出資馬 近況(2/5~2/21)

多忙は続いてますが少しずつでも記事を書いていきたいと思います。

愛馬たち(3歳以上)の更新です。

◆◇◆ アマルフィターナ 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母ホワットケイティーディド(母父Nureyev)
2007年3月24日生 黒鹿毛 栗東:平田修厩舎 生産:ノーザンファーム


13/2/21 平田厩舎
21日は軽めの調整を行いました。「水曜日、無事帰厩しました。小倉の最終週に牝馬限定の芝1200m戦があるので、そこを目標にしていこうとNFしがらきの厩舎長とも話をしていて、向こうでもそのつもりで動かしてもらっていました。速い追い切りを何本も消化すると体がしぼんでしまいがちなので10日前の帰厩になりましたが、今朝の坂路でのキャンターを見ると気配は良さそうです。ここがラストランになりそうですし、今のフレッシュな状態を保ってレースに向かえるようにしていきます」(平田師)3月3日の小倉競馬(4歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)に出走を予定しています。

13/2/20 平田厩舎
20日に栗東トレセンへ帰厩しました。

13/2/19 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き順調に乗り込みを続けています。先週末からは坂路で終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしてしっかりと負荷をかけ、帰厩に備えた調教も取り入れています。体もふっくらしていますし、気配は上々ですよ。明日の帰厩が決まりましたが、いい状態で送り出せそうです」(NFしがらき担当者)20日に栗東トレセンへ帰厩する予定です。

13/2/12 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込んでいます。まだ15-15まではやっていませんが、今週末ぐらいにはペースアップした調教も入れていきたいと思っています。早ければ来週にも帰厩ということになりますので、そのつもりでしっかりと下地を作っていきます」(NFしがらき担当者)

amalfitana_130205.jpg
13/2/5 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「右前脚についてはもう問題なく、普通に乗ることができていますので、先週末からは坂路でも少しペースを上げてきています。そう遠くない段階で帰厩ということになりますので、こちらでもそれに合わせて負荷を強め、いい状態で出走できるように努めていきます」(NFしがらき担当者)


無事にラストランを、と祈るばかりです。
ジョッキーが誰になるか気になります。
秋山ジョッキー乗ってほしいなぁ・・・。


◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


13/2/19 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路で15-15も取り入れています。「乗り出してから体調面に問題が出るようなこともありませんでしたし、精神的にもまずまずです。乗り出し当初はちょっとだけ両肩に疲れがあるかなと感じたところもあったのですが、動かしていくうちに徐々に解消してきましたのでそこまで気になるものではありません。もうしばらくはこちらで乗り込んでから送り出すことになるでしょうし、このまま入念に乗り込んでいければと考えています」(天栄担当者)

13/2/12 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でキャンター調整を行っています。「様子を見ながら少しずつ乗るようにしているのですが、いい意味で変わりはありません。相変わらず元気いっぱいですし、体調も安定していそうですからね。時には坂路にも入るようになっていますし、順調に乗れていますよ。コンディションを見ながらペースを判断して次走へ向かっていけるようにします」(天栄担当者)

13/2/5 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週まで様子を見ていましたが相変わらず元気いっぱいで状態を見極めるのも苦労したくらいだったんです。ただ、時間の経過とともにいくらか緩和してきたようにも思いますし、大きな不安を見せることもなさそうでしたので、少しずつ乗り出すようにしています。まだ日も浅いですし、ごく軽めのキャンター調整です。様子を見ながら徐々に動かしていきますが、問題なければ調教師からもリクエストされているように伏竜ステークスを最短の目標にしていければと思っています」(天栄担当者)


復帰戦で成長した姿をみたいです。
本当に好きな馬だし、期待してます!!


◆◇◆ グレイスヒーロー 近況 ◆◇◆
牡馬 父ダイワメジャー 母グレイスルーマー(母父トニービン)
2010年1月25日生 栗毛 美浦:栗田徹厩舎 生産:ノーザンファーム


13/2/19 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「予定していた競馬を使えなかったということと今週から中山開催になってしまうということからいったんこちらに帰ってくることになりました。改めてこちらでチェックしているのですが腰がひと息で疲れも多少感じられる状態です。稽古の動きも非常にいいというものではなかったようですし、今回のお休みで少しでもリセットできるのならばいいのではないでしょうか。少しずつ動かしていますが、臨機応変にメニューを組んでいければと思っています」(天栄担当者)

