良いお年を

  • Day:2015.12.31 12:05
  • Cat:日記
2015年も今日で終わりです。

忙しくしていましたからあっという間でした。

今年は8月にスマホに変えたのもあってブログ更新減りました・・・。

愛馬たちのほうは3歳馬が全馬勝ち上がって嬉しい年となりました。
明け3歳馬たちも頑張って欲しいです。

来年もマイペースでやっていこうと思います。

スポンサーサイト

有馬記念 予想



馬券的にはほぼ上位3頭で。
あとはアルバートとマリアライトを絡めて。

グランプリでルージュバックの真の力を見せて欲しいです!!!
メートルダールの主戦・戸崎騎手も応援しています。

1歳馬近況(12/24)

さぁ、今年最後の1歳馬更新。
今年出資の決まった3頭ともここまでは本当に順調に来ました。
このまま無事に進めていってもらえたら嬉しいです。

馬名応募まだなので考えなくては・・・。

◆◇◆ マイティースルーの14 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母マイティースルー(母父クロフネ)
2014年2月3日生 芦毛 美浦:田村康仁厩舎 生産:ノーザンファーム


mighty_slew14_151224.jpg

15/12/24 NF空港 馬体重:500kg(-1kg)
現在は400m周回ダートコースで軽めのキャンター4周の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン20秒のキャンターで2本登坂しています。ひと息入れた効果で体は数字以上にボリュームアップしてきました。リフレッシュ前にはハロン18秒ペースのキャンターを取り入れることができたことからも、タフに成長していることが窺えます。今後も状態に合わせた負荷をかけていければと思います。


相変わらずの逞しい馬体。惚れ惚れします。
しっかりと動かしていても馬体重を維持できているのも良いですね



◆◇◆ カラベルラティーナの14 ◆◇◆
牡馬 父スマートファルコン 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2014年4月17日生 栗毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


caravela_latina14_151224.jpg

15/12/24 NF空港 馬体重:479kg(+11kg)
現在は角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン17~18秒のキャンターで1本登坂しています。継続的に負荷をかけているように順調に進めることができています。調教を重ねてきたことで着実に力を付けており、徐々に走りにも良さが出てきているのが感じられます。まだ幼さがあって集中力を切らして暴れることもありますが、精神的に少しずつ成長が窺える点には好印象を受けます。


このプラス体重は嬉しい。良い感じ。
馬体も良いし動画の動きも◎だしここまでは完璧です。
ここからどんな馬に成長していってくれるのか、楽しみです。



◆◇◆ アマルフィターナの14 ◆◇◆
牡馬 父ルーラーシップ 母アマルフィターナ(母父シンボリクリスエス)
2014年3月25日生 鹿毛 栗東:橋田満厩舎 生産:ノーザンファーム


amalfitana14_151224.jpg

15/12/24 NF空港 馬体重:473kg(+10kg)
現在は角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン18秒のキャンターで1本登坂しています。坂路調教を継続する中にあってもカイバを食べる量は増えており、馬体重も増加傾向にあります。調教ペースを速めた後も落ち着いた様子を見せており、精神的に少しずつ成長してくれていることが感じられます。いい過程の中で進めることができていますし、今後もこの形を維持していければと考えています。


この仔もここまで文句なし。
馬体を見ているとずいぶんとバランス良くなってきた感じがしています。
来年楽しみにしていますぞ。

出資馬近況(12/15~24)

メリークリスマス!
今年の冬は暖かいですね。

更新が遅れがちですが・・・多忙です・・・

今年も出勤日はあと2日。年末年始出勤しなくても良いように頑張らなくては。

さて、2週分の出資馬たちの更新です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/23 久保田厩舎
23日は美浦南Wコースで追い切りました(53秒5-39秒6-13秒4)。「先週帰厩させていただいて、少しずつ進め出しています。馬の雰囲気はまずまずですし、徐々にピッチを上げるために今朝から追い切りをスタートさせていますよ。ウッドチップコースでの追い切りでしたから、得意でない分、派手な動きはしていなかったですけれど、ホワイトなりにしっかりとした脚取り、リズムで駆けることができていましたし、感じは悪くないと思いますね。1本目ですからこれから本数を重ねていって中身を整えていければと思っていますが、前回よりは悪くないかなと思うのでこのまま行けるはずです。順調に行けば2週目の成田特別を本線に考えていますが、状況次第で前後させてレースへ向かっていくつもりです」(久保田師)2016年1月11日の中山競馬(成田特別・ダ2400m)に出走を予定しています。

15/12/17 久保田厩舎
17日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後じっくりと時間をかけて立て直しを図ってもらっていました。放牧当初はさすがに…と言う感じだったようですが、ようやく走りのバランスも良くなり、復調気配を感じられるようになってきたようです。それならば年明けの中山開催を目指したいと思い、このタイミングで入れさせていただきました。明日より動かしていって、こちらでも改めて状態を確認していきたいと思います」(久保田師)

15/12/15 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「この中間も良い意味で変わりありません。じっくりと動かしてきて走りのバランスも段々と良いものになってきましたし、調子自体上がって来ているのでしょう。厩舎からそろそろ入厩を考えていきたいと言われていますし、しっかり体調を整えていきたいと思います」(天栄担当者)


3年連続の成田特別出走・・・(笑)
来年こそは勝ち上がりたいです。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/22 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「乗り出して少し経ちますが、ガクッと来ることはなさそうなので、じわりじわりと乗り進めていこうとしていますよ。まだ速いペースでの乗り込みをコンスタントに行ってはいませんが、今後の状態を見ながら少しずつ取り入れていきたいと思います。馬体重は512キロです」(天栄担当者)

15/12/15 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「放牧に出てきてこれまで背腰の傷みを取ることに専念してきましたが、ようやく上向いてきたような状況です。まだ万全とは言い切れませんけれど、軽めから乗っていく分には問題ないだろうと思えることから、この中間より乗りを取り入れているところですよ」(天栄担当者)


ゆったり調整ですね。2~3月から始動といった感じでしょうか。
来年こそは2勝目を期待しています。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
騙馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/12/22 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間も周回コースでの軽いキャンターを中心にじっくりと動かしています。ペースは緩いものの距離は長めに乗るようにしていますし、楽な調教でいいリフレッシュにはなっていると思います。馬体もだいぶふっくらしていますし、馬房での仕草も落ち着いた雰囲気で気配は悪くありません。馬体重は491キロです」(NFしがらき担当者)

15/12/16 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「ここまでトレッドミルを中心に動かしてきていましたが、状態も上向いてきていたこともあり先週末から騎乗調教を開始しています。まだゆったりとした軽めのキャンターですが、乗り出してから今のところは疲れが出るようなこともなく、順調に進めることができていますよ。この調子でしっかりと乗り込みを重ねていきたいですね」(NFしがらき担当者)


立て直しには時間がかかりそうです。

◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/24 NF早来
ウォーキングマシン調整を行っています。「ウォーキングマシンでの運動を継続しても歩様、脚元の見た目はいい意味で変わりなく推移しています。これから一定の時間をかけざるを得ないのは間違いありませんが、寒さ厳しい時期にもなりますからより慎重に進めて行きたいですね。馬体重は560キロです」(早来担当者)

15/12/17 NF早来
ウォーキングマシン調整を行っています。「軽めの運動に変わりはないのですが、曳き運動を行っていて歩様や脚元の見た目に不安が出ることはありませんでしたので、この中間からウォーキングマシンでの運動を開始しています。この調子で動かしつつ、トレッドミルへの移行できるタイミングを探っていきます」(早来担当者)


丸一年は無理でしょう・・・2017年が勝負の年です。
どうか無事で。馬体重がかなり心配です。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/22 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「良くも悪くも変わらないというのが正直な感想ですが、ガクッと来ないように気を付けながら乗り込んでいきたい馬なので、変わりなく来ているというのは良いことだと思います。あくまでも今後の順調さによりますが、うまくいけば2月か3月くらいの春先の競馬を考えていければという思いはありますし、何とか順調に進めて行きたいですね。馬体重は473キロです」(天栄担当者)

