出資馬近況(4/26~30)

我が社も今日からGWです。
しかし、私の部署は相変わらずの忙しさなので今日午前出勤してきました。
ようやく休みです。
ゆっくりしたいところですがそうもいきません。
キャロット&シルク募集馬予想リスト作成です!
気合い入れて頑張りますよ。お仲間さんたちお待ちくださいませ。

さて、馬券の方は先週はサッパリでした。
さすがに2週連続は難しいですね。
今週は天皇賞・春。
岩田ジョッキーに期待したいと思っています。

ここからは出資馬たち(3歳以上)の近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/4/29 久保田厩舎
30日は軽めの調整を行いました。「相手関係を見ていると、そう簡単ではないなと思えるメンバー構成でした。G1の裏なのでそこまでではないかなという気もしていましたが、そのように思える状況だったため今週は見送り、状態を見ながら最短で来週の競馬へ向かうことにします」(久保田師)5月3日の東京競馬(4歳上1000万下・ダ2100m)への出馬投票は見送りました。予定が変わる可能性はありますが、早ければ9日の新潟競馬(中ノ岳特別・ダ1800m)に伊藤騎手で出走を予定しています。

15/4/28 久保田厩舎
29日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒5-54秒4-40秒9-13秒2)。「先週の追い切り後、脚元などはもちろん問題なかったのですが、暑さを気にするような素振りを見せていたんです。芦毛ですが、皮膚は黒めの馬なので暑いのはどうも苦手なようなんです。それなので、栄養を入れて体調を整える補液を行ったところ、持ち直してきているようには感じます。調教は問題なく行えますので、今朝は朝一番の組で馬場に入り、ウッドチップコースで無理なくサッと動かしています。形的にはマリアライトとの併せ馬だったのですが、先週までにある程度やっていましたし、中身をつくり、今週となってもゴーサインを出せる状態をキープしておけばいいというような感じでしたので、実質は単走のようなものです。先週、今週と暑さがきついのですが、もう少ししたらこの暑さも和らぎそうという話もあるようですし、何とか体調を整えてレースへ向かえるようにしたいですね。感触としては来週のほうがベターかなという気もしますが、今週のメンバーがよほど魅力的と思えればギリギリまで状態を見て出走を考えさせていただくかもしれません」(久保田師)スライドする可能性もありますが、早ければ5月3日の東京競馬(4歳上1000万下・ダ2100m)に伊藤騎手で出走を予定しています。


状況をしっかり見ての1週伸ばし。有り難いです。
1戦1戦が大事になってきますし、仕上がりも気になります。
もうそろそろ上のクラスへ行ってもらいたいところです。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/4/28 NF天栄
軽めの調整を行っています。「帰ってきて1週間ちょっとの時間が経ちましたが、大きな傷みは見られませんでしたし、少しずつ動かし出しています。最初のうちはトレッドミルなどを用いた運動を行っていましたが、徐々に乗り出していますよ。今朝は角馬場でのフラットワークがメインでしたが、明日、明後日あたりに少し大きめを乗ってみて、問題なければ週末あたりに少し速いところを乗ってみようと思っています。それらの様子を見ながら奥平調教師と相談して段取りを決めていければと考えています」(天栄担当者)


思ったよりも早く使えそうです。良い感じ。
次こそは決めてもらいましょう。
勝ち上がりの舞台、新潟で!


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/4/29 NFしがらき
29日にNFしがらきへ放牧に出ました。「状態はだいぶ上向いていたと思うのですが、この結果を見ると、やはりダートは合っていないということなのでしょう。ジョッキーも、返し馬の感触などではむしろ芝よりも良さそうと感じたようなのですが、あまりダメージも見せていませんし、目一杯走り切っていないところもあるのかもしれません。ダートにして2戦結果が出ませんでしたし、精神面のリフレッシュの意味でもここで放牧に出すことになりました」(大井助手)

delizia_al_limone_150426.jpg
15/4/26 石坂厩舎
26日の京都競馬では五分のスタートから押して先行策を取るも、3コーナーあたりからもう手応えが怪しくなり直線でも伸びは見られず16着。「なんとか砂を被らないように前目のポジションを取りにいったのですが、あれだけ押しても2番手でレースを進めるのがやっとでした。いくら序盤に少し脚を使ったとはいえ、手応えが無くなるのが早すぎましたね。ダートで走っている時の感触自体は悪くないので、もっと走ってくれると思うのですが…。せっかく続けて乗せていただいているのに、思うような結果を出せずに申し訳ありません」(松山騎手)砂を被らないポジションで前走よりも比較的スムーズにレースを進めることができていたと思ったのですが、早々に鞍上の手が動き始めてしまい、見せ場なく終わってしまいました。ジョッキーが言うようにダートも決して悪くはないのでしょうが、ここまで負けてしまうと、もしかすると気持ちの問題もあるのかもしれません。レース後はそんなメンタル面も含め、しっかりと状態を確認した上で検討していきたいと思います。


