2015/7/19 出資馬 出走情報

15/7/19 函館4R 3歳未勝利(牝馬限定) 芝2000m 11:20発走


15/7/19 函館12R 北海ハンデキャップ(3歳以上1000万下) 芝2600m 16:05発走


がんばれ愛馬たち! 
スポンサーサイト

2歳馬近況(7/15)

牧場にいる出資2歳馬たちの7/15の近況です。

◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


exhibit_one13_17_20150717.jpg 15/7/17 更新

15/7/15 NF早来 馬体重:478kg(±0kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。ハロン14秒台のペースを交えながらしっかり乗り込んでいることで着実に力を付けており、キャンター時の走りはだいぶ安定感が増してきた印象を受けます。この時期としては競走馬としてのベースはだいぶ出来てきましたので、今後はメンタル面を成長させることでより良い走りを目指していきたいと思います。


順調に乗り込まれています。良い感じですね。

◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


first_chair13_17_20150717.jpg 15/7/17 更新

15/7/15 NF早来 馬体重:490kg(-6kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。この中間、やや馬体重の減少が見られましたので1週間ほど調教のペースを緩めて楽をさせる期間を設けました。疲れが溜まる前にリフレッシュさせましたので、すぐに調子を取り戻し、今では元の調教メニューでしっかり乗り込むことができています。まだ馬体に芯が通り切っていない面がありますので今後も焦らず丹念に進めていきます。


まだまだですね~。
調教時計は詰めていますが動画を見ると走りがまだバラバラな感じが・・・。
この仔独特の走り方かもしれませんがまだ矯正は必要かもしれませんね。


◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


jupiters_jazz13_18_20150717.jpg 15/7/17 更新

15/7/15 NF空港 馬体重:422kg(-1kg)
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで駆け上がっており、そのうち2日は2本登坂しています。ハロンペースは16秒台で進めていますが、まだ走りのフォームには改善の余地が残るので、しばらくこのペースを中心に乗り込むことで更に理想的なものとなるよう教えていく必要がありそうです。精神面では以前より落ち着いてきましたが、まだ幼さはありますので、なるべくストレスをかけないようケアしながら進めていければと思います。


馬体重がなかなか増えませんね。
なかなかペースを上げられないの馬体の成長途上だからなのかも。
順調ではあるとおもいますのでじっくりと進めて欲しいです。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


isadora13_17_20150717.jpg 15/7/17 更新

15/7/15 NF早来 馬体重:437kg(+15kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。調教では速めの時計を出していますが、首や背中をうまく使ったリズミカルなフットワークを披露しており、走りの質は着実に良化の一途を辿っていると言えるでしょう。馬体は一回り大きく成長してきましたが、まだまだ上昇していきそうな雰囲気がひしひしと伝わってきますので、父が見せた成長力を加味すると今後の伸びシロがどれ程のものか非常に楽しみでなりません。


調教をしっかりやれていての15㎏増は良いですね。
走りもしっかりしてきた印象です。楽しみ。
このメンコ、可愛いというか、おもしろいです。

出資馬近況(7/7~17)

まぁ、いろいろとありまして心が折れそうになってますが
何とか気持ちを切り替えて頑張ろうと思っています・・・。
仕事にはいろんなトラブルはつきものですから頑張っていくしかありませんね。

2週分の出資馬たち(3歳以上&2歳馬1頭)の近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


white_fleet_150708.jpg 15/7/8 更新
15/7/8 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンターを1本登坂しています。「この中間も継続的に坂路コースでの乗り込みを行っています。馬体重は回復傾向にありますし、今後も馬に合わせて日々の調整メニューを組んでいければと思います。馬体重は492キロです」(空港担当者)


この中間も順調そうです。
晩成の馬だという認識をしていますし、そろそろ一皮むけて欲しいです。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


sagres_150708.jpg 15/7/8 更新
15/7/8 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンターを1本登坂しています。「順調に負荷を高めることができていますし、復帰へ向けてスムーズに進めることができています。北海道開催で出走するのは初めてになりますが、いい結果を出せるようにしっかりと調整していきたいですね。馬体重は494キロです」(空港担当者)


