出資馬 近況(8/14~23) その2

続いては2歳馬たちです。
こちらも大きな動きがありました。
来週、3歳以上も含めたら5頭出走!!??
楽しみにしています。

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


12/08/14 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「レース後の放牧と言うこともあり使ったなりの疲れはありましたが、徐々に癒えて来ていますし、脚元に痛いところが出ている訳でもありません。まだ具体的な話は出ていませんが、今後の状態に問題がなければ天栄へ移動して帰厩に備えていくプランもあるようですし、こちらでは乗り込むと言うよりは体調を整えることをメインに進めていきます。馬体重は468キロです」(空港担当者)

12/08/17 NF天栄
17日にNF天栄へ向けて移動しました。

12/08/21 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。「先週末に北海道からこちらへ移動してきました。脚元等は問題なさそうとのことでしたが、レースの疲れからかカイバの食いがひと息だったようなのです。そのことを第一に考えながらチェックしているのですが、移動してきてから今朝の様子を見る限りでは食べることができているし、大丈夫そうですね。まだトレッドミルにとどめていますが、様子を見ながら徐々に進めていければと思っています」(天栄担当者)

もう天栄まで来てますね。
体はタフな仔なので競馬を覚えたらしっかり結果を残してくれるでしょう。
まだこれからの馬なので期待しています。
中山で復帰かな??


◆◇◆ グレイスヒーロー 近況 ◆◇◆
牡馬 父ダイワメジャー 母グレイスルーマー(母父トニービン)
2010年1月25日生 栗毛 美浦:栗田徹厩舎 生産:ノーザンファーム


12/08/15 栗田徹厩舎
15日は美浦坂路で追い切りました(55秒5-40秒8-27秒0-13秒5)。「先週戻ってきてから様子を見つつ進め出していますが、特に暑さに参って調子がひと息になるようなこともありませんし、スムーズにこちらの調整もスタートできています。少しの間放牧に出して楽をさせていただきましたが、それも良かったようでこの期間にも成長していますね。少し背が伸びたように見えますよ。週末に15-15を出して問題なさそうだったので今朝は坂路で55-40くらいのペースで動かしました。まだ最初だからということもありますし、走ることにめちゃめちゃ前向きというタイプでもないので驚くような時計にはなっていませんが、フットワークも良く、乗り手の感触も良好でした。あくまでもこのまま順調に進めていければという条件付になりますが、新潟の最終週を考えることができそうなので、1600mを目指して進めていきたいと思っているところです」(栗田徹師)9月1日の新潟競馬(2歳未勝利・芝1600m)に出走を予定しています。

12/08/22 栗田徹厩舎
22日は美浦南Wコースで追い切りました(84秒4-68秒0-53秒3-40秒1-14秒3)。「先週は坂路で追い切り、週末も坂路に入って14-14から終いを少し伸ばすような調教を行っています。今朝は1週前追い切りということを考えてコースに入れることにしました。多少負荷をかけておきたかったですからね。ウッドチップコースに入れて2頭併せで動かしたのですが、全体は悪くなかったけれど終いはいくらかまだ重いかなと思える動きでした。終いの時計も少しかかっていますからね。上がってきたときの息などもまだ良化途上中かなと思えるもので、今回と今後の調教で上手く仕上がってきてくれればと思っています。前走の競馬は乗ってくれた蛯名さんも好印象を持ってくれたものでしたし、さらにいい走りができるようにしていきたいです」(栗田徹師)9月1日の新潟競馬(2歳未勝利・芝1600m)に出走を予定しています。

調教時計が詰めてこられないあたり、まだまだかなぁ
とは思いますが初戦でも最後差を詰めてきていたし能力はあると思います。
レースを覚えつつ、2~3戦のうちに勝ち上がりたいですね。
今回はエビショー乗ってくれないのかな?
誰が乗ってくれるのか・・・注目です。


◆◇◆ ペドレリーア 近況 ◆◇◆
牝馬 父ネオユニヴァース 母ジェリクル(母父メジロライアン)
2010年3月7日生 鹿毛 美浦:栗田博憲厩舎 生産:白老ファーム


12/08/15 栗田博厩舎
15日は舎飼で休養しています。「ゲート試験を合格して週末にも少し動かしていました。順調に来ていたので今週から本格的にピッチを上げていこうかと思っていたのですが、今朝ちょっと熱が上がってしまいました。39度行くかいかないかくらいのちょっとした熱発で、それほど大きな影響はなさそう。カイバは手のひらひとつくらい残すものの食いはそれほど悪くないので、おそらく1日楽をするくらいで動かせると思います。順調に回復すれば週末もしくは来週から時計を再開できるでしょう」(栗田博師)

12/08/22 NF天栄
22日は美浦坂路で追い切りました(53秒2-38秒6-25秒1-12秒5)。「ちょうど1週間前に熱発してしまいましたが、やはり見込みどおり1日で治まり翌日から動かせていたほどです。ご心配をおかけして申し訳ございませんでしたが、大きな影響を受けることもなくその後は順調に調教を行えていますよ。週末には大きめを乗っていましたが時計は今日出しました。前2頭を見る形でスタートし、最後に並びかけるような追い切りの内容。入厩のタイミング、乗り込み量の差もありましたから当然といえば当然でしたが後ろから追いかけて仕掛けてからの伸びもまずまずで、しっかりと先着を果たしてくれましたよ。どんなもんかと見定める気持ちでモニターを見ていましたが、まずまずでしょう。やりすぎたわけでもありませんし、53秒くらいならばまた週末に少し濃い目のところを乗っていけるでしょうし、週末、来週と適度に動かしていけば態勢は整うのではないかと思っています」(栗田博師)9月1日の新潟競馬(2歳新馬・芝1400m)に中舘騎手で出走を予定しています。

デビュー戦決まりました~!!
5月の頓挫や先週の熱発を考えたら奇跡に近いですね。
ペドちゃんは本当に頑張り屋さんです。
まずは無事にレースに出て、完走を目指して欲しいです。
そして1着を目指して・・・
スポンサーサイト

出資馬 近況(8/14~23) その1

相変わらずビックリするくらいの忙しさで更新がなかなかできません・・・。
今日なんとか今週分まで頑張ります。

◆◇◆ アマルフィターナ 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母ホワットケイティーディド(母父Nureyev)
2007年3月24日生 黒鹿毛 栗東:平田修厩舎 生産:ノーザンファーム


12/08/14 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週よりも少しペースを上げる形で、坂路では終い16秒ぐらいのところをコンスタントに乗っています。見た目に活気があって気配がいいですし、このぐらいのペースを乗り込みつつ帰厩に備えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

12/08/16 平田厩舎
16日に栗東トレセンへ帰厩しました。

12/08/23 平田厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(52秒5-38秒9-26秒0-13秒4)。23日は軽めの調整を行いました。「先週無事帰厩し、順調に乗り込んでいます。放牧先でかなり状態が良かったとのことでしたが、馬体もふっくらしていていい雰囲気ですね。トレセンに来るとピリピリしがちなタイプなので、水曜日はいつもどおり馬なり程度でしたが、4ハロン52秒台と上々のタイムをマークしてくれました。来週牝馬限定の芝1200mという番組がありますので、そこを目標に調整していきます」(平田師)9月2日の小倉競馬(3歳上500万下・牝馬限定・芝1200m)に藤懸騎手で出走を予定しています。

