キャロット 2015年度募集

今年もこの季節がやってきました!

でも今日8/29現在、カタログまだ着ていません!
なんてこった・・・。

でも大丈夫です!はいてます、じゃなくて、『pdfありますから!』

誰に文句言って解決するわけでもないし、来るまではpdf見て検討しておきます。
といいますか、今年、もう決まりました

母馬優先
最優先
一般

すべて使う!・・・かも。予算オーバーだけが心配だ。

チーム馬検討ももちろんありますのでお仲間さんたちお願いしますね。
スポンサーサイト

2歳馬近況(8/14、26)

牧場にいる出資2歳馬たちの8月の近況です。

◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


chief_conductor_150826.jpg

15/8/26 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。前向きにしっかりと坂路を登坂していく姿には好印象を受けますが、もう少しフットワークにまとまりが出てくるとより理想的な走りが出来るようになってくると思います。そのあたりは馬体に芯が通ってくれば実現可能と見ていますので、今後も焦らず調整して力を養っていくことで素質を引き出していく方針です。

15/8/14 NF早来 馬体重:486kg(-4kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。カイバをバリバリ食べることができていることから内臓面の健康状態は良好で、速めの調教を継続しても体調は安定しています。とはいえ、馬体は未だ成長中ということを鑑み、今しばらくは適切な負荷をかけることで理想的な良化を促進していく方針です。今の壁を乗り越えさえすれば、こちらが望むような成長を見せてくれるはずです。


なかなか前進できませんが順調なのは良いこと。
年内移動を目指せたら御の字ですかね。
でも意外とレースにいったらしっかり走れるかも?


◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


maxwell_150826.jpg

15/8/26 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週2回1200m屋外直線坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで2本登坂しています。まだ馬体には幼さが残り、ゆっくりと成長を遂げているように見受けられるので屋外直線坂路コースへ調教場を移行し、程よい負荷をかけながら進めています。じっくり取り組むことが結果的にはいい方向に出てくると考えていますので、適時休憩を挟みながら今後も進めていければと思います。

15/8/14 NF空港 馬体重:418kg(-4kg)
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで駆け上がっており、そのうち2日は2本登坂しています。継続的にハロン16秒ペースで乗り込んでいますが、走りのバランスは崩れることなく集中して駆けることができています。精神面でも成長が見られ、テンションが上がりすぎることも少なくなってきており、今のいい状態を維持していきながら鍛えていければと考えています。


ペース上がらないな・・・。小さいから???
順調と書いてはあるけど、何かあるのかな?少し心配です。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


genius_dancer_150826.jpg

15/8/26 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン16~17秒)のキャンター1本の調整を行っています。ハロン15秒のキャンターを継続してきたことで、中身がギュッと詰まった張りのある体付きになってきました。胸前やトモに筋肉が付いて逞しさを増してきましたし、坂路コースを駆け上がっていく時の手応えは以前よりグッと力強くなってきた印象を受けます。今後も実りのある調教を積むことで走りにより磨きをかけていきます。「1ヵ月ほど前に見に行った時は、体に健康斑が出て非常にはつらつとしていました。立たせている時にちょうど他の馬が走ってきたのですが、ほとんど暴れることもなく動じていませんでしたよ(笑)。定期的に牧場へ足を運んでいるのですが、ここにきて一段と成長してしっかりしてきました。これならば思ったよりも早く、秋口ぐらいには栗東に連れてくることができそうです」(高橋康師)

15/8/14 NF早来 馬体重:435kg(-2kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン16~17秒)のキャンター1本の調整を行っています。脚元をはじめとして健康状態はとても良く、ここまで何の不安もなく調教を行えていることからこの中間よりペースアップを図っています。負荷を高めてもこれまで同様に柔らか味のあるキャンターを披露しており、その乗り味にはセンスの高さを感じさせてくれます。今後も成長を促しながら調整していくことでキャンターの質をさらに高めていきます。


順調そうで何より。
秋口には移動のようなので楽しみにしています。

出資馬近況 その②(8/12~27)

たまっていた出資馬たち(3歳以上&2歳馬2頭)の近況の後半です。

ヴァシリーサ~メートルダールまで。

◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/26 古賀慎厩舎
26日は軽めの調整を行いました。「レースを終えてすぐのタイミングはちょっと熱が高めになって体的にもちょっと疲れを感じさせましたが、しっかり対応したことで今では全く問題なく元気にしてくれています。そういったことを考えるとやはり中1週ということは控えたほうがいいだろうと思いますので、牝馬同士ではなくなりますが、来週のダート1800mを本線に考えていければと思っています。中2週と言えども消耗には配慮しなければいけません。来週のレースにしようと決めたもうひとつの理由が、この時期の牡馬たちはだいぶ消耗していてヘロヘロになっていることが多いということ。そういう相手ならばチャンスは広がるという思いもあるからで、それならばヴァシリーサ自身もフレッシュさがないといけませんからね。前走へ向かう際にある程度態勢は整えてありましたからこの中間は無駄に追い切りを課すようなことはせずに、昨日、今日は北馬場を使ってゆったりと体を動かしながら乗り込むメニューに終始しました。週末に終いを少し伸ばして、来週ピシッと整えて競馬へ向かうという形を今のところ検討しています」(古賀慎師)9月5日もしくは6日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に内田騎手で出走を予定しています。

15/8/19 古賀慎厩舎
19日は軽めの調整を行いました。「先週のレースでは前走からの変わり身を見せてくれましたね。色んな見方がありましたけれど、やはり内田ジョッキー。考えてしっかりと導いてくれています。あれでいちばん前の着順となってくれていれば言うことはないですが、まだ伸びしろがあるでしょうし、何とか勝利を掴みたいところです。血統的には芝という思いを持つ方もいるかもしれませんが、現状の体質面では不安のほうが大きくなりますし、実際にダート2戦でこれだけのパフォーマンスを見せてくれていますから次もダートを考えていくつもりです。あとはどのレースを狙っていくかになりますが、今のところは中2週でのレースをメインで考えています。番組だけを見れば来週の牝馬限定戦に引っ張られそうになるのですが、そこに狙いを定めてくる陣営もいるでしょうし、却って手ごわい可能性も否定できません。また、レース後の様子を見ていると全体的にちょっと疲れたかなという感じもあります。このまま中1で行って自信があるかと言われると現状は…と言う感じなので、今のところは中2週のほうをメインにし、状態次第で柔軟に考えたいと思っています」(古賀慎師)馬の状態や状況次第で前後する可能性はありますが、今のところ9月5日もしくは6日の新潟競馬(3歳未勝利・ダ1800m)に出走を予定しています。

vasilissa_150816.jpg
15/8/16 古賀慎厩舎
16日の新潟競馬ではスタートに押して先団を追走する。直線ではジリジリと差を詰めたが3着まで。「今日は大外枠からの競馬でしたし、中途半端な競馬をして砂を被らせるよりは強引にでも押して前につけようと考えていました。実際に気合いを入れてテンから出して行きましたが、理想はもうひとつ前の外の3番手を追走する形だったんです。さすがに内の馬に前に入られてそこをパスしていくまでではなかったのであの位置からになりましたが、それでも前走と比べると悪くないリズムで追走することができたと思います。強気に外を回る格好になりましたし、まだ経験も浅いので最後はきつくなってヨレてしまいましたが、前走からの変わり身は見せてくれていますから、また次の競馬に期待したいですね。これまで脚元を含めここまでスムーズにいかなかった影響はあるのかちょっと硬さは感じる馬ですし、しっかりとケアをして少しでもいい状態で次に挑めたらチャンスはあるはずです」(内田騎手)「前走から少し間隔が空いていたので馬体重としてはプラスにはなりましたが、一度競馬を使っていた分、中身の部分ではより動けるようにはなっていましたし、悪くない状態で送り出せたと思います。大外枠からの発走になるので外々を回るのは覚悟していましたが、下手に内枠で砂を被ってしまうよりは良かったでしょうし、ジョッキーは腹を括って乗ってくれました。結果的にはやはり外からで楽ではない面もありましたが、それでも最後まで差を詰めてくれていますし、前進はしてくれたと言えるでしょう。しっかりと権利を獲ってくるたので次を狙いやすくなったことは良かったです。どの番組にするかは正直悩むところなのですが、東京で使ってからお休みを挟んだので今回はある程度間隔を詰めて使うことは可能だと思いますし、レースを使っての反動が少ければそれほど調教本数をかけずに次へ向かったほうが調整しやすいですからね。また、これまで経験したのは左回りだけですし、新潟の後半になると例年数を使って余力がそれほどないメンバー構成になることもありますから、その点からも新潟でもう一度走らせるのはありかと考えています。もちろん馬の状態次第にはなりますし、少しでもケアの期間を設けたいと思えればこのまま中山開催へ向かうことも考えていく必要はあるでしょう。どちらにせよ、ここまでの経緯を考えても脚元をはじめ慎重に状態をチェックして、いろいろ考えていきます」(古賀慎師)前走のデビュー戦では追走で戸惑ってしまいましたが、今回は外枠を活かしてできるだけ砂を被らないようにして進めることができました。外を回ったことできつくなった面はありましたが、それでも終いまでしぶとく伸びてくれましたし、次につながる走りを見せてくれたと言えるでしょう。以前の骨折の影響もあるのか硬さが出やすくはありますし、条件や次へ向かうまでのどれくらいの間隔を空けるかなど、慎重に判断していきます。