状態は良さそう。いつ使うんでしょうか?
接戦をしていたアカネイロが本格化してきているのでこの仔ももうちょっと頑張って欲しい。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/7/16 函館競馬場
15日は函館Wコースで追い切りました。16日は軽めの調整を行いました。「この中間も順調に乗り込んでいます。水曜日はジョッキーを乗せてウッドコースで併せて追い切りました。相手を追走して最後はほぼ併入という内容でしたが、ブリンカーを着用しての追い切りで、見ていても追ってからの反応は良くなっているように感じました。これがいい方に出るかどうかはまだ何とも言えませんが、普段の調教でも着用していない時とは気配が違っているので、何か変化はあるように思います。距離も思い切って延ばすことになりますが、自分のリズムを崩さずに走って、次につながるきっかけをつかんでもらいたいと思っています」(荻野要助手)19日の函館競馬(北海HC・芝2600m)に菱田騎手で出走いたします。

15/7/12 函館競馬場
19日の函館競馬(北海HC・芝2600m)に特別登録を行いました。同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて13頭の登録があります。

delizia_al_limone_150701.jpg 15/7/1 更新
15/7/2 函館競馬場
8日は軽めの調整を行いました。9日は函館ダートコースで追い切りました。「ちょっときっかけが欲しいところですし、今回は条件を替えてみようということで、来週の2600m戦を目標に先週帰厩させています。水曜日はダートコースで馬なり程度の時計を出しました。使ってそう間も空いていませんし、ビシッとやるのは来週の1本でいいでしょう。短期放牧明けですが、大きく変わったところはなく順調に来ていると現地のスタッフからは報告を受けています。走れない状態ではないと思うのですが、前走がふがいない競馬でしたし、今回はブリンカーを着用することも検討しています」(石坂師)19日の函館競馬(北海HC・芝2600m)に出走を予定しています。


まさかの一気の距離延長とは。逆に短くするのかと思っていました。
でも北海道で短縮だと1200mになってしまうか・・・。
まずは無事に走りきれるか、気持ちを切らさずに走れたら結果はついてくるはず。
菱田君も2度目なので今度は頑張って。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/7 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週こちらに帰ってきましたが、今のところ変わった様子はありません。初戦も悪くないと思えるものでしたし、何とか前進して限られた中かもしれませんが、チャンスを得られるようにしていきたいですね。脚元等に変わった様子はないのでさっそく動かし出し、現在はトレッドミルと馬場でのキャンター調教を取り入れています。特に後肢への負担がかかりやすいかなと思えますので、場合によっては坂路メインではなく周回コースメインの調教を課していくことも考えているところです」(天栄担当者)


そろそろ戻してくれないかな~?
新潟開催を目指すためにはそろそろピッチを上げていかないと・・・。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/17 函館競馬場
19日の函館競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に三浦騎手で出走いたします。

15/7/15 函館競馬場
15日は函館Wコースで追い切りました(67秒3-52秒4-38秒3-13秒4)。「予定通り先週末から時計を出しています。その時は半マイル54秒くらいの時計で終いを重点的に伸ばしましたが、乗っていたスタッフからも感触がいいと言う話を受けていましたし、順調に来ることができています。その感触を持って今朝追い切りを再びかけたのですが、長めからじっくり動かして最後まで集中力を切らさずにしっかりと走れていましたよ。再び“良いです!”という報告を受けましたし、何とかその流れを持って競馬へ行き、良い結果を期待したいですね。前走は少し距離のあるところを使いましたが、本来は中距離くらいである程度のところから終いを活かすような競馬が一番いいと思います。今回は函館ということで滞在している中でしっかりと動かしてくれそうな人を探した結果、皇成で行くことになりました。まずは課題になりがちなスタートを最低限でもいいので出て流れに乗り、勝負に持ち込めればと思っています」(武藤師)19日の函館競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に三浦騎手で出走を予定しています。

