせる可能性はもちろんあると信じていますし、何とかここでチャンスをもぎ取ってほしいと思っています」(武藤師)8月1日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に三浦騎手で出走いたします。

15/7/23 函館競馬場
22日、23日は軽めの調整を行いました。「先週は良い結果を出すことができなく申し訳ありませんでした。レース直後は連闘策も考えていましたし、状態と出馬状況で検討しようと思っていました。ただし、想定を見ていて際どい状況でもありましたし、何より、ここで無理をすると場合によってはこの後の心配も出てくるなと気になってきたんです。今週を見送ると輸送がある札幌戦となりますが、馬への負担を考えて連闘策は見送ることにしました。“今週かも!”と準備をされていた方には申し訳ありませんが、ご理解いただければ嬉しいです。いちおう来週の競馬を本線に考えていくつもりで、皇成が言うようにダートというプランもあっていいと思いますし、例えば芝を使うとしても開幕週でいい馬場を走れるのは魅力でしょう。引き続き状態と状況を見つつ出走の判断をしていきます」(武藤師)

creole_150719.jpg
15/7/19 函館競馬場
19日の函館競馬では好スタートから先手を奪う。道中は勝ち馬が外から捲って来て一緒に上がって行こうとするが、思ったように追走できずに徐々に手応えが怪しくなってしまい13着。「ゲートがポイントになるなと気を付けていましたが、今日は中でしっかりと我慢してくれましたし、ポンッと出てくれました。いいスタートを切れただけでなく、枠も枠だったので積極的に運ばせていただきましたが、途中まではいいリズムで運べていたなと思います。勝ち馬には跨がっていたことがあるので途中で捲って来るなと予想していましたし、実際に来たタイミングで付いていこうとしたのですが、相手のスピードに対応できずに徐々に余裕がなくなってしまいました。時計がかかりやすい芝の走りが悪いことはなかったと思いますが、もう少しでも楽なペースで平均的に運べれば理想的でした。前走から間隔が空いていましたから一度使ってより動けるようになりそうだなと感じましたが、それでも何とか掲示板だけは確保したかったですし、力になることができず申し訳ありませんでした」(三浦騎手)「調整がうまく行き、いい体でレースへ送り出せたように思いました。最内枠を活かすにはやはりスタート。クレオールにとって課題でもあるので気になるところでしたが、今日は良かったですね。レースの展開を握り、前半はいい感じ。見ながら“ヨシヨシヨシ”と思っていましたが、さすがに甘くはありませんでした。捲りがなければ全然違ったでしょうね…。もう少し可愛がってくれたら粘りも違ったはずで、残念でなりません。ただ、結果を抜きにすれば体、スタートと良いところが見られたレースでした。反動さえなければ使って良くなりそうですよね。このあとについては考えます。やはり滞在のまま行ければ良いですから、ダメージがないことが大前提ですが、場合によっては連闘も視野に入れて検討させてください」(武藤師)滞在競馬も良かったのかフレッシュな状態で出走できましたが、積極的な逃げも途中で力のある馬に捲られてしまい厳しい展開でした。この後はレース後の状態次第で間隔を詰めて使うことも考えていますが、一度使って上向いてくれる面はあるでしょうし、前進に期待したいところです。


7/19は前で気持ちよく行き過ぎましたね。
次こそはの思いです。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/29 NFしがらき
29日は栗東坂路で追い切りました(55秒9-40秒1-25秒3-12秒4)。「小倉2週目ならダート1700mの番組が3鞍組まれているので出走できそうということで、先週帰厩させています。1週間程度の短い休養でしたが、元々短期で戻すつもりでしたし、来週に目標を定められるのも調整しやすいですからね。今朝は坂路で併せて追い切りましたが、2回使って体はできていますし、輸送も控えているので終始持ったまま。動きは言うことありません。反応も上々ですし、あとはレースまで今の状態をキープしていければ十分でしょう。次はダートになりますが、能力があるのは間違いないので、なんとか決めてもらいたいですね」(高野師)8月8日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)にパートン騎手で出走を予定しています。

15/7/23 高野厩舎
23日に栗東トレセンへ帰厩しました。

15/7/21 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の金曜日にこちらへ到着後、マシンで軽く動かして馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。レースを使ってからまだ間もないですが、特に疲れた気配もありませんね。小倉開催の前半が目標ということで、早ければ来週には移動させることになりますから、緩めずに乗り込みつつも、うまくリフレッシュさせてあげたいですね」(NFしがらき担当者)


パートンさんですか~!今度こそは!!と思っています。

◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/30 西村厩舎
8月1日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に国分恭騎手で出走いたします。