良い感じで仕上がって帰ってきて早速予定が出ました~!
藤懸君ですか~。減量騎手は良いかもしれません。
アマル嬢の切れを存分に引き出して欲しいです。
アマル初勝利の時、口取りでアマル嬢を引いてた藤懸君・・・
少し懐かしい~~調教も良いしかなり期待してますよ。


◆◇◆ サファーガ 近況 ◆◇◆
牝馬 父アグネスタキオン 母アドマイヤマカディ(母父ノーザンテースト)
2009年2月9日生 栗毛 栗東:橋田満厩舎 生産:ノーザンファーム


12/08/15 橋田厩舎
15日は軽めの調整を行いました。「先週はご心配をおかけして申し訳ありませんでした。ゲート裏では躓くような歩様だったようですが、競馬場の厩舎に戻った時点ではすでに硬さもほぼ解れていて普段どおりの状態になっていましたし、栗東に戻ってきてからも特に問題ありません。獣医からも大丈夫と診断を受けています。規定により10日間は使えませんが、その期間が明ければすぐにでも出走できそうな状態ですから、なるべく早い段階で使うつもりで調整していきます」(橋田師)

12/08/22 橋田厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(51秒7-37秒8-25秒5-13秒4)。「この中間も、前走で競走除外になった影響は感じられず、順調に乗り込めています。硬さのあるこの馬の特徴を分かってもらった上でしっかり乗ってもらえるジョッキーをと思って探して、今回は熊沢騎手にお願いすることにしました。さっそく追い切りにも跨がってもらいましたが、いい時計で動きも良かったですね。終いはちょっと時計がかかりましたが、前半から行かせた分で、4ハロン51秒7なら大丈夫でしょう」(橋田師)25日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)に熊沢騎手で出走を予定しています。

12/08/23 橋田厩舎
25日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)に熊沢騎手で出走いたします。

出走のチャンスも限られる中、出走が確定しました。
まだスーパー未勝利があるとは言え、ここで決めて欲しいです。
熊ちゃんマジック頼みます・・・。
この仔はまだまだ走ってもらわないと困る良血馬ですから。


◆◇◆ プレザントライフ 近況 ◆◇◆
牡馬 父シンボリクリスエス 母アドマイヤセラヴィ(母父サンデーサイレンス)
2009年5月9日生 青鹿毛 栗東:松田国英厩舎 生産:ノーザンファーム


12/08/15 松田国厩舎
15日は軽めの調整を行いました。「今朝は坂路を軽く上がって調整しています。前走を使ってからさらに体を大きく見せるようになってきて、全体的にしっかりしてきた印象です。前走見せていたカーッとするようなところも、牡馬としてはそのくらいじゃないといけないと思いますし、いい傾向と捉えています。このあとについては新潟の芝1400mあたりを考えていますが、馬房のこともありますし、最後を狙ってくる馬もいることを考えると、限定未勝利戦一本という手もあります。そのあたりは出馬状況、相手関係をよく見ながらもう少し時間をかけて検討していきます」(松田国師)

12/08/23 松田国厩舎
22日は栗東CWコースで追い切りました。23日は軽めの調整を行いました。「水曜日はCWコースで併せて追い切りました。併せとは言っても、相手を大きく先行させて最後追い詰めるという形で、終始馬なりです。それでも6ハロン85秒台、ラスト1ハロン12秒台でなかなか迫力のある動きでした。だいぶ馬が充実してきた印象で、体調も良好ですね。未勝利戦とあって馬房が回ってくるかギリギリまで分からないのがつらいところですが、もし馬房が当たらず限定未勝利戦になったとしても浜中くんが乗ってくれると言っていますし、1週しか違いませんから、できれば来週の新潟、ダメなら翌週という形で考えて調整をしていきたいと思います」(松田国師)9月2日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1400m)もしくは8日の阪神競馬(3歳未勝利・芝1600m)に浜中騎手で出走を予定しています。

8月中旬に『限定戦一本』とか理解に苦しむコメントでしたが・・・。
ここまで我慢してきましたがこのまま本当に未勝利だったら・・・。
上手く使ってたら2勝くらい出来ていたのでは?と思うのは私だけでしょうか?
マツクニさんの真の力、あと1ヶ月で見せていただきます!


◆◇◆ プラチナスレッド 近況 ◆◇◆
牡馬 父ジャングルポケット 母フィルドール(母父アグネスタキオン)
2009年3月26日生 栗毛 栗東:小崎憲厩舎 生産:ノーザンファーム


12/08/14 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続きじっくりと乗り込んでいます。脚捌きの硬さは相変わらずなのですが、ここまで安定した状態で乗ることはできています。こういう時期ですので、中途半端な状態で送り出すことはできませんから、厩舎サイドともよく話合ってしっかりと態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

12/08/21 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間もじっくりと乗り込んでいます。やはりダクの段階などではかなり硬さが目立ちますが、キャンターに行けばだいぶいいフットワークも見られるようになってきました。徐々にですがペースも上げて行って、態勢を整えていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

今現在、厩舎にいない時点でもう間に合わないでしょう。
脚元も安定していないし、早めに決断して欲しいです。
もし無理に出走させたら馬がかわいそう・・・。
出走しても今の状態では勝ち目は全く無く・・・。
奇跡を祈りたいのですが・・・どうか無理の無いように・・・祈ります。


◆◇◆ ヴァリディオル 近況 ◆◇◆
牝馬 父Dynaformer 母ヴァレラ(母父Monsun)
2009年2月21日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


12/08/15 石坂厩舎
15日は栗東坂路で追い切りました(57秒3-41秒5-27秒0-13秒4)。「今朝は坂路で強め程度の時計を出しました。昨日の大雨の影響で馬場がかなり悪く、ずっとノメりっぱなしで走りづらそうにしていましたから、この時計は気にしなくてもいいでしょう。カイバ喰いが良く、馬房でも落ち着いた様子で体調は良さそうですし、脚元も落ち着いた状態をキープできています。来週からさらに強い調教を行っていって態勢を整えていくことになります」(大井助手)

12/08/22 石坂厩舎
22日は栗東坂路で追い切りました(54秒0-39秒1-26秒0-13秒4)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。ラスト1ハロンでちょっとフワッとするところがあったんだけど、そこでお尻にムチを入れて気合いをつけたらグッとハミを噛んで相手を突き放してくれました。今回、追い切りに初めて跨がったんだけど、聞いていたような硬さも感じなかったし、気性も素直でいいですね。このまま順調に行けば来週が楽しみですよ」(久保助手)9月2日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝2000m)に和田騎手で出走を予定しています。

急ピッチではありますが何とか体制は整いつつありますね。
さすがは石坂先生、脚元は完璧ではありませんがきっちり合わせてきました。
おそらくスーパー未勝利も出走権ありますのでラスト2戦のチャンスとなるでしょうが
ここは1回で決めてもらいたいです。
最近調子の良い和田ジョッキー!調子を維持して来週頼みます!

