アマルフィターナ 近況(3/3~21)

久々の更新です。
仕事が忙しかったり、インフルエンザにかかっていたりと
この2週間は大変でした・・・。
未だに体調も戻らず仕事もさらに忙しくなって大変です。

いよいよアマルもラストレースです。

◆◇◆ アマルフィターナ 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母ホワットケイティーディド(母父Nureyev)
2007年3月24日生 黒鹿毛 栗東:平田修厩舎 生産:ノーザンファーム


13/3/21 平田厩舎
23日の中京競馬(豊橋特別・芝1400m)に丸田騎手で出走いたします。

13/3/20 平田厩舎
20日は栗東坂路で追い切りました(54秒9-41秒4-27秒7-14秒3)。「今朝は坂路で一杯に追い切りました。馬場がかなり重くて時計自体はあまり出ていないのですが、乗っていた助手は動きはかなり良かったと納得していました。これまでは、カイバ喰いが安定せずテンションも上がりやすいので、なかなか続けて使えなかったのですが、この中間はドッシリしてきて雰囲気もいいですね。前走が帰厩後すぐの競馬でしたし、上積みも見込めそうです。念のため登録させていただいた1000万下の特別は出走できそうにありませんが、前走のようなレースができれば1ハロンの距離延長も対応できるはず。なんとか有終の美を飾りたいですね」(平田師)23日の中京競馬(豊橋特別・芝1400m)に丸田騎手で出走を予定しています。

13/3/17 平田厩舎
23日の中京競馬(豊橋特別・芝1400m)と24日の中京競馬(岡崎特別・芝1200m)に特別登録を行いました。豊橋特別はフルゲート18頭のところ本馬を含めて44頭、岡崎特別はフルゲート18頭のところ本馬を含めて29頭の登録があります。「予定通り来週の中京芝1400m戦を目標にして順調に乗り込んでいますが、1000万下の特別登録もさせていただきました。もちろん出走できるかどうかは分かりませんが、泣いても笑ってもここがラストランになりますし、少しでも選択肢は多い方がいいだろうと考えての登録です。レースまであと1週間、とにかくベストを尽くします」(平田師)

13/3/13 平田厩舎
13日は軽めの調整を行いました。「今週の競馬も視野に入れていましたが、やはり中1週で追い切るとなるとその後のテンションやカイバ喰いが心配ですし、今週一杯はゆったり調整した方が万全に態勢を整えていけるだろうということで、来週の競馬に向かうことにしました。距離は1400mになりますが、前回の競馬を見る限りでは対応できそうですし、条件を優先して出走させるより馬の状態を第一に考えたいですからね。悔いを残さないよう、精いっぱい仕上げていきます」(平田師)23日の中京競馬(豊橋特別・芝1400m)に丸田騎手で出走を予定しています。

13/3/6 平田厩舎
6日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はあと一歩のところだっただけに残念でしたが、負けたのは直線で少し外に持ち出した分だけで、その後の伸びはひと際目立っていましたからね。引退までにもう一戦するためには、まずは優先出走権確保が第一条件でしたし、そこをクリアできたことはホッとしました。第2条件の馬体ですが、幸い、脚元は使う前よりもスッキリしているぐらいで、まったく問題ありません。カイバ喰いなども見ていく必要はありますが、これなら次走に向けて進めていけますし、ラストランを勝利で飾れるよう、こちらも必死で取り組んでいきます」(平田師)17日の中京競馬(4歳上500万下・芝1200m)を目標にしています。

amalfitana_130303.jpg
13/3/3 平田厩舎
3日の小倉競馬では中団で流れに乗って直線で差を詰めてきたが3着まで。「道中はうまく行ったと思ったのですが、勝たせてあげられなくて悔しいです。勝ち馬が楽に回れないように少しだけ絞って立ち回ったのですが、いいところで前が開いてしまって抜けられてしまいました。変に噛みすぎたり、モタれたりすることはなかったですが、トモがしっかりしきれていない分追い出してからエンジンがかかるまでに時間を要してしまいました。順調に使われていたらスコーンと抜けていても不思議じゃないくらいの力を感じますし、このクラスは卒業できる馬なはずです。騎乗依頼をいただいたのに最良の結果を出せなくて申し訳ありません。今日乗った限りでは左右のアンバランスさは感じなかったですし、折り合い面、集中力の面、エンジンのかかり具合などを考えてもあと1ハロンまでは対応してくれそうな気はしました」(丸田騎手)「悔しいですね。あと少しのところまで来ているし、わずかなんですけどね。勝った馬より前に来られるならと思っていたからなおさらですね。体はわずかに減りましたが、そこまで気になるものでもなかったし、想定内のものと見ていました。勝って最後を飾れればと思っていただけにここまで来ているのなら、レース後の馬の状態が問題ないことを大前提にもう一戦考えることもしてあげたいですね。丸田が言うには左回りでも対応してくれるのではないかとのことでしたし、中京への続戦を検討します。もちろん気になるようなことが出てくるならば無理はしませんし、脚元を含めてよく見ていきます」(平田師)掲示板を外せばすぐの出走も叶いませんし、結果次第ではあったのですが、差のない3着と惜しい競馬を見せてくれました。このあとのこともありますから脚元を含めて状態に問題ないことが第一条件ですが、引退までにもう一戦することを検討しています。


丸田くん、アマルフィターナをどうかよろしくお願いします。
無事にラストを終えられますように。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。