出資馬近況(4/1~4)

今週は久々に家族旅行へ行ってきました。
2日休みを取り、福井のほうへ行ってきました。
天気も良かったし、カニ食べ放題、温泉、水族館、恐竜博物館、と嫁も子供たちも大満足の二日間でした。
私は久々の高速の運転で疲れましたわ・・・(^_^;

今週の出資馬たち(3歳以上)の更新内容です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


14/4/1 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整も取り入れています。「元気な様子を見せてくれていますし、この中間も順調に調教を行えています。今朝は15-15からもう少し速いペースで動かしていますし、この調子でトレーニングを重ねていって土台をしっかり作ってからトレセンへ送り出せるようにしていきたいと思っています」(天栄担当者)


相変わらずタフですね。
放牧に出てもすぐに15-15乗れるあたり、さすがホワイト、と思います。
じっくり乗り込んで成長を促して欲しい気もしますが調子の良さそうなときに競馬も使いたい。
クラスの目処も立ちつつありますし何とかもういくつか勝って欲しいです。


◆◇◆ ピュクシス 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母フサイチパンドラ(母父サンデーサイレンス)
2010年2月12日生 青毛 栗東:石坂正厩舎 生産:ノーザンファーム


pyxis_140401.jpg
14/4/1 NFしがらき
周回コースで軽めの調整を行っています。「引き続き状態に変わりなくきています。この中間もトレッドミルでキャンター調整を行って、今週からは周回コースで軽いキャンターも取り入れ始めました。ここで焦って進めてしまうと逆効果になってしまいますから慎重に進めますが、今のところは問題ありません。カイバは以前よりしっかりと食べるようになっていますよ」(NFしがらき担当者)


まだ時間はかかりそう。
寂しいのですが、久々の写真更新は嬉しかったです。
先日リクエストしたのを聞いていただけたのかな?
キャロットさんありがとう。


◆◇◆ トゥルーモーション 近況 ◆◇◆
牝馬 父ゼンノロブロイ 母トップモーション(母父シンボリクリスエス)
2011年2月20日生 青鹿毛 美浦:木村哲也厩舎 生産:ノーザンファーム


14/4/3 木村厩舎
2日、3日は軽めの調整を行いました。「今週の火曜日に帰厩させていただきました。ちょっと時間がかかってしまいましたが、何とかいい方向へ変えられるように天栄でも一生懸命にやってくれていましたし、それを引き継いでいきたいです。天栄でも頻繁に状態を確認していましたが、こちらで改めて確認するとやはりトモの感じはもうひとつに思います。負担がかかりやすいのは確かだと思いますので、できる限りのケアを施しつつ少しでもいい方向へ変えていきたいです。まだ帰ってきたばかりなので昨日今日は速いところを行わず普通キャンターでじっくり動かしていますから、折を見て徐々に負荷をかけていきます。久々ということもあってかちょっと気持ちが先行していて走りのバランスもひと息なので、ちょっとずつ変えていけるようにしたいです」(木村師)

14/4/1 木村厩舎
1日に美浦トレセンへ帰厩しました。「ここまで調整期間が長くなってしまいましたが、ここ最近はある程度しっかりと動かせていました。まだいくらか重たいようですが、この流れを維持した状態でトレセンへ送り出した方がいいだろうということになり、今日の検疫でトレセンに入っていますよ。何とか変わってくれればと思っています」(天栄担当者)


帰ってきました~!!
でもまだ本調子とはいかないみたいでまだまだ心配・・・。
少しでも良い状態で復帰戦に臨んで欲しいです。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


14/4/1 NF天栄
1日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週は楽しみにしていたのですが思うような結果を出せなくて申し訳ありませんでした。苦しくなった部分があったのは事実ですが、すぐに巻き返したいという気持ちもあり福島や新潟で使うことも一度は考えたんです。しかし、ノリだけでなく牧場スタッフとも話をしましたが、今のままではただ使うということになりかねないですし、そうすることによって肉体面だけでなく精神面にもダメージを負うことになるのではないか、それならば成長を促す期間をしっかり取って今後につなげたほうがいいのではないかという結論に至りました。お母さんも息長く走ってくれた馬ですし、一生懸命に走ってくれるえらい馬でした。そう考えるとここでダメにするわけにもいきませんし、まだまだこれから可能性がある馬なので将来を見越して考えさせてください。天栄へ放牧に出させていただきましたからこのまま天栄で調整するのも悪くないですし、状況によっては北海道でじっくり過ごすというのも悪くないと思うんです。そのあたりはまず天栄で様子を見てもらってから考えていくことになると思います」(奥平師)