2歳 牧場滞在馬 近況(7/15・7/31・8/15)

◆◇◆ ハリウッドミューズ 近況 ◆◇◆
牝馬 父ダンスインザダーク 母ハリウッドレビュー(母父ノーザンテースト)
2010年3月1日生 栗毛 美浦:菊川正達厩舎 生産:ノーザンファーム


12/07/15 NF早来 馬体重:482kg(-6kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本の調教を行っています。速い時計での乗り込みを継続していますが、脚元や体調に不安はなく元気いっぱいに日々の調教をこなしています。跨っていると体の使い方がだいぶ上手くなっていることが歩様から伝わってきており、力強さの中にも柔らか味が感じられるようになってきました。しっかりとステップアップしていますので、今後も焦らずに一歩ずつ進めていきます。

hollywood_muse_120731.jpg
12/07/31 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター3000m、週3回は屋内坂路コースでハロン14~15秒(週1回はハロン13秒)のキャンター1本の調教を行っています。与えられた調教メニューをしっかりとこなしていることから、もう一段階負荷を強めたメニューを開始しています。調教量が増えたことにより普通なら苦しくなるところですが、リラックスして調教を行えているように、肉体面だけではなく精神面もしっかりと成長していることが感じられます。

12/08/15 NF早来 馬体重:476kg(-6kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン14~15秒(週1回はハロン13秒)のキャンター1本の調教を行っています。ハロン13秒の速い調教を取り入れてから馬体はグッと引き締まってきて、キャンターの動きにもキレが増してきました。いい意味でピリッとした前向きさが出てきたのも好印象で、競走馬として心身ともにいい成長を遂げていることが感じられます。

ピュクシス嬢と同じ組でしっかり動けてますね。
これは本当に楽しみになってきました。
血統的にも長く楽しめる馬になってくれるといいな。
心配なのはジョッキーは誰が乗ってくれるかだけ!?(笑)
厩舎的にどうなるのかが心配です。
順調に使って行って欲しいです。
本州移動楽しみにしています。



◆◇◆ ピュクシス 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母フサイチパンドラ(母父サンデーサイレンス)
2010年2月12日生 青毛 栗東:石坂正厩舎 生産:ノーザンファーム


12/07/15 NF早来 馬体重:478kg(-7kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン14~15秒のキャンター1本の調教を行っています。坂路コースで順調に乗り込みを行っており、変わらずいい動きを披露しています。もともと身体能力の高さを見せていた馬ですが、ここに来てさらなる上昇を見せていますので、今後もしっかりと調教を積んで持てる能力を発揮できるよう身体造りに励んでいきたいと思います。

pyxis_120731.jpg
12/07/31 NF早来
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター3000m、週3回は屋内坂路コースでハロン14~15秒(週1回はハロン13秒)のキャンター1本の調教を行っています。坂路コースにて速いペースで乗り込んでいますが、見た目にはゆったりとした動きに感じられるほど余裕を持って登坂することができています。馬体を見てもギュッと引き締まってきた印象があり、いい成長を遂げていることは間違いありません。さらに乗り込むことでまだまだ良化を引き出せる手応えを感じています。

pyxis_120815.jpg
12/08/15 NF早来 馬体重:472kg(-6kg)
現在はウォーキングマシンで1時間の運動の後、週3回は屋内周回コースでハロン20秒のキャンター2400m、週3回は屋内坂路コースでハロン14~15秒(週1回はハロン13秒)のキャンター1本の調教を行っています。ハロン13秒のペースで登坂しても息遣いが乱れることはなく、動きも申し分ありません。体を大きく使ってダイナミックなフォームで走ることができるようになってきており、キャンターの質は確実に一段階アップした印象を受けます。

12/08/23 NFしがらき
23日にNF早来を出発し、NFしがらきへ向けて移動しました。

7月~8月は速めの調教でしっかり乗り込んで良い感じです。
で、今日嬉しい移動コメントが!!
いよいよ今年の大注目馬が本州上陸です。
まずはしっかりとデビューまで進めてもらいたいです。
めっちゃ期待しています~

ペドレリーア 近況(7/4~8/8)

◆◇◆ ペドレリーア 近況 ◆◇◆
牝馬 父ネオユニヴァース 母ジェリクル(母父メジロライアン)
2010年3月7日生 鹿毛 美浦:栗田博憲厩舎 生産:白老ファーム


12/07/04 NF天栄
坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行っています。「蹄にかかる負担に関しては細心の注意を払いつつ動かしています。坂路調教を開始して少し経ちましたが、悪い方向へいくことはなく順調に前へと進めています。一歩一歩踏みしめるように調教を進めているわけですが、先週からまたひとつ進めたペースで乗っていますよ。この調子ならばもうちょっとで15-15も乗れるほどになるでしょうね。馬体重は474キロです」(天栄担当者)

12/07/12 NF天栄
周回コースか坂路でキャンター調教を行っています。「ひと頃は心配のほうが強かったのですが、慎重に時間をかけさせてもらったおかげでだいぶいい流れへと持ち込めていますよ。今では不安らしい不安は見せず調教もコンスタントに行えています。ときには周回コースにも入れるくらいですし、坂路でもハロン16~17秒のほどのペースで走れていますからね。入厩前と比較すると落ち着きすぎているのが少し気になりますが、そのあたりの変化もよく見ながら乗り込んでいければと思っています」(天栄担当者)

12/07/17 NF天栄
周回コースか坂路でハロン16~17秒のキャンター調教を行っています。「今の調教を開始してからも目立つような不安はありませんし、体調面も安定しています。一時期は心配してかなり用心して取り組んできましたが、いい意味で通常通りの調教を問題なくこなせるレベルになってきたと思います。この調子で乗り込んでいければ段々とトレセンへ送り出すことを考えていけるようにもなってくると思いますよ」(天栄担当者)

pedreria_20120724.jpg
12/07/24 NF天栄
周回コースでキャンター調整を行い、週2回は坂路で15-15を行っています。「こちらに戻ってきた当初は時間がかかってしまうかもしれないと心配しましたが、こちらの心配をよそに順調に回復して15-15もコンスタントに乗り込めるところまできました。調教師も喜んでくれていますし、担当者からもそろそろ具体的なことを考えていける段階にきていると思うという話が出ていますから、この調子で進めていって無事に送り出せる日を迎えられればと思っていますよ。馬体重は465キロです」(天栄担当者)

12/07/27 栗田博厩舎
27日に美浦トレセンへ帰厩しました。

12/08/02 栗田博厩舎
1日、2日はゲート練習中心のメニューを行いました。「初入厩のときはご心配をおかけして申し訳ございませんでしたし、我々も心配していたのですが、思った以上に回復が早くて良かった。乗り出し後も順調に来ていてそろそろ考えることができると天栄側からも話があったので順調ないい流れのなかで入れたいと思い、先週末に帰厩の運びとなりました。輸送も問題なくこちらで調整をスタートしても体調面に不安を出すことはありません。もちろん蹄のほうも落ち着いていますし、その点はご安心ください。ただ、前回も環境の変化に堪えたことが影響した部分もありましたし、体調の変動を含めてよく見ていきたいと思います。調教のほうはゲート練習を中心に行っています。癖はそれほど見せていませんが出ることに関してはまだゆっくりかな。ただ、練習していけばそれほど時間はかからなそうな感じもしますし、負担を少なくするためにも早めに合格させてあげられれば理想的だなと思っていますよ」(栗田博師)

12/08/08 栗田博厩舎
8日にゲート試験を受けて無事に合格しました。「先週はダメもとと言いますか、受かったら儲けものくらいのつもりで受けてみたのですが、若干反応がゆっくりということで合格までのレベルには至っていないというジャッジを受けました。練習のつもりでいましたし、プラスに考えてその後の調整にあたっていましたよ。それで改めまして今朝受けてみたんです。すると先週の成果もあって速い反応を見せて無事合格をもらえましたよ。まぁ、今週も先週と同じくらいの心構えでいましたから合格をもらえて良かったです。脚元はもとより体調も今のところは問題ありませんから、数日見て大丈夫のようならばこのままデビューへ向かっていきたいですね。具体的なことはこれから詰めていってになりますが、気のいいタイプなので新潟中も考えることができるかもしれませんね」(栗田博師)