15/8/13 古賀慎厩舎
12日は軽めの調整を行っています。13日は美浦南Wコースで追い切りました(69秒2-53秒7-39秒5-12秒8)。「順調なら今週の日曜日の牝馬限定戦を目標にしていましたので、追い切りは今朝木曜日にしっかりと行うことにしました。ヴァシリーサは3頭併せの真ん中を進んで動かす形でした。特に2頭体を並べるような意識で、相手の北村ジョッキーの馬とゴール板を過ぎて向こう正面まで流すときもある程度しっかりと動かすようにしています。体が大きいこともあってか仕掛けてからいくらか渋い部分はありますが、前走の競馬のように勢いがつくといいところがありますよね。そのあたりは前走に引き続き内田ジョッキーに乗ってもらいますし、出方、進み方次第ですけれど、対応した乗り方をしてもらえるはずです。体がまだしっかりとし切れていない分、調整にだいぶ苦労はしますけれど、それでもしっかりとやれたことはプラスなはずです。気持ちもしっかりと注入したつもりですし、何とかいい結果を持って帰ってきてくれたらと思います」(土谷助手)16日の新潟競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)に内田騎手で出走いたします。


16日は正直、勝てると思っていました・・・。
まさか負けるとは・・・ショックですが気持ちを切り替えなければ。
次こそは、の思いです。古賀センセ、どうかお願いします。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/27 NF早来
軽めの調整を行っています。「ウォーキングマシンやトレッドミルでの運動も問題なく進めることができましたので、この中間からは軽めの乗り運動を開始しています。現段階では試し乗り程度の内容ですが、今のところは乗ってからの反動が出ることはありませんし、この調子で少しずつ乗る距離を延ばしたり、ペースを速めたりしていきたいですね」(早来担当者)

15/8/19 NF早来
ウォーキングマシン調整かトレッドミルでの調整を行っています。「ウォーキングマシンでの運動で様子を確認して来ましたが、軽めに動かす分には問題なかったのでこの中間からトレッドミルでの運動も取り入れています。馬体も放牧当初と比べてもしっかりと戻っていて、直近で464キロありましたし、この調子でリフレッシュを促していきたいと思います」(早来担当者)

15/8/12 NF早来
ウォーキングマシン調整を行っています。「競馬当日は札幌競馬場にスタッフも行っていましたし、勝ってくれて本当に良かったです。会員の皆さんおめでとうございます。この時期はとにかくひとつ勝つことが重要ですし、ホッとしたところもありますが、しっかりとダートの条件替わりを味方にしてくれましたね。先週末にこちらに放牧に出てきていますが、まずはウォーキングマシンでの運動を取り入れながら心身のリフレッシュに努めています」(早来担当者)

15/8/11 NF早来
先週末にNF早来へ放牧に出ました。


まずはしっかり休んで、秋からまた頑張ってください

◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/27 高野厩舎
26日は栗東坂路で追い切りました(54秒9-39秒5-25秒6-12秒9)。27日は軽めの調整を行いました。「昨日、坂路で併せて追い切っています。強めに追っている相手に対して、こちらはほとんど持ったままでサッと。手応えにも余裕がありましたし、動きは文句ありません。状態も変わらずいいですよ。この後は限定未勝利戦に照準を定めていくことになりますが、狙ったところへ確実に出走できるとは限りませんから、いつでも動くことができるようにしっかりと態勢を整えていきたいと思います。場合よっては1週間程度の短期放牧に出すことも考えていましたが、今のところはこのまま在厩で調整していく予定です」(高野師)

15/8/19 高野厩舎
19日は軽めの調整を行いました。「ダートがどうかという点に尽きる競馬でしたが、もうひとつピリッとしない内容になってしまい、申し訳ありませんでした。馬の状態は引き続き良好で、使う前よりも大きく見せているぐらいです。ダートを続けて使うことで慣れも見込めるという見方もありますが、入るかどうか分からない状況で調整し、もう一度小倉まで輸送して万が一掲示板を外した場合は、その後が厳しくなってしまいます。それなら、ここから限定未勝利戦一本に目標を絞り、芝のレースに使えるなら芝、厳しければダートという形で調整させていただこうと思います。少し間が空きますし、場合によっては1週間程度放牧に出すことも考えます」(高野師)

belle_diva_150816.jpg
15/8/16 高野厩舎
16日の小倉競馬ではゆっくり目のスタートから促して中団を追走。道中モタつき気味ながら直線はジリジリ脚を使ったが10着。「スタートが決まればもっと前で進めたかったのですが、もうひとつタイミングが良くなくて、中団からの競馬になりました。それでもスムーズに運べるポジションでしたし、ここなら悪くないと思いましたが、やはり初ダートで多少下を気にしていましたし、砂を被ってちょっと嫌がるようなところも見せていました。フットワーク自体はダートは問題ないので、続けて使えば慣れてくれると思います」(松若騎手)初ダートで内枠でしたし、もう少し前に行ければ良かったのでしょうが、道中はややキックバックを気にしていたようで力を出しきれませんでした。走り自体はダートもこなせるとのことでしたし、なんとか残り少ないチャンスをものにしてもらいたいところです。この後は馬体を確認してから検討していきます。

15/8/13 高野厩舎
16日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に松若騎手で出走いたします。

15/8/12 高野厩舎
12日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-38秒9-25秒1-12秒6)。「もともとは先週の出走を予定していましたし、中間は無理をせずゆったりとした調整を心がけてきました。今朝も、併せた相手が行く分だけ並んで走らせるという程度で、ほとんど馬なりの調整です。それでも終いは楽に12秒台をマークしているように、非常にいい反応を見せていますし、状態に関してはまったく不安はありません。フットワークを見る限りはダートもこなしてくれると思いますし、ここで何とかしないといけません。牝馬限定戦を本線に考えていますが、これ以上出走を延ばすのもプラスとは言えないでしょうから、ギリギリまで出走状況を見て除外が確実なようなら混合戦への出走も検討します」(高野師)16日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に松若騎手で出走を予定しています。


16日の競馬は・・・。初ダートだし仕方ないかな。
でもまたダートかも・・・。何とか芝出られますように。
能力は確かなんだけど、何かもどかしいです。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/26 西村厩舎
26日にNFしがらきへ放牧に出ました。

15/8/25 西村厩舎
「今週の競馬を視野に、先週末も小倉のダートコースで15-15程度のところを乗ったのですが、その後に少し歩様が乱れてしまいました。チェックしてみたところ、右前脚の深管骨りゅうのようで、チクチクしているのか気にしている状況です。この状態でレースを使うのは厳しそうですから、残念ですが今朝栗東に戻させていただきました。この後は一度放牧に出して立て直します」(西村師)近日中にNFしがらきへ放牧に出る予定です。

15/8/20 小倉競馬場
19日は小倉ダートコースで追い切りました。20日は軽めの調整を行いました。「今週の競馬を視野に、水曜日はダートコースで追い切りました。連闘した後ですし、状態をキープできれば十分ですからビシビシとはやっていませんが、気配は引き続き悪くありません。想定を見たところ、ダート1000mは厳しそうでしたので、登録していた芝の特別へ向かうことにしていましたが、投票の結果、1頭だけの除外にハマってしまいました。申し訳ありません。芝でも通用しそうなスピードは見せてくれているので、来週も芝、ダート両にらみで検討していきます」(西村師)22日の小倉競馬(小郡特別・芝1200m)は非当選除外になりました。この後は来週以降の番組を検討していきます。

15/8/13 小倉競馬場
12日、13日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はもうひとつピリッとしない内容になってしまいましたが、休み明けを連闘で2回使って、この中間はずいぶん中身が良くなってきたという印象です。私も小倉競馬場に残って実際サンフレイムに跨ったのですが、リラックスして調教に取り組めていますし、雰囲気はいいですね。出走状況については実際その週になってみないと何とも言えないのですが、今週の登録を見る限りはダート1000mにしても芝1200mにしてもこのまま出走できそうです。今のところは来週の競馬から考えていくつもりです」(西村師)22日の小倉競馬(小郡特別・芝1200m)もしくは同日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に国分恭騎手で出走を予定しています。なお、小郡特別は状況次第で特別登録を見送る可能性もあります。

