出資馬近況(6/14~6/19)

今週も休日出勤は回避できましたが相変わらずの忙しさです。
何とか頑張ってきていますのでこのまま乗り切りたいです。

さて、出資馬たち(3歳以上&2歳馬1頭)の近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/16 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を行っています。「この中間から騎乗運動を再開しています。まだ今後の具体的な方針は決まっていませんし、じっくり取り組むことで更なる飛躍へ向けての下地固めを行っていければと思います。引き続き、馬の状態を見た上で進めていく予定です」(空港担当者)


じっくりと。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/16 NF空港
軽めの調整を行っています。「先週、無事にこちらへ到着しました。まずは春の疲れを癒すのが先決ですので、今後については状態を見た上で検討していきますが、再度いいパフォーマンスができるようにしっかりリフレッシュさせてあげられればと考えています」(空港担当者)


この仔もじっくりと。

◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/6/18 函館競馬場
17日は函館ダートコースで追い切りました。18日は軽めの調整を行いました。「水曜日は菱田騎手に乗ってもらって、ダートコースで併せて追い切りました。同じクラブのオレアリアと併せて結構しっかりとやったのですが、脚捌きも迫力がありましたし、動きは良かったと思います。ダートコースですから時計自体はそれほど出していませんが、ジョッキーが乗ったことで最後まで集中して走れていたように見えました。ここまで順調に来ていますし、芝に戻して1000万下に降級ですから、ここはいきなりからでもいい競馬を期待したいところですね」(荻野要助手)21日の函館競馬(北斗特別・芝1800m)に菱田騎手で出走いたします。

15/6/14 函館競馬場
21日の函館競馬(北斗特別・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて13頭の登録があります。


いよいよ芝復帰戦!
前目で良い競馬を期待。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/17 古賀慎厩舎
17日は美浦南Wコースで追い切りました。「トレセンに入ってからの速めの本数が豊富なわけではありませんが、天栄でそれなりに乗ってもらっていた分、息遣いは思った以上にしっかりとしていますし、動きも悪いものではありませんよ。デビューまでに時間がかかっているのである程度乗ってからという気持ちもない訳ではありませんが、フレッシュなうちに競馬を経験させたい考えもありますし、今後は小回りコースでの競馬も視野には入るものの、初戦は脚元のことを考えても広いコースでゆったりと走らせてあげられればベターですからね。脚元に関しては反動が出ないか慎重にチェックはしていますが、こちらに入って動かしていることでむしろ以前よりもスッキリと見せていますし、現状ではこの馬なりに安定していると言えるでしょうから、週末、そして来週の調整もスムーズに進められるようなら来週の東京競馬から始動を考えて行きます」(古賀慎師)今後の状態次第で変更になる可能性はありますが、早ければ27日の東京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1600m)に出走を予定しています。


無理矢理使う感がハンパないのですが・・・。
脚は大丈夫なのか、心配です。回ってきただけで終わりそうな・・・。
能力だけで圧勝して欲しい期待もありますが、初出走はそんなに甘くない。
まずは無事に出走できることを祈るのみです。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/16 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。「特に疲れが溜まりやすいトモや背腰のコンディションには気を遣っていますが、しっかりケアを施しながら調整しているので今のところは悪くありません。競馬へ向けてトレセンで負荷をかけていくと体が減りやすいようですし、先日来場された武藤調教師からもギリギリまで天栄で乗り込んでサッと競馬へ向かっていけるようになってくれたら理想的ということをおっしゃっていました。また、その際に函館ということも改めて確認しました。おそらく函館の後半戦がメインになってくると思いますから、もう少しこちらでしっかりと乗って少しでもいい状態で送り出せるようにしていきたいですね」(天栄担当者)


次決めるつもりでしっかりと調整をお願いします。

◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/19 NFしがらき
19日にNFしがらきへ放牧に出ました。「木曜に坂路で普通キャンターを行いましたが、乗ってからも特に疲れが見えてくることはありません。ただ、芝の出馬状況はかなり混雑してきていますし、このまま厩舎に置いていつでも出走できるように態勢を整え続けるよりは、短期でもリフレッシュさせた方がいいでしょう。問題なければ10日程度でトレセンへ戻す予定です」(高野師)