デビュー間近の5月初旬に急性蹄葉炎をやってしまったので
デビューも危ういかと心配しましたが驚異的な回復力で驚いています。
一度頓挫しているので厩舎も今まで以上に大事にしてくれているようで一安心です。
無理なく進めているようで気性的に問題ないようならば結構やれるかも。
このままデビューできそうなのでまずは無事に完走して欲しいです。

グレイスヒーロー 近況(7/4~8/9)

◆◇◆ グレイスヒーロー 近況 ◆◇◆
牡馬 父ダイワメジャー 母グレイスルーマー(母父トニービン)
2010年1月25日生 栗毛 美浦:栗田徹厩舎 生産:ノーザンファーム


12/07/04 NF天栄
周回コースでキャンター調整を行い、週2回は坂路で16-16を行っています。「レースから帰って気になったのは右トモに若干の疲れを感じさせることくらいで全体で見ればそれほどガクッとは来ていません。それなので、調教も少しずつ進めるようにしているのですが、ペーストしてはまだ普通キャンターレベル。角馬場だけでなく随所に若さを感じさせ、集中力という点でもやや課題を感じさせるので、もう少しじっくりと乗って良くしていければと思っているところです。馬体重は442キロです」(天栄担当者)

12/07/12 NF天栄
周回コースか坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行っています。「緩さがまだ残るので、トモなどにも疲れが見られがちですが、入念にケアを行いながら動かしているので悪くはなっていませんよ。負担のかからない程度にじっくり乗り込むようにしていて坂路へ入れる頻度も少しだけ増やしています。まだビッシリ速いところを行うまでには至っていませんが、徐々に進めていければ理想的ですね。新潟後半戦か秋口くらいの競馬を考えられるように目標を掲げてやっていければと思います」(天栄担当者)

12/07/17 NF天栄
周回コースか坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行っています。「引き続き周回と坂路の両コースを利用してじっくり乗り込んでいます。肉体的にもまだ若さが見られるのですが、精神的にも幼さが目立ち、この血統で見てもちょっと気持ちの部分で課題が目立つような気がします。もう少し走りに集中して欲しいところがありますし、心身の成長を促してあげたい状況ですね」(天栄担当者)

12/07/24 NF天栄
周回コースか坂路でハロン16~17秒のキャンター調整を行っています。「今週も先週までと調教をほぼ同じ内容でじっくり動かしています。相変わらず精神的な幼さが目立つのでもう少しまとめてあげたいと思うのが正直なところですね。わりと順調なほうかもしれませんが基礎的な部分をもっとしっかりとさせてあげないとレベルアップも難しいでしょうし、今は下地作りをするようなイメージで取り組み、秋競馬あたりを目指せればと考えつつ進めています。馬体重は448キロです」(天栄担当者)

grace_hero_120731.jpg
12/07/31 NF天栄
周回コースでキャンター調整を行い、週1~2回は坂路で15-15を行っています。「継続してコースと坂路を交えて乗っていますが、今週は登坂する際に15-15を基調とした調教を行うようにしています。心身ともにまだしっかりとし切れておらず走りがひと息なところもありますが、それは時間をかけて経験を養いつつ良化させていかなければいけない部分でもあるでしょう。まだはっきりとした予定が確定したわけではありませんが、徐々にそういったことを意識して調整を進めていければと考えています」(天栄担当者)

12/08/07 NF天栄
周回コースでハロン15~17秒のキャンター調整を行っています。「今週から改修工事の兼ね合いで坂路を使用することができなくなるのもあって周回コースを基調として調教をつけています。多少トモなどに課題は残りますが、一時よりはしっかりしてきたように感じますし、順調に乗れていますよ。体調も安定していますし、そろそろ具体的なことを考えていける段階に入ってくるのではないかと思っています」(天栄担当者)

12/08/09 栗田徹厩舎
9日に美浦トレセンへ帰厩しました。「順調に調整が進んでいましたし、近いうちに入れる段取りを取りたいと思っていたんです。来週あたりのプランもあったのですが、上手く検疫を確保することができましたし、これから検疫が混雑してくる可能性を考えても今週入れさせていただくことにしました。朝方は涼しい日も出てきましたが、体調の変化をしっかり見ながら調整を進めていきたいと思います」(栗田徹師)

幼さは残りつつも順調に天栄で過ごせていたようです。
初戦のメンバーでは何頭も勝ち上がっているようでこの仔も期待大です。
しっかり使っていってもらえそうですし、鞍上もまたエビショーさんだと良いのですが。

ホワイトフリート 近況(7/4~8/14)

◆◇◆ ホワイトフリート 近況 ◆◇◆
牡馬 父クロフネ 母ファインセラ(母父サンデーサイレンス)
2010年4月26日生 芦毛 美浦:久保田貴士厩舎 生産:ノーザンファーム


12/07/4 NF天栄
周回コースでキャンター調整を行い、週2回は坂路で15-15を行っています。「先週までは普通キャンター程度の調教ペースでしたが、順調に来ていることを踏まえて今週より15-15を取り入れ始めました。競馬ではちょっと敏感なところを見せていましたが、こちらでは馬沿いが悪いような面も見せていませんよ。久保田調教師とも話をしましたが、すぐとは言わないものの徐々に移動を考えていけるようにしたいですね。馬体重は465キロです」(天栄担当者)

white_fleet_120712.jpg
12/07/12 NF天栄
周回コースでキャンター調整を行い、週2回は坂路で14-14を行っています。「順調ですね。元気いっぱいで調教を進めていっても大丈夫な状態でしたから、この中間は15-15よりさらに速いところも取り入れていますよ。そろそろ具体的なことを考えていけるということを先日改めて調教師と話をして、札幌開催を目指すことになりました。入厩に備えて週末にいったん空港牧場へ移動し、現地で体調を整えてから入厩する予定です」(天栄担当者)

12/07/17 NF空港
先週末にNF空港へ移動しました。ウォーキングマシンでの運動を行っています。「札幌競馬場への帰厩に備え、先週こちらに移動して来ました。検疫次第では今週中の移動の可能性もあるようですし、ビッシリと乗り込むのではなく体調を整えることがメインになりそうです」(空港担当者))

12/07/20 札幌競馬場
20日に札幌競馬場へ帰厩しました。

12/07/25 札幌競馬場
25日は札幌ダートコースで追い切りました(53秒6-39秒5-12秒7)。「先週の金曜日に入厩させています。さっそく週末から時計を出していて今朝は隼人を乗せて追い切りました。他厩舎の馬とペアを組ませてもらって半馬身ほど後ろから追いかける形だったのですが、仕掛けてからちょっと遅れを取ってしまったと隼人から連絡がありました。15-15くらいのペースで行っているうちはハミにグッと来るのですが、それはトモの力がまだ付き切っていなくて前に頼るところもあるからハミに乗っかってきているところもあるんです。それなのでペースが上がるとギアが換わり切れないところもあるのでしょう。順調には来ているのですが、精神的なことも含めてやはりこの血統どおりなのか良くなるのは先なのかもというのが前回も今回でも抱いた印象です。ただ、競馬を使いながら教えていける部分もありますから、プラスに考えながら調整をしていますよ。今回は現状の走法なども考えてダートを試してみようかと思っているんです。札幌にいるノリちゃんが“オレの馬が帰ってきた”とさっそく厩舎に見に来てくれたようですが、前走で良くないイメージを与えてしまいましたし、今回は経験という部分も大きいので稽古から乗ってくれている隼人にお願いしようと思っています。ノリちゃんにはまた良くなってきたタイミングでお願いするつもりでいます」(久保田師)8月4日の札幌競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。