結果は出なかったけど連闘頑張りました。
500万クラス、まだ歯が立ちません・・・。
連闘でさらに滞在競馬とは、西村師なかなかやりますな~


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/8/27 函館競馬場
レース後にNF早来へ放牧に出ました。現在はウォーキングマシン調整を行っています。「先週の競馬では口向きが安定しなかったですし、幼さが目立つ走りになってしまいました。牧場から送り出す際の手応えとしてはもう少し形になると感じていただけに、こちらとしても申し訳なく思います。競馬の後の状態をしっかりと確認してもらってからこちらへ放牧に出てきていますが、まずはマシンで楽をさせながら状態のチェックを行っています。目一杯に走っていない分、馬体のダメージは少ないかもしれませんが、心身のバランスがもうひとつ取れないまま走ったことで反動が出てくる可能性はあるでしょうから、しばらくはリフレッシュ中心のメニューで様子を見ていきたいと考えています」(早来担当者)

gooseberry_150823.jpg
15/8/23 函館競馬場
23日の札幌競馬ではまずまずのスタートから後方を追走。終始制御するのに手一杯で10着。「いかにも新馬といった感じで、口向きの幼さがモロに出てしまって…。加速がついた状態でタイトなコーナーに入ると進路を定めるにもひと苦労、終始ついて回るだけで精一杯になってしまいました。今日は全く競馬になりませんでしたし、能力のこれっぽっちも発揮していません。乗り味自体はすごくいい馬なので、能力は確かなはずです。一朝一夕にはいかないかもしれませんが、課題を少しずつ解消しつつ、いい形で成長していってもらいたい存在です。今回は力になれず申し訳ありませんでした」(丸山騎手)「調教の段階で口向きの幼さを見せていたものの、速いところに行ったときの感触や、改善を図ろうと課題をしっかり理解して臨戦過程を整えてきたことから、競馬のスピードになれば違うのではと思い、送り出したのですが、道中を何とか進めるだけで精一杯になってしまいました。普段から接していて、しなやかな身のこなしなど、いいモノを感じさせるだけに何とももどかしさが残ります。慎重には慎重を期して、仕切り直したうえでの出走でしたが、課題が浮き彫りになる結果となってしまったこともあり、気持ちの成長を待つことの必要性を感じます。このあとはひと息入れさせていただこうと思いますが、条件や馬具などについてもじっくり考えていきたいと思います」(大竹師)臨戦過程から一抹の不安を感じさせるデビュー戦となりましたが、落ち着きはある程度あり、パドックでは実に柔らかい、バネの利いたフットワークを見せていただけに好勝負が期待されました。レースでは鞍上がハンドルを制御するのに難儀した結果、着順こそ悪いものとなりましたが、全力で走ったものでないだけに悲観することはないでしょう。心身がフィットしてくれば結果は違ったものになるはずですし、焦る気持ちをグッと堪えて、その時を待ちたいと思います。

15/8/20 函館競馬場
23日の札幌競馬(2歳新馬・芝1800m)に丸山騎手で出走いたします。

15/8/19 函館競馬場
19日は函館芝コースで追い切りました(50秒3-37秒2-13秒4)。「先週の追い切りの感触が良かったのでそれを継続できるようにと思いながら今週の追い切りに臨んでいます。今朝は函館に追い切りを見に来ました。レースは札幌競馬場ですが、ここ函館でもレースまでの流れを教える意味で、厩舎地区からパドックを歩かせ、そこでジョッキーに乗り替わって馬場入り。本馬場で軽い輪乗りをするようにしてから返し馬のようにキャンターで走らせてから半マイル重点の追い切りという形を取りました。未勝利馬とのペアで追い切りを行ったのですが、先週と同様に終いの伸びはまずまずでしたね。返し馬くらいの軽いキャンターだと口向きの幼さもあってまとまりにくいのですが、速いところへ行くとまずまずですし、動きも悪くはありませんでした。前回は動き切れなくて一度仕切り直したわけですが、そこからの短い期間の中でもいい方向に変わりつつあるようですよ。特に精神面。あの時は余裕があまりないような状況でしたけれど、今は落ち着きもありますからね。あくまでも今の様子だけで言えば初入厩時の苦い経験が活きてくれているような気がしています。あとは実戦へ行ってみてどうかですよね。今の落ち着き具合なら直前の移動で大丈夫だろうと思え函館で調整していますが、いちおう体調等に問題がなければ金曜日に札幌入りして前日にスクーリングをして場所に慣らして本番当日に臨めるように準備するつもりでいます」(大竹師)23日の札幌競馬(2歳新馬・芝1800m)に丸山騎手で出走を予定しています。

15/8/12 函館競馬場
12日は函館芝コースで追い切りました(65秒8-49秒5-35秒9-12秒5)。「先週の動きはまだ終いの伸びがもうひとつでガラッと変わったなという感じではありませんでしたが、精神面の安定具合は良いなと思っていましたし、進めていく中でまたいい方へ変わってくる部分があればいいなと思って見ていました。今朝の追い切りは函館で見ることが出来たのですが、できれば調教と競馬をセットでお願いできるジョッキーを探していて、今回は元気(丸山騎手)で調整がついたので、早速今朝の調教に跨ってもらいました。追い切りでは、併せたパートナーを最後に交わすことが出来るくらい直線はいい伸びを見せてくれました。時計云々よりも、これまでは相手を交わすというイメージすら抱きにくいところがあったので、とてもいい印象を持っています。口向きなどは幼さがあるのですが、今回は型に嵌めようとしすぎず馬のリズムを最優先で動かすようにしています。今後の課題になるのは確かでしょうけれど、現状はこれでいい方向に行っているので大丈夫なのではないでしょうか。また、ジョッキーに直接感触を確かめてもらえたのもプラスになるはずです。初入厩までの印象としては精神的にも不安定になりやすいですし、あまり環境がコロコロ変わるのもどうかとは思っていたのですが、今はそこまでの心配を抱かせませんから、早めに札幌に動かさなくてもギリギリまで調教のバリエーションのある函館で調整することを考えてもいいかもしれないですね。レースは来週の1800mを考えたいと思っていますし、調整過程なども逆算しながら決めていきます」(大竹師)23日の札幌競馬(2歳新馬・芝1800m)に丸山騎手で出走を予定しています。


厩舎の思惑と牧場の思惑の食い違いがレースでも大きく影響した感じがします。
もっと精神的な成長が必要なのでデビューは早かったのだと思います。
ただ、この経験はきっと今後につながると信じて見守っていきます。
NF早来の天下の日下厩舎であれだけ絶賛された馬なのできっと化けてくれますよ


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/27 札幌競馬場
26日は札幌ダートコースで追い切りました(68秒0-51秒8-37秒9-12秒3)。27日は軽めの調整を行いました。「先週は本馬場での感触を確かめてもらいましたので今週の追い切りは通常のダートコースでの調教にしています。祐一に再び乗ってもらって水曜日に追い切ったのですが、全体的にじわっと動かし終いも伸ばして上々の動きだったとのことでしたよ。そして、今朝はゲートの確認を行っています。ちょっと気を遣うようなところもありそうなので、競馬を知らない最初のうちはもしかするとそこまで速くはスタートを切らないかもしれませんが、お姉ちゃんのアールブリュットも最初のころは速くなかったですからね。コンディション面の心配はなく、ここまで順調に来ることができていますし、しっかり調整していい状態で来週のデビューへ向かいたいですね」(戸田師)9月5日の札幌競馬(2歳新馬・芝1500m)に福永騎手で出走を予定しています。