15/7/8 函館競馬場
8日は軽めの調整を行いました。「日曜日に函館競馬場へ入厩させていただきました。輸送自体は問題なくこなしてくれましたが、やはり体は減りやすい馬ですからね。また稽古をやっていってさらにシュッとなりやすい馬でもありますから、そのことを加味して天栄でしっかりと乗り込んでもらって、今週はじっくり動かしながらコンディションを整える調整をしています。やれば仕上がりも早い馬なので大きめだったり、時計を出すのは週末と来週とで考えて、上手く仕上がれば来週から考えていきたいと思っていますよ」(武藤師)仕上がり具合次第ですが、早ければ19日の函館競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に出走を予定しています。


仕上がりは万全・・・のはず。
勝ちきれるようにコウセイ君頑張ってください。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/17 NFしがらき
17日にNFしがらきへ放牧に出ました。「木曜日の出走状況などを見て検討したのですが、長期休養明けを2回使った後ですし、このまま厩舎で調整をして常に出走態勢を整えておくよりは、一度放牧に出して小倉開催を目標にリフレッシュさせた方がいいだろうと判断しました。前半のうちには使って行きたいので、短期で帰厩させるつもりでいます」(高野師)

15/7/15 高野厩舎
15日は軽めの調整を行いました。「2000mでも牝馬同士ならば辛抱してくれるかなとも思っていたんです。道中で少し行きたがっていたとはいえ、その他はスムーズに運ぶことができていたと思いますし、あの感じならばもっと走ることができていいのですが、それで終い伸びなかったということは、結果的に多少距離が長かったということなのでしょう。レース後ですが、今のところは大きな反動も見せていませんし、暑さが堪えることもなく体調面も安定しています。優先権を逃してしまったので、具体的な目標を定めにくいところですが、距離を短縮するなど条件を変えることも頭に入れながら次走を検討していきたいと思います」(高野師)

belle_diva_150712.jpg
15/7/12 高野厩舎
12日の中京競馬は五分のスタートから行きっぷり良く好位を追走。スムーズに直線を向いたが、追い出してからの伸びがなく10着。「前走のVTRを見る限り、自分からハミを取っていくようなタイプではないと思っていたのですが、いざ返し馬に行くと印象とはまったく違いました。けっこうハミを噛んでいるし、走りに対して真面目すぎる感じなんです。ゲート内ではちょっとガタガタしていたものの、自然といいポジションは取れたのですが、やはりちょっと行きたがっていた分最後は伸びきれませんでした。結果を出さなくてはいけなかったのに、申し訳ありません」(北村友騎手)「4コーナーでは勝ったかと思ったのですが、前が開いて追い出してからの伸びがなく、最後はやや脚が上がっていた感じで、広い中京コースでこの距離はちょっと長かったようにも思います。力があることは分かっているだけにこの状況はもどかしいですが、まずは馬の状態をよくチェックしてから今後のプランを検討していきます」(高野師)一度使っての上積みを期待した一戦でしたが、実戦を経験して気持ちが入ったのか、やや行きたがった分終いの伸びを欠いてしまいました。優先出走権を確保できなかったため、どうしても選択肢は狭まりますが、なんとかベストの結果につながるように検討していきます。

15/7/9 高野厩舎
12日の中京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に北村友騎手で出走いたします。

15/7/8 高野厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(54秒5-39秒4-25秒6-12秒7)。「今朝は坂路で追い切りました。終いだけサッと伸ばすような形でパートナーと併せていったのですが、最後まで余力たっぷりでしたし、しっかりとした良い動きを見せてくれましたね。先週、一杯に追い切っていますし、夏の暑い時期、ましてや牝馬ということもありますからこれでもう十分でしょう。放牧明けと言っても10日間程度の短期でしたし、そのあたりの心配はまったくしていません。当初の出走状況からは、目標とする今週の牝馬限定の芝2000mは出られるかどうか、正直厳しいかなというところだったのですが、水曜日の想定の段階ではどうやら大丈夫そうでしたのでまずはひと安心。一度競馬を使ったことで馬はだいぶ良くなってきていますし、能力は確かな馬ですから次こそは何とか決めたいところですね」(高野師)12日の中京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に北村友騎手で出走を予定しています。