15/12/15 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「じわじわとですが乗り込みを進めてきている状況です。登坂時は基本15-15くらいで動かしていますけれど、様子を見ながら14-14も取り入れていこうとしているように、少しずつでも前進をさせていきたいと思っているんです。しっかりとしてくるにはどうしても時間が必要ですが、何とか前走よりも頑張れるように基礎をよりしっかりとしたものにしていければ理想的ですね」(天栄担当者)


まだ上を目指せる馬です。じっくりと立て直してください。
2016年は飛躍の年となって欲しいです。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/22 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も15-15から終いを14~13秒くらいまで伸ばして調整を行っています。引き続き、近々の移動を視野に入れて乗り込みを行っていますが、動きは力強くて見た目にも状態が上がってきているのがわかりますね。体調も良さそうですし、この調子で進めていきたいと思います。馬体重は492キロです」(NFしがらき担当者)

15/12/16 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「年内最後か年明けすぐぐらいには帰厩ということになりそうですし、この中間は15-15から終い13秒ぐらいまで伸ばす調教も週に1回は取り入れてピッチを上げています。馬体もパンとしてきましたし、いい形で成長してくれていると思いますよ」(NFしがらき担当者)


出来は良いのに返してもらえませんね・・・。
厩舎都合とは思いますが、残念です。
調子良いときに使ってもらえないのは馬もストレスたまります。
どうか、状態の良いときに使ってもらえますように。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/22 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週水曜日にこちらへ到着しています。ウォーキングマシンで軽く動かしつつ馬体に異常がないことを確認し、週末から周回コースでのキャンター調教を開始しています。蹄の痛みがぶり返したりしないように慎重に見ていきますが、問題ないようなら少しずつペースアップしていきます」(NFしがらき担当者)

15/12/16 NFしがらき
16日にNFしがらきへ移動しました。

15/12/14 NF天栄
14日にNF天栄へ向けて移動しました。タイミングを見てNFしがらきへ移動する予定です。「坂路入り後も順調に乗り込みを行えていました。また蹄の痛みも問題ありませんでしたので、当初の予定通り、年内に移動させて本州で乗り込んでいこうという話になりました。まだ負荷をかけていく必要はありますが、いい走りができるようにまた頑張ってもらいたいですね」(空港担当者)


まだまだ辛抱です。

◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/12/22 NF天栄
トレッドミル調整と周回コースでキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整も取り入れています。「この中間より乗り出していて今朝は坂路を無理なくのぼってきたところです。悪くはないのでしょうけれど、走っている格好は決していいものではなく、もっと力をつけていってほしいなと思える状況ではあります。良化途上中の馬でもありますし、少しずつでもいいので何とか変えていければいいですね。馬体重は488キロです」(天栄担当者)

15/12/15 NF天栄
軽めの調整を行っています。「残念ながら先週末に一度帰って来ることになりました。脚元等の不安というよりは体調面への配慮ということでしたので、まずはケアを行うように接しています。今はまだ乗らずにゆったりと体を動かしている状況ですし、このあとのコンディションを見ながら乗り出しのタイミングを決めていこうと思っています」(天栄担当者)


立て直し大変そうですが勝ち上がりのめども立ちそうなので
頑張ってもらいたいです。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/24 戸田厩舎
23日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒2-52秒5-38秒6-13秒0)。「先週の金曜日から時計を出し始めていますが、目標の京成杯はまだ先ですから少しずつですね。今朝の追い切りでは前を行く古馬を見ながら進め、追走から外を回して終いを伸ばすような形でした。結構タフな形でしたけれど、しっかりと反応していますし、いいと思いますよ。また、今回の調整のテーマは1頭になったときもしっかり前へ向かって集中して走れるようにしていくことで、パートナーを交わしてからも気持ちを切らさないように動かしていますよ。これからという状況ですが、今後重賞で戦っていけるようにしっかりと教えて良くしていきたいと思っています」(戸田師)2016年1月17日の中山競馬(京成杯・芝2000m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

15/12/17 戸田厩舎
16日、17日は軽めの調整を行いました。「この中間も特段変わりはありませんよ。年明けの京成杯を考えていくことにしたわけですが、いったん放牧に出すと中途半端になってしまいますし、年末の検疫も取りにくくなりますからね。それでそのまま置かせてもらっていますが、メンタル面の成長も促していけるようにじっくりやっているところです。まだ強い調教は行っておらず角馬場での乗り込みと坂路を使ったキャンター調整がメインですが、様子を見つつ徐々に馬場にも入れていくつもりでいますよ」(戸田師)2016年1月17日の中山競馬(京成杯・芝2000m)に出走を予定しています。


戸崎騎手も確保できましたし何とか賞金加算が出来たらいいのですが。
今後を占う意味でも大事な一戦になりそうです。期待しています!!


◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/24 上原厩舎
26日の中山競馬(2歳新馬・芝2000m)に柴山騎手で出走いたします。

15/12/23 上原厩舎
23日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒7-40秒1-12秒9)。「今日の調教に乗せていただきました。話には聞いていましたけれど、現状は緩さが目立つ馬ですね。動かしていて良さも感じるのですが、肝心なトップスピードを求めるときのギアチェンジでちょっとモタモタしてしまいます。勢いがついてくるといい感じになりますが、体がうまくついてくるかどうかがポイントになってくるような気がします。距離は長めでいいと思いますから、じっくり進めて良さを出せればと思っています。よろしくお願いします」(柴山騎手)「先週1週前である程度しっかりとやっておきましたから、当該週は競馬の前に一度ジョッキーに跨ってもらって感じを掴んでもらうようにしました。都合をつけてもらって1回目のハロー明けのタイミングで柴山ジョッキーに跨ってもらい2頭併せで、やりすぎないように半マイル重点で動かしたんです。パートナーを前に見ながら進んで直線で内から伸ばすようにしてもらいましたが、ちょっとだけモコモコしてしまったようです。緩さがある現状なのでスッと器用にはあげていけないのですが、勢いがつくとジワッといい感じで走れます。体は500キロを切り、格好も悪くはないように見せますし、体調のほうも問題ないと思うんです。先週の追い切り後にぶつけたか疲れたのか一過性のソエっぽい症状を見せたのですが、このあと同様にそういったところを見せないか、もしあったとしてもしっかりとケアをして少しでもいい状態でレースへ臨めるようにしていくつもりです」(上原師)26日の中山競馬(2歳新馬・芝2000m)に柴山騎手で出走を予定しています。

15/12/16 上原厩舎
16日は美浦南Wコースで追い切りました(67秒7-53秒8-39秒9-13秒3)。「先週の感じからこの馬を動かすためにはタイプ的に柔らかい人より、あたりが強めのほうがいいかなと思いましたので、柴山ジョッキーにお願いすることにしました。それでどこかのタイミングで跨ってもらおうと思っているのですが、今日は1週前追い切りである程度しっかりと動かしたいと考えていたので、思惑とずれることも考えてスタッフ騎乗で追い切りを行ったんです。直線併せるようにしたのですが、スッと手前を替えてスピードに乗せていきたいところでややモタモタとしてしまいましたね。それでも時計自体は悪くないものを出せていましたし、しっかりと動かすことはできたと思いますよ。上がりの雰囲気はまずまずですし、この調子で来週に向けて引き続きしっかりと調整を進めていきます」(上原師)26日の中山競馬(2歳新馬・芝2000m)に柴山騎手で出走を予定しています。


いよいよデビューです。楽しみ。
初戦からというタイプではなさそうですが掲示板目指して頑張って欲しいです!


◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/23 藤岡厩舎
23日はゲート練習中心の調教を行いました。「NFしがらきでじっくりと乗り込んできてだいぶ体力もついてきたとのことでしたので、先週入厩させています。さっそくゲート練習から開始していますが、まだ環境に慣れていないせいかちょっとテンションは高めですね。そのせいでカイバ食いもまだ安定していませんから、まずは周囲の状況に慣らしつつゲート試験合格を目指します。走り自体はなかなかスピードがありますし、行きっぷりもいいですよ」(藤岡師)

15/12/17 藤岡厩舎
17日に栗東トレセン・藤岡健一厩舎へ入厩しました。

15/12/16 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、坂路では15-15に近いところを交えて乗り込みを続けています。こちらへ移動してきてからしばらく経ちますが、調教を重ねて疲れが出るようなこともありませんし、動きも力強くなってきていますよ。早ければ今週中の移動と聞いているので、いい状態で送り出すことができるようにしっかりと進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


なかなか楽しみの持てそうな仔です。
まずはゲート試験。無事にデビューまで行ってくださいね。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/22 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「お伝えしたように先週は普通キャンター程度の調整に留めて、この中間から再度15-15を取り入れて調教を行っています。体力も徐々についてきており、それに伴って動きも良くなってきていますね。熱が出てしまうアクシデントはありましたが、その後はスムーズに進められていますよ。馬体重は460キロです」(NFしがらき担当者)

15/12/16 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末に少し熱が高くなってしまい、1日だけ運動程度で様子を見たのですが、幸いその日だけで治まってすぐに乗り出すことができています。今週一杯は15-15は控えてじっくりと動かして、またペースを上げていくつもりです。体温が安定しないあたりもまだ成長途上なのかなという印象ですが、ほぼ休まずに乗れていますし、徐々に体力はついてきています」(NFしがらき担当者)


まだ少しかかるかなぁ・・・。
晩成血統ではあるけどもうちょっと早くデビューできると思ってました。
無理のないように。無事にデビューを。

1歳馬近況(11/30)

先週末は滋賀まで旅行へ出かけました。
天気が良かったのと暖かかったので良かった。
普段出かけないのでちょっと運転しただけで疲れちゃいました。

遅くなっちゃいましたが、出資1歳馬たちの11月末の近況です。

◆◇◆ マイティースルーの14 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母マイティースルー(母父クロフネ)
2014年2月3日生 芦毛 美浦:田村康仁厩舎 生産:ノーザンファーム


mighty_slew14_151130.jpg

15/11/30 NF空港 馬体重:501kg(+11kg)
現在は400m周回ダートコースで軽めのキャンター4周の調整を中心に、週2回900m屋内坂路コースをハロン20~22秒のキャンターで2本登坂しています。気性はまさにダイワメジャー産駒そのものといった印象で気持ちにピリッとしたところがありますので、注意しながら運動メニューを上げています。体を見ると逞しさがあり、走りのバランスに文句の付けどころはないので、今後もじっくり負荷をかけて育てていければと考えています。


まだこの時期とはいえ、褒められて素直に嬉しいです。
田村厩舎はダイワメジャー産駒でGⅠも勝ちましたし、この仔も続いて欲しいです。



◆◇◆ カラベルラティーナの14 ◆◇◆
牡馬 父スマートファルコン 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2014年4月17日生 栗毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


caravela_latina14_151130.jpg

15/11/30 NF空港 馬体重:468kg(±0kg)
現在は週3日900m屋内坂路コースをハロン20秒のキャンター2本駆け上がっており、残りの日は軽めの調整メニューをこなしています。この中間から調教量を増やしていますが、変わらず落ち着いて調教を行うことができています。ここまでは問題なく進めることができていますし、体力面、精神面ともに少しずつ成長を感じさせますので、ある程度まで進めてから一息入れることも検討しています。


今月も馬体重変わらず。安定してるのか成長が遅いのか・・・。
一息入れるとのコメントもありますので成長がゆっくりなのかもしれませんね。
見た目にも良い馬なので気長に見守ってきたいですね。



◆◇◆ アマルフィターナの14 ◆◇◆
牡馬 父ルーラーシップ 母アマルフィターナ(母父シンボリクリスエス)
2014年3月25日生 鹿毛 栗東:橋田満厩舎 生産:ノーザンファーム


amalfitana14_151130.jpg

15/11/30 NF空港 馬体重:463kg(+1kg)
現在は角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン20秒のキャンターで1本登坂しています。ここまで進めるにあたって精神面は非常に落ち着いていますので、問題なく坂路調教をこなすことができています。調教量が増えても馬体重の減少は見られず良い傾向が続いていますし、この状態を維持しながら乗り込んでいければと思います。


安定してますね。良い馬です。
このまま良い感じで成長していって欲しいです。
そろそろ馬名考えないとな・・・良い名前考えます!

出資馬近況(11/7~12/12) その3

1ヶ月分まとめての更新3回目です。(笑)

最後は2歳馬たち。

11/7~12/12 の出資馬たちの近況(その3)です。

◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/12/12 NF天栄
12日にNF天栄へ放牧に出ました。「水曜日には坂路を軽くのぼっていましたし、前走後から大きくコンディションが後退しているということはありませんでした。しかし、正直なところを言うとカイバの食べっぷりを見ていると、それなりに食べる時もあればゴソッと残してしまうこともあるんです。波がある状態で、昨日は特にあまり良くないように見せました。前走後、疲れはあるけれど良くなるのではないかという、欲目で見ればそう思える状態と捉えていたので来週の競馬へ向かっていく気持ちで調整を進めていましたが、現状から無理をしない方がいいのではないかと思い直しました。まだこれからである2歳の牝馬が万全ではない今の状態で来週の中京を目指すのはちょっと酷であり、おそらくダメージだけを蓄積させてしまうように思えました。来週の中京は1600mの牝馬限定戦もありますし、翌日には1600mの一般戦もあるという週なので、番組上つい来週を考えてしまうのですが、それはまわりも同じで関西からもそれなりの馬が来ることは考えられますし、ここを無理をして押すのではなく、ようやくつかみかけた前走のきっかけをつぶさないようにするためにも、一度回復を図らせてください。乗っていたくらいなのでおそらく天栄での調整もそこまで難しくはないとは思いますが、今後については状態次第になります。予定を組んで楽しみにされていた方もいたかと思いますので大変申し訳ないのですが、ここをグッと堪えたことが良かったと後々言えるようにまた帰ってきましたらしっかりとやっていきたいと思っています」(大竹師)

15/12/9 大竹厩舎
9日は美浦坂路で追い切りました(55秒6-41秒4-27秒9-14秒2)。「カイバ食いや硬さに関して注意深く見ていたのですが、幸いにも後退するようなことはなかったので、少しずつ乗り運動を進めているところですよ。今朝の様子も問題なかったことから坂路に入れて時計を出していますが、トレセンの坂路で時計を出すのは初めてだったこともあり、テンに少し戸惑った様子でした。それでも徐々に落ち着きを取り戻してくれて、他厩舎が追い切っている後ろにつけてあえてチップを被せる格好にしてみました。最初は頭を左右に振る仕草をしていましたが、それでも我慢は利いていて、馬なりながらいい調教をこなすことができたと思います。今週末、来週の状態次第にはなるので断言はできませんが、左回りの東京で悪くない走りができましたから、できれば同じ左回りの中京開催には使いたいところです」(大竹師)19日の中京競馬(2歳未勝利・牝馬限定・芝1600m)か20日の中京競馬(2歳未勝利・芝1600m)に出走を予定しています。

