出資馬近況(5/24~6/6)

仕事、多忙です・・・。嬉しい悲鳴?かな?
苦痛とは感じないけど、ゆっくりもしたい。
少し落ち着いてくれたらいいけど・・・。

さて、少しずつ進めてきた今年の募集馬予想がもう少しで完成します。
お仲間さん、もう少しお待ちください。
遅くなってしまい、申し訳ないです。

出資馬たち(3歳以上)の近況、2週分たまってましたが一気に!

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/6 NF空港
5日にNF空港へ移動しました。

15/6/3 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週末にこちらへ放牧に出てきました。まだ日も浅いですが、歩きなどを見ていてもトモの力強さが物足りないかなと感じますし、ちょっと疲れはあるかなと感じさせます。調教師からは、夏の暑さがあまり得意ではないので夏に使ったとしても北海道を狙おうかと聞いていますし、このあとは体調等を見ながら空港牧場へ送り出すことを考えています」(天栄担当者)

15/5/30 NF天栄
30日にNF天栄へ放牧に出ました。

15/5/27 久保田厩舎
27日は軽めの調整を行いました。「先週は申し訳ありませんでした。正直競馬になりませんでした。というのも接触されて、ものすごい不利を受けたからです。現行のルールなのかもしれませんが、審議にもならないのかとつい思ってしまうほどで、本当に馬が可哀想でした。展開も味方しそうでしたし、工真も狙っていたと思うだけに悔しい限りです。そのような状況でレースができなかったのでまた行きたいという気持ちについなってしまいそうになりますが、暑い時期がダメですし、中1週で再度競馬となると堪えてしまいますよね…。ちょっと悩むところでもう少しお時間をいただけたら幸いなのですが、本線は一回放牧に出して、夏をどう過ごすかを考えていくことになるかなと思います」(久保田師)

white_fleet_150524.jpg
15/5/24 久保田厩舎
24日の新潟競馬ではまずまずのスタートから道中は後方2番手からレースを進めるも、4コーナーでゴチャつくシーンがあり、直線は無理をして追わずに15着。「前の馬がかなり飛ばしていたのでペースも流れていましたし、バテずにしぶとく脚を使うこの馬にとってはいい展開だと思っていたんです。ただ、4コーナーで内にいた馬に寄られてしまい、僕の外にいた馬に接触してしまって…。それで完全にバランスを崩してしまいましたし、脚元もちょっと違和感があったのでもう無理はしませんでした。スムーズなら上位に来ていたかもしれないくらいの手応えだっただけに、このようなことになってしまい申し訳ありません」(伊藤騎手)「流れも速かったですし、この馬向きの展開になったと思ったんですけどね。残念ながら直線に向かうところで他馬と接触する場面があり、ジョッキーも違和感があったようで無理をしませんでした。このような競馬の後ですし、まずは馬の状態をしっかりと確認してから今後のことを考えていきたいと思います」(久保田師)先行勢がハイペースで引っ張ってくれ、この馬には持ってこいの流れだったのですが、勝負どころからはスムーズさを欠く結果となってしまいました。よもやの大敗を喫してしまいましたが、今日はもちろん参考外の内容であることは言うまでもありません。この後はしっかりと馬体のチェックをしてから検討していきたいと思います。


5/24のレースは本当に酷い内容・・・。
ジョッキーが全て悪いとは言いませんが、最内枠なりの競馬をしないと。
北海道でゆっくりと休養して今度こそ良い結果を期待しています。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/6 NF天栄
6日にNF天栄へ放牧に出ました。

15/6/3 奥平厩舎
3日は軽めの調整を行いました。「先週はいい結果を出すことができなくて本当に申し訳ありませんでした。幸い、タフな競馬をした後でしたが脚元、特に蹄の不安がぶり返すようなところは見られませんでしたし、ガタッとは来ていません。ただし、この春は何かと頑張ってくれていました。それで結果がついてきてくれたら言うことなかったのですが、馬はよく走ってくれたと思いますので、ここはひと息入れて充電し、また頑張ってもらえるようにしていきたいと思っています。少しでもふっくらさせた状態で牧場へ戻したいと思っているので今のところ週末よりのタイミングで放牧に出させていただこうと思っています。少しリラックスさせること、そしてもし状態が良ければ札幌という選択肢を持つこともできるように、今のところ北海道で楽をさせることも考えています」(奥平師)