スタート決めたのにそのまま前行くか~~~!!??
って思いましたが実際のレースを見ると道中悪い感じはしない。
いざ追い出すと伸びませんでした・・・。
じっくりためて行けたら結果は変わっていたかもしれませんがやっぱ距離かな。
友一ジョッキーは好きなジョッキーの一人ではありますが
今回の騎乗は”う~ん・・・?”と思いました。
もう少し、康太ジョッキーのような思い切りが欲しいですね。
次も乗ってくれるのなら次は結果が出ないとまずいですよ。
この馬のチャンスもあと1~2回。何とか勝って欲しいです。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/7 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「引き続き、この中間も周回コースで体を解してから、坂路では終いを15秒程度まで伸ばしています。先週からペースを上げていますが、堪えることもなく相変わらず体調面の不安はありません。今朝、西村調教師が来場されて馬をご覧になったのですが、これならば近々の移動を考えたいとのことでしたので、こちらもそのつもりでしっかりと進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)


そろそろ戻りそうですね。
成長を楽しみにしています。


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


15/7/10 NF早来
10日にNF早来へ放牧に出ました。

15/7/9 函館競馬場
8日は軽めの調整を行いました。9日は函館Wコースで追い切りました(72秒5-55秒2-40秒0-14秒0)。「先週末は無理なくじわっと動かして体調が悪いという感じはなかったですから、今朝改めて追い切りを課してみることにしました。ジョッキーの丸田に手伝ってもらって併せ馬を行ったのですが、正直に言うとあまりいい動きとは言えない走りをしていました。どうしても上擦ってしまって重心が浮いてきてしまい、ハミをしっかりと取って前へと推進していく走りができない状況です。そのなかでテンションが上がってきているし、このまま強引に押し込んで進ませようとすると気持ちを曲げてしまいそうになります。牡馬ならば攻めて刺激を与えて変えようという姿勢も取れなくはないのですが、牝馬です。しかも、テンションの高揚が目立ってきている現状で攻めの姿勢を取るのはリスクが大きすぎると感じます。丸田には事前に言ってはあったので、無理やり走らせることにはならなかったのですが、調教時計からも終いは時計がかかってしまいました。正直ここまで来ていたのでいったん競馬まで行く考えもあったのですが、このまま競馬で走らせても悪い印象、競馬は苦しいものと認識させてしまうだけになるかもしれません。クラブ、牧場とも相談をしたのですが、悩んだ結果、ここはいったん仕切り直すことになりました。このままデビューまで行くのではないかと楽しみにされていた会員さんも多かったと思いますし、苦汁の決断でした。申し訳ありませんが、ご理解いただけると助かります。この函館での滞在経験はきっと必ず活きてくれるはずと信じていますし、経験を積んだことはプラスになるはずです。一度早来牧場へ戻させていただいて、さらなる基礎体力の向上を目指して乗り込んでもらい、改めてデビューへ向かっていきたいと思っています」(大竹師)


仕切り直しです。全然OKです。
ゲート試験は合格してますし、秋始動で頑張ってもらいましょう。

2歳馬近況(6/15・30)

牧場にいる出資2歳馬たちの6月の近況です。
グースベリーは6/13に函館競馬場へ入厩し、ゲート試験も合格し
デビューに向けて頑張っています。
ほかの仔たちも続いて頑張って欲しいです。

◆◇◆ メートルダール 近況 ◆◇◆
牡馬 父ゼンノロブロイ 母イグジビットワン(母父Silver Hawk)
2013年2月22日生 鹿毛 美浦:戸田博文厩舎 生産:ノーザンファーム


maitres_dart_150630.jpg

15/6/30 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。これまでもいい良化を見せている本馬ですが、ここ最近は馬体がさらにしっかりとしてき印象を受けます。実際に登坂時の手応えは春先のそれと比較してもだいぶ良くなったことを実感できます。しかし、物見をするなど精神面にまだ幼さを残していますので、心身がしっかり噛み合うように意識しながら乗り込んでいきます。

15/6/15 NF早来 馬体重:478kg(+10kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン16秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。馬体重は増加傾向にあり、見た目にも筋肉のメリハリが出て、中身にはしっかりと実が詰まってきていることがうかがえます。特にトモの筋肉の発達には目を見張るものがあり、日々のカイバや調教を糧に着実に成長を遂げていることは間違いないと言えるでしょう。