15/12/2 大竹厩舎
2日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は見どころのあるものだったので今後につなげていきたいですね。問題なければこのまま中京へ向かい、まず初勝利を目指していきたいと思っているのですが、思った以上に疲れが見られます。一生懸命に走ったということなのでしょうね。全身の筋肉が硬くなっていて、カイバ食いもちょっと悪くなっています。時間の経過とともに快方へ向かってくれるとは思うのですが、現段階では続戦できるかは微妙なところですね。明日、明後日あたりから乗ってみようと思っていますから、その感じ次第でこのまま進められるか、ちょっと厳しいかなと思えれば来年に備えて放牧に出すことも考えていきます」(大竹師)

gooseberry_151129.jpg
15/11/29 大竹厩舎
29日の東京競馬ではまずまずのスタートから先手を取る。良いリズムでそのまま粘り込みを図ったが後続に交わされ5着。「いい形で運ぶことができていたのですが、最後はさすがに粘り切ることができませんでした。あと一歩だっただけに悔しいです。ただ、今日の相手が揃った中で頑張れていましたし、左回りの走りもスムーズでしたね。まだゲート内では突進したり、動いたりと少し怪しい部分はあるので、今日くらいの距離で競馬に慣らしていければと思います」(丸山騎手)「今回は狙ったことがいい方に出てくれたので少しホッとしています。ゲートは時々波があるのかもしれませんが、上手く出てくれましたし、良い形に持ち込めましたね。口向きについては、今回は大丈夫でしたから良い経験にもなりましたね。本当はここ使わずに中京を目指しても良いかなと考えましたが、トレセンで長い時間をかけて追い込みすぎるよりは良いかなとも思って今週の出走を決めました。ここを使ってさらに上向いてくれたらと思っています。今後については左回りの中京が一番近いところでの目標になるかなと考えていますが、年末の開催か年始の開催かはよく馬を見て判断していきます」(大竹師)前走はリズムが悪くなりまともに走ることができませんでしたから、条件を改めて臨んでみました。まだ課題はありますが、前回で見せた課題に対してはまずまず対応していたように思えます。もちろん鞍上が考えながら上手に接してくれた部分も大きいでしょうが、このまま良化を図っていければ理想的と思っています。今後につきましては最短の目標として中京開催を考えながら、最終的には馬の様子次第でどうしていくか検討していく予定です。

15/11/26 大竹厩舎
25日は軽めの調整を行いました。26日は美浦南Pコースで追い切りました(53秒0-39秒0-13秒5)。「先週ポリトラックコースで追い切りを行いましたが、今週も再びポリトラックコースで追い切りました。左回りでの感触を改めて確認したのですが、乗り手の感想は先週よりも動けるようにはなっているのかなと、そして手前を替えても走りのバランスはまずまずだったということです。ゴール板をすぎて向こう正面へ流す時に多少アンバランスなところはあったようなので完璧とは言えないかもしれませんが、稽古の感じではそこまで不安を見せていないように思えます。そして息の入り方から心肺機能のほうも整ってきているのかなと感じますし、今週の競馬へ行こうと思います。できれば前々で競馬をしたいなと思っていてスタートの確認もしているのですが、ダッシュにはバラつきがあるんですよね。中が悪いというわけではないのですが、出が速い時とそうでない時とあります。基本的には遅めではあるので、そう考えるとペース的に距離のある方がその形に持ち込みやすいのかなと思って、2000mの条件を選択することにしました」(大竹師)29日の東京競馬(2歳未勝利・芝2000m)に丸山騎手で出走いたします。

15/11/19 大竹厩舎
18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦南Pコースで追い切りました(83秒3-66秒8-52秒3-38秒5-12秒7)。「天栄に移してじっくりと乗り込んでもらっていました。そのうえで先週末に入れたのですが、体調面の問題は感じられません。北海道の時の印象から次のレースは左回りに拘ってみたいと思っていて東京か中京をメインに考えていて、中間の様子から競馬を決めようと思っていたんです。最短で来週を視野に入れていたので、今日は左回りが大丈夫なのかということも確認するためにポリトラックコースで追い切ってみました。ポリトラックコースをよく使われている勢司厩舎の馬と一緒に馬場入りし、時計を出すところは自分のペースで動かしたのですが、コーナリングは悪くなかったのかなと思います。上がりの様子もまずまずのようなので、来週の動きと状態を見て判断していくつもりです」(大竹師)

15/11/14 大竹厩舎
14日に美浦トレセンへ帰厩しました。

15/11/10 NF天栄
周回コースと坂路でキャンター調整を行い、日によってはハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。「調教中に左に張ることは相変わらずあるのですが、それでもこちらへ移動してきた当初と比べるとだいぶ常識にかかってきた印象です。もちろん競馬に行くと頭数やペースの兼ね合いもあり、そう簡単ではないでしょうが、適度に経験を積ませつつ、なおかつ辛抱強く接して変えていくことが一番でしょう。状態や検疫の都合がつけばそう遠からず帰厩させて東京や中京開催を視野に入れていくとのことですし、それに対応できるように体調管理もしっかりと行っておきます」(天栄担当者)


復帰戦はなかなかの内容でした。
先行出来たのは収穫です。
続戦かと思っていたら、いきなりの放牧。大竹厩舎は慎重ですね。
ルージュバックの予定を見ても分かりますが慎重すぎるくらい慎重です。
しっかり状態を見極めて使ってくれそうなので信頼していますよ。
また次のレースを楽しみにしています。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/9 戸田厩舎
9日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、改めまして会員の皆様おめでとうございます。いい状態だったので楽しみをもって送り出せましたが、正直ハラハラするシーンが何度かありました。パトロールビデオを何度見直しても、スタート後、道中、勝負どころとスムーズではなかったですからね。直線ではいい伸びを見せてくれましたが、抜け出してからは遊んで走っていて、馬に寄って行くように幼い面も見せてしまいましたから、今後の経験、成長という点も重要になってくるでしょう。何はともあれ、年内にキッチリと2勝目を挙げてくれたことは大きいですよ。レース後は厩舎で様子を見ていますが、疲れを見せるようなことはなく、元気な様子です。今後の状態次第にはなりますが、今のところはこのまま在厩で調整して、京成杯あたりを次の目標にして調整していくつもりです」(戸田師)2016年1月17日の中山競馬(京成杯・芝2000m)に出走を予定しています。

maitres_dart_151205_2.jpg maitres_dart_151205.jpg
15/12/5 戸田厩舎
5日の中山競馬では二の脚がつかず中団後方からの競馬。勝負どころで外に出すと一気に伸びて優勝。「ゲートの中はそんなに問題という問題ではなかったですが、出てからふわっとして行き脚がつかず後方からになりました。腹をくくってじっくり進めたのですが、まわりに馬がいる中でも落ち着いて走ることができていましたし、良いリズムで走れていましたよ。伸び伸びと走れるように外に持ち出して終いをしっかりと伸ばすようにしたのですが、いい反応を見せてくれました。ただ、抜け出してから物を見たのもあってか内にささってしまって…。その分だけ差を詰められて際どくなりましたが、まともならもう少し力差はあったのかなと思います。直線の流れは若さの分なのでしょうが、体もまだしっかりとしてないところがあってのものとも思えますので、心身ともにまだまだこれから良くなってくるはずですよ」(戸崎騎手)「ありがとうございました。正直負ける気がしなかったので3番人気というのを見て驚きましたし、結果で見返したいなと思っていました。まだ良化途上中ですが、それだけのコンディションでしたし、無事に勝つことができて良かったです。中山コースがどうかなという思いもありましたが、いい経験ができました。圭太も前回のことを頭に入れながらレースを運んでくれたみたいで続けて乗ってもらったことがプラスになりましたね。最後は子供っぽさを見せましたが、これからもよく見ながら育てていきたいです。今後については様子を確認しながらですね。おそらくダメージは少ないでしょうが、しっかりと走ったことは確かなのでよく見ていきます。あくまでも状態次第になるので確定ではないですが、年明けの中山あたりも考えながらやっていきたいと思っています」(戸田師)前走後はここに目標を定めて時間をかけてじっくりと調整してきましたが、まだ良くなる中でも良好な気配を見せていました。まともならいい勝負になるだろうという手応えを持って臨めました。そのなか、スタート後に後手に回ったことで一抹の不安はありましたけれど、それも杞憂に終わりました。直線の伸びは圧巻でしたし、見事にここの壁を突破し、オープン入りを果たしてくれました。今後がさらに楽しみになる内容でしたし、大事にいけたらと思います。このあとについてはまずよく観察していきながら目標を定めていきます。

15/12/3 戸田厩舎
5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に戸崎騎手で出走いたします。

15/12/2 戸田厩舎
2日は美浦南Wコースで追い切りました(70秒2-54秒9-40秒3-13秒1)。「今週が競馬の週ですから追い切りは今日行うことにしました。ここも適度な負荷をかけたいと思って先行する古馬を後ろから見ながら追走し、直線で並びかけるという内容でした。リズムが乱れることなく走っていて、直線で仕掛けられるとしっかりと前を捕えるという、良い走りを見せてくれていましたよ。今回時間をかけて調整をしてきましたし、コンディションは悪くないと思います。前走は力上位でしたからそこまで不安なく送り出せましたが、今回はクラスが上がりますから、どのくらいやれるかですね。楽しみはもちろんあります。前走に続いて圭太が乗るということもプラスになるでしょう。良い競馬を見せてほしいですね」(戸田師)5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

