ホワイトフリート 2勝目!

ノリさんの見事な騎乗によりホワイトフリートが2勝目をあげました~

12/12/9 中山7R 2歳500万円以下 ダート1800m 晴:良
15頭 3人気 1着 55kg 横山典 1:56.0 3F39.6 着差0.1 体重472kg(+16kg)


レースを何度見ても絶妙な仕掛けでした。
中山ダートは安心してみていられます。

以下、レース後の公式コメントです。


◆◇◆ ホワイトフリート レース後コメント ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


white_fleet_121209_2.jpg

white_fleet_121209.jpg
12/12/09 久保田厩舎
9日の中山競馬では前を見ながら進み、早めに前へと進出。直線で先頭に立つが、後ろから迫られるとさらにひと伸びして優勝。「今日は返し馬に行った時点で大丈夫だと思っていました。以前とフットワークが違いましたからね。ただ、レースはまだ荒削り。手前もなかなか替えないし、課題は残ります。今日は自力かな。やや余裕もあったからね。まだまだ良くなってくるはずだし、兄弟でいちばんになってくれるかもしれないね(笑)。これからも楽しみです」(横山典騎手)「体はふっくらさせられました。血統を考えてもガリガリやりすぎて苦しくさせるのは良くなかったし、増やして出たこと自体はそこまで悪くは捉えていませんでした。今日は自力ですかね。結果的には余裕があったからなのか、まだ走りが本物じゃなかったけれど初戦を考えたらだいぶいいでしょう。まぁ、あのときも自信はあったんだけどね(苦笑)。ファインセラの仔にしては早めから、しかもコンスタントに走れてすでに2勝目をあげてくれているから立派です。ダートのパフォーマンスがいいけれど、今の感じで芝を試してみるのもいいかもしれませんね。ただ、やはりこの血統はテンションが鍵です。今日は装鞍からだいぶ気が入っていましたし、レース後の様子を見た上で決めていきたいと思います」(久保田師)前走は上位3頭には及ばなかったものの最後までじりじりとしぶとさを見せていましたし、力上位であることは感じさせてくれていました。鞍上が戻り、初戦、そして初勝利時との比較も楽しみにしていましたが、強い内容を見せてくれましたし、鞍上からは若いながらも良くなってきている現状から“言うことないよ”と評価の言葉ももらうことができました。徐々に成長を見せてくれているのは確かでしょう。気合いが入った雰囲気は良かったものの一歩間違えばテンションの高揚につながるこの血統なだけに今後も精神面が課題となるでしょうが、阻害しないようにしながらチャレンジしていき育てていきたいと考えています。


ここで勝っておけたのは大きいです。
次から芝を試せますから。是非とも芝でも走って欲しいですが・・・
どうなんでしょうか?
某情報だと京成杯を予定してるとか・・・公式発表を待ちたいと思います。

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。