15/8/20 札幌競馬場
19日は札幌芝コースで追い切りました(68秒6-52秒5-38秒9-12秒4)。20日は軽めの調整を行いました。「競馬までの間に本馬場の追い切りを行いたいなと思っていましたが、今週早速取り入れてみることにしました。水曜日に組んで、祐一に乗ってもらったんです。ただ、前日結構雨が降っていたため馬場がちょっと重たくなっていたのもありましたし、無理はせず終いの感触を確かめてもらうようにしました。それなので全体時計を見ると芝としたらあまり速くはありませんが動きは良かったと言ってくれました。芝の感触を確かめてもらって悪くなかったということですから順調に来ていると見てもらっていいと思いますよ。お姉ちゃんのアールブリュットは牝馬だけあってちょっと難しい女の子という感じがありますが、こちらは男なだけあって時にヤンチャだけど人懐っこいし、可愛げがありますね(笑)。ちょっとビビりというかいくらか繊細な面はあるので、そのあたりは経験を積みながら良くなってくれたらと思いますし、今のところこれといった大きな問題はないはずなのでこのまま良い競馬ができるように持っていきたいですね」(戸田師)9月5日の札幌競馬(2歳新馬・芝1500m)に福永騎手で出走を予定しています。

maitres_dart_150813.jpg
15/8/13 札幌競馬場
12日は軽めの調整を行っています。13日は札幌ダートコースで追い切りました(55秒6-40秒5-12秒7)。「順調に調整を進めることが出来ています。週の半ばは美浦での調教に立ち会うため、札幌で強い調教を行う際は直接見られないことが多いのですが、週明けに札幌競馬場へ行って見てきましたよ。最初は環境が変わったこともあってかテンションの高さが結構目立っていたんですが、慣れてきたのか落ち着きも出てきていますし、何より普段から人懐っこくてとってもかわいい馬ですよ。順調に来ることが出来ていることも再確認出来ました。昨日はじっくり乗って、今朝は追い切りました。祐一に確認してもらう意味で跨ってもらいましたが、感触はいいし、フットワークもいいと言ってくれましたよ。このまましっかりと動かして態勢を整えていければと思っています。来週かそのあとくらいのどこかのタイミングで本馬場に入れてみることも考えていますし、その動きに問題がなければ最終週のレースを目標にしようと考えています」(戸田師)今のところ9月5日の札幌競馬(2歳新馬・芝1500m)に福永騎手で出走を予定しています。


いよいよ来週、デビューです!
毎週福永騎手が追い切りに乗ってくれていますし、期待しています。
初戦からというタイプでもなさそうですが、年内にまずは1勝を目指したい馬です。

出資馬近況 その①(8/12~26)

5週連続休日出勤中・・・。
忙しいことは良いことだと思い、仕事があることに感謝して頑張っています。
でもさすがに体はいっぱいいっぱいです・・・。
そろそろ連休が欲しい。

さて、たまっている出資馬たち(3歳以上&2歳馬2頭)の近況です。

まずはホワイトフリート~デリッツァリモーネまで。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/26 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン13~17秒のキャンターを2本登坂しています。「今のところ、来週の頭には本州へ移動させる予定で日々の調整を進めています。状態を見ながらしっかりと速めのペースで乗り込むことができていますので、このまま更に状態面の向上に努めていければと思います」(空港担当者)

15/8/19 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン13~17秒のキャンターを2本登坂しています。「早ければ今週中にも札幌競馬場への入厩を予定していましたが、久保田調教師とも相談の上で今月中に天栄へ動かして、そちらで競馬へ向けての態勢を整えていこうということになりました。よりよい形で秋へ向かえるようにしっかり状態を上向かせていければと思います。馬体重は495キロです」(空港担当者)

15/8/12 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン13~17秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間も速めのペースを取り入れて乗り込みを重ねることができています。今のところ、早ければ来週以降の帰厩を検討していますが、正直もう少し上向いてきてほしいかなと考えています。そうした状況でもありますし、競馬については基本的には無理に札幌開催での出走を目指すことはせずに、早めに帰厩して状態面の向上を図って、万全の態勢で中山開催へ向かうことができるように備えることになりそうです」(空港担当者)


中山目標となったわけですからそこへ向けて万全な体制を。
1800mですかね?期待していますよ。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/26 札幌競馬場
26日は軽めの調整を行いました。「先週は具合の良さもあったので期待が大きく、楽しみにしていたのですが、結果で皆様のご期待に応えることができなくて申し訳ありません。すぐ後ろに馬が来てなかなか楽には逃げさせてもらえませんから苦しかったと思います。それでもギリギリまで粘り、差し返そうという気持ちが伝わってくるくらいの気迫を人馬ともに見せてくれていましたから、なおさら勝たせてあげたかったです。1戦で結構消耗するタイプではあるので慎重に様子を見て今後のことを決めようと思っていたのですが、火曜日に札幌競馬場へ行って確認してスタッフとも話をしてきたところ、使ったなりの疲れはあり、カイバは食べているのだけれど体がまだ回復しきれていない状況です。減ってしまう可能性は高いのですが、それ以外では問題がなさそうなので、もしうまく回復してくれるようならば滞在でもありますし、もう1回行ってみたいなとも思っているんです。もちろん今以上に疲れが目立ってきたなと思えればやめますし、続戦の気持ちを持ちつつ慎重にジャッジをさせていただきます」(奥平師)今後の状態次第で見送る公算もありますが、今のところ9月5日もしくは6日の札幌競馬(3歳上500万下・芝2000m)に出走を予定しています。

sagres_150823.jpg
15/8/23 札幌競馬場
23日の札幌競馬ではまずまずのスタートから前めのポジションを取りにいき、先頭でレースを進める。直線での粘り込みを図るが、最後は勝ち馬の決め手にやられて3着。「あと一歩だっただけに悔しいです。申し訳ありませんでした。洋芝での競馬は初めてですが、しっかりとこなせていましたし、何より小回りコースは合いますね。久々でしたが力は出し切れましたし、次は好走ではなくてきっちり勝ち切りたいです。500万クラスにいつまでもいる馬ではないですし、今度こそはという気持ちです」(黛騎手)休養明けの一戦でしたが、体はきっちり仕上がっていましたし、競馬でもしっかり自身の力を出してくれました。最後は勝ち馬に差し切られてしまいましたが、力は示したレースでしたし、次こそは勝利を掴むことに期待したいと思います。今後は状態を見た上で検討していきます。

15/8/20 札幌競馬場
23日の札幌競馬(十勝岳特別・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走いたします。

15/8/19 札幌競馬場
19日は札幌ダートコースで追い切りました(68秒9-54秒8-40秒3-12秒7)。「先週の追い切り後も順調でしたし、週末の雰囲気も悪くなさそうでしたね。目立つほど速い時計を出したわけではありませんがじっくりと動かしてきてコンディションは良好です。週明けの様子も問題なかったことから今週末の競馬に備えて今朝追い切りを行うことにしました。弘人に跨ってもらって、今朝一番の組で馬場入りし、5ハロン69秒くらい。馬なりで楽に走れていたということでしたし、精神状態も相変わらず良かったと報告してくれました。精神的にも体調的にも良さそうで、楽しみですね。滞在というのもあるのでしょう。レース後の傷み方などを見ていると使い込んでいいタイプではないですし、具合の良さそうな今回は決めてほしいというのが素直な気持ちです。春の悔しさもありますからね。もちろんそう簡単でもないでしょう。頭数が多ければ競馬をすんなりとさせてもらえない可能性もありますからね。何とかリズムよく走って、良い結果を出してくれたらと思っています」(奥平師)23日の札幌競馬(十勝岳特別・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走を予定しています。

15/8/16 札幌競馬場
23日の札幌競馬(十勝岳特別・牝馬限定・芝1800m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート14頭のところ、本馬を含めて26頭の登録があります。

15/8/13 札幌競馬場
12日は札幌ダートコースで追い切りました(69秒8-54秒9-40秒9-12秒5)。13日は軽めの調整を行いました。「前走後は空港牧場にてじっくり立て直し、そして乗り込みを進めるように調整してもらっていました。状態次第で札幌参戦も検討はしていたのですが、空港のスタッフさんたちの感触からも大丈夫そうですよという話をもらっていたので先週末のタイミングで札幌へ帰厩しました。札幌は基本ダートでの調教になり体を硬くさせてしまう可能性もありますので、こちらでやりこみすぎないでいいようにある程度牧場でしっかりと乗り込んでもらっていましたから、その流れを引き継いで仕上げに入っています。当初は馬が比較的少ない木曜日などの日を選んで追い切る予定でしたが、予報から天気がもしかすると怪しいかもと思えましたので、現地のスタッフ、そして弘人(黛騎手)と相談して水曜日に追い切ることにしたんです。併せ馬を組みやすい日ではありましたけれど、今回も馬のリズムを重視したかったですし、変な力みを与えないように単走で追い切っています。時計的には70-40ですが、リラックスして走っていたということでしたよ。そのリラックス具合、そして走りっぷりからここ最近の中でも雰囲気がいいように思うということも報告してくれました。精神面がいいことはこの馬にとって何よりいいことですよね。春はあと一歩のところで勝つことが出来ませんでしたが、今度はうまく行かせてあげたいです。週末も来週も調整がつけばまた弘人に乗ってもらって、彼の感じた中で調整の強弱をつけていきつつ態勢を整え、来週のレースへ向かって行きます」(奥平師)23日の札幌競馬(十勝岳特別・牝馬限定・芝1800m)に黛騎手で出走を予定しています。


いやぁ~惜しかった!!!
ラジコで聴いていましたが、もしかしたら!と思ったくらいです。
3着に粘ってくれたおかげで初のワイド万馬券を当てました。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/8/26 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「術後の経過は順調そのもので、ウォーキングマシンでの運動を開始できています。まだやれると感じているだけに何とか変わり身を引き出せればと考えていますし、馬の状態を上向かせていきながら復帰へ向けて進めていければと思います」(空港担当者)

15/8/18 NF空港
この中間、去勢手術を行いました。「この中間、去勢手術を行いました。手術は無事に終了しており、現在は馬房内で休養に充てています。今回の措置がいい方向に向いてくれればと思いますし、力があるだけにこちらも何とか復活に向けて取り組んでいければと考えています」(空港担当者)

15/8/12 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「この中間もマシン運動で楽をさせています。今後について石坂調教師と相談しているのですが、苦しさもあるのか精神的にも競馬に向ききれていない部分もありますし、変わり身を引き出す意味でも今の休養期間中に去勢手術を行うことになりました。今後については状態を見た上で近いうちに手術を行う予定です」(空港担当者)


ついに去勢・・・これで何か好転すれば良いのですが。
復活を祈っています!