15/11/29 戸田厩舎
12月5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて18頭の登録があります。

15/11/26 戸田厩舎
25日は軽めの調整を行いました。26日は美浦南Pコースで追い切りました(68秒7-53秒9-39秒9-13秒5)。「引き続きじっくりと動かしてきていますが、感触は変わらず良好ですよ。追い切りは馬場コンディションを踏まえてポリトラックコースで終いをシャープに伸ばしていますが、良い動きを見せてくれています。不安らしき不安は今のところなく、ここまで順調と言えると思いますよ。走っている際のテンション面、折り合い面もまずまずですし、このまま乗り込みを重ねていい状態に持っていきたいですね。いちおう圭太で行けることになっていますので、しっかり調整してバトンを渡せればと思っています」(戸田師)12月5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に戸崎騎手で出走を予定しています。

15/11/19 戸田厩舎
18日は軽めの調整を行いました。19日は美浦南Pコースで追い切りました(70秒0-54秒2-39秒9-12秒3)。「引き続き順調に来ていますよ。葉牡丹賞をメインに考えていくことにしましたから今週は2週前追い切り。今から目一杯に時計を出す必要もないですし、角馬場での乗り込みをしっかりと行ったうえでその後コースに入って追い切っています。今日は昨日の雨の影響から馬場コンディションが良くなかったですから、その中で安定しているポリトラックコースで5ハロンから時計を出しましたが、動きは問題なくしっかりとしていて、これと言った不安はありません。引き続き心身ともにいい状態に持っていって競馬へ向かえるようにしていきたいですね」(戸田師)12月5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に出走を予定しています。

15/11/12 戸田厩舎
11日は軽めの調整を行いました。12日は美浦南Wコースで追い切りました(72秒9-56秒7-42秒6-14秒1)。「先週末に帰厩しました。今週あたりの移動を考えてもいましたが、検疫が混み合ってきて予定が遅れるということは避けたかったので、先週末の検疫を確保できたことから入れさせていただいたんです。前走後に抱いていたのは近いところでベゴニア賞か葉牡丹賞あたりが有力かなとは思っていました。あとは馬の調子と使ってきての変化を見てどちらにトライするか決めるつもりでした。それで今朝追い切ったのですが、相方の馬のほうに自分が乗って2頭併せです。メートルダールは後ろから最後に伸ばしてくる内容だったわけですが、変に慌てたり力んだりする様子はなく、良い意味でふわっと走れていました。これならば将来のために2000mくらいの距離を試してみるのもいいかなと思っていますので、今のところ葉牡丹賞をメインに考えていければと思っています」(戸田師)今のところ12月5日の中山競馬(葉牡丹賞・芝2000m)に出走を予定しています。

15/11/7 戸田厩舎
7日に美浦トレセンへ帰厩しました。


葉牡丹賞、やりました~!
出遅れは誤算でしたが、期待通り走りで本当に嬉しいです。
次は京成杯!試金石の一戦ですが頑張ってもらいたいです。
賞金加算してクラシックへの夢を見続けていたいものです。


◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/10 上原厩舎
9日は軽めの調整を行いました。10日は美浦南Wコースで追い切りました(71秒9-55秒2-40秒7-13秒2)。「大きな馬で緩さもあるのでじわりじわりと上げていくようなイメージで調整を進めています。本格的な追い切りというものは今週から始めていて、今朝は併せる形にしました。まずダートを半周してからウッドチップコースに入って速いところへ行くという流れで、同厩舎2頭と他厩舎1頭での併せ馬です。他厩舎の馬は後ろにくっ付いてくるような格好だったので実質2頭併せだったわけですが、パートナーよりも鞍上の手は動きましたけれど、段々とスピードに乗ってきて勢いがついてくるといい動き。ゴール板を過ぎて向こう正面まで流す時も余力たっぷりでいい感じでしたね。エンジンをかけるにはしっかりと動かしていける人がいいかなという感じもありますし、距離もある方が良さそうですよね。あくまでも今後の仕上がり具合によりますが、今年最後の週に組まれている2000mを直近の目標として進めていければと思っています」(上原師)26日の中山競馬(2歳新馬・芝2000m)に出走を予定しています。

15/12/2 上原厩舎
2日に美浦トレセンへ帰厩しました。「体つきはまだいくらか立派かなという感じですが、じっくり乗り込んで来ていい感触は持っていますよ。それも踏まえて上原調教師からは今週入れたいということで話をもらえ、今日の検疫で無事送り出しています。素質はありそうですが、本当に良くなってくるのは先々かもしれませんし、いい成長を遂げてくれることを楽しみにしています。馬体重は503キロです」(天栄担当者)「ゲート試験合格後は天栄で乗り込んでもらっていましたが、いくらかいいかなという状態になってきたようで、競馬も考えていけそうということでした。それなので色々と調整をして今週のタイミングで入れさせていただくことにしました。緩さは相変わらずある馬ですから、少しずつじっくりと乗り込みながら仕上げて初戦の目標を決めていきたいと思います。よろしくお願いいたします」(上原師)

15/11/25 NF天栄
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「変わりなくここまで来ることができていますね。現状は少しゆとりのある条件からの始動がベターなのではないかと思うところもあり、上原調教師ともそういう話にはなっています。番組を見ると複数あるようですし、あくまでも今後については馬の状態が上向いてきた時に話を進めていければと思っています」(天栄担当者)

15/11/18 NF天栄
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「じわりじわりと動かしてきていますが、順調ですね。まだ緩さがあるなど良化途上の馬ですが、随所に良さを感じせてくれます。大事に行けばサムソン産駒の走るタイプの馬になってくれるのではないかなという期待もかけているんです。もちろんそれは今後の成長次第でしょうし、体調を見ながらしっかりと鍛えていきたいですね」(天栄担当者)

chief_conductor_151110.jpg
15/11/10 NF天栄
トレッドミルか周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「良い意味で変わりありませんよ。今朝は坂路に入って14-14をベースにしてじっくり動かしましたが、動きはまずまず。トモを中心に全体的な緩さは見て取れる馬ですけれど、焦らず成長を促しながらやっていければ楽しみになる馬だと思うんです。体力的には現状でもまずまずのものがありますが、さらにしっかりと体力をつけていき、より良いパフォーマンスを発揮できるように持っていきたいと思っています」(天栄担当者)


年末にデビューできそうです。
どんな走りを見せてくれるか楽しみです。


◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も坂路では15-15近いところを交えながら調教を行っています。調教のメニューは変わりありませんが、力強くてしっかりと動くことができていますよ。疲れも見られず体調の問題もありません。そろそろ移動に向けての話が出てくる頃だと思うので、いい状態で送り出せるよう進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)

15/12/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、坂路では15-15に近いところを乗ったり、日によっては周回コースだけをゆったりと走らせるなどメリハリをつけた調整を行っています。負荷を強めても特に堪えた様子はなく、しっかりと動くことができていますよ。まだ具体的な移動の日程は決まっていませんが、おそらくそんなに遠くない話だと思うのでこの調子でさらに良化を促していきたいですね」(NFしがらき担当者)

15/11/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「坂路で乗り出してからも特に気になるところはなく順調です。坂路では週に1回程度は15-15近いところを乗っていますが、攻めすぎてはいけませんから、周回コースだけでゆったり走らせる日も作って徐々に負荷を強めているところです。今後も厩舎サイドと相談をしながら進めていきます。馬体重は426キロです」(NFしがらき担当者)

15/11/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週後半からは坂路でのキャンターも開始しました。北海道でもしっかり乗り込んでいましたし、今朝は坂路で併せて終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしました。この感じで15-15をコンスタントに取り入れていければ、そう遠くなく移動の話もしていけそうですよ」(NFしがらき担当者)