13/2/15 NF天栄
15日にNF天栄へ放牧に出ました。

13/2/14 栗田徹厩舎
13日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒7-38秒7-13秒3)。14日は軽めの調整を行いました。「先週に続いて今週もウッドチップコースで追い切りを行いました。同じパートナーと組んで前半は後方から追走し、最後に並びかけていくような形だったんです。前半の走りっぷりは悪くないのですが、仕掛けていくとどうしてもいい走りになり切れないのが正直なところでした。一気にギアを上げようとすると反抗してしまうような感じになりがちですし、気持ちを損ねるように引いたり出したりしても駄目な印象です。前半にガーッとなってしまったら後半がダメになるといった不安定さが出やすく精神面が変わらず課題だなと感じさせる動きでした。何とか使って変えていければと思っていたのですが、考えていたダートの1600mや芝の1800m戦も想定では除外対象でチャンスはない状況でした。これで来週とスライドすると器用さが求められる中山となってしまって前走からの変化がつけられないところもあります。課題を抱えている現状ですし、さらに悪いものを露呈して競馬を嫌にさせることは避けなければいけませんので、置いておいて使えないのは大変申し訳ありませんが、放牧に出して次走に備えたいと思います」(栗田徹師)16日の東京競馬(3歳未勝利・ダ1600m)への出走を検討していましたが出走が難しい状況から出馬投票は見送りました。条件面を考慮して、このあとはいったんNF天栄へ放牧に出る予定です。

13/2/6 栗田徹厩舎
6日は美浦南Wコースで追い切りました(54秒7-39秒1-13秒1)。「先週は坂路で適度な負荷をかけましたが、今週は再びコースに移して動かしています。先週課題が見られましたが、そういったシチュエーションに少しでも対応できるようにつくっていかなければいけませんし、メリハリをつけるように前の馬を見ながら前半を進み、最後に体を並べていくような追い切りを課しました。正直に言うと先週から大きく変わったというようなものではありませんが、身のこなし自体は悪くないですし、適度な負荷はかけられています。ややワンペースなところはあるかもしれませんが、馬がまだわかっていないようなところもありますし、引き続き走り方を教えていかなければいけないと思っています。次のレースは一応来週を予定しています。リスクのこともありますが、メンバーが偏る可能性も否定できませんから、ダートの線も含めてよく検討していきます」(栗田徹師)16日の東京競馬(3歳未勝利・芝1800m)か同日の東京競馬(3歳未勝利・ダ1600m)に出走を予定しています。


出走かなわず放牧になっちゃいました・・・。
リフレッシュして巻き返してほしいです。
勝てるだけの能力はあると思うし、この放牧での成長を期待しています。


◆◇◆ ペドレリーア 近況 ◆◇◆
牝馬 父ネオユニヴァース 母ジェリクル(母父メジロライアン)
2010年3月7日生 鹿毛 美浦:栗田博憲厩舎 生産:白老ファーム


13/2/19 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「引き続きじっくり調整しています。基本的にはトレッドミルで負荷をかけるようにしていて、今朝もそのメニューを課したところです。先週後半には騎乗調教も行ったのですが、その際はちょっと力みというかイレ込みというか、テンションの高さが気になるような走りを見せていましたね。もう少しゆったりさせられるようにしなければいけませんが、やりすぎて精神状態を悪くするわけにもいきませんのでバランスを見ながら取り組んでいきます」(天栄担当者)

13/2/12 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「移動してきて最初の頃は熱発明けということあって無理せずマシン運動で回復に充てていましたが、この中間より少しずつ調教へ移行し出しています。そうは言ってもまだトレッドミルを用いた運動ですね。トレッドミルでキャンターを行うようにしていますが、体調自体は安定していますし、気配としては悪くありません。今朝栗田博憲調教師が来場され状態も見ていかれましたし、今後の様子を見つつ相談しながら進めていきたいと話しています」(天栄担当者)

13/2/5 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週末にこちらへ帰ってきました。熱発してしまって入場の予定が延期になったくらいの馬ですし、しっかりと疲れを癒すためにもまだマシン運動のみにとどめています。久々の競馬でドッと疲れてしまったのかもしれませんし、まずはリセットするように楽をさせてから徐々に立ち上げていければと思っています」(天栄担当者)


脚元のこともあるし無理はできませんが
しっかり調整して春には戻ってきてもらいたいです。
スピードを生かせる舞台での走りが見たいです。


◆◇◆ ハリウッドミューズ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダンスインザダーク 母ハリウッドレビュー(母父ノーザンテースト)
2010年3月1日生 栗毛 美浦:菊川正達厩舎 生産:ノーザンファーム