sagres_150530.jpg
15/5/30 奥平厩舎
30日の東京競馬ではスタートを決めてハナを主張し先頭。しかし、終始近くに馬がつく形になってしまい、直線半ばまで踏ん張ろうとするが最後に力尽き11着。「先生からの指示もありましたが、これまでのレース内容や今回の枠順からも作戦はひとつでした。スタートを決めて前へ行けましたが、主張したけれど外からも来られてしまい苦しい展開になってしまいました。相手もちょっとかかり気味だったので苦しかったのでしょうが、この仔にとっても辛い展開でした。なんとか結果を出してあげたかったのですが、申し訳ありません」(柴山騎手)「ザ石の症状が出ていた蹄はうまくケアでき、気にならなくなりましたので鉄橋蹄鉄から通常のものに戻してレースへ送り出せました。後続を引き付けてヨーイドンになっては分が悪いのである程度のラップを刻んでいくイメージで乗ってほしいと柴山ジョッキーにはお願いしていました。スタートをうまく出てくれ理想の形に持ち込めたかに思えたのですが、外から競られてしまいましたね。結果的に相手は大負けしてるのだから引いてくれれば互いに良かったのではと思うのですが、これも競馬と割りきらなければいけないのでしょうね…。わかってはいるのですが、ここにかける思いが強かっただけに本当に悔しいです。申し訳ありません。それでも早々にバタバタになったわけではなく、結構頑張って踏ん張る走りを見せてくれていました。形が違えばもっとやれていたでしょうし、力をつけているのは確かだと思うんです。この春は頑張ってくれたのでここでひと息入れるつもりですが、また良い走りをさせられるようにしっかりやっていきます」(奥平師)クラス編成前の今回、中間に不安を見せたとはいえコンディションは良さそうで、レースには問題なく臨むことができたように思います。作戦はひとつで、いかに自分の形に持ち込めるかが勝負のポイントだったわけですが、すぐそばに馬がいるというサグレスにとっていちばん苦しい形となってしまいました。それでも直線半ばまで懸命に先頭を守ろうとしていましたから、精神面もだんだんとしっかりしてきているのだと思います。今回は展開不向きで残念な結果になってしまいましたが、夏以降また良い走りをし、今度は勝利をあげてくれることに期待をしたいと思います。

15/5/28 奥平厩舎
27日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒4-39秒1-13秒2)。28日は軽めの調整を行いました。「先週一杯はより慎重に調整をしていましたが、脚元は何とか安定しているように感じました。もちろん今週に入っても大事に見ていましたが、大丈夫そうかなと思えたため、水曜日にウッドチップコースで半マイル重点の追い切りを行っています。サッと動かし、動き、歩様に違和感はなく、無事に調教を終えることができました。その後も様子をよく見ていますが、大丈夫そうですね。この蹄の状態ならば出走できるだろうと判断して、予定通り行くことにしました。ザ石してからここまでは、鉄橋蹄鉄を履かせてしっかり保護していますので、この後もしっかりと整えて、いい状態でレースへ向かえるようにしていきます」(奥平師)30日の東京競馬(4歳上500万下・芝1600m)に柴山騎手で出走いたします。


5/30のレースは残念の一言・・・。
ペースが思ったより速かった。
楽に単騎で行けると思っていましたが結構つつかれちゃいました。
楽に行けたらしぶといのでチャンスは来るはずです。
それほどダメージは無いようなので次はまた期待しますよ。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/6/4 函館競馬場
4日に函館競馬場へ移動しました。「お伝えしていたとおり、水曜日に函館競馬場へ向けて栗東トレセンを出発し、帯同しているスタッフから本日昼前に到着したと報告がありました。体調等に関してはまだ詳しくは分かりませんが、輸送熱はなさそうとのことですし、このまま問題ないようなら開幕週から使って行くつもりで調整していくことになります」(井上助手)

15/5/28 石坂厩舎
27日、28日は軽めの調整を行いました。「放牧先での調整も順調に進んでいましたし、火曜日に帰厩させました。今朝は15-15程度のところを乗りましたが、緩んだ感じもなくしっかりと動けていましたよ。ここ2走はダートを使って結果が出なかったので次は芝に戻す予定ですが、時計のかかる洋芝はこの馬に合いそうですし、函館へ連れて行って向こうで競馬をさせようと考えています。今のところ来週中に函館へ移動する予定ですが、その後の体調など問題ないようなら開幕週からでも使って行きたいですね」(石坂師)

15/5/26 石坂厩舎
26日に栗東トレセンへ帰厩しました。「厩舎サイドとも移動時期について話をしながら進めてきましたが、クラス再編成が近くなって検疫を確保できたとのことで、今朝トレセンへ帰厩しました。それほど長い期間ではありませんでしたが、精神的にもリフレッシュできていましたし、動きは日を増すごとに良くなっており、いい状態で送り出すことができたと思います。次は1000万下に降級してのレースになりますし、改めて期待したいところですね」(NFしがらき担当者)


降級を待っての出走で北海道へ。
石坂先生もいろいろと考えてくれてますね。
降級で芝で出直しなので、まずは今後の目処の立つレースをして欲しいです。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/6 古賀慎厩舎
6日に美浦トレセンへ帰厩しました。