出資馬近況(8/1~8)

うちの会社もお盆休みに入ったのですが昨日は休日出勤でした。
仕事が間に合ってなく、明日も少し出る予定・・・忙しいことには慣れちゃってますが
仕事があることには感謝感謝です。

そういえば7/26無料Dayに中京競馬場へ行ってきました。
nonnoモデル新川優愛ちゃんのトークショーがあったので会社の同僚も誘って行ってきたのですが
思っていたよりも混んでた・・・新川ちゃん効果なのかな??
半分以上トークショー目的で行ってきたけど私たちみたいな人多かった気が・・・。
新川ちゃん、初めて競馬新聞みて、予想もして、馬券買って、初めてづくしで楽しそうでしたよ。
30分ほどでしたが楽しかった~めっちゃかわいかったです。
午前中で疲れちゃってメインレース見ずに帰ってきちゃいました・・・。
JRAさん、こういうイベントはどんどんやってください。

さて、先週の出資馬たち(3歳以上&2歳馬2頭)の近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/5 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンターを2本登坂しています。「引き続き、速めのペースを織り交ぜながら良化に努めています。まだ競馬を考えるには上積みがほしいですし、何とか送り出すまでにグンと体調を上向かせたいと思います。馬体重は496キロです」(空港担当者)


順調ですね。

◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/7 札幌競馬場
7日に札幌競馬場へ帰厩しました。

15/8/5 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本登坂しています。「この中間も速めのペースでしっかり乗り込みを重ねることができましたので、今のところ今週中にも札幌競馬場への入厩を予定しています。何とか春以上の着順を目指して頑張ってもらいたいと思います。馬体重は493キロです」(空港担当者)


競馬場へ入りましたか。レース楽しみにしています!

◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/8/5 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「引き続き、ウォーキングマシン運動に終始することで心身のリフレッシュ期間に努めています。その甲斐あって馬体重も徐々に回復傾向にありますし、この調子で良化を促していきたいですね。馬体重は479キロです」(空港担当者)


まずはゆっくり疲れをとるべきですね。

◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/5 古賀慎厩舎
5日は美浦南Wコースで追い切りました(66秒8-52秒3-39秒3-13秒3)。「前走はいくらか急ぎ足で使う形にはなりましたけれど見どころがありましたし、次に期待を持てる内容でしたから、その感触を忘れないでいました。中間は天栄で様子を見ながら乗り込んでもらっていましたし、その間に僕も見に行っていましたけれど比較的順調に進めることができていましたね。これならば新潟戦、順調ならば牝馬限定戦を中心に考えていけるだろうと思い、トレセンでの調整をスタートさせています。暑さに参ることもないですし、順調ですよ。今朝も後半の時間帯で追い切りましたが、動きもしっかりしていて思った以上に時計も出せていました。体は一度使ってスリムになっていますが寂しいというほどではありませんし、精神的にも悪くありませんから順調でしょう。今日しっかり動けましたし、このあとの調教の感触が引き続き良ければ来週の競馬から考えていってもいいかもしれませんね」(古賀慎師)16日の新潟競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1800m)に内田騎手で出走を予定しています。


しっかり仕上げて次は勝ちきって欲しいです。
未勝利で終わる馬では無いはずですよ。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/5 函館競馬場
5日は軽めの調整を行いました。「ありがとうございました。いや~、何度思い返しても嬉しいですね。嬉しくて握手の力も入ってしまいます(笑)。本当によく勝ち上がってくれました。まだまだこれからとも思える馬ですから、勝ち上がることができ将来の成長も期待して見ていけるのは大きなことですよね。現状はまだ気を遣いながらやっていかなければいけない状態ではありますけれど、力がついて来たらもう少し距離があってもいいのではないかと思いますし、今後の変わり身にも期待したいです。現在はそのまま様子を見ているところですが、大きく変わった様子、脚元の不安などは見せていません。今週どこかでいったん牧場へお返しして頑張りをねぎらってもらえればと思っていますし、疲れを取って適度に調整を進めて悪くないなと思える状態になってきたらまた競馬のことを考えていきたいですね」(武藤師)


勝ち上がってホッとしています。
次は秋かな~府中あたりかな~楽しみにしています。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/6 高野厩舎
「水曜日の想定を見たところ、今週の牝馬限定戦は出走できるかギリギリだったのですが、今朝の状況はさらに厳しく、ほぼ出走が無理ということでした。混合のダート1700mに回れば出走可能かもしれませんが、来週も牝馬限定戦はありますし、もう1週だけ待つことにしました。今週の状況のままであれば、おそらく大丈夫だろうという見通しです」(高野師)8日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)は非抽選除外になりました。この後は16日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)に出走を予定しています。

15/8/5 高野厩舎
5日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-39秒9-25秒7-12秒6)。「この中間も、特に変わったところはなく、体調を含めていい状態をキープできています。今朝は坂路で併せて追い切りました。体はもうできていますし、輸送も考えて先週同様馬なり程度です。2歳新馬の外に併せて楽な手応えのまま、ラスト1ハロンは12秒6ですから、動きに関しては心配は点はありません。問題はダートがどうかというところに尽きますが、スタートから行き脚がついた前走の内容を見れば、それほど心配はいらないのではないかと考えています」(高野師)8日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)にパートン騎手で出走を予定しています。


パートンさん確保していたのに除外は痛いなぁ・・・。

◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


sun_flame_150808.jpg
15/8/8 小倉競馬場
8日の小倉競馬ではやや立ち遅れ気味のスタートから、道中は鞍上が促しながら中団を追走。直線はなかなか前との差を詰めることができず8着。「ゲートで少し遅れてしまったので、そこから出していこうと思ったのですが、なかなか進んでいってくれませんでした。最後も伸びず、バテずといった感じで…。道中は砂を被っても問題ありませんでしたし、ノドも特に気になりませんでしたが、この距離はちょっと忙しかったのかもしれません」(松若騎手)「久々を叩いて上積みを見込むことができると思ったのですが、このレースぶりを見ていても、こちらが考えていた以上に良化がスローな印象ですね。本当に良かった頃と比べてもまだピリッとしてきません。朝晩は栗東よりも気温が低いくらいですし、もっと上向いてきてくれてもいいのですが…。ただ、馬具の効果か砂を被っても気にする様子はなかったので、そのあたりは収穫がありました。連闘の後ですし、馬の状態をよく確認した上で問題がなければ、このまま滞在で次走を考えていく予定です」(西村師)スタートが遅く、その後も追走に苦労する展開となってしまいました。いいスピードを持っている馬ですし、もっと楽に行くことができると思ったのですが、そのあたりはまだ本調子を欠いている分なのかもしれません。この後については馬体を確認した上で検討していきますが、今のところは滞在のまま次走へ向かう予定です。

15/8/6 小倉競馬場
5日、6日は軽めの調整を行いました。「先週のレース後にお伝えしたとおり、小倉競馬場に残って滞在で調整を続けています。私も小倉に残って状態をチェックしていますが、馬の少ない静かな環境でずいぶん落ち着いていますし、疲れも見せずいい状態ですね。もし出走のチャンスがあればと思い芝の特別に登録させていただきましたが、想定を見るとダートの1000mがフルゲート割れという状況です。もちろん、連闘も視野に入れて滞在させていましたし、ダート1000mに出走できるならそれに越したことはありません。今回は、前走を踏まえてシャドーロールとメンコを着用し、できるだけキックバックの影響がないように、スムーズな位置で競馬をさせたいと考えています」(西村師)8日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に松若騎手で出走いたします。