一息入れて成長を促すための放牧となりそうです。
秋まで充電かなぁ・・・。
まだ能力は秘めていると思うので上手く引き出してもらえたら。
また競馬場で元気な姿を見たいです。


◆◇◆ アンゴスチュラ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母マンハッタン(母父アフリート)
2011年2月7日生 鹿毛 栗東:安田隆行厩舎 生産:ノーザンファーム


14/4/4 引退
「NFしがらきに到着後、改めて内視鏡検査を行ってもらったところ、やはり両肺から出血の跡が見られました。レース後は左右両鼻腔からかなり多く出血していましたので、おそらく肺からだろうとは思っていましたが、それにしてもこの診断結果は残念です。今回の帰厩後、できるだけ肺への負担が少ないようにと追い切りはポリトラック中心に行ってきました。その中でも、この馬のいいスピードは見せてくれていましたので、使いつつ内臓面もしっかりしてきてくれれば、と思っていたのですが・・・。このまま続けていきたい思いもありますが、馬自身が苦しい思いをする可能性を考えると、これ以上の無理をさせるのは厳しいのかもしれません。本当に申し訳ありません」(安田師)昨年夏の入厩時から、素晴らしいスピードを見せて先々の活躍を期待させた本馬でしたが、鼻出血という大きな壁が立ちはだかってしまいました。デビュー直前に初めて発症し、その時は約半年の休養を要しています。同じく半年で復帰できたとしても、未勝利戦にはギリギリ間に合うかどうかという時期になりますし、今回は両肺からの出血ということで、さらに厳しい状況が予想されます。以上のような事実を鑑みた上で、安田隆行調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、近日中に競走馬登録を抹消することとなりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。

14/4/2 NFしがらき
「先週はいい状態に調整できたと思っていたのですが、実戦での負担は予想より大きく、レース途中で鼻出血を発症してしまいました。申し訳ありません。今のところ体温などは落ち着いていますし、一度NFしがらきへ放牧に出して、改めて肺の状態などをしっかりとチェックしてもらうことにします」(安田師)2日にNFしがらきへ放牧に出ました。


覚悟はしてましたがやはり引退は悲しいです・・・。
チーム名古屋指名馬で個人的には一番の期待馬でした。
無事に走ることの大変さを改めて実感しています・・・。
鼻出血まで予測は出来ませんし、本当にアンゴスチュラ嬢はかわいそうです。
繁殖に上がれたら良いのですが。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


14/4/1 NF空港
3月29日にNF空港へ移動しました。「先週末、無事にこちらへ到着しています。骨膜と併せて、なかなか体調面もグッと上向いてこなかったということですので、こちらではしっかりリセットさせてあげられればと思っています。高い能力を持っている馬ですし、再びいい走りができるように取り組んでいきます」(空港担当者)


しっかりと立て直してまた強い競馬をて見せて欲しいと思います。
復帰を楽しみに待っています。
スポンサーサイト

Comment

無念
アンゴスチュラ、万全の体調ならどれだけ走れたか、見てみたかったですね。
先生も素質をかっていてくれたように感じるので、余計に残念です。
子供を見られるといいのですが。なんとか繁殖にあがってもらいたいです。
  • 2014/04/04 23:11
  • じゃす
  • URL
  • Edit
辛いです
アンゴスチュラの引退、覚悟はしていましたが
公式で発表された昨日の午後は、ショックで仕事も手に付きませんでした。
初めての名古屋馬が、このような結果に終わってしまい本当に残念です・・・・
無事に走れる事の大切さを改めて考えさせられましたね。

繁殖に上がれますように。
もし将来クラブで子供が募集されたら、その子にお母さんの思いを託したいと思います。
Re: 無念
> じゃすさん

丈夫で走れていたらおそらくオープン級は間違いなかったであろうと・・・。
タラレバはいけませんが、どうしても考えてしまいますね。
本当に残念ですね。
繁殖の道も絶たれてしまい、寂しいです。
2012年産の仔たちにリベンジを託しましょう。
  • 2014/04/12 23:20
  • アマル
  • URL
  • Edit
Re: 辛いです
> ふくちゃん

残念すぎますよね・・・。今でも現実を受け入れ切れていません。
引退の案内が来て繁殖の道の絶たれてショックは大きいです。
競馬は何があるか分かりませんし、前を向いていかねば。

2012年産のチーム名古屋馬にリベンジを託しましょう。
兎にも角にも無事に走って欲しいです。
  • 2014/04/12 23:23
  • アマル
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。