13/2/21 菊川厩舎
20日は軽めの調整を行いました。21日は美浦南Wコースで追い切りました(56秒3-40秒4-13秒1)。「順調ですね。カイバの食いが旺盛であれば言うことはないのですが強い負荷をかけたあともぼちぼち食べることができています。食いはスローでほんのちょっと残すこともあるのですが、それでも馬体の維持が苦労する馬に比べれば悪くはないでしょう。追い切りは今朝馬の少ないタイミングで行いました。単走で終いにしっかり動かす形。多少モタモタするようなことはあるものの、最後まで気持ちを切らさずに走れていましたから悪くないでしょう。このまま行けるようならば来週の競馬を考えたいと思っています。柴山ジョッキーがこの日中山に戻ってくるということで都合がつきそうなので前走に続いてこのコンビで向かいます」(菊川師)3月2日の中山競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)に柴山騎手で出走を予定しています。

13/2/14 菊川厩舎
13日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒5-56秒9-41秒8-14秒0)。14日は軽めの調整を行いました。「天栄での調整はまずまず順調に進められていたようでしたし、目標にしている中山開催も近くなりましたので先週末のタイミングで帰厩させていただきました。まずは環境の変化の影響がないかをよく確認しながらじっくり動かすことから始めていたのですが、少しずつ慣れも出てきているようで変なイレ込が目立ち、苦しさを出すようなことはありませんでした。カイバもそれなりに食べていたのですが負荷をかけていくとそのあたりがどう変化してくるか不安な点でもあったので注意しながら見ています。追い切りは昨日からスタートしていてウッドで長めから終いを無理しない程度に動かしました。重めの馬場でもしっかりとした脚取りで駆けていたし、印象は悪くないですよ。さすがに追い切った後のカイバは少し遅いですが、時間の経過とともに食べるようになってきてくれるはずです。あくまでも今後の進み具合によりますが、順調ならば中山の2週目あたりを目標にしています」(菊川師)3月2日の中山競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)に出走を予定しています。

13/2/8 菊川厩舎
8日に美浦トレセンへ帰厩しました。

13/2/5 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「今回の放牧はリフレッシュがメインなので基本的にはトレッドミルでの調整を行うようにしています。ただ、帰厩に向けて少しは乗り運動も課しておきたいと思いますので、今週は周回コースにも入って軽めですがじっくりと動かすこともしていますよ。正直、体つきに大きな変化はありませんからビッシリ攻め込むこともしないで、よりフレッシュな状態で戻せることを考えています。早ければ来週かそのあとあたりで帰厩となるでしょうし、体調管理もしっかりと行っていきます」(天栄担当者)


牝馬限定戦ならチャンスは大きいと思いますので期待しています。
また柴山ジョッキーに乗ってもらえるのもいいですね。
スタートを決めてしっかり勝ちきれるといいなぁ。


◆◇◆ ピュクシス 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母フサイチパンドラ(母父サンデーサイレンス)
2010年2月12日生 青毛 栗東:石坂正厩舎 生産:ノーザンファーム


13/2/20 NFしがらき
「この中間も慎重に乗り込みを続けてきたのですが、やはり手加減しつつの調教ということもあってもうひとつピリッとしてきません。鼻出血の心配もありますし、ここで放牧に出させていただきたいと思います。今ならまだ焦る時期ではありませんし、少し暖かくなるまで無理をさせない方がかえって近道だと判断しました」(石坂師)20日にNFしがらきへ放牧に出ました。

13/2/13 石坂厩舎
13日は栗東坂路で追い切りました(57秒5-42秒8-28秒3-14秒5)。「先週、軽い鼻出血のあと、投薬などの治療を行いつつ乗り込んできました。先週は前半に追い切ったあと出血が見られたので、今朝は後半に追い切って、その後の状態を確認していますが、今のところは大丈夫です。ただ、今朝もまだビッシリは追っておらず、15-14といったところ。このあと負荷をかけていってどうかという不安がなくなったわけではありませんし、慎重に状態を見ていきたいと思います。万全ならすぐに勝てる素質の馬ですし、今は無理をさせない方がいいと判断すれば一度放牧に出させていただくかもしれないということはお伝えしておきたいと思います」(石坂師)

13/2/6 石坂厩舎
6日は栗東坂路で追い切りました(58秒0-42秒8-28秒6-14秒6)。「今朝は坂路で15-14というイメージで時計を出しました。重い馬場だったことを考えればこれで十分でしょうし、いい負荷がかけられたと思っていたのですが、調教のあとに軽い鼻出血の兆候が出てしまったため、すぐに獣医を呼んで適切な治療を行っています。まだ体力がつききっていない3歳馬で、寒い時期にはたまにあることですが、慎重に様子を見ていきたいと思います」(石坂師)


クラシックは完全に絶望的です・・・。
まさかこの仔が・・・丈夫な仔なのでびっくりでした。
鼻出血しちゃうとは愛馬の経験上、再発が怖いのであまり使えないし、
調教もセーブせざるを得ないので今後は・・・心配です。
再発しないよう祈り、早めに勝ち上がってほしいです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。