15/6/3 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「いい意味で変わりなく乗り込んできています。大きな馬ですし、まだ100%とは言えませんけれど、ある程度軌道に乗せられたらトレセンへ送り出すことも考えていきたいですし、古賀調教師とも話はしています。ただ、今以上にハードな調教に堪えていかなければいけないことは間違いないでしょうし、慎重に判断していきたいですね。馬体重は537キロです」(天栄担当者)

15/5/27 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「時々、トモ脚の状態に波があり、攻め切れないところがあるのですが、今週はまずまずかなと思えます。それに伴いサッと坂路をのぼるなどして調教負荷をかけていますが、日によって不安定ですから、まだ何とも言えないところです。そうやって時間ばかりが経っていくと段々と苦しくなってしまいますから判断に迷うところはありますが、ある程度乗りこなせて問題ないかなと思えたら、少し早目に入れてトレセンで進めてもらうことを相談させてもらうかもしれません」(天栄担当者)


絶望的な感じだったのですが、何とか帰ってきてくれました。
さて、今度こそ初出走の目処は立つのでしょうか。
希望を持って初出走&初勝利を祈ります。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/3 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行っています。「今週も、基本的には負担がかかりやすい後肢への配慮としてトレッドミルでの調整か周回コースでのキャンター調整を行っています。ガタッとまでは来ていなかったとしても、背腰、トモには疲れが出てしまう馬なので時間をかけさせてもらっていますが、その分だけ徐々に状態は上向いてきていると思います。馬体重は442キロです」(天栄担当者)

creole_150527.jpg
15/5/27 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行っています。「この中間の調整はトレッドミルと周回コースでのキャンター調整という内容で、まだビッシリと攻め込むものではありません。ただ、トモの具合などはまずまずですし、体の張りが出てくれば徐々に攻めていけるでしょう。もう少し様子を見たいところで、感じを見ながら武藤調教師とも相談をさせていただければと考えています」(天栄担当者)


勝ち上がる力はあると思うので状態とメンバー次第です。
北海道か福島か、調教師の手腕が見ものです。
期待しています!!!


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/3 高野厩舎
3日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-39秒7-26秒1-13秒4)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。天気が良ければ今日はビッシリと追い切ることも考えていたのですが、この大雨で馬場状態も荒れていましたからね。軽く流す程度に乗りました。ただ、馬なりで手綱は持ったままでも、相変わらず楽に坂路を駆け上がってくれています。今のところは来週の競馬を予定しているのですが、あともう1本サッと乗れば態勢は整うでしょう。ゲート練習も並行して行っているのですが、大人しくて特に問題ありません。既走馬に交じってもいきなりから楽しみは大きそうですよ」(高野師)14日の阪神競馬(3歳未勝利・芝1600m)に岩田騎手で出走を予定しています。

15/5/27 高野厩舎
27日は栗東坂路で追い切りました(54秒4-39秒8-26秒0-13秒2)。「今朝は坂路で追い切りました。先週に引き続き、馬なりで手綱は持ったままだったのですが、それでも軽やかな脚取りで、楽に坂路を上がってきてくれていますし、動きは問題ありませんでしたよ。追えばまだまだ時計は出そうな感じでしたね。帰厩からここまでは今のところ順調ですし、思っていた以上に仕上がりも早そうなのでこちらも驚いているのですが、時計を出して形だけ仕上がっても中身が伴わなければ意味がありませんから、来週あたりから少しずつペースを上げてしっかりと馬を造りつつ、どのあたりの番組を使うか検討していきたいと思います」(高野師)


馬なりで楽々の好時計連発。
いきなりからの期待も出来ますが、大怪我からの復帰なので無理は出来ません。
岩田さんなので力加減をしてくれるか少し心配ですが、まずは無事に、
そして初勝利を掴み取って欲しいです!
師がデビュー前に桜花賞狙うといっていた馬が1年遅れでいよいよ初出走です(笑)


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/2 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「先週から騎乗調教を開始していたのですが、どうもあまり体調が優れないようで毛ヅヤも冴えません。いい頃と比べても体の張りも落ちていますし、当初は阪神開催で使うことができればと思っていたのですが、現状では目標をここと決めずにまずは馬の状態を見ながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

15/5/26 NFしがらき
周回コースと坂路で軽めのキャンター調整を行っています。「この中間から周回コースと坂路に入れています。まだ普通キャンター程度ですが動きは悪くありませんでしたよ。腰が甘いところがありますし、ちょっと行きたがってワガママな面を見せたりと、気性的に難しいところのある馬ですが、その気持ちを走る方へと向けられるように取り組んでいきたいと思います。馬体重は499キロです」(NFしがらき担当者)


じっくりと調整して立て直しが必要ですね。
小倉の短いところ狙いでしょうか。芝も見てみたいな。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。