順調に馬体重増えているし、良い感じです。
このまま秋までしっかり乗り込んで素晴らしいデビュー戦を迎えられると最高ですが(笑)


◆◇◆ チーフコンダクター 近況 ◆◇◆
牡馬 父メイショウサムソン 母ファーストチェア(母父ジャングルポケット)
2013年1月25日生 黒鹿毛 美浦:上原博之厩舎 生産:ノーザンファーム


chief_conductor_150630.jpg

15/6/30 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。週に1度ではありますが速めのキャンターを行う中で、徐々に馬体に見られる緩さは解消してきており、走り自体もだいぶ安定感のあるものへと変わってきました。とはいえ現状は自身の器に見合う中身を作っていく段階であると認識していることから、将来に向けて無理なく基礎的な部分を固めていきたい考えです。

15/6/15 NF早来 馬体重:496kg(+6kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2000m、週3回は屋内坂路コースでハロン15秒(うち週1回はハロン14~15秒)のキャンター1本の調整を行っています。大型馬ということもあり、まだフォームが安定しきれていない面はありますが、その中でも手応えよく坂路を登坂することができています。ここまでの調整過程からあまり急かして乗り込んでいくよりも、焦らずじっくり調整していく方が本馬の良さを引き出していけそうな雰囲気を感じますので、夏過ぎくらいまでは馬本位に進めていこうと考えています。


コメントの感じからは、『まだまだかな』という印象。
伸びしろは十分ありそうなのでじっくりと乗り込んで欲しいと思います。


◆◇◆ マクスウェル 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハービンジャー 母ジュピターズジャズ(母父サンデーサイレンス)
2013年3月8日生 栗毛 栗東:藤岡健一厩舎 生産:ノーザンファーム


maxwell_150630.jpg

15/6/30 NF空港
この中間も順調に調整を積んでいます。現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで駆け上がっており、そのうち2日は2本登坂しています。速めのペースを徐々に織り交ぜている影響もあってテンションが高くなる面が多く見られるようになってきたので、リフレッシュを取り入れさせながら進めていく方針です。まだ良化が期待できそうですし、焦らず進めることで更なる上積みを求めていければと思います。

15/6/15 NF空港 馬体重:423kg(+1kg)
現在は1000m周回ダートコースで軽めのキャンター2周半の調整メニューを中心に、週3回900m屋内坂路コースをハロン16~17秒のキャンターで駆け上がっており、そのうち2日は2本登坂しています。坂路での登坂本数を増やしてから背中の筋肉が盛り上がり、逆に腹回りは引き締まって毛ヅヤも良化してきています。目に見えて良化がわかる状態ですし、今後もこの調子で鍛えていければと考えています。


特別良くは見えませんが悪くないですね。
この配合ですし、走る仔が出ても驚けませんし期待していますよ。
可愛い仔です。


◆◇◆ ジーニアスダンサー 近況 ◆◇◆
牝馬 父カンパニー 母イサドラ(母父ダンスインザダーク)
2013年3月12日生 鹿毛 栗東:高橋康之厩舎 生産:ノーザンファーム


genius_dancer_150630.jpg

15/6/30 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。まだ体を持て余しているところはあるものの、コンスタントにハロン15秒台のキャンターをこなすことでトモ脚の踏み込みなどは以前より力強さを増してきた感じです。父の産駒らしくこれから良くなってくる部分が多いと思いますが、現状においても背中の良さ、センスの良さを随所に見せていることから、焦らず良好な成長さえ促していけば、ゆくゆくはスピードを武器に楽しめる競走馬になってくれるのではないかと感じています。

15/6/15 NF早来 馬体重:422kg(+7kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター1本の調整を行っています。いい流れの中で調整が進んでいることを証明するように、馬体各所の筋肉は徐々にその厚みを増し、腹回りもいい意味でフックラと見せるようになってきました。馬体はまだ成長の余地が感じられますが、動きの面では現時点でも評価に値するキャンターを見せていますので、今後もじっくり調整していくことでさらなる良化を促していきます。