12/08/01 札幌競馬場
1日は札幌ダートコースで追い切りました(67秒4-52秒4-39秒5-12秒8)。「先週末の調教は隼人が新潟に乗りに来ていましたし、普段とは違った乗り手に乗ってもらって感触を確かめました。少しモタれるようなところがあったのですが、動きはまずまず。そのモタれの部分も踏まえて今朝は隼人を背に動かしたのですが、今日はその課題も解消し、いい動きを見せてくれました。終いにドンッと来る感じではないものの、全体の動きとしては良く、先週よりも上向いているのではと隼人も言っていました。まだ幼さが残る現状ですし、どこまでやれるかは蓋を開けてみないとわかりませんが、ダートも悪くないと思います。前回は向こう正面のことがあってまともな競馬ができませんでしたから、気持ちを改めてどれだけやれるかを見たいですね」(久保田師)4日の札幌競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に吉田隼騎手で出走を予定しています。

12/08/02 札幌競馬場
4日の札幌競馬(2歳未勝利・ダ1700m)に吉田隼騎手で出走いたします。

white_fleet_120804.jpg
12/08/04 札幌競馬場
4日の札幌競馬では中団を進む。レースが動き出してからは追っ付けながらになるも最後までジリジリと脚を使い4着同着。「競馬に行ってみてどうかなと思いましたが、砂を被ったあとも集中力を切らさずに比較的真っすぐ走れていました。まだ走り方がわかっていない感じでハミの取り方が一定ではありませんが、そのあたりは経験を積みつつ力をつけてくれればと思います。返し馬でもヒヒーンと鳴いていたし、子ども子どもしているからこれからの馬だと思います」(吉田隼騎手)「前回が前回だったのでどれだけ気持ちを走ることに向けていられるかがポイントだと思って見ていました。1コーナーでまともに砂を被ったときはさすがに気にしていましたが、それでバラバラにならず気持ちも切らさずに走れていたと思います。本音を言えばもっとグッと来てほしいけれどジリジリと最後まで脚を使っているし、悪くはありません。体は絞れていたけれどまだぽわんとした体付きで幼児体型。どこが悪いとかはないけれど、全体的に良くなり、力をつけてくる時期はやはりこの血統のパターンなのでしょうね。適度にお休みと競馬を織り交ぜながら良くしていければと思っているので、レース後の様子を見てから決めますが、ひと息入れて秋に備える形を取るほうをメインに考えようかと思っているところです」(久保田師)前走が若さの目立つ一戦だっただけに今回は如何に気持ちを走ることに集中させて競馬ができるかがポイントでした。ダート替わりでこなさなければいけない課題もありましたが、我慢は利いていましたし、進展の見られたレースだったと言えるのではないでしょうか。本当に良くなるのはまだ先かと思わせますし、長い目で見ながら良くしていければと考えています。

12/08/08 NF空港
8日にNF空港へ放牧に出ました。「まだ子供子供していましたが、それでもタフなシチュエーションに心折らずに最後まで走れていたのは好感が持てましたね。もっとこの血統らしいグンッと来るところを見せるようになって欲しいのが正直なところですが、競馬もわかっていないような段階ですし、少しずつです。今日いったん空港牧場へ放牧に出しました。気性面を考えてもあまり詰めすぎるのは良くないと思ったのが判断の理由です。今のところ1週間ほど空港でレース後の疲れを取ってもらったあとに天栄のほうへ移してもらうように話をしています。馬の具合やその他の都合なので前後する可能性はありますが、秋に備えて本州へ移してもらって、中山かそのあとあたりの競馬を目指しながら調整していければと考えています」(久保田師)

12/08/14 NF空港
ウォーキングマシンでの運動を行っています。「レース後の放牧と言うこともあり使ったなりの疲れはありましたが、徐々に癒えて来ていますし、脚元に痛いところが出ている訳でもありません。まだ具体的な話は出ていませんが、今後の状態に問題がなければ天栄へ移動して帰厩に備えていくプランもあるようですし、こちらでは乗り込むと言うよりは体調を整えることをメインに進めていきます。馬体重は468キロです」(空港担当者)

2戦目は普通に走ったようですが、本当にただ普通に走っただけのようです。
まだレースが分かってないようで、レースを覚えることと精神的な成長が待たれます。
この辺りは厩舎でみっちり教え込んでいってもらいたいです。
秋にはエビショーとか乗ってもらえないかなぁ・・・。
ノリさんはねぇ・・・

ヴァリディオル 近況(7/3~8/8)

◆◇◆ ヴァリディオル 近況 ◆◇◆
牝馬 父Dynaformer 母ヴァレラ(母父Monsun)
2009年2月21日生 鹿毛 栗東:石坂正厩舎 生産:白老ファーム


12/07/03 NFしがらき
坂路でハロン20秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末、ちょっと脚元に疲れが出たため、念のため検査を行いましたが、腱などに異常はありませんでした。乗り出してすぐですし、軽い反動が出たのでしょう。その後も継続して乗れていますから、引き続きしっかりケアをしながら進めていきます。ちょっと気持ちの面で集中し切れていない部分があるようなので、気をつけて取り組んでいきます」(NFしがらき担当者)

12/07/11 NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「脚元に疲れが出たことを考慮して、軽めのキャンターでじっくり体を動かしています。体調面に不安はありませんし、引き続きしっかり状態を確認しながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

12/07/17 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間、左前脚の蹄を気にする素振りを見せたので、装蹄師に詳しく診てもらったところ、中に古いガス溜まりのような穴があることが分かりました。蹄鉄を脱がせてじっくり乗って、今朝改めてレントゲンを撮ったところ、その穴はかなり小さくなって下がってきていることが確認できました。明日からは蹄鉄を履いた状態で調教を行っていきます。脚元の疲れも、馬自身が蹄を気にしていたことが原因のひとつでしょうし、解消してきていることでしっかり調教できるようになれば全体的に良化してくれると思います」(NFしがらき担当者)

12/07/24 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「普通に調教を開始してからは順調に来ており、今朝は坂路で終い15秒ぐらいまで脚を伸ばしました。予定より速くなったほどで、動きは思ったよりも良かったですね。そう遠くなく移動の話も出てくるでしょうし、このくらいのペースでしっかり乗り込んで息を作っていきます。馬体重は485キロです」(NFしがらき担当者)

12/07/31 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間もコンスタントに15-15に近いところを乗り込んで、至って順調に調整できています。あくまでも検疫の状況次第ですが、早ければ今週中にも帰厩の予定ですので、いい状態で送り出せるようにしっかり進めていきます」(NFしがらき担当者)

12/08/03 石坂厩舎
3日に栗東トレセンへ帰厩しました。

12/08/08 石坂厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(56秒3-40秒7-26秒8-13秒8)。「先週金曜日に無事帰厩しました。脚元に関しては完全にスッキリしているというわけではありませんが、今のところ落ち着いた状態を保っています。今朝は本格的な追い切りに向けて、坂路で併せて馬なり程度。まだ体に余裕があって硬い感じはしますが、そのあたりも徐々に良くなってくるでしょう。一度叩いて次というのが理想的ですが、脚元を考えれば一回で勝負に行きたいところ。そのためにも中途半端な状態では使えませんから、こことは決めずにしっかりと仕上げていきます」(石坂師)