2戦続けてなにやってんだか。
次は芝でしょう。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/4/28 NF天栄
軽めの調整を行っています。「ここまで比較的順調に調整を進めることができていましたが、その疲れが溜まってきたのか両トモ脚の球節まわりに疲れを見せるようになってきています。無理をしすぎて堪えさせてしまっては意味がないので今週は楽をさせるようにしています。ある程度回復が見られれば再度乗っていくつもりです」(天栄担当者)


これは相当にやばいのでは・・・。心配ですわ。

◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/4/29 武藤厩舎
29日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後はそのまま天栄へ放牧に出させていただいて馬体の回復ならびに精神面のリフレッシュを図ってもらっていました。中間の様子を聞いてもいい意味で変わりなく来ているということでしたし、それならばということで今日の検疫を確保できたので帰厩させていただくことにしました。悪さをするわけではないのですが、今週中に入れてゲートの確認もしておきたいと思いましたからね。順調に行けば来週の競馬も考えられますし、よく見ながら判断していきます」(武藤師)

15/4/28 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「帰ってきて1週間経ちますが、大きなダメージはないのかなと思えました。こちらでの調整経験はさほどない分比較がしづらいところもあるのですが、歩様を見る限りでは悪くないように感じます。気になることと言えばおっとりしすぎていることでしょうか。牝馬なのでもう少しピリッとしていても良さそうなのですが、そういった感じはありません。その点から距離も持ちそうということになるのかもしれませんし、こういう気性をプラスに見ていければいいですね。調教師からは今週中の移動も考えていると連絡が来ていますし、体調の管理に気をつけていきます」(天栄担当者)


状態はまずまずのようですし、次は勝ち上がっておきたいです。
長めの距離で良さそうですね。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/4/30 NFしがらき
30日にNFしがらきへ移動しました。

15/4/28 NF天栄
ウォーキングマシンとトレッドミル調整を行っています。「先週北海道からこちらへ移動してきました。当初の予定では朝に北海道から到着してその日の午後にはしがらきへ向けて移動する予定を組んでいたのですが、ちょっと疲れてしまったみたいで少し腹痛かなと思わせるような症状を見せていました。ただ、程度としてはごく軽めで、顕著な症状を見せていたというほどではありませんでした。おそらく慣れない長旅で元気が良すぎたか力んでしまって、その影響からか馬房に入ると一気に疲れてしまったんだと思います。しばらく馬房で寝っ転がっていました。ただ、時間をかけて様子を見てきたことで水やカイバの飲み食いもまったく問題ないですし、今は元気のいい姿を見せてくれていますよ。こちらでは乗ることはしていませんけれど、マシンやトレッドミルでの軽めのキャンターを行うくらいの調整は行えています。早ければ明日であったり近いうちにしがらきへ移動することになると思います」(天栄担当者)


ついに信楽までやってきました。
あ~NFしがらきへ見に行きたい!!
今からデビュー戦が楽しみです!!!!!


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/4/30 西村厩舎
29日は栗東坂路で追い切りました(53秒0-39秒2-26秒3-13秒6)。30日は軽めの調整を行いました。「昨日、坂路で併せて追い切っています。パートナーを6~7馬身と大きく追走し、少しずつ馬体を並びかけていき、最後は併入という形。特に昨日は馬場状態が悪かったので、終いは少し時計がかかりましたが、全体としては53秒フラットと上々。乗り役にはあまり時計を出しすぎないよう伝えたのですが、サッとこれくらいは出てしまうあたり、よほど具合がいいのでしょうね。仕掛けてからの反応もかなり良かったですし、先週よりも状態はさらに上がってきていると思います。ノドについてはまったく不安がないというわけではありませんが、いい意味でここまで変わりなくきていますし、昇級戦のここでもいいレースを期待したいですね」(西村師)5月3日の京都競馬(3歳500万下・ダ1200m)に幸騎手で出走いたします。


師の手応えもありそうですし、昇級戦いきなりからチャンスあるかも。
時計的には難しそうですが、出来の良さを生かせば意外とやれるかも。
密かに期待しています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。