2歳馬近況(1/17)

年が明けて月2回となった明け2歳馬たちの更新です。
皆いい感じ・・・

◆◇◆ ペンカナプリンセスの12 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


penkennaprincess12_06_20140110.jpg 2014.1.10up

14/01/17 NF早来 馬体重:485kg(+12kg)
年末年始も順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。キャンター時の走りはそう時計が出ていなさそうに見せますが、実際には思っている以上に出ているタイプです。牝馬としては恵まれた体躯から生み出される大きなストライドがそう感じさせる要因であり、動きの質にはとても良いものを感じさせます。現状で見せている長所を伸ばしつつ、瞬発力に磨きをかけていきたいと思っています。


走る馬みたいですね。
申し込み時は仕上がりは遅いかもと心配でしたが早い組でやれているのでこれからが楽しみです。


◆◇◆ リンガフランカの12 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


linguafranca12_05_20140110.jpg 2014.1.10up

14/01/17 NF早来 馬体重:448kg(-1kg)
年末年始も順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。身のこなしの良さには元から定評があり、センスを感じさせる存在でしたが、調整を進めるに連れてしなやかさが増してさらに走りに磨きがかかってきた印象を受けます。これから力強さが兼ね備わってくればより理想の走りに近づいていくと思われます。


調教ペースは上がってますが馬体は維持できています。
いい感じじゃないでしょうか。


◆◇◆ ハルーワソングの12 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


halwasong12_03_20131220.jpg 2013.12.20up

14/01/17 NF早来 馬体重:435kg(+8kg)
年末年始も順調に過ごし、現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週4回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週2回は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンター1本の調教を行っています。順調に乗り込むことができていますので、馬体が少しずつしっかりしてきた印象を受けます。坂路コースを以前より力強いフットワークで駆け上がれるようになってきましたし、徐々に父の産駒らしい逞しさが備わってきた雰囲気を感じます。


この仔も順調そのもの。
日下厩舎の3頭はどの仔も期待できそうな進み具合です。
今からデビューが楽しみになってきました。
名前もどうなるのか・・・楽しみです。


◆◇◆ ササファイヤーの12 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:大久保龍志厩舎 生産:ノーザンファーム


sassafire12_03_20131220.jpg 2013.12.20up

14/01/17 NF空港 馬体重:479kg(-4kg)
年末年始も問題なく過ごしており、この中間も順調に乗り込んでいます。現在は1000m屋内周回ダートコースでキャンターを2周半の調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18~20秒で1本登坂しています。ロンギ場でのトレーニング効果が随所に感じられ、ハミ受けも問題なくなっています。騎乗時もしっかり馬と意思疎通を交わしながら乗り込めていますので、今後も相乗効果で全体的な良化に繋げていきたいところです。


調教ペースも徐々に上がってきて馬体も絞れてきていますね。
新種牡馬産駒で可能性は未知数だと思うので
これからどんな成長をしてくれるのか、ワクワクしています。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。