デリッツァリモーネ 無念の2着・・・

13/8/3 小倉2R 2歳未勝利 芝1800m 晴:良
15頭 1人気 2着 54kg 浜中 1:48.3 3F35.2 着差0.0 体重460kg(-4kg)


リアルタイムでラジコで聴いてました。
レース見れてないので何ともいえませんが直線は思ったほどのびていないように思えました。
『交わす勢い』のような実況だったので勝てるか!!??と興奮しましたが・・・。無念。

以下、レース後の公式コメントです。


◆◇◆ デリッツァリモーネ レース後コメント ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


delizia_al_limone_130803.jpg
13/8/3 石坂厩舎
3日の小倉競馬ではまずまずのスタートから促しつつ中団を追走。3コーナー手前で動いて前を射程圏内に入れ、直線は馬場の外目をよく伸びたが2着。「新馬戦の時よりはだいぶ進歩しましたが、それでも道中は促しながらの追走でした。勝ち馬を含めて前にいた馬が楽をしていて、こちらも追い出してからちょっとフワフワするところがあった分、最後は差し届かなかった感じです。まだまだ良くなりそうですし、この距離にも十分対応できますね」(浜中騎手)「まだ緩いところが残っているせいか、苦しくなるとすぐ頭を上げるし、フワフワしたり急にハミを取ったり子供っぽいところも見せていましたね。結果は残念でしたが、レース内容からは成長の余地があると思いましたし、改めて素質の高さを感じさせてくれました。距離もまったく問題ありませんでしたね。このあとはもう一度小倉を使いたいと考えていますが、再度の長距離輸送になるので、短期放牧を挟むことも検討します」(石坂師)あと一歩で差し切れるかという内容だっただけに残念ではありますが、随所に子供っぽいところを見せながら直線しっかりと脚を伸ばして3着以下を突き放したことは、むしろ今後に期待を抱かせてくれます。このあとは短期放牧を挟むことも検討していますが、いずれにせよ次走こそは勝利を掴んでもらいたいと思います。


デリッツァリモーネ、浜中ジョッキーお疲れ様でした。
展開云々を言い訳にはにはしたくなかったとは思いますが、
仕掛けが一歩遅かったのか、仕掛けが少し早くて勝ち馬と脚色が同じになってしまったか、
この辺はジョッキーの腕だったようにも思えます。
しかし今日のレースは難しかったんでしょうね。
浜中ジョッキーには次こそ結果を出してもらいたいです。応援していますよ!
新馬戦を見たとき、この馬はオープンで戦える馬になれる!と思い込んでます。
ローテーションを考えても次は勝ち上がって欲しいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。