帰厩までかなりの時間を要してしまいました。
脚元に不安のある馬は能力があっても勝ち上がりは厳しいです。
無事に走れていいればもっと活躍できていただろうに・・・。
なんとかラストチャンスには間に合いそうなのでまずは無事に、
そしてなんとしてもラストチャンスをモノにして欲しいです。
石坂厩舎ならきっとやってくれると信じています。

プラチナスレッド 近況(6/30~8/14)

◆◇◆ プラチナスレッド 近況 ◆◇◆
牡馬 父ジャングルポケット 母フィルドール(母父アグネスタキオン)
2009年3月26日生 栗毛 栗東:小崎憲厩舎 生産:ノーザンファーム


platina_thread_120630.jpg
12/06/30 小崎厩舎
30日の中京競馬では立ち遅れ気味のスタートから後方を追走。直線はジリジリと伸びたが12着。「ソエが出かけているということもあり、スタートからちょっと突っ張るような走りで、そこから砂を被ってさらに走りが乱れ、2、3歩不正駆足のようになってしまいました。ゲートがゆっくりだったことを含め、今日はいかにもデビュー戦という感じでした。レース慣れしてくればまた違うはずです」(高倉騎手)「ソエの影響を心配していましたが、やはり特に1コーナーまではかなり突っ張った走りになっていました。もちろんこれは初めての実戦で砂を被ったこともありますし、経験が必要な部分でもあります。レース後の歩様は悪くなっていませんでしたが、数日は様子を見て続けて使っていけるかどうか判断したいと思います」(小崎師)今日は初めての実戦ということもあり、砂を被ってかなり嫌気を差していたように見えました。ソエが出て芝でのデビュー予定がダートに替わった事情もありますし、そのソエの影響もあったことでしょう。結果は残念ではありましたが、敗因ははっきりしていますから、この経験を糧に次走以降の前進に期待したいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

12/07/03 NFしがらき
3日にNFしがらきへ放牧に出ました。「先週のレース後、やはりかなりソエを痛がる素振りをしています。念のためレントゲン検査も行いましたが、骨などには異常ありませんでした。飛節の状態は安定していますが、ソエがひどいのでこのまま使っていくのは厳しそうですので、一度放牧に出させていただきます」(小崎師)「本日こちらへ到着しました。まずはソエの状態を確認し、適切な治療を行いつつ乗り込んでいきたいと思います」(NFしがらき担当者)

12/07/11 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに到着後、ソエの治療を中心に馬体をケアを行いながらウォーキングマシンで軽く体を動かしています。のんびりしていられないのは確かですが、痛みが引かないうちに調教を進めるのは結果的に他の箇所にも影響を及ぼしますし、慎重に状態を確認しながら調整していきます」(NFしがらき担当者)

12/07/17 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「この中間はトレッドミルで体を動かしています。ソエの部分はショックウェーブ治療を行っていますので、その後の状態を確認しながら、来週からは騎乗調教を開始したいと思っています」(NFしがらき担当者)

12/07/24 NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「今週から坂路での調教を開始しました。まだソエの痛みは治まり切っていませんが、乗っていくには大きな問題はないレベルです。来週ぐらいにもう一度ショックウェーブ治療を行って万全を期したいと思います。馬体重は505キロです」(NFしがらき担当者)

12/07/31 NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週乗り出して1週間が経過しましたが、まだ脚取りが重く捌きも硬い感じがします。悠長なことは言っていられませんが、一気に進めていい状態に仕上がらなければ意味がありませんから、しっかりと体を解しつつ乗り込んでいきたいと思います」(NFしがらき担当者)

12/08/07 NFしがらき
坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も先週と同じくらいのペースで乗り込みを続けていますが、まだ捌きには硬さが見られる状況で、いきなりのペースアップは厳しいと見ています。ただ、時期も時期ですしあまり悠長なことは言っていられません。帰厩してスムーズに速い調教へ移行できるよう、引き続き様子を見ながら、少しずつ負荷を強めて帰厩に備えたいと思います」(NFしがらき担当者)

12/08/14 NFしがらき
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続きじっくりと乗り込んでいます。脚捌きの硬さは相変わらずなのですが、ここまで安定した状態で乗ることはできています。こういう時期ですので、中途半端な状態で送り出すことはできませんから、厩舎サイドともよく話合ってしっかりと態勢を整えていきます」(NFしがらき担当者)

もしかしたら、とは思いましたがソエを気にしてる馬が
いきなり好勝負出来るわけも無く・・・
未出走馬で終わらせないようにデビューしちゃいました。
そもそもあの状態で出走させたことにも疑問があります。
クラブの意図は分かりますが悲しい結果です。
もう走れずに終わってしまいそうですが・・・もう一回走れたら無事に完走して欲しいです。

プレザントライフ 近況(7/5~8/8)

◆◇◆ プレザントライフ 近況 ◆◇◆
牡馬 父シンボリクリスエス 母アドマイヤセラヴィ(母父サンデーサイレンス)
2009年5月9日生 青鹿毛 栗東:松田国英厩舎 生産:ノーザンファーム


12/07/05 松田国厩舎
4日は軽めの調整を行いました。5日は栗東坂路で追い切りました(54秒7-39秒2-26秒3-13秒4)。「先週無事帰厩し、ここまで順調に乗り込んでいます。今朝は坂路で併せて追い切りました。レースに行ってワンパンチ足りない現状を考慮し、併せる相手は坂路を1本軽く上がって脚慣らしをしたあとの古馬にして、負荷をしっかりとかけました。追い切った後、午後の歩様チェックでもこれまでよりしっかりしているとのこと。いい雰囲気で来ていますよ。中京開催中に使うつもりで進めていきますが、条件などについてはもう少し考えさせてください」(松田国師)

12/07/11 松田国厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-39秒2-26秒3-13秒8)。「今朝は坂路で追い切っています。ここまで順調に乗り込んでいますが、他の馬が近づいてくると気にする素振りを見せたりするので、今朝の調教から指2本分ぐらいの浅いブリンカーを着けてみました。完歩が大きい馬で、スタートから無理に出していくとリズムを崩したりとちょっと難しいところのあるタイプですが、ブリンカーで少しでも集中し自分のペースで走れるようになってくれるといいですね。このあとの動きや出走状況、鞍上確保などいろいろと精査して番組を考えていきます」(松田国師)

12/07/19 松田国厩舎
18日は栗東坂路で追い切りました(54秒2-39秒7-26秒5-13秒7)。19日は軽めの調整を行いました。「昨日は坂路で併せる内容だったのですが、もうひとつピリッとしない動きで、手応えも併せた相手に比べて余裕がありませんでした。状態は悪くないですし、もっと動けていいはず。浅めのブリンカーを付けていますが、もう少し気持ちと動きがうまく噛み合って、少しでも動けるようにしたいですね。入れば今週の中京芝1400mで今までと違った条件を試そうと思ったのですが、残念ながら除外対象でした。権利がないために他馬の状況を見ながらになってしまいますが、来週以降の番組を見ながら再度考えていきます」(松田国師)21日の中京競馬(3歳未勝利・芝1400m)は非抽選除外になりました。このあとは来週以降の番組を検討していきます。

