出資馬近況(2/24~26)

いま、このニュースは触れずにはいられません・・・。

後藤ジョッキー、逝く。

残念です、悲しいです、早すぎます・・・。
言いたいことは山ほどありますが辛いのでここでは言いません。
競馬界を明るくしてくれていたゴッティーのことは決して忘れません。
ご冥福をお祈りいたします。


今週の出資馬たちの近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/2/24 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週こちらへ帰ってきました。まだ1週間も経っていませんので騎乗調教は再開していませんが、そこまでガタッとは来ていない印象を受けます。馬体面でこれといった大きな不安は感じさせませんからね。強いて言えば前捌きが若干硬いくらいです。まずはゆったりと動かしていってその硬さを解していくつもりですが、おそらく乗り出しまでにそこまで長い期間は必要ないかなという気もしていますよ」(天栄担当者)


意外に早く帰ってくるかもしれませんね。待ってます。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/2/24 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週後半にこちらへ帰ってきました。何とかいい状態で競馬へ向かえるようにするためにも無理はしないでほしいと思っていましたが、帰ってきてからの状態を見ていると厩舎からの報告にもあったように背腰に張りが見られます。あそこで無理をしてさらに疲労を蓄積していたら夏前にいい状態でレースへ向かうことは難しかったでしょう。このお休みを有意義なものにして、何とか次走いい結果を出せるようにしていければと思っています。現在はトレッドミルで動かしており、回復を促しています。そして、様子を見つつ乗りも入れていきたいと考えています」(天栄担当者)


こちらは意外に時間かかるかも・・・。少し心配。

◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


delizia_al_limone_150224.jpg
15/2/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き周回コースと坂路で乗り込んでいます。坂路では週に1~2度終い15秒を乗れており、しっかりとした動きで十分な負荷をかけることができています。徐々にいい気合も乗ってきていますし、この流れでいければと思います。馬体重は516キロです」(NFしがらき担当者)


更新された動画を見てもしっかり動けていますね。
もうすぐ帰ってきそうです。楽しみにしてますよ。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/2/26 古賀慎厩舎
26日に美浦トレセン・古賀慎明厩舎へ入厩しました。「育成が遅れてはいましたが、いい馬ですし、何とか順調に、少しでもいい形でトレセンへ来てくれたらと待ちに待っていました。3月中に迎え入れられたらいいなと思っていたのですが、早来の厩舎長からもOKの連絡をもらうことができました。イメージよりも早く来てくれることになり嬉しかったですし、さっそく検疫をおさえて今週入厩させていただきました。天栄を経由してからなので長距離輸送の負担も少なくはなっているでしょうけれど、長旅だったのは間違いありません。また、新しい環境下になり、精神的にも疲れが出て不思議ではないので、慎重に様子を見ながら少しずつ動かしていきたいと思います。よろしくお願いいたします」(古賀慎師)

15/2/24 NF天栄
24日にNF早来を出発し、NF天栄に向けて移動しました。この後はタイミングを見て美浦トレセンへ入厩する予定です。「この中間は坂路で15-15の調整を交えながらしっかり乗り込んできましたが、脚元に不安は見られませんし、状態も良好なことからこのタイミングで本州へ移動することになりました。牧場でできる基礎的なところはしっかりやれたと思いますし、ここから先の調整は気候が上がってきている本州で調整していくほうがいいでしょう。期待の高い馬ですし、頑張ってもらいたいですね」(早来担当者)


北海道を出発したのを喜んでいたら・・・そのまま入厩!
これは嬉しいですね。古賀師も喜んで頂いてますし、期待できそうです。
遅れてきた大物、となってくれたら嬉しいのですが(笑)


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/2/24 NF早来
周回コースでハロン20秒のキャンター1800mの調整を行い、週2回は屋内坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。「引き続きトモの状態を慎重に見ながら調整にあたっていますが、いい意味で変わりありませんね。後退するようであればもちろん無理はできませんけれど、平行線なので前へと進めてみています。毎日ではありませんが、登坂時のペースを上げており、日によってはハロン15~16秒のペースで動かしていますよ。馬体重は472キロです」(早来担当者)


平行線・・・調教ペースはそれなりの時計出せているんですけどね。
暖かくなるにつれて良化してくれることを祈ります。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/2/24 NF早来
周回コースで軽めのキャンター1800mの調整を行っています。「乗り出してから少し経ちますが、脚元の状態は変わりありません。ただし、怪我も大きなものでしたし、大事な箇所のものでしたから慎重に対応していかなければなりません。現在もこれまでと同じく周回コースに入れてじっくりと軽めのキャンター調整を行っていますし、ある程度安定するまではこのようなメニューをベースにしていき、少しずつ進めていきたいと思っています。馬体重は497キロです」(早来担当者)


順調。根気強くいくしかありません。

◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:大久保龍志厩舎 生産:ノーザンファーム


15/2/24 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「コンディションは引き続き良好なことから、この中間より坂路で15-15の時計も出し始めています。ノドに関しても、こちらで15-15まで行っている分には影響は感じません。ここまでいい流れで調整を進めることができていますし、この調子でさらなる状態アップを図っていければと思います。馬体重は522キロです」(NFしがらき担当者)ノドの状態に関しては、ペースアップをしてきても大きな影響は感じない状況です。ここにきて状態も上向いてきていますし、新規調教師が開業するタイミングで、活躍馬を多数管理する大久保龍志厩舎から環境を変え、出走機会を増やしていきたいと考えております。今のところ、3月上旬の転厩を予定しております。会員の皆様には、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


さんざん放置した後の転厩って・・・。正直、訳わかりません。
師は放置で有名でしたが、ここまでの仕打ちを受けるとは驚きました。
デビューから預かってるのだから未勝利終わるまでは責任もってやれないのかな?
まぁ、決まったことは仕方ないですし、新天地で見返して欲しいですね。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。