15/8/2 小倉競馬場
8日の小倉競馬(筑紫特別・芝1200m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート18頭のところ、本馬を含めて24頭の登録があります。

sun_flame_150801.jpg
15/8/1 小倉競馬場
1日の小倉競馬では五分のスタートからスムーズに好位につけるが、砂を被ってポジションを下げてしまい、差を詰めきれず7着。「スタートからいいスピードを見せてくれたのですが、コーナーで前の馬のキックバックをまともに受けてしまって、そこからなかなか進まなくなってしまいました。うまく外目に出せれば良かったのかもしれませんが、頭を上げて動く余裕もなく、走りのリズムが崩れてしまった感じです。いいスピードがあるだけに、もう少しスムーズに進められれば違うと思うのですが…。申し訳ありません」(国分恭騎手)「馬体重は、前走が減っていたので戻ったと考えればいいですし、見た目にも太目感なく仕上がっていました。スタートからいいポジションで進められそうだと思っていたのですが、コーナーでまともに砂を被って嫌気を差してしまったようです。シャドーロールなど砂を少しでも避けられる馬具の着用を考えた方がいいかもしれません。ジョッキーは『これだけスピードがあるのだから、芝はどうですか?』と言っているほどで、ここでも通用する走りはできると思いますし、優先出走権を確保できなかったとはいえ、平坦小回りはいい条件ですから、出走状況を見ながらこのまま次走に向けて調整していきたいと思います。栗東に戻して態勢を整えていくと再度の輸送になりますし、このまま小倉競馬場に滞在させて状態次第では連闘も視野に入れようと考えています。出走状況にもよりますが、芝のレースも視野に入れていきたいですね」(西村師)今日は残念な結果になりましたが、キックバックを嫌がったという明確な敗因がありますし、戦い方次第で十分チャンスはありそうです。このあとは、今のところ小倉競馬場に滞在させて出走態勢を整えていく予定です。


結果は出なかったけど連闘頑張りました。
500万クラス、まだ歯が立ちません・・・。
連闘でさらに滞在競馬とは、西村師なかなかやりますな~


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/8/6 函館競馬場
5日は軽めの調整を行いました。6日は函館Wコースで追い切りました(70秒7-54秒8-40秒6-13秒9)。「前回いったん放牧に出させていただいて短期間ではありましたからガラッと一変するわけではないのかもしれませんけれど、早来での調教時の動きだけでなく体調面も悪くないということから、一度経験を積ませる意味でも札幌でのデビューを視野に再調整することにしました。それで日曜日に函館競馬場へ入場しています。牧場から引き継いでさっそく今週から追い切りを始めており、今朝時計を出しました。正直に言うと走り自体はハミの取り方などまだ課題がありますし、求めていくと左へ張っていくようなところもあります。それでも新馬ですし、あまり最初からいじくりすぎないように、馬の自然な形に合わせるように対応するようにしています。現状、心身のバランスなどからもっと良くなるという良化の余地を感じさせますが、前回から今回の比較のなかでトモを含めて力強さは増しているかなという印象を受けます。テンションも一度経験しているからかわりと落ち着いて見せていますし、少しずつですが変わってくれているのも確かです。いきなりからという感じはしないかもしれませんが、先々を見据えつつデビューを考えていければと思っています」(大竹師)

15/8/3 函館競馬場
2日に函館競馬場へ帰厩しました。


思惑としては牧場は早く使って欲しい、師はじっくり秋まで調整したい、
という感じでしょうか。
どうも使いながら成長させていく、という感じになりそうです。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/8/6 札幌競馬場
5日は軽めの調整を行いました。6日は札幌ダートコースで追い切りました(73秒7-58秒5-43秒3-14秒6)。「無事にゲートを合格して様子を見ながら徐々に進め出しています。週末に軽く大きめのところを乗ったところ、思ったよりも動けていてこのまま進めていけそうですという報告を現地のスタッフから受けていましたし、よほどガクッと来るようなことがなければこのままデビューへ向かっていきたいと考えています。まだ幼さはあり、いきなりトップスピードに乗っていくような感じではないようなのですが、それはお姉ちゃんのアールブリュットもそうでしたからね。そのあたりを含めて徐々に良化を図っていけるようにしていきたいと思っていますし、時間をかけつつ乗り込んで競馬へ向かっていきます」(戸田師)9月5日の札幌競馬(2歳新馬・芝1500m)あたりを目標に調整していく予定です。


もう予定がでましたね。
早めから予定立てるということはジョッキーもよい騎手を押さえられそうです。
岩田騎手だったら最高ですが。

クレオール 嬉しい初勝利!!

初命名馬 クレオール が嬉しい初勝利を上げました。
初ダートだったので正直半信半疑でした。
出足がつかずにじっくりためる競馬、そして大外をロングスパートで一気の差し切り!
皇成くんのファインプレーにも感謝感謝です。

15/8/1 札幌4R 3歳未勝利 ダート1700m 晴:良
11頭 5人気 1着 54kg 三浦皇成 1:46.9 3F38.7 着差0.1 馬体重442kg(-6kg)


以下、レース後の公式コメントです。

◆◇◆ クレオール レース後コメント ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


creole_150801_1.jpg

creole_150801.jpg

15/8/1 札幌競馬場
1日の札幌競馬ではややゆったりとしたスタートも中団の内をじっくり追走。勝負どころでは外からポジションを上げて直線へ向くと先頭。後続の追撃も苦にすることなくそのまま押し切り優勝。「僕が乗せていただく前までの状況から、みんなが“あまりゲートを出ない”ということばかりを言われていたんです。それで前走前にゲート練習をしたのですが、そのとき走ったダートでの感触が良かったんです。それで前走後はダートを進言させていただいたんです。前回は僕自身も気合いが入ってスタートを出してやるというつもりでいて、実際ポンっと出たのですが、結果的に急かすのは良くなかったのかなとも思ったんです。それで今日は何が何でも出すとまでは行かず出たなりで流れを見ながら進めることができればと考えていました。道中のリズム自体も悪くなかったんですよ。前がいいペースで行っていたのでそれらを見ながらじわっと進出しました。外からのびのびと走ることができましたし、余裕がありましたね。僕も言った手前責任もありましたし、上手く行ってホッとしました。ありがとうございました」(三浦騎手)「ありがとうございました。いや~、大きな勝利ですね。人馬ともによく頑張ってくれました。皇成様様ですね(笑)。これまでもダートという考えもないわけではなかったのですが、芝の走りも悪くない分なかなかトライしにくかったんです。そのような中で今回のメンバー構成等を考えるとここは勝負と思いましたし、挑戦してみました。それが見事に的中し、勝たせてあげられて良かったです。スタートしてゆったり構えているからハラハラしましたけれど、結果的に前がタフな流れを作っていましたし、良かったのでしょうね。また、皇成自身も前走で掴んでいた感触があり、自信も持ってくれていたのでしょうね。いや~、それにしても良かった。ホッとしました。ここがダメなら何とか頑張って札幌に残して続戦というプランも考えていたのですが、これで馬に無理はさせなくても済みますね。成長も促せますから、場合によってはひと息入れることも考えたいと思っていますし、成長を促してまた頑張ってもらえるようにしたいとも思っています」(武藤師)前走は思うように動けないで終わってしまいましたが鞍上の進言もあり、またメンバー構成等の出馬状況からもここはトライしてみたいと思いダート戦へ駒を進めました。結果、展開が向いたということもあったのでしょうけれど、余裕を持って抜け出す完勝っぷり。すべてが見事にハマった感じもありますが、何より人馬の頑張りあってのものですし、感謝の気持ちでいっぱいです。函館からの輸送競馬でいくらか体が減ったこともありますし、以前はトモを中心に体の弱さもあった馬でした。様子を見て決定しますが、基本的には勝った御褒美ということも加味してここでひと息入れることも考えています。


言い現せないくらい嬉しいです。ホッとしました。
チーム名古屋馬で勝ち上がれたのも嬉しい!
これまでのいろいろな積み重ねで勝ち取った勝利です。
今後も楽しみにしています。




話は変わりますが、元愛馬の子供たちが走っていました。
キャニオンビューの仔 ジュンファイトクン → 初勝利! おめでとう~!
グロッタアズーラの仔 ナンベーサン → 2歳新馬 デビュー戦 8着
今後も見守ります。

2歳馬近況(7/31)

牧場にいる出資2歳馬たちの7/31の近況です。

◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


chief_conductor_150731.jpg

15/7/31 NF早来 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。体調も良好なことから坂路コースで速い時計をマークしていますが、騎乗している感触としては、この先馬体に見合ったパワーが付いてきそうな印象を受けます。まだ良化の余地を感じる中で、これだけ速めの調教を行えているというのは頑強な血統のなせる業だと思いますので、引き続きしっかり負荷を掛けつつも大事に育てていきます。


