出資馬 近況(11/6~11/7)

先週も3週前と同じくWin4でした・・・4レース目、イジゲンを外すとは下手くそだな。

仕事は相変わらずの忙しさで今週の京都遠征も危ういかも・・・。
忘れないうちに先週の更新をしなければ。

愛馬たち(2歳以上)の近況です。


◆◇◆ アマルフィターナ 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母ホワットケイティーディド(母父Nureyev)
2007年3月24日生 黒鹿毛 栗東:平田修厩舎 生産:ノーザンファーム


12/11/06 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「左前脚の球節部分は水冷などでしっかりとケアしており、今はだいぶ落ち着いています。これなら少しずつ動かしていけそうなので、明日から乗り出す予定でいます。乗ってみて問題ないようなら徐々に進めていきますが、引き続きしっかりとケアは行っていきます」(NFしがらき担当者)。


まだしばらくかかるかな・・・。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


12/11/06 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めの調整を行っています。「先週より乗る日も作っているのですが、やはりテンションが上がりやすそうな状態に見えるので、基本はトレッドミルでの調教にしています。今のところいちばん早い目標を次の中山に設定してもらっていますので、数週間のうちに帰厩となるでしょうから、メンタル面のリフレッシュに重きを置いた調整をしていって送り出せるようにしていきます」(天栄担当者)


順調だ。今年中にもういっちょ頑張って欲しいです。

◆◇◆ グレイスヒーロー 近況 ◆◇◆
牡馬 父ダイワメジャー 母グレイスルーマー(母父トニービン)
2010年1月25日生 栗毛 美浦:栗田徹厩舎 生産:ノーザンファーム


12/11/06 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「まだ帰ってきて少ししか経っていないのもありますし、体の回復に専念した調整を行っています。まだ乗り出しはしておらず、トレッドミルでじっくり動かす内容に終始していますが、肉体面で気になる点が出てきているわけではないので、その点では大丈夫なはずです。寂しく見える体をまずふっくらさせてから乗り出し、徐々に負荷をかけていければと考えていますよ」(天栄担当者)


体戻らないし、なかなか進められん・・・我慢の時かも。

◆◇◆ ペドレリーア 近況 ◆◇◆
牝馬 父ネオユニヴァース 母ジェリクル(母父メジロライアン)
2010年3月7日生 鹿毛 美浦:栗田博憲厩舎 生産:白老ファーム


12/11/06 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「様子を見ながらじわじわと動かしていますが、脚元の状態、歩様を見てもいい意味で変わりはありません。そのことからダクだけでなくハッキングキャンターも行うところまで進めていますよ。まだ一気に進めることはしませんが、段階を踏みつつ徐々に乗り進めていければと思っているところです」(天栄担当者)


年内は厳しいかな・・・。

◆◇◆ ハリウッドミューズ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダンスインザダーク 母ハリウッドレビュー(母父ノーザンテースト)
2010年3月1日生 栗毛 美浦:菊川正達厩舎 生産:ノーザンファーム


12/11/07 菊川厩舎
7日は美浦南Wコースで追い切りました(42秒0-13秒2)。「ゲート合格後にリフレッシュを促すための放牧を挟ませていただきましたが、調整もスムーズに進んでいましたので先週末のタイミングで帰厩させていただくことにしました。初入厩の時は環境の変化もあってか繊細な一面を見せたり、我の強さを見せることの方が目立っていたのですが、いいリフレッシュができたようです。帰ってきてからの印象は良く、落ち着いているように感じます。課題と捉えていたメンタル面を見るとこの短期間でも成長を感じさせてくれますからいい傾向にあると思いますよ。今週から徐々に動かし出したのですが、今朝は最初ということで本当に終い重点でサラッと動かしました。まだまだこれからという状況なのですが、動かした印象もそれほど悪いものではないですし、順調に進めていけそうですよ」(菊川師)


ここまでなかなか順調に来てます。
年内にデビューできるかな?


◆◇◆ ピュクシス 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母フサイチパンドラ(母父サンデーサイレンス)
2010年2月12日生 青毛 栗東:石坂正厩舎 生産:ノーザンファーム


12/11/07 石坂厩舎
7日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒6-26秒1-13秒4)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。先週よりもさらに一段階内容を強めた追い切りでしたが、しっかりと走れていました。ラスト1ハロンで相手に伸び負けした感はありましたが、このあたりのパワーというのは、これから使いながらついてくるところでしょう。速いところを消化してもイライラした面を見せませんし、カイバも少しずつは食べてくれています。これなら来週の競馬に問題なく出走させることができるでしょう。ゆったりと走るタイプなので、距離は少しあった方が良さそうですから、1800m戦を使うことにします」(石坂師)18日の京都競馬(2歳新馬・芝1800m)に和田騎手で出走を予定しています。


和田騎手ですか~ヴァリディオルの時のリベンジを是非!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。