馬体重は順調に増えてますが馬体を見る限りではまだ華奢な印象です。
スピード有りそうな仔なので将来は楽しみにしています。

出資馬近況(6/30~7/5)

出資馬たち(3歳以上&2歳馬1頭)の近況です。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/1 NF空港
角馬場でのフラットワーク調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン16~18秒のキャンターを1本登坂しています。「徐々に負荷を高めていますが、いい動きで問題なく対応してくれています。今後は北海道シリーズでの復帰を目指して日々取り組んでいければと思います」(空港担当者)


順調です。
しっかりと乗り込んで復帰戦はきっちり仕上げて欲しいです。


◆◇◆ サグレス 近況 ◆◇◆
牝馬 父フジキセキ 母カラベルラティーナ(母父クロフネ)
2011年1月22日生 黒鹿毛 美浦:奥平雅士厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/1 NF空港
周回ダートコースで軽めのキャンター調整を中心に、週3日は屋内坂路コースでハロン16秒のキャンターを1本登坂しています。「しっかりリフレッシュを図れましたので、坂路コースでの運動を再開しています。今のところ、札幌開催での出走を目標に進めていこうと話をしていますので、それまではしっかりと状態面のアップに努めていければと思います」(空港担当者)


良い感じで調整できています。
北海道で使う感じなのでそろそろピッチが上がって来る頃です。
しっかりと仕上げて今度は決めてもらいたいですね。


◆◇◆ デリッツァリモーネ 近況 ◆◇◆
牡馬 父キングカメハメハ 母ドルチェリモーネ(母父サンデーサイレンス)
2011年1月25日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


15/7/2 函館競馬場
2日に函館競馬場へ向けて移動しました。

15/6/27 NF空港
ウォーキングマシンでの調整を行っています。「こちらの戻ってきての状態を見てきましたが短期ではあるもののリフレッシュできた様子ですし、今のところ今週中の検疫を確保した上で函館競馬場へ戻すことを考えています。状態に合わせて2~3週目での競馬を考えていくことになるでしょうから、今度こそ結果を出してもらいたいと思います」(空港担当者)

あれ?
本当にすぐに帰ってきました。すぐに使うのかな?
状態は悪くないみたいなので気持ちの問題ですね。
何となく思ったのですが、一度短距離使って欲しいです。
いがいと短距離だと本気で走ってくれたりするかも。


◆◇◆ ヴァシリーサ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ハーツクライ 母ペンカナプリンセス(母父Pivotal)
2012年4月11日生 栗毛 美浦:古賀慎明厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/1 NF天栄
1日にNF天栄へ放牧に出ました。「先週はスタートをちょっとモサッと出てしまい流れに乗ることから苦労してしまいました。それでも、長い直線で追われるとジリジリとですがいい脚を見せてくれていましたし、感触としては悪くないのかなと思いましたね。その分の反動が出ないかが心配だったのですが、レース後から今朝までの様子を見ていても変わりなさそうに感じます。時間が経って変わる可能性もゼロではないですが、とりあえず今の時点では目立った不安は見せません。デビューが遅れたことからも体力面での心配もありますし、肉体的な反動も気になりやすいです。ドンドン詰め込んでいくとこの夏をいい形で過ごすことは厳しくなりますし、いったんリセットし、天栄でも引き続き状態の変化を見てもらってから次走へ向かっていけるようにしたいと考えています」(古賀慎師)


放牧に出ちゃいました・・・。
また長引きそうで心配です。
能力があるのは分かったので早めに次走に進みたいです。
調子が良いうちに使わないと出たいレースにすら出られなくなってしまう。
師はどう思われてるのか、気になります・・・。


◆◇◆ クレオール 近況 ◆◇◆
牝馬 父チチカステナンゴ 母リンガフランカ(母父サンデーサイレンス)
2012年1月31日生 栗毛 美浦:武藤善則厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/5 函館競馬場
5日に函館競馬場へ帰厩しました。

15/6/30 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースでキャンター調整を行い、日によって坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っています。「いちばん負担がかかりやすいトモの具合は悪くなく、調整のほうも比較的順調に行えていますよ。厩舎からは函館の競馬を目標にして、函館競馬場へ入厩させるかもしれないという話をもらっています。また、移動のタイミングも近いと思いますので、しっかり調整して送り出せるようにしていきたいですね」(天栄担当者)