15/7/29 西村厩舎
29日は栗東CWコースで追い切りました。「先週に引き続き、CWコースで併せ馬を行いました。パートナーの外から馬なりでサッと反応を確かめる程度だったのですが、決して動き自体は悪いものではありませんでした。カイバをバリバリ食べているというわけではありませんが、夏バテすることもなく馬は元気で体調も良好ですよ。3月の未勝利戦を勝った時と比べると、実際に乗っていてもガツンと来るようなところがあまり感じられないのが気になるところではありますが、スピードはこのクラスでも通用するものを持っていますから、休み明けでもいい競馬を期待したいと思います」(下川調教厩務員)8月1日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に国分恭騎手で出走を予定しています。

15/7/23 西村厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。23日は軽めの調整を行いました。「先週の土曜日に無事帰厩しています。昨日、CWコースで併せ馬を行いました。3頭併せの真ん中でかなりビッシリと追われて、それほど重苦しさもなく、まずまず動くことができていたんじゃないかなと思います。しっかりと追い切ったことで馬もさらにピリッとしてくるでしょうし、小倉の開幕週を目標に、あと1本追い切れば良い状態に持っていくことができるのではないでしょうか。放牧先でちょっと体調を崩してしまったこともありましたが、今はもうまったく心配がなく元気いっぱい。今回は1000mへと距離を短縮しますが、スピードは十分に通用すると思いますし、何とか巻き返していきたいですね」(西村師)8月1日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に出走を予定しています。

15/7/20 西村厩舎
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。


帰厩後すぐのレースですが期待しています。
まずは無事に戻ってきてください。


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/7/30 NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン15秒のキャンター調整も取り入れています。「こちらに放牧に出て来てからはまずは軽めに動かしながら状態のチェックを行っていましたが、体調は良さそうでしたし、脚元も問題なかったので早速坂路でキャンターを開始していますよ。その動きを見ると正直もう少し余裕をもって動けるようになれば理想的だなとは感じましたが、まだ2歳馬ということを考えるとあまり多くを求めるのも酷ですからね。いろいろな経験を積んでさらに逞しくなってほしいですし、馬の具合自体は良さそうですから、調教師とは一度競馬に向けて進めてみるのはどうかと言う相談をしているところです。早ければ今週や来週のタイミングで札幌開催を目標に帰厩させる可能性もありますが、本州と比べれば涼しい北海道での調整になりますし、それもプラスになってくれると思います」(早来担当者)

15/7/23 NF早来
ウォーキングマシン調整を行っています。「ゲート試験合格後はそのまま調教を積みながら様子を見ていたようですが、現状ではそのまま競馬へ向かうと苦しくなることも考えられるようでしたし、こちらへ放牧に出てきています。現在はウォーキングマシンで軽めに動かしながら状態のチェックを行っていますが、体調、精神面をしっかりと見ながら運動を取り入れていきたいですね。馬体重は491キロです」(早来担当者)


牧場では高評価の馬ですし、状態さえよくなればやってくれるはずです。
デビュー戦を楽しみにしています。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/31 札幌競馬場
31日にゲート試験を受けて見事合格しました。「昨日までの状況と今朝の様子を確認した上で早速今日から試験を受けてみることにしました。結果、目立った問題もなく無事に合格をもらうことができました。入って1週間も経たないうちに最初の課題をクリアするのですから大したものですね。この後の変化をまず見ていきますがゲートを早くクリアしてくれましたし、間に合うようならば札幌開催中のデビューも考えていきたいですよね。もちろんそれは状態次第、調教の進み具合によりますから、じっくりと検討していきたいと思います」(戸田師)

15/7/30 札幌競馬場
29日、30日はゲート練習中心のメニューを行っています。「26日に札幌競馬場へ入厩させていただきました。牧場でもまだ幼さのあるようなことは聞いていましたけれど、調教はしっかりと積まれており、コンディション的にもいつでもOKということを聞いていましたからね。それでまずはゲート試験合格に向けて進め出しています。初めての環境ということもあってか結構ヤンチャしていて時に立ち上がるなどしているようなのですが、ゲートに関しては比較的問題なく対応できているようです。入りも駐立も今のところは問題なさそうなので徐々に出すことも行っていますよ。子供っぽい状況ですから少しずつとは思っていますけれど、タイミングを見ながら練習のつもりくらいの感覚で試験を受けることも考えていくかもしれません」(戸田師)

maitres_dart_150726.jpg
15/7/26 札幌競馬場
26日に札幌競馬場・戸田博文厩舎へ入厩しました。


祝・入厩!!そしていきなりのゲート試験合格!
入厩から5日で合格って凄いですね。
このままデビューに向かっていくようですし、期待していますよ!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。