出資馬 近況(1/19~21) 出走結果

先週出走した仔たちの結果更新です・・・。

ハリウッドミューズさんはダートにも目処を付けたまぁまぁの内容でしたが、
グレイスヒーローとホワイトフリートは・・・
ここまで大敗するとは思わなかったのでちょっとショックです。
グレイスヒーローはダートを試してみるのもいいかもしれませんね。
ホワイトフリートはまだまだ幼いので芝は当分は使わない方が良さそうですね。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


white_fleet_130121.jpg
13/1/21 久保田厩舎
21日の中山競馬では先行勢の動きをうかがうように中団後方を進んでいたが、ペースが上がった際に追走が苦しくなって12着。「以前芝を走った時は幼い面があったためと聞いていたので先入観を持ちすぎずに臨みました。スタート後は悪くなかったものの徐々に苦しくなってしまいました。ペースが上がれば上がるほど追走一杯になっていましたし、今日のような条件は厳しいのかもしれません」(ビュイック騎手)「芝は初戦だけでしたから楽しみももちろん持ってレースへ臨んだのですが、この結果ではっきりしてしまいましたかね。もうちょっとやれるはずと思っていただけに今回だけで決め付けすぎても良くないかもしれませんが、ある意味これだけスッキリとした負け方をしたので近いうちはダートをメインに考えたほうがいいでしょうね。シャドーロールは今日着けました。稽古の時に幼さを見せていましたからね。今回に関してはそういったことも含めて判別しにくいレースですから、ダートをメインに考えるということ以外は固定せずに考えていきたいですね」(久保田師)芝へ再チャレンジしましたが、残念ながら流れに追走するのに苦労してしまう程で良さが見られませんでした。正直に言いますとここまでとは思っていなかっただけに非常に残念ではありますが、得意の庭に戻っての巻き返しに期待したいと思います。今後に関してはひと息入れる公算が高いものの、レース後の状態をよく見てから判断していきます。



◆◇◆ グレイスヒーロー 近況 ◆◇◆
牡馬 父ダイワメジャー 母グレイスルーマー(母父トニービン)
2010年1月25日生 栗毛 美浦:栗田徹厩舎 生産:ノーザンファーム


grace_hero_130120.jpg
13/1/20 栗田徹厩舎
20日の中山競馬ではスタート後に押していき2番手を進む。逃げ馬を見ながら詰めていきたかったが、早々と手応えが怪しくなり15着。「前々で運んでほしいというリクエストもありましたし、スタート後に前につけました。前半は悪くはなかったもののコーナーごとに膨れてしまって曲がりきれないような格好をしていました。まわりの馬を気にしている部分もあるのでしょうし、現状では幼さが目立ちます。経験を積みながら競馬を覚えてくれれば変わってきてくれるはずです」(ビュイック騎手)「体はいいものでしたし、成長を感じさせ、今までのなかでもいちばん具合がいいんじゃないかなと思い期待していたんです。もちろん競馬の仕方を大事にすることは念頭に置きつつも勝負に行く競馬をしてもらえるように指示しました。前々の位置で運べていたのでいいなと思っていたのですが、各コーナーごとに膨れてしまっていました。トモが緩いのもあって後肢が振られてしまったようです。また、結果的には急かされたことで気持ちが変なほうへ向いてしまったのかもしれません。能力的にはここまで負けるタイプではないだけに申し訳ない気持ちでいますし、まともなら結果は違うはずです。未勝利の立場で選択肢を完全になくすことは良くないでしょうが、現状は広いコースでコーナー2つのほうがベターのような気がします。可能ならば東京で使いたいと思いますので、レース後の状態と出馬状況をよく確認して可能かどうか判断していきます」(栗田徹師)成長を感じさせる体つきと、調教の動きから期待を持って臨めた休み明け初戦だったのですが、心身ともにまだ幼いようで、未完成な部分がレースで出てしまったようです。形を整えてあげられればこのようなことはないはずですし、巻き返しを期待したいと思います。



◆◇◆ ハリウッドミューズ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダンスインザダーク 母ハリウッドレビュー(母父ノーザンテースト)
2010年3月1日生 栗毛 美浦:菊川正達厩舎 生産:ノーザンファーム


hollywood_muse_130119.jpg
13/1/19 菊川厩舎
19日の中山競馬では中団の内々を立ち回り、最後は外から差を詰めてくるも3着まで。「ゲート自体は落ち着いて駐立できているのですが、いざ出たらもうひとつグッと取らずに後方の位置になってしまいました。初ダートでしたが砂を被っても怯むことはなかったし、対応してくれましたね。走りも悪くなかったですよ。最後はよく伸びてきていますし、やはり力はありますよね。調教に乗せていただいたときから気に入っていた馬なんです。その時は芝のほうがいいかなと感じていたのですが、ダートもこなしてくれました。ふかふかのダートの場合はまだわかりませんが、今日で選択肢も広がったでしょうし、楽しみですね。機会がありましたらぜひまたお願いします」(柴山騎手)「兄たちの成績を見ていると不安はあったのですが、悪くない走りを見せてくれましたね。ただ、スタート後が思ったほど進まず、イメージより後ろからになってしまいました。そのあたりはまだ力が付き切っていないのも多少影響しているのかもしれませんね。それでも見所はありましたし、今後が明るくなる終いの伸びだったと思います。通常ならば権利を獲りましたし、このまま続投すべきでしょうが、カイバの食いが不安定なのは否めないんです。加減してなんとか減らさずに使えましたが、ふっくらさせてよりいい状態でレースへ行くほうがパフォーマンスも良くなるはずです。ダートであれば極端な出馬状況にもならないでしょうから間を取った上で次を考えていくようにしたいと思います」(菊川師)ダート変わりに期待と不安が入り混じっての出走ではありましたが、走りの内容は悪くなかったと思います。馬場が力をそこまで要さないコンディションだったのも良かったかもしれませんからパワーを要したときの不安は残りますが、メドは立てられたのではないでしょうか。ただ、馬体重の増減はありませんでしたが苦しいなかでの調整でした。また、思ったほど前半に進まなかったことから東京のマイル戦という条件もより後手に回ってしまいそうで非力な現状ではやや分が悪いようにも感じます。権利を獲ったところではありますが、馬のコンディションを第一に、また条件等を考慮した結果、このあとはひと息入れた上で次走へ向かう形を検討しています。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)