状態は良さそう。
来週から使うのでしょうか?
19日に牝馬限定の芝2000mがあります。
今度はきっちりと決めてもらいたいですね。


◆◇◆ ベルディーヴァ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダイワメジャー 母ハルーワソング(母父Nureyev)
2012年3月11日生 栗毛 栗東:高野友和厩舎 生産:ノーザンファーム


15/7/1 高野厩舎
1日は栗東坂路で追い切りました(55秒6-39秒4-25秒6-12秒5)。「先週末に無事帰厩し、順調に乗り出しています。1週間程度の短期放牧でしたが、これは当初からの予定どおりですし、初めて実戦を経験した後の精神面のケアもうまくできたと思います。前走後は、一応の目標を来週の牝馬限定芝2000mに置いていたのですが、先週までの出馬状況からすると出走は厳しい状況。ただ、開催が替わって傾向も違ってくるかもしれませんし、まずは予定どおり来週の競馬を目標に調整していこうと思います。今朝は坂路で併せて追い切りました。雨で馬場も悪かったので、無理せず上がり重点の内容でしたが、やはり一度使ったことで動きは良くなっていますね。もともと完成度の高い馬でしたが、ここにきてさらに芯が入ってきた感じがします。次はきっちり決めなくてはなりませんし、この後もしっかりと調整していきたいですね」(高野師)12日の中京競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)を目標にしています。


出走できるかが一番の問題になりそうです。
出走ラッシュが続きそうなので何とか出走してあっさりと決めて欲しいです。
ジョッキーも誰になるのか気になります。


◆◇◆ サンフレイム 近況 ◆◇◆
牝馬 父キンシャサノキセキ 母ササファイヤー(母父Saint Ballado)
2012年4月15日生 芦毛 栗東:西村真幸厩舎 生産:ノーザンファーム


15/6/30 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「周回コースと坂路でじっくりと乗り込んでいますが、少しずつペースアップしてきてだいぶ状態も上がってきましたし、この中間からは坂路で終いを15秒近くまで伸ばして調教も取り入れています。体調の心配もありませんし、ここまで進めても堪えるようなこともなく、動きはしっかりとしていますよ。この調子で状態をもう一段階上げていきたいと思います。馬体重は511キロです」(NFしがらき担当者)


少しずつペースを上げていますね。
小倉で使うのかな?
成長したサンフレイムを待っていますよ。


◆◇◆ グースベリー 近況 ◆◇◆
牝馬 父ワークフォース 母ラズベリータイム(母父フジキセキ)
2013年3月22日生 黒鹿毛 美浦:大竹正博厩舎 生産:木村秀則


gooseberry_150613.jpg 15/6/13 更新

15/7/1 函館競馬場
1日は函館Wコースで追い切りました(56秒7-41秒4-13秒5)。「先週じっくり動かして様子を見ていましたが体調自体は悪くなさそうだったので、徐々に強めのところも取り入れてみようと考えて今朝追い切りを行うことにしました。実際、ウッドコースに入れてみて動かしたところ、やや上擦る感じで気はあるように見えるけれど、ハミをしっかり取れずに走っているように見せました。ゲートの時に乗ってくれていた丸田も近いニュアンスのことを言っていましたし、現状そのあたりが課題点と言えるかもしれません。週末などに他馬と併せる形を取ってみて、それでどういう反応を見せてくれるかも確認してみたいと思います。それでもこれはちょっとと思えれば仕切り直そうと考えるかもしれませんし、良ければ競馬に向けてまた一つ進めてみようと判断していきたいと思っています」(大竹師)


このままデビューまでいくのか、微妙なところです。
早来での絶賛コメントは何だったんだろうと思います・・・。
キャロットではよくあることなので気にしませんが・・・。
走る気を出してくれると良いのですが、こればかりは調教で何とかしてもらうしかないですね。
馬体に関しては言うことなしです。
ホントに良い馬に見えるんですがねぇ~。

CBC賞 & ラジオNIKKEI賞 予想