出資馬近況(11/17~21)

下書き状態のままにしてました(^_^;

先週のキャロットの更新です。


◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


13/11/20 久保田厩舎
20日は軽めの調整を行いました。「先週は消化不良な形になってしまい大変申し訳ありませんでした。カッチャンも帰ってきてすぐ謝っていたし、前走のデジャブかと思って僕も具合が悪くなりそうではありましたが、前半にちょっと噛んでしまいましたからね。それを揉まれたくないからと言って早め早めに動いていたらおそらく終いはバタバタになっていたことでしょう。そう考えると致し方ない部分もあったのは否めないでしょうね。次をどうするかはまだ決めていませんが、変な感情は持たないでフラットな気持ちでまた選択するつもりです。ましてや、次考えているレースは重賞の裏開催になりますし、成績的にも上位陣を捕まえにくい立場でもありますから、そのなかでできるだけいいかなと思える人で中山2週目のダート2400m戦へ向かいたいと思っているところです」(久保田師)12月7日の中山競馬(3歳上1000万下・ダ2400m)に出走を予定しています。


ここらで激走してほしいです。

◆◇◆ ピュクシス 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母フサイチパンドラ(母父サンデーサイレンス)
2010年2月12日生 青毛 栗東:石坂正厩舎 生産:ノーザンファーム


13/11/19 NFしがらき
周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も周回コースでのキャンター調整を中心にじっくりと動かしています。馬体は徐々に回復してくれていますが、どちらかというと減りやすいタイプなので、もう少し余裕を持たせたいですね。馬体自体にはダメージはなさそうですから、このままじっくりと乗り込んで年明けぐらいの帰厩を目指していきたいと思います」(NFしがらき担当者)


う~ん・・・良い馬なんですけどねぇ・・・。
まだこれからだと思うのでしっかり立て直して欲しいです。


◆◇◆ トゥルーモーション 近況 ◆◇◆
牝馬 父ゼンノロブロイ 母トップモーション(母父シンボリクリスエス)
2011年2月20日生 青鹿毛 美浦:木村哲也厩舎 生産:ノーザンファーム


13/11/19 NF天栄
トレッドミル調整を行い、日によっては周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間より軽めの騎乗調教も取り入れ始めています。ただし、右トモがしっくりしきれておらず歩様も不安定に見え、また気持ちの面ももうひとつと言わざるを得ない状況です。走っていても上っパミになりがちでしっかりとしたフォームで走れていません。デビュー前はそのようなこともなかっただけにギャップに戸惑いがあるのですが、素質はある馬なので何とかいいころに近づけていけるように時間をかけて調整していければと思っています」(天栄担当者)


こちらも立て直しが必要ですね・・・。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


13/11/21 奥平厩舎
20日、21日は軽めの調整を行いました。「先週はいい結果にならなくて申し訳ありませんでした。ただし、狙いの競馬はできて、まったく悪い内容ではなかったと思うんです。そう考えるとこういう経験が生きてくれればと考えていけるし、プラスに捉えていいレースだったと考えていますよ。できることならばマイルくらいまでは持たせたいですし、先々では1200mという話にもなるでしょうが、現状は本線をそこに置くのではなくて1400~1600mくらいをメインに考えていければと思っているところです。レース後の様子を見つつ動かしていこうと思っています。今日明日と乗ってみてそれでガクッと来ないようならば、続戦することも考えたいですね」(奥平師)

sagres_20131117.jpg
13/11/17 奥平厩舎
17日の東京競馬では後方で脚を溜めて直線勝負に出るも、伸びてはいるが前も止まらず6着。「今日は後方で溜める競馬をしてほしいと調教師からリクエストがありましたのでその形にしました。返し馬ではちょっと気持ちが入っていましたが、レースに行ったら我慢は利いていたと思います。まだ体力面や気持ちの面で余裕がないのか直線では若干内にモタれ気味でしたが、ジリジリとは言え最後まで伸びようとしてくれたと思います。今日のように競馬を教えていければ終いの脚もより使えるようになると思いますね」(池添騎手)「返し馬は少しうるさくなっていたけど、パドックは落ち着いていたし、肝心のレースでも前走ほどの力みは感じられませんでした。シャドーロールをつけていたのですが、それにいい意味で気を使ってくれたのかもしれませんね。競馬を教えたかったので道中は意識的に溜めて終いにかけましたが、勝ち馬もそうだけど内が残っていたし、馬場の差はあったと思います。結果からすると良しとは言えないし、会員の皆様には申し訳なく思いますが、一応狙った走りをできたことは悪くないでしょう。この後はカイバ喰いや精神面を中心に見て問題なければ続戦させますし、間を空けたほうが良ければ無理はしないつもりです」(奥平師)前走は道中に力みが目立ち我慢が利きませんでしたし、今回は後方でしっかりと脚を溜めることをひとつの目標としてレースに臨みました。結果からすると満足とは言えませんが、また違った競馬をできたことは収穫ですし、こういった走りを先々につなげていきたいところです。この後はレース後の状態次第で続戦するか、放牧に出すか決めていきます。


12月、中京で待ってます(笑)

◆◇◆ アンゴスチュラ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母マンハッタン(母父アフリート)
2011年2月7日生 鹿毛 栗東:安田隆行厩舎 生産:ノーザンファーム


13/11/19 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間は順調にトレッドミルでの調整を進めています。お尻の血腫はもう問題ありませんね。安田調教師が来場して馬を確認されましたが、先週お伝えしたとおり、年明けの帰厩を目標にしようという話になりました。こちらもそのつもりで徐々に態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)


我慢の時ですね。

◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


13/11/19 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「背腰の張りはケアしたことで気になることはなく、この中間は坂路での調教も取り入れて、順調に乗り込んでいます。強い調教は行っていませんが、力のある馬ですし無理にペースを上げるより、馬体のケアをしながらバランスを重視して走らせるようにしています。今のところあと1、2週での帰厩になりそうなので、こちらもそのつもりで進めていきます」(NFしがらき担当者)


状態は上がりつつあるので期待できそうです。
強い相手とどう戦うか、楽しみです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。