15/11/10 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「輸送後の状態を確認し、問題ありませんでしたので、先週後半からは周回コースでの騎乗調教を開始しました。まだ軽いキャンター程度ですが、環境にも慣れて落ち着いて調教に取り組めていますし、このまま移動に向けてしっかりと体力をつけていきます」(NFしがらき担当者)


しっかり乗り込まれて良い感じに思えます。
デビューが今から楽しみです。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も変わりなく順調です。15-15程度は週に1回とまだ本数はこなしていませんが、継続することで体力もついてくるでしょうし、しっかりと動かしながら厩舎サイドとも移動時期の話をしていきたいですね」(NFしがらき担当者)

15/12/1 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「騎乗調教を開始してからは順調に調整できています。非常に軽い脚捌きで、なかなかいいものは持っていると思わせるのですが、やはりまだ体力的に物足りないところはあります。終い15秒ぐらいのところは継続して取り入れますが、メリハリをつけて周回コースの軽いキャンターのみに留める日も作るなど無理のないように進めているところです」(NFしがらき担当者)

15/11/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています「少しの間、楽をさせたことで体調はだいぶ上向いてきていますし、この中間からは騎乗調教を再開しており、坂路では終い15秒くらいのところを取り入れています。動きなどを見てもまだ良化の余地はありそうですし、先週いったん緩めた後ということもありますからまずは慎重に様子を見て調教配分を考えていきたいですね。馬体重は454キロです」(NFしがらき担当者)

15/11/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらへ移動してきてからは特に大きな問題もなく乗り込みを続けてきていたのですが、この中間にちょっと疲れが出てしまったようなので今は騎乗調教を控えて、軽く動かして様子を見ているところです。トモも少しムクんでいるようですし、ここは無理をさせずに体調回復を最優先に進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

15/11/10 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「スクミなども見せず環境にも慣れて落ち着いてきましたので、先週後半からは坂路での普通キャンターも開始しています。あまりバリバリと速い調教を重ねるというよりは、じっくりと乗り込みながらデビューに向けた体力をつけていきたいですね」(NFしがらき担当者)


まだじっくり調整ですが移動も視野に入ってきそうです。
1~2月にはデビューできるでしょうか。小倉デビューのイメージ(笑)

出資馬近況(11/7~12/10) その2

11/7~12/10 の出資馬たちの近況(その2)です。

◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/10 NF早来
軽めの調整を行っています。「曳き運動を継続していますが、脚元、体調面は先週と変わらずに推移していると思います。今後しばらくは軽めの運動に留めることになりますが、その中で定期的に検査を行いつつ状況を確認していくことになるでしょう。馬体重は560キロです」(早来担当者)

15/12/3 NF早来
軽めの調整を行っています。「この中間も脚元を中心にしっかりとチェックして来ましたが、運動を開始するには問題ない状態であったことから、曳き運動を開始しています。ここまでの経過からもう少し舎飼で様子を見てはと思われる会員の方もいらっしゃるかもしれませんが、運動を行わないとなるとそれはそれで疝痛などのリスクも出てきてしまいますから最低限の運動を取り入れられるのに越したことはありません。今しばらくは曳き運動や進めてもウォーキングマシンでの調整がメインにはなるでしょうが、引き続き状態の変化には注意を払いながら進めて行きたいと思います」(早来担当者)

vasilissa_151126.jpg
15/11/26 NF早来
舎飼にて休養しています。「骨片摘出の手術を行ってからそれほど経っていませんし、現在は舎飼にて様子を見ています。左後肢はもちろん、負担がかかっている前肢についても慎重に対応していく必要がありますし、運動については無理のないタイミングで取り入れていきたいですね。馬体重は542キロです」(早来担当者)

15/11/22 NF早来
社台ホースクリニックで行った左前脚のエコー検査にて、浅屈腱炎(約17%の損傷)の発症を確認し、一定の休養期間が必要になることから、左後脚の骨片摘出も併せて行いました。「屈腱にダメージが見られたとのことでこちらで改めて確認させていただきました。程度としては軽いものではなく1年くらいの休養は必要になるかもしれませんが、まだ若い馬でなおかつ底を見せているわけではありません。そのような状況を踏まえてクラブ、調教師と相談して、直ぐに判断するのではなく今後の経過を見させていただくことになりました。また、この機会に左トモ脚にあった小さな骨片も取っていますので、術後の状態を確認しながら無理のないタイミングで運動を開始していきます」(早来担当者)

15/11/19 NF早来
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週移動して来てからそれほど時間が経っているわけではありませんし、まずはウォーキングマシンで軽めに動かしながら脚元や体調を確認することから始めています。今後はタイミングを見て獣医師にも診てもらいますし、その状況も見ながら方針を固めていきたいと思います」(早来担当者)

15/11/12 NF早来
12日にNF早来へ移動しました。

15/11/10 NF天栄
「前走後に見せ出したトモ脚の不安に対して慎重に様子をうかがいながら接していました。歩様に見せることはなかったので負担を最小限にとどめるように注意しながら徐々に動かしていたんです。そのなかで不安が出てくるようであればまた違ったアプローチを考えていくことを獣医師と相談のうえ行っていたのですが、トモのほうは変わりなかったんです。しかし、その分か前脚に疲れが見え出したんです。こちらも気をつけて見て、なおかつしっかりケアも行ってきたのですが、なかなか疲れが抜けない。歩様は変わりないのですが、触った感じがちょっとモヤモヤしていたので様子を見て、状態を確認する意味も込めてエコー検査を行ったところ、左前脚の屈健にダメージを負っていることがわかりました。気をつけて動かすようにしていたのですが、後ろをかばう分だけ前に負担がかかっていたのだと思います。本当に申し訳ございません。今はまだダメージ度合いが大きくはないのですが、時間が経って変わっていく可能性もありますし、時間をかけて経過観察することになりそうなので、おそらく北海道へ移動して現地で方針を含めてジャッジしていくことになると思います」(天栄担当者)


最悪な状況ですが復帰を目指すと決断してもらったので
復帰を信じて待ちます。頑張って・・・ヴァシリーサ。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/8 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。「負担のかかりやすいトモの状態は大きく変わった様子はありませんし、この中間も坂路調教を織り交ぜながら進めています。運動を休むほどではないものの、トモ以外の面では前腕に疲れを溜めやすいところもあります。また、時期的なこともあるのか毛ヅヤも決していいとは言えませんから、ジックリと動かしながら何とか良化を促していきたいですね」(天栄担当者)

15/12/2 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15~16秒のキャンター調整を取り入れています。「馬体のダメージは少しずつですが解消されつつあるかなと思います。ただし、まだ心もとない状況でもありますから、まだ時間をかける必要はありそうです。一つ進めて坂路入りを行っていますが、もし疲れるようであれば無理して続けないようにするなど、日々状態を探りながら考えていきます。馬体重は469キロです」(天栄担当者)

15/11/25 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「以前からですが今回も左トモの疲れは溜まって見せて、歩様も頼りない印象を受けていました。しっかりして来るのには時間がやはり必要ということなのでしょうから、まずしっかりとそのダメージを取り除いて、何とかいい成長を促していけるようにしたいですね」(天栄担当者)

15/11/18 NF天栄
軽めの調整を行っています。「引き続き馬体の回復にあたっていますが、背腰や左のトモは特に疲れやすいですし、その疲労が抜け切っていないのでもう少々回復を促したいと思える状態です。複数の獣医師にも診てもらっていますが、まだ乗ることはせずマシンやトレッドミルでの調整を行っているところなので、乗るのはもう少し良化を待ってからになるかなと考えています」(天栄担当者)

15/11/10 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「レース後の放牧になるので、まずはウォーキングマシンで軽めに動かしながら状態のチェックを念入りに行っています。脚元に関しては特段気になるところはなさそうですが、負担がかかりやすいトモには疲れを感じさせますから、しっかりとケアを施していきたいと考えています」(天栄担当者)