12/07/25 松田国厩舎
25日は栗東坂路で追い切りました(54秒8-39秒5-25秒8-13秒1)。26日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で併せて追い切りました。ずっと厩舎のスタッフが乗っていると、馬が人をナメてしまうので、鮫島良太を乗せてビシッとやりましたが、やはり追い出すと反抗するような素振りを見せたそうです。そこからやめさせずに攻めたところ、また伸びてくれたとのこと。ここがシンボリクリスエス産駒の難しいところですが、調教からきっちり人間が主導権を握るように心がけないといけないのでしょう。ブリンカーの効果もあって併せた相手に最後はしっかり先着しましたし、いい方向に向いてくれているとは思います。できれば来週の競馬を使いたいと思っていますが、番組についてはもう少し考えさせてください」(松田国師)

12/08/02 松田国厩舎
1日は栗東坂路で追い切りました(56秒1-40秒1-26秒6-13秒6)。2日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で併せて追い切りました。時計はそれほど出ていませんが、しっかりと負荷をかけられましたし、先週も一杯にやっていますからね。元々それほど時計の出るタイプではありませんし、ここはそう気にしなくていいでしょう。しぶとく脚を使うので2000m以上の長めの距離を試したこともありましたが、これまでのレースを振り返ってみると、芝1600m、1800mぐらいがいい結果につながっています。ダートをもう一度使うことも考えましたが、初心に返って芝1800mで改めて勝負することにしました」(松田国師)5日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1800m)に浜中騎手で出走いたします。

pleasant_life_120805.jpg
12/08/05 松田国厩舎
5日の小倉競馬では五分のスタートからジワッと先頭へ。淀みないペースで逃げたが、直線は一杯になり4着。「返し馬からテンションが高く、引っかかっていました。レースでもかなり行きたがって押し出されるようにハナへ。途中でフッと抜けたものの、道中かなり力んで走っていたので、その分最後は余力が残っていませんでした。ブリンカーが効き過ぎた感じもありますが、力みがなくなればもっとしぶとさが出ると思うので、もう少しリラックスして走れればと思います」(浜中騎手)「やっぱりワンペースなところがあるのでしょうね。元気が良すぎたのもあったんだろうけれど、力んで仕方ないというくらいならもっとバッタリ止まって馬群に沈んでしまったでしょう。脚長でいい骨格の馬なんだけど、それを存分に動かせるほどの筋肉のつきが通常より遅い馬です。成長スピードがスローなのでしょうが、今少しずつ力をつけているのだと思います。また、先々は違ってくる可能性もありますが、現状ではこのくらいの距離がいいのかもしれませんね。ただ、強い馬相手に真っ向勝負で勝ち切れるまでの力をつけているかというとまだ大きな自信を持っては言えないので、少しでもチャンスを大きくするために作戦を練らないといけませんね」(松田国師)ブリンカー着用での変わり身に期待していましたが、予想以上に前向きさが見えて行きたがってしまいました。縦長の展開を引っ張る逃げで最後は苦しくなりましたが、4着に粘ったあたりは能力でしょうし、使っての良化に期待したいところです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

12/08/08 松田国厩舎
8日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬はちょっとチグハグな内容になってしまいましたね。ああいう形で逃げてしまうのは計算外でした。ただ、抑えが利かなくなるぐらいの前向きさ、行きっぷりというのはこれまでに見られなかったもの。レース後の様子を見ていても、ピリッとして良血馬らしい存在感を示しているように思います。敗れたのは残念ですが、幸い優先出走権も確保できましたし、この前向きさをプラスに捉えてもう少し距離を短縮していくことも検討しています」(松田国師)

中京除外になっちゃったのは痛かったのですが結局1800m使うことになっちゃったし・・・。
短距離試すのはもう1200mしかなくなっちゃいました。
この体型ではどう考えても無茶な気がしますが・・・。
この仔こそ北海道連れて行って洋芝試して欲しかった・・・。
この仔はマツクニ厩舎とは相性悪かったのかな・・・厩舎は執念を見せて欲しい。
もう次はラストチャンスになりそうです。頑張れプレザントライフ。

サファーガ 近況(7/3~8/12)

◆◇◆ サファーガ 近況 ◆◇◆
牝馬 父アグネスタキオン 母アドマイヤマカディ(母父ノーザンテースト)
2009年2月9日生 栗毛 栗東:橋田満厩舎 生産:ノーザンファーム


12/07/03 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「今朝も15-15を乗っていますが、特に問題なくいい動きを見せています。乗り込んできて馬体にも張りが出てきましたし、大きなキャンターを見せるようになっています。そう遠くなく帰厩になるでしょうし、そのつもりでしっかりと進めていきます」(NFしがらき担当者)

12/07/11 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15-15を行っています。「この中間もコンスタントに15-15を乗り込んで、順調に進められています。特に気になるところもありませんし、トレセンでの速い調教にも問題なく対応できるでしょう。近々の帰厩を視野にしっかりと進めていきます」(NFしがらき担当者)

12/07/12 橋田厩舎
12日に栗東トレセンへ帰厩しました。

12/07/18 橋田厩舎
18日は栗東坂路で追い切りました(55秒2-40秒8-26秒8-13秒3)。「先週の帰厩後、週末に15-15程度のところを乗って、今朝は坂路で55秒見当と、予定どおりの調教をこなしてきています。まだ馬なり程度ですので、これから速いところをこなしながらどこを目標にするか決めることになりますが、以前ノドに不安が出たことも考慮して、短めの距離がいいんじゃないかという話はしているところです」(橋本助手)

12/07/25 橋田厩舎
25日は栗東坂路で追い切りました(52秒8-39秒2-26秒5-13秒8)。「今朝は坂路で強めに時計を出しました。終いはちょっとモタれていましたが、先週よりは動きが良くなっていますね。モタれた分終いは時計がかかりましたが、全体の時計が52秒台ですから、徐々に態勢は整ってきました。こことは決めず、仕上がった時点で使うつもりですが、来週、再来週ぐらいには出走できそうですよ」(橋田師)

12/08/02 橋田厩舎
1日は栗東坂路で追い切りました(54秒9-39秒6-25秒9-12秒9)。2日は軽めの調整を行いました。「水曜日は坂路で強めの追い切りを行いました。ノドに関しては特に気になりませんでしたが、まだ全体的に硬さを感じます。角馬場などでじっくり体を解すようにしてなるべくいい状態に持って行けるよう心がけていきます。今週の競馬も視野に入れていましたが、来週なら牝馬限定戦もありますし、今のところ来週の小倉へ向かう予定です」(橋本助手)今のところ12日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)を目標にしています。

12/08/08 橋田厩舎
8日は栗東坂路で追い切りました(53秒0-38秒6-25秒5-13秒0)。「今朝は坂路で強めの時計を出しました。時計を見てもらっても分かるとおり、2週前より先週、先週より今週と週を追うごとにしっかり動けるようになっていますし、ノドは追い切りでは特に気になりません。時間をかけて本数をこなしてきて、だいぶ硬さも解れてきた印象ですね」(橋田師)12日の小倉競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)に佐藤騎手で出走を予定しています。