年内はじっくりと・・・。

◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


maxwell_150731.jpg

15/7/31 NF空港 
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで駆け上がっており、そのうち2日は2本登坂しています。じっくり進めてきた効果もあって坂路コースではだいぶリラックスしながら走れるようになってきました。この調子で取り組んでいくことで心身共に更なる成長を促していければ理想的と考えています。


ペースは上がりませんが成長は伺えますね。

◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


genius_dancer_150731.jpg

15/7/31 NF早来 
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。血統的にも、ここまでの過程からも奥があるタイプと見ているだけに本格的な速めのキャンターへは移行していませんが、着実な成長を示すように身体をうまく使えるようになってきた感触を得ています。実際にここ最近は乗り手が合図を送るとスッと動けるようになるなど、反応が鋭くなってきました。完成途上ながら堪えた様子を見せないことから、基礎体力はしっかりついてきている感じで末長く活躍できるような競走馬像を描きながら日々の調整を行っていきます。


血統的にこの仔も年内はじっくり調整かな・・・。

出資馬近況(7/19~31)

2週連続で休日出勤など、多忙を極めていますが更新しないと。
たまってから更新するのはしんどいですからね。
忙しいのは良いことなのですが、ゆっくりブログをみられないのはいやだな。
お盆休みは何とか休めるよう今がんばって乗り切ります。

2週分の出資馬たち(3歳以上&2歳馬2頭)の近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/29 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン14~17秒のキャンターを2本登坂しています。「この中間からハロン14秒ペースを取り入れることができているように今のところ、2回札幌開催での出走を目指しています。しかし、あくまでも馬に合わせて検討していければと考えていますので、まずは更なる上積みを求めていければと思います」(空港担当者)

15/7/22 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~18秒のキャンターを2本登坂しています。「乗り込みながらも馬体重は増加傾向にありますし、いい形で進めることができていると思います。引き続き、継続的に負荷をかけながら良化を促していければと考えています。馬体重は496キロです」(空港担当者)


状態はいつも通りですかね。順調みたいで何より。
そろそろ移動でしょうか。北海道で一つ勝ちたいです。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/29 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本登坂しています。「目標の開催へ向けて順調に負荷をかけることができています。レースまではおよそ1ヶ月ありますし、更に負荷をかけて調子を上向かせていければと思います」(空港担当者)

15/7/22 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本登坂しています。「引き続き、順調に乗り込みを重ねることができています。今のところ、2回札幌開催に照準を定めていこうと話していますので、それに合わせて取り組んでいければと思います。馬体重は488キロです」(空港担当者)


そろそろ移動準備の仕上げでしょうか。
移動してすぐのレースでしょうから牧場できっちり仕上げてほしいですね。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/7/29 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「先日の競馬は新たな面が出ないかと期待しましたが、思ったような結果とならず残念です。調教師からは心身のリセットのためしばらくは楽をさせてほしいと聞いていますので、まずは芯からリラックスさせられるように努めていければと考えています」(空港担当者)

15/7/22 NF空港
21日にNF空港へ放牧に出ました。「今回はブリンカーを試したり、距離を延ばすなど試みたのですが、好結果を出すことはできませんでした。本当に申し訳ありません。どうも本調子にないのかピリッとしないレースになってしまいましたね。今後をどうしようか考えたのですが、このまま次へ向かっても良くないでしょうし、空港牧場へ戻して1回芯からリセットさせて立て直しを図っていければと思います」(石坂師)

delizia_al_limone_150719.jpg
15/7/19 函館競馬場
19日の函館競馬ではまずまずのスタートから道中3、4番手を追走するも、勝負どころに差し掛かると徐々に手応えに余裕がなくなってしまい11着。「スタートはこの馬なりに出てくれましたし、無理をせずに先行することができました。道中のリズムは悪くなかったですからもう少し踏ん張れるかと思ったのですが、直線に入る頃にはもう余裕がなくなってしまいました。今回から着用したブリンカーの効果もあったのか勝負どころでハミを取ってくれましたし、前回と比較しても気持ちが切れて止めている感じはなかったのですが…。何とか良さを引き出したかったのですが、申し訳ありません」(菱田騎手)ブリンカーを着用して初めての条件で変わり身を引き出したかったのですが、結果的には様々な要素が上手く噛み合いきれなかったのか狙った結果を出すことができませんでした。気持ちの面はもちろんのこと、毛ヅヤなどからもまだ本調子とは言えなかったかもしれませんし、何とか浮上のキッカケを掴んでいきたいものです。この後はレース後の状態をしっかりと確認しながら、状況に応じてリフレッシュさせることを含め検討していきます。


今度ばかりは転厩を覚悟しなくては・・・。
残る手段は距離一気の短縮と転厩でしょうから。
気持ちを切らさず走る矯正はなかなか難しいでしょうから
一気に走りきれる短距離を試してほしい。
良い馬なだけにもったいないですね・・・。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/30 古賀慎厩舎
30日に美浦トレセンへ帰厩しました。「前走後は脚元を中心に馬体のケアを入念に行いつつ乗り込みを進めてもらっていました。比較的順調に乗れている最近の状況を確認できていましたし、つい先日にも天栄へ見に行って近々の移動ならびに競馬を考えていけるだろうと感じていたんです。そのことから早速入厩の段取りを組み、本日の検疫で戻させていただきました。さっそく明日から動かしていきますが、もちろんこちらでもしっかりと状態を確認していってレースへ向けてピッチを上げていきます。ここ最近はしっかりと乗られていたようですし、暑さに堪える前に競馬へ行きたいですね」(古賀慎師)

15/7/29 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては周回コースもしくは坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「コンスタントに乗り込んできていて、状態面は良い意味で変わりありません。火曜日の朝は周回コースで速いペースで動かす調教を課していますが、動きはまずまずでしたね。先週末に来場された古賀調教師とも近々移動し、競馬を考えていきたいということの確認はしています。今後は入厩に向けて体調を整えて引き継げるようにしていきます。馬体重は545キロです」(天栄担当者)

15/7/21 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては周回コースもしくは坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を取り入れています。「順調に調整できていますが脚元のケアは引き続き慎重にやっていかなければいけない馬ですし、これからも気を引き締めて調整にあたっていきます。調教師とは新潟半ばくらいを目指していきたいと話をしていますし、そう遠くなく移動となると思いますよ」(天栄担当者)


次、一発で決めてほしいです。
レース選択さえ間違わなければ勝ち上がれるはず。
芝は難しそうなので新潟ダートで一発を。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/30 函館競馬場
29日は函館Wコースで追い切りました(56秒2-40秒7-14秒1)。30日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬を見送って今週の競馬を本線において調整を進めてきました。延ばした悪影響はもちろんなく、順調に来ることができていると思いますよ。中1週の競馬になりますし、今回は輸送もついてきますから昨日行った追い切りはサッと整える程度のものにしました。跨ったスタッフからも問題なさそうという言葉を聞いていますし、変わりなくきているはずですよ。あとはどのレースにするかですが、出走間隔の兼ね合いももちろんありましたけれどメンバー構成を見ると芝よりダートかなという気もしました。適性に関してはやってみないとわからないところもありますが、これまで試したことがない条件でもありますし、調子がよく、しかもメンバーが割れそう、そして前回いいスタートを切って先行できた後の今回という流れからも、ここでダートを試してみたいという気持ちがありました。芝では長い距離も使いましたが、ふかふかのダートと想定した場合、長距離はさすがにちょっとタフかなという気がしますのでダートの2400mではなく1700m戦を考えることにしました。権利持ち以外のでもちょっと骨っぽい馬はいるのでしょうけれど、権利持ちも含めてまわりの動向はギリギリまで掴みにくい状況でした。そのような中で、今週は土曜日だけ皇成が乗れるということでした。日曜日にアイビスサマーダッシュで新潟に行くから日曜日は乗れないということなのですが、土日両面を見つつも、できれば前走で良いスタートを切れたコンビという良いイメージで今回も臨みたかったですし、ダートを試してみてはどうだろうかと進言したのも皇成でしたから今回は鞍上にも拘ったうえで土曜日のレースを選択させていただきました。やってみなければわかりませんが、こなせる可能性はもちろんあると信じていますし、何とかここでチャンスをもぎ取ってほしいと思っています」(武藤師)8月1日の札幌競馬(3歳未勝利・ダ1700m)に三浦騎手で出走いたします。