15/11/9 NF天栄
レース後、NF天栄へ放牧に出ました。

creole_151107.jpg
15/11/7 武藤厩舎
7日の福島競馬ではまずまずのスタートを切ると道中は好位を追走する。勝負どころで少し外へ振られるロスもあり、直線はなかなか差を詰められず8着。「4コーナーで弾かれてしまって外を回る展開になってしまったのが痛かったです。道中はそれまでいい感じで運ぶことができていると思ったのですが…。申し訳ありません。ただ、それでも昇級初戦ということを考えると決して悪くないレース内容でしたし、ダートの走りも良かったですよ。このクラスでも十分にやれる力を持っていると思いますし、これからが先が楽しみな馬です」(津村騎手)「久々の競馬でも仕上がりは悪くありませんでしたし、力を出せる状態でレースに臨むことができたと思います。直線に向かうところで外を回るような展開になってしまいましたが、最後まで頑張って走ってくれていました。着順は真ん中あたりでしたが、ジョッキーはこのクラスでもやれると言ってくれていましたし、まずまずの内容だったのではないでしょうか。福島開催を目標にここまでしっかりと仕上げてきたつもりですし、この後は天栄にリフレッシュ放牧に出させていただき、またいい状態だと判断できた段階で次走を考えていきたいと思います」(武藤師)久々で昇級初戦と、条件は楽ではありませんでしたが、外々を回るような厳しい展開の中で最後まで頑張って走ってくれていました。ジョッキーはこのクラスでも戦っていけるとコメントしてくれていますし、クラス慣れも見込める次で巻き返しに期待したいと思います。この後については一度放牧に出してリフレッシュさせ、状態を確認しながら次走を検討していく予定です。


復帰戦、残念でした。
また立て直しに時間かかりそうですね・・・。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/9 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間もコンスタントに15-15を取り入れて乗り込んでいます。だいぶピッチを上げてきましたが、特に反動が出るようなこともありませんし、高野師とも2、3週後をメドに帰厩を考えていこうという話をしています」(NFしがらき担当者)

15/12/2 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週から終い15秒程度の調教を取り入れ始めていますが、その後も特に問題はなく来ていますので、この中間からはコンスタントに15-15を週に2回入れていくメニューを組んでいます。今朝はさらに終い14秒ぐらいまで伸ばしましたが、動きは軽快です。ここまで順調に来ていますし、厩舎サイドとも移動時期の話をしながら進めていきたいですね」(NFしがらき担当者)

15/11/25 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「ここまで普通キャンターくらいのペースで乗り込みを続けていましたが、この中間からは終い15秒程度のところも取り入れて調教を行っています。ペースアップしても堪えた様子もなくしっかりと走ることができていましたよ。体も少しずつ締まりが出てきていますし、この調子で進めていきたいと思います。馬体重は496キロです」(NFしがらき担当者)

15/11/17 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、周回コースと坂路で乗り込みを行っています。先週からペースは変えていませんが、しっかりと動くことができていますし、体調の問題もなく体もだいぶ大きく見せてくれるようになっています。この調子ならばそろそろハロン15秒くらいのところを取り入れてさらに負荷を強めていっても良さそうですね」(NFしがらき担当者)

15/11/10 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「周回コースは2000mほどの距離を軽めのキャンターで乗り、坂路ではハロン17秒という感じでじっくりと乗り込みを続けています。特にこれといった不安もなく来ていますし、いつでもペースアップ可能な状況ですが、オーバーワークにならないように気をつけて、焦らず成長を促していきたいと考えています」(NFしがらき担当者)


なかなか返してもらえないなぁ・・・。
状態は良さそうに思えるんですけどね。
厩舎に馬が多いからでしょうか、年内帰厩は微妙かな。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/10 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン17~18秒のキャンターを2本登坂しています。「徐々にペースアップを図っており、この中間から坂路コース入りを果たしています。いい形で動けていますし、このままピッチを上げていければと思います。馬体重は526キロです」(空港担当者)

15/12/2 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「しばらく楽をさせたことで蹄の痛みは解消されてきましたので、周回ダートコースでの調整を再開しています。このまま乗り込むことで状態を上げていき、順次復帰へ向けて取り組んでいこうと考えています」(空港担当者)

sun_flame_151125.jpg
15/11/25 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「ここまで順調に乗り込みをこなすことができていましたが、この中間に左前脚の蹄に痛みが出てしまいました。今後の状態次第で本州移動の日程をスライドする可能性はありますが、しっかりとケアを施すことでまずは早期の回復に努めていければと思います。馬体重は522キロです」(空港担当者)(空港担当者)

15/11/18 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「引き続き、じっくり負荷をかけるように心がけています。今のところ、もうしばらく北海道で乗り込んでいき、本州へは早くて年内に移動できればと考えています。引き続き、継続的に負荷をかけて良化を促していきます」(空港担当者)

15/11/11 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を行っています。「この中間も周回ダートコースでじっくり乗り込みを行えています。徐々に坂路入りを検討していければと考えていますが、こちらも寒さが厳しくなってきていますので、本州へ移動させた上で調整を行っていくことも考えていこうと思います。馬体重は524キロです」(空港担当者)


まだまだだなぁ・・・。辛抱の時です。

出資馬近況(11/7~12/10) その1

ずいぶんと久々の更新になってしまいました。
忙しいやら風邪気味やらで更新を後回しにしていたらたまっちゃいました・・・。

ぼちぼち更新していきます
11/7~12/10 の出資馬たちの近況(その1)です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/8 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「現状では年明けの中山開催での競馬を目標に少しずつ乗り進めています。さすがに先週と比較して抜群に良くなったとは言い切れないのですが、それでも調教中の前躯と後躯の連動が徐々に見られるようになっていますから、この調子でより動けるようにしていきたいですね」(天栄担当者)

15/12/2 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「良い意味で変わりないですね。ただ、理想を言えばもっとグッと良くしていきたいということに変わりありませんし、引き続き乗り込みを行ってベースをしっかりとしたものにさせていければと思っています。久保田調教師とも話をしていきますが、年明けの番組も念頭に入れつつ何とか良くしていきたいです。馬体重は495キロです」(天栄担当者)

15/11/25 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「良くも悪くも変わりないという状況ではありますが、火曜日に来場された久保田調教師に見ていただきました。実際の坂路の動きなどを見ていると悪いとまでは言わないので、何とかこのまま乗り込み、動きに磨きをかけていきたいと思っています。そのうえで改めて具体的なことを決めていければと考えていますよ」(天栄担当者)

15/11/18 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「乗り手の感触はまだいい頃に足りないということなのですが、全体の時計など求めているものにはしっかりと対応してくれているんです。何とか復調させなければいけないと思うだけに判断が難しいところなのですが、年末年始の中山開催のどこかで競馬を使ってもらえれば理想的という気持ちもありますし、今後の状態を見ながら久保田調教師と相談をしていきたいと思っています」(天栄担当者)

15/11/10 NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「体調自体は悪くないように感じますが、走りがまだ微妙に感じるのは正直なところです。前と後ろがしっかりとハマり切れておらず連動が上手くできていないのかなという感じなんです。体がしっかりと使えていない分、溜まるところももうひとつになり、動かしても勢いだけになって一息で走ってしまうようなところがあるんですよね…。それでも少しずつは上がってきていると思えますし、何とかさらなる良化を促して今後につなげていきたいです」(天栄担当者)


じっくり調整できています。変わってくれないかな~。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/12/8 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「良い意味で変わりはありません。使ったなりの疲れはあり、それの回復に努めてきていますが、背腰、トモの傷みはあるものの、厳しいなと思ったときに比べればまだいいと思える状態なんですよ。まだ本格的な騎乗調教は行っていませんが、徐々に乗りを取り入れて頻度を高め、順調ならばその後にそれなりのスピードで動かしていきながら徐々に次の競馬へ向けた調整過程を踏んでいきたいと思っています」(天栄担当者)

15/12/2 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週は帰ってきたばかりでもあったのでマシンのみの運動を行っていましたが、この中間からトレッドミルでの調整に切り替えています。今はキャンターペースで体を動かしていて、馬体の回復を促し、来年に向けての余裕をつくっていけるようにと考えながら接しています。本格的な調教を開始するタイミングは様子を見ながら決めることになりますが、来年こそ何とか勝ち星を狙えるようにしていきたいですね。馬体重は494キロです」(天栄担当者)