12/08/09 橋田厩舎
9日は軽めの調整を行いました。「水曜日の想定が出た段階で再度相手関係を検討したのですが、牝馬限定戦より一般戦の方が与しやすそうなメンバー構成です。牝馬限定戦はここと決めて調整してきている馬も多いですし、一般戦に回ることにしました」(橋田師)12日の小倉競馬(3歳未勝利・芝1200m)に佐藤騎手で出走いたします。

safaga_120812.jpg
12/08/12 橋田厩舎
12日の小倉競馬では馬場入場の際に馬体に故障を発症し競走除外となりました。「馬に跨がった時から脚捌きに硬さがあるなと感じたのですが、馬場に入って2、3歩目には特に左肩の出が悪いなと思いました。止め際も躓くようにガクッと来たところがあり、肩だけでなく脚元の硬さも気になり無理はさせられませんでした。申し訳ありません」(佐藤騎手)「追い切りの坂路での動きは悪くなかったですし、もちろんその時の脚捌きは問題ありませんでした。今日の返し馬を見ている感じでは極端にバランスを崩したようには見えなかったけど、左肩から脚元にかけて硬さがあって出が悪かったとのこと。直接跨がっているジョッキーしかわからない部分はありますが、元々硬さはある馬ですし、それがどれくらいのものなのか。競馬場に来てくださった会員の皆様もいるでしょうし、このような形で除外となってしまい大変申し訳ございません。一応競馬場の厩舎に戻ってから獣医師と触診していますが、特に問題はありませんでした。もちろん走る過程となればその程度の違いはあるでしょうが、まずは極端な故障ではなくホッとしました。今回の件で直ぐの出走はできませんから一度トレセンに連れて帰ることになりますし、時間の経過ともに良くも悪くも変わる可能性があるのでまずは馬体をチェックしないと何とも言えませんが、この馬なりの硬さで大きな問題がないようなら、再度態勢を立て直してレースを考えたいと思います。次走の追い切りの際にはジョッキーを乗せて、この馬の脚捌きなどを事前に確かめてもらおうと思います」(橋田師)元々捌きに硬さのある馬ですし、今日の程度がどのくらいのものなのかは再度チェックをしていく必要がありそうです。その際の状態次第で今後の方針を決めていくことになりますが、次こそは無事に出走にこぎつけて結果を出してほしいところです。

やっとの思いで出走にこぎ着けたのに・・・
哲三さんが悪いとは言いませんが明確な故障など無く除外は痛いです。
相性良くないと思うのでもう哲三さんは乗せないでもらいたいです。
自分の身は自分で守るという意味でしょうが馬の癖は聞いているのでしょうし
いったい何だったのでしょう・・・。
後味の悪い除外になっちゃったけどラストチャンスに賭けるしかありません。

アマルフィターナ 近況(7/4~8/7)

久々なので一気に更新したいところですが1頭ずつ地道に行きます・・・。
まずはアマル嬢。

◆◇◆ アマルフィターナ 近況 ◆◇◆
牝馬 父シンボリクリスエス 母ホワットケイティーディド(母父Nureyev)
2007年3月24日生 黒鹿毛 栗東:平田修厩舎 生産:ノーザンファーム


12/07/04 平田厩舎
4日は栗東坂路で追い切りました(53秒9-39秒9-26秒2-13秒1)。「心身ともにいい状態で帰厩してくれました。トレセンに戻るとピリピリしてすぐに体が減ってしまいがちなタイプなのですが、今はかなりふっくらして見えるので、来週の競馬を目指すにはちょうどいい状態でしょう。今朝はサッと馬なりで時計を出していますが、いきなりこれだけのタイムが出るのですからね。しがらきでも好調ぶりは聞いていましたが、本当に気配がいいですよ」(平田師)15日の中京競馬(志摩特別・牝馬限定・芝1400m)に松山騎手で出走を予定しています。

12/07/11 平田厩舎
11日は栗東坂路で追い切りました(53秒0-39秒5-26秒4-13秒1)。「今朝は坂路で馬なりの時計を出しました。終始楽な手応えでこの時計ですから、やはり走りますね。あまりビシビシ攻めていいタイプではないので、この調整で十分でしょう。馬体もちょっとは減っていますが細く見えるようなことはありませんし、順調に調整できていますよ。前走できっかけは掴んだと思っていますし、今回は牝馬限定戦。今のデキでこの条件を使えるというのはなんと言っても魅力ですね」(堀部助手)15日の中京競馬(志摩特別・牝馬限定・芝1400m)に松山騎手で出走を予定しています。

12/07/12 平田厩舎
15日の中京競馬(志摩特別・牝馬限定・芝1400m)に松山騎手で出走いたします。

amalfitana_120715.jpg
12/07/15 平田厩舎
15日の中京競馬では好スタートから好位につけてスムーズに運ぶ。そのまま直線を向いたところで前がやや窮屈になり、そこからは伸びずに12着。「ゲートの出が速かったので、出たなりの位置で進めました。思った以上に折り合いがつきましたし、勝負どころまではいい感じだったのですが、直線に入ったところで前の馬がフラフラしたのにヒルんでしまいました。あれがなければ上位争いはできたと思います。ただ、そこをスッと抜けるだけの手応えが残っていなかったのも事実で、距離はもう1ハロン短くてもいいように思いました」(松山騎手)テンションが上がりがちなパドックでは初めてパシュファイヤーを着用するなど工夫していいコンディションでレースに臨めました。レースでは折り合いもつきましたが、直線で前がごちゃつくとヒルむようなところを見せて伸びませんでした。敗れたのは残念ですが、好位で折り合えたのは収穫ですし、スムーズなら巻き返せるはずです。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

12/07/18 NFしがらき
「先週の競馬は、直線を向いても手応えはあるように見えたし、前が窮屈になって馬が走るのを躊躇してしまったのが大きな敗因だと思っています。ただ、ジョッキーはもう1ハロン短くしても良さそうと言っていますから、このあとは小倉開催の芝1200mを狙っていきたいですね。間隔を空けるためにも一度放牧に出して小倉に備えます」(平田師)18日にNFしがらきへ放牧に出ました。

12/07/24 NFしがらき
軽めの調整を行っています。「こちらに移動後、馬体に異常がないことを確認して、今朝から角馬場での調教を開始しています。特に気になる傷みはなく、馬はしっかりしてきている印象ですね。このまま順調に進めていけると思います」(NFしがらき担当者)

12/07/31 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「今週からコースにも出て軽く乗り出していますが、特に疲れが出てくるようなことはありません。引き続き角馬場でのフラットワークに時間をかけて、ゆったりと動かしつつ状態をあげていければと思っています」(NFしがらき担当者)

12/08/07 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も順調に乗り込んでいます。やり始めれば仕上がりに手間取らないタイプなので、こちらではなるべくゆったりと乗ってリフレッシュさせてあげようと思っています。引き続きフラットワークで体を解す時間もしっかり取っていますし、いい休養期間になっていると思います」(NFしがらき担当者)

現在は良い休養になっているようです。
もう少し涼しくなってきたらしっかり回復してまた頑張って欲しいです。
もう一つや二つはやってくれるはずです。応援しています。


久々の更新・・・汗

  • Day:2012.08.10 00:00
  • Cat:日記
気付けば一ヶ月以上もブログ更新を怠ってしまいました。

理由は仕事の多忙が限界値を超え続けているためです・・・

転職する前までは残業もほとんど無い会社におりましたので今の多忙は
嬉しいのやら悲しいのやら・・・複雑です。
忙しくて毎日帰って寝るだけのような生活です。
週末も家のことやったらあっという間です。
遅くまで残業+休日出勤が続いていましたが明後日からようやく連休です。
今週は休日出勤回避してやる~!
子供たちは夏休みだし、どこかに連れて行こうかな。

あ、キャロ馬たちの更新も溜まっているので1頭ずつ地道に更新していきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。