15/7/23 函館競馬場
22日、23日は軽めの調整を行いました。「先週は良い結果を出すことができなく申し訳ありませんでした。レース直後は連闘策も考えていましたし、状態と出馬状況で検討しようと思っていました。ただし、想定を見ていて際どい状況でもありましたし、何より、ここで無理をすると場合によってはこの後の心配も出てくるなと気になってきたんです。今週を見送ると輸送がある札幌戦となりますが、馬への負担を考えて連闘策は見送ることにしました。“今週かも!”と準備をされていた方には申し訳ありませんが、ご理解いただければ嬉しいです。いちおう来週の競馬を本線に考えていくつもりで、皇成が言うようにダートというプランもあっていいと思いますし、例えば芝を使うとしても開幕週でいい馬場を走れるのは魅力でしょう。引き続き状態と状況を見つつ出走の判断をしていきます」(武藤師)

creole_150719.jpg
15/7/19 函館競馬場
19日の函館競馬では好スタートから先手を奪う。道中は勝ち馬が外から捲って来て一緒に上がって行こうとするが、思ったように追走できずに徐々に手応えが怪しくなってしまい13着。「ゲートがポイントになるなと気を付けていましたが、今日は中でしっかりと我慢してくれましたし、ポンッと出てくれました。いいスタートを切れただけでなく、枠も枠だったので積極的に運ばせていただきましたが、途中まではいいリズムで運べていたなと思います。勝ち馬には跨がっていたことがあるので途中で捲って来るなと予想していましたし、実際に来たタイミングで付いていこうとしたのですが、相手のスピードに対応できずに徐々に余裕がなくなってしまいました。時計がかかりやすい芝の走りが悪いことはなかったと思いますが、もう少しでも楽なペースで平均的に運べれば理想的でした。前走から間隔が空いていましたから一度使ってより動けるようになりそうだなと感じましたが、それでも何とか掲示板だけは確保したかったですし、力になることができず申し訳ありませんでした」(三浦騎手)「調整がうまく行き、いい体でレースへ送り出せたように思いました。最内枠を活かすにはやはりスタート。クレオールにとって課題でもあるので気になるところでしたが、今日は良かったですね。レースの展開を握り、前半はいい感じ。見ながら“ヨシヨシヨシ”と思っていましたが、さすがに甘くはありませんでした。捲りがなければ全然違ったでしょうね…。もう少し可愛がってくれたら粘りも違ったはずで、残念でなりません。ただ、結果を抜きにすれば体、スタートと良いところが見られたレースでした。反動さえなければ使って良くなりそうですよね。このあとについては考えます。やはり滞在のまま行ければ良いですから、ダメージがないことが大前提ですが、場合によっては連闘も視野に入れて検討させてください」(武藤師)滞在競馬も良かったのかフレッシュな状態で出走できましたが、積極的な逃げも途中で力のある馬に捲られてしまい厳しい展開でした。この後はレース後の状態次第で間隔を詰めて使うことも考えていますが、一度使って上向いてくれる面はあるでしょうし、前進に期待したいところです。


7/19は前で気持ちよく行き過ぎましたね。
次こそはの思いです。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/29 NFしがらき
29日は栗東坂路で追い切りました(55秒9-40秒1-25秒3-12秒4)。「小倉2週目ならダート1700mの番組が3鞍組まれているので出走できそうということで、先週帰厩させています。1週間程度の短い休養でしたが、元々短期で戻すつもりでしたし、来週に目標を定められるのも調整しやすいですからね。今朝は坂路で併せて追い切りましたが、2回使って体はできていますし、輸送も控えているので終始持ったまま。動きは言うことありません。反応も上々ですし、あとはレースまで今の状態をキープしていければ十分でしょう。次はダートになりますが、能力があるのは間違いないので、なんとか決めてもらいたいですね」(高野師)8月8日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・ダ1700m)にパートン騎手で出走を予定しています。

15/7/23 高野厩舎
23日に栗東トレセンへ帰厩しました。

15/7/21 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週の金曜日にこちらへ到着後、マシンで軽く動かして馬体に異常がないことを確認してから乗り出しています。レースを使ってからまだ間もないですが、特に疲れた気配もありませんね。小倉開催の前半が目標ということで、早ければ来週には移動させることになりますから、緩めずに乗り込みつつも、うまくリフレッシュさせてあげたいですね」(NFしがらき担当者)


パートンさんですか~!今度こそは!!と思っています。

◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/30 西村厩舎
8月1日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に国分恭騎手で出走いたします。

15/7/29 西村厩舎
29日は栗東CWコースで追い切りました。「先週に引き続き、CWコースで併せ馬を行いました。パートナーの外から馬なりでサッと反応を確かめる程度だったのですが、決して動き自体は悪いものではありませんでした。カイバをバリバリ食べているというわけではありませんが、夏バテすることもなく馬は元気で体調も良好ですよ。3月の未勝利戦を勝った時と比べると、実際に乗っていてもガツンと来るようなところがあまり感じられないのが気になるところではありますが、スピードはこのクラスでも通用するものを持っていますから、休み明けでもいい競馬を期待したいと思います」(下川調教厩務員)8月1日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に国分恭騎手で出走を予定しています。

15/7/23 西村厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。23日は軽めの調整を行いました。「先週の土曜日に無事帰厩しています。昨日、CWコースで併せ馬を行いました。3頭併せの真ん中でかなりビッシリと追われて、それほど重苦しさもなく、まずまず動くことができていたんじゃないかなと思います。しっかりと追い切ったことで馬もさらにピリッとしてくるでしょうし、小倉の開幕週を目標に、あと1本追い切れば良い状態に持っていくことができるのではないでしょうか。放牧先でちょっと体調を崩してしまったこともありましたが、今はもうまったく心配がなく元気いっぱい。今回は1000mへと距離を短縮しますが、スピードは十分に通用すると思いますし、何とか巻き返していきたいですね」(西村師)8月1日の小倉競馬(3歳上500万下・ダ1000m)に出走を予定しています。

15/7/20 西村厩舎
18日に栗東トレセンへ帰厩しました。


帰厩後すぐのレースですが期待しています。
まずは無事に戻ってきてください。


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/7/30 NF早来
トレッドミルか周回コースで軽めの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン15秒のキャンター調整も取り入れています。「こちらに放牧に出て来てからはまずは軽めに動かしながら状態のチェックを行っていましたが、体調は良さそうでしたし、脚元も問題なかったので早速坂路でキャンターを開始していますよ。その動きを見ると正直もう少し余裕をもって動けるようになれば理想的だなとは感じましたが、まだ2歳馬ということを考えるとあまり多くを求めるのも酷ですからね。いろいろな経験を積んでさらに逞しくなってほしいですし、馬の具合自体は良さそうですから、調教師とは一度競馬に向けて進めてみるのはどうかと言う相談をしているところです。早ければ今週や来週のタイミングで札幌開催を目標に帰厩させる可能性もありますが、本州と比べれば涼しい北海道での調整になりますし、それもプラスになってくれると思います」(早来担当者)

15/7/23 NF早来
ウォーキングマシン調整を行っています。「ゲート試験合格後はそのまま調教を積みながら様子を見ていたようですが、現状ではそのまま競馬へ向かうと苦しくなることも考えられるようでしたし、こちらへ放牧に出てきています。現在はウォーキングマシンで軽めに動かしながら状態のチェックを行っていますが、体調、精神面をしっかりと見ながら運動を取り入れていきたいですね。馬体重は491キロです」(早来担当者)


牧場では高評価の馬ですし、状態さえよくなればやってくれるはずです。
デビュー戦を楽しみにしています。


◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/31 札幌競馬場
31日にゲート試験を受けて見事合格しました。「昨日までの状況と今朝の様子を確認した上で早速今日から試験を受けてみることにしました。結果、目立った問題もなく無事に合格をもらうことができました。入って1週間も経たないうちに最初の課題をクリアするのですから大したものですね。この後の変化をまず見ていきますがゲートを早くクリアしてくれましたし、間に合うようならば札幌開催中のデビューも考えていきたいですよね。もちろんそれは状態次第、調教の進み具合によりますから、じっくりと検討していきたいと思います」(戸田師)

15/7/30 札幌競馬場
29日、30日はゲート練習中心のメニューを行っています。「26日に札幌競馬場へ入厩させていただきました。牧場でもまだ幼さのあるようなことは聞いていましたけれど、調教はしっかりと積まれており、コンディション的にもいつでもOKということを聞いていましたからね。それでまずはゲート試験合格に向けて進め出しています。初めての環境ということもあってか結構ヤンチャしていて時に立ち上がるなどしているようなのですが、ゲートに関しては比較的問題なく対応できているようです。入りも駐立も今のところは問題なさそうなので徐々に出すことも行っていますよ。子供っぽい状況ですから少しずつとは思っていますけれど、タイミングを見ながら練習のつもりくらいの感覚で試験を受けることも考えていくかもしれません」(戸田師)

maitres_dart_150726.jpg
15/7/26 札幌競馬場
26日に札幌競馬場・戸田博文厩舎へ入厩しました。


祝・入厩!!そしていきなりのゲート試験合格!
入厩から5日で合格って凄いですね。
このままデビューに向かっていくようですし、期待していますよ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。