15/11/25 NF天栄
ウォーキングマシン調整を行っています。「先週こちらに帰ってきました。今回トレセンへ送り出す時の状態が絶好調とは言い切れないものでもありましたし、次は何とかいい状態に持っていきたいと思っています。今は疲れが見られる状況ですから騎乗調教は控えてマシンでの運動で回復を図っています。来年に向けてしっかりと疲れを取るところから始めて、回復を見ながら進めていくつもりです」(天栄担当者)

15/11/18 NF天栄
18日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週は楽しみにしていたレースだったのですが、申し訳ありませんでした。タフな展開、馬場になったのも堪えたのでしょう。それに枠もあって理想的な形に持ち込みにくかったですね。小回りの福島、芝1800mの牝馬限定戦と魅力的な条件だっただけに、ここで良い競馬をして来年に備えることができればと思っていたのですが、悔しい限りです。絶好調とまでは至っていなかったのかなという気もしますし、疲れもそれなりに見せていましたからここは無理せず放牧に出します。順調に回復し、調整が進められれば今年のように小倉を狙いに行くのも一つの手かなと思っていますが、それはあくまでも状態次第になるでしょう。今日出させていただきましたので、また天栄での様子をよく確認しながら相談していきたいと思っています」(奥平師)

sagres_151114.jpg
15/11/14 奥平厩舎
14日の福島競馬では五分のスタートから前々で競馬を進める。勝負どころから徐々に手応えが悪くなってくると直線では伸びを見せることはできず14着。「今日は枠も外でしたし、馬場状態も考えて無理に行くことは避けました。なるべく芝の綺麗な場所を走らせましたが、それでも前が速かったこともあって最後は厳しくなってしまいました。いい走りができればと思いましたが、悔しい結果に終わってしまいました。力を出し切ることができず申し訳ありませんでした」(黛騎手)「天候を考慮して土曜を選択しましたが、結果的には厳しい条件での競馬を強いられてしまいました。力を出し切れない競馬となってしまい、本当に申し訳ありませんでした。ジョッキーは馬場の良し悪しを見て、強引に前を取りに行くことはしませんでしたが、ペースも速かったので最後は厳しくなってしまいました。春は福島で結果が出ていただけに何とかしたかったのですし、悔しいですね。今後はレース後の状態を見て判断したいとは思いますが、基本的には来年に気持ちを切り替えていこうと考えています」(奥平師)ここでも十分勝負になる力はありますが、今回はベストな条件が整わず力を出し切ることはできませんでした。夏の巻き返しを図りたかっただけに残念ではありますが、その悔しさは次走できっちり晴らせればと思います。今後は一旦リフレッシュ放牧に出す予定で考えています。

15/11/12 奥平厩舎
14日の福島競馬(土湯温泉特別・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走いたします。

15/11/11 奥平厩舎
11日は美浦南Wコースで追い切りました(55秒2-40秒6-13秒3)。「先週半ばはじっくりと乗り込んでいて、予定通り金曜日に追い切りを行いました。ジョッキーを背にして追い切ったのですが、それなりの時計にもなりましたし、そのひと追いでピリッとしてきたんです。あとは時計ではないけれど入念に動かして運動量を補いつつ、背腰を中心に馬体のケアをしっかりと行ってきていたんです。今週に入ってからも悪くはなかったのですが、ちょっとテンションの高揚が気がかりだったので、最終追い切りを行った今朝の調教ではジョッキーではなくウチのスタッフを背にして追い切ったんです。担当している調教厩務員が跨って追い切ったわけですが、感触は悪くなかったということでしたし、良い感じで来ることができているのは確かでしょう。あとはレースへこのまま行ければという考えですが、週末の空模様がちょっと気がかりなんですよね…。道悪がダメというわけではないかもしれませんけれど、あまり馬場コンディションが悪くなるのは好ましくないかなという気がしています。それならば脚抜きがいいダートを考えてみるというのもいいかもしれません。本線は当初の予定通り牝馬限定戦の芝1800mですが、ギリギリまで様子を見て考えさせてください」(奥平師)今のところ14日の福島競馬(土湯温泉特別・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走を予定しています。

15/11/8 奥平厩舎
14日の福島競馬(土湯温泉特別・牝馬限定・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて45頭の登録があります。なお、14日の福島競馬(高湯温泉特別・芝2000m)への特別登録は見送りました。


先行脚質も安定していますし来年こそは・・・と思います。
あと1~2勝、何とかして欲しいです。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
騙馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/12/9 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミル中心の調整を行っていますが、今はキャンターペースまで速度を上げて動かしているところです。一気にというわけではありませんが、馬体も少しずつ増えて見た目に幅も出てきていますね。体調面の問題もありませんし、このままじっくりと進めて良化を促していきたいと思います」(NFしがらき担当者)

15/12/1 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「引き続き、トレッドミルで常歩程度の運動を行っています。ペース自体はまだ変わっていませんが、軽く動かしながら馬体には少しずつ余裕が出てきていますし、疲れた様子も見られず体調面の問題もありません。今回は時間をかけて良化を促していく予定なので、うまくリフレッシュも交えながらじっくりと取り組んでいきたいと思います」(NFしがらき担当者)

15/11/25 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間もトレッドミルで常歩程度の軽い調整を行っています。状態面で大きく変わったようなことはありませんが、引き続き疲れた様子や馬体の傷みなどは見られません。もうしばらくはこのように軽めのメニューで進めていき、じっくりと立て直しを図っていきたいと思います。馬体重は484キロです」(NFしがらき担当者)

15/11/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後はトレッドミルで常歩程度の軽い調整を行っています。馬体に大きな疲れや傷みはなさそうですが、石坂師からは少し時間をかけて体に十分余裕を造りたいという話を聞いていますし、しばらくはゆったりとした調整で様子を見ていきます」(NFしがらき担当者)

15/11/11 NFしがらき
10日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週の競馬は久々とはいえ思わぬ形での敗戦になってしまい申し訳ありませんでした。ジョッキーは途中で急にブレーキをかけるような止まり方をしたと話していたので、故障がないか心配しましたが、幸いそのようなことはありませんでした。内枠で他馬のプレッシャーに嫌気が差したのでしょう。このあたりは去勢の効果が出るまでもう少し待った方がいいのかもしれません。馬体ももっと膨らませたいですし、ここで放牧に出させていただいて立て直したいと思います」(石坂師)

delizia_al_limone_151107.jpg
15/11/7 石坂厩舎
7日の京都競馬では五分のスタートから出たなりで好位をうかがうも、周囲を気にしてか徐々にポジションを下げてしまう。そのまま直線も手応えなく11着。「最内枠でロスなく競馬ができると思っていましたし、スタートもまずまずでいい感じだったんです。それが、どうも周囲を気にしているようで集中せず、ハミを取らなくなってしまいました。終始気を遣っていて、結果的に内枠が悪い方に出た形です。去勢手術明けということですし、効果が出るまでもう少し時間が必要なのかもしれません」(秋山騎手)「これはもう、気持ちの問題としか言いようがありません。調教ではかなり動いていたわけですから、ここまで無抵抗に下がってしまうのは精神面が影響しているのでしょう。去勢手術明けで、まだその効果が出ていないということでしょうし、馬体も休み明けとしては寂しい感じです。このような結果になってしまい申し訳ありませんが、まずは馬体をもっとふっくらさせたいですし、放牧に出して立て直すことも考えます」(石坂師)帰厩後の調教はいい動きを見せており、変わり身がありそうな内容だっただけに残念な結果になってしまいました。去勢の効果が出るまではある程度時間が必要ですし、調教の良さが実戦につながるまではもう少し長い目で見ていきたいところです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。


馬が楽をする方法を知ってしまってレースになっていない気がします。
環境をガラッと変えるようなことでもしないと何も変わらないような・・・。
復活を信じていますが現状では厳しそうです。
転厩?何か打開策が欲しいところです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。