15/6/17 高野厩舎
17日は軽めの調整を行いました。「ゲートで頭を上げてしまい、スタートが遅くなって最後方からの競馬を余儀なくされました。いかにも初出走という感じのレースではありましたが、直線で見せてくれた脚は目立っていましたからね。負けてしまったものの、同時に能力の高さも見せてくれたレースだったと思います。トレセンでじっくりと乗り込みを行ってからのデビュー戦ということで、レース後は以前骨折した箇所も含めて馬体をしっかりとチェックしていますが、今のところ大きな問題はありません。この後もドッと疲れが出ないようならば、続けて競馬に使っていきたいところではありますが、短い距離だと少し間隔を空けないと出走は難しそうですからね。距離を延ばしてみることも含めて、今後の番組を検討していきたいと思います」(高野師)

belle_diva_150614.jpg
15/6/14 高野厩舎
14日の阪神競馬ではやや立ち遅れ気味のスタートで行き脚がつかず最後方を追走。直線は馬群を割ってジリジリと伸びたが9着まで。「スタートする時にちょっと頭を上げて出負けしてしまい、あのようなポジションになってしまいました。ただ、直線に向くとすごい脚を使って追い込んできてくれましたからね。今日は初めての実戦ということで仕方ないところもあるでしょうし、一度使って次は変わってくるでしょう。乗り味は良いですし、この馬は走ってくると思いますよ」(岩田騎手)「スタートはちょっと頭を上げてタイミングが合わず、道中は何度も手前を替えたりといかにも初出走という感じのレースになってしまいました。それでも直線はよく伸びていましたし、素質は見せたと思います。いきなりから勝ち負けを期待していただけにちょっと残念ではありますが、十分にメドは立った内容でしたし、カイバ食いなど不安のない馬なので、続けて使っていくのも問題はないでしょう。ただ、骨折休養明けでこれがデビュー戦ですから、今後のプランについてはレース後の状態を慎重にチェックしてから考えていきます」(高野師)残念ながら敗れてしまったとはいえ、既走馬相手に素質のあるところは見せましたし、ジョッキーも能力を高く評価してくれています。一度使っての上積みは大きいでしょうし、次走は最高の結果を期待したいと思います。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


スタートさえ決まっていれば・・・という内容でした。
まぁ決まっていても勝つまではどうだったかな、という感じではありましたが。
まずは完走でき、ホッとしていますが、権利を逃したのは相当痛いです・・・。
次いつ出走できるのか、次こそは正念場です。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/16 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「まだ馬体の張りや毛ヅヤなどは良化の余地を残していますが、体調面は先週と比べてもだいぶ良くなってきていますし、動きにも力強さが出てきて状態は全体的に上向いてきていますね。この後も無理をすることなく馬に合わせて進めていきたいと思いますが、この分ならスムーズにペースを上げていくことができそうですよ」(NFしがらき担当者)


時間かかりそう・・・。

◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/6/19 函館競馬場
19日にゲート試験を受けて無事合格しました。「まだ若駒でもありますし、現状精神面と肉体面のバランスが取りきれていないようなイメージもありました。精神的にはピリピリしがちで、肉体的には緩さがあるという感じですね。それなので、あまり追い込みすぎないうちに最初の課題であるゲート試験をクリアしておきたいという思いもあって、さっそく試験を受けてみることにしたんです。実際、入りで少しゴネていたのでもう一回ということでトライしたら対応はしてくれました。ただ、出に関してはちょっとゆっくりだったんですよね。それでも大きな問題が顕著に見られるということではなかったので、大目に見てもらって合格をもらうことができました。今後確認はしておく必要はあるかもしれませんが、とりあえず試験という最初の課題をパスできたのは良かったですね。今後に関してはちょっと考えます。気性的には行けなくもないかなという気がしますが、先ほどもお話しさせていただいたようにまだ成長途上です。週末、来週の様子を見て、ひと息入れてから競馬とするかそのまま進めていくか判断したいと思っています」(大竹師)

15/6/17 函館競馬場
17日はゲート練習中心のメニューを行いました。「先週函館に入厩してからも体調面に不安はありませんでしたし、さっそく調整をスタートしていますよ。今朝は現地で直接ゲート練習を見てきたのですが、ゲートで出すところまで取り入れて、特に問題なく対応してくれましたね。ただし、少し気になるのは、テンションの高さですね。牧場でチェックしていたころから頭には入れていたのですが、函館での様子を見ていても、首を高くしながら物見を繰り返していましたし、もう少し落ち着きが出て来てほしいのは確かですね。また、水曜日は軽く馬場で跨ったのですが、背腰などに思ったよりも疲れを溜めやすい状況でもあります。現状では気持ちの面が先行しやすいので余計に馬体にも負担がかかりやすいのでしょうし、その点は注意して進めて行きたいですね。まずはゲート試験をパスすることがメインになりますが、その後はそのまま攻めて競馬というよりは、現時点ではもう少し心身のバランスを整えてからの方が良さそうかなと思っています」(大竹師)


優等生なイメージが強かったのですが、課題が出ちゃいました。
でもまずはゲート試験合格おめでとう!
しっかりと調整して初戦を迎えたいですね。
楽しみにしています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。