【備忘録】 2014年 ジェイエス繁殖馬セール 、など

2014/10/22 今年も恒例のジェイエス繁殖馬セールが開催されました。
毎年のことではありますが、今年もキャロットに関わりのあった繁殖牝馬が上場されていました。
今年は例年より少なめな気がしましたが、毎年繁殖牝馬の入れ替えは行われます。
元愛馬は上場されていませんでした。

ではキャロットに関わりのあった繁殖牝馬の結果をまとめてみます。

※ ここにあげますのは元キャロット馬とキャロットで募集された仔の母馬のみです
※ 購買者は敬称略とさせていただきます
※ 牝馬名後ろの()は 年齢・種付け相手・最終種付け日

2014年 ジェイエス繁殖馬セール (開催日:2014/10/22)
------------------------------
№23 アグアジベベール (8歳 ヘニーヒューズ受胎 2/22) ⇒ 864万(八木良司)
№25 ラフェクレール(7歳 クロフネ受胎 2/16) ⇒ 1188万(㈲グッドラック・ファーム)
№74 インディゴワルツ (12歳 エイシンフラッシュ受胎 4/13) ⇒ 216万(㈲新冠伊藤牧場) 
№76 リンガフランカ (12歳 クロフネ受胎 4/1) ⇒ 442.8万(ヒサイファーム)
№79 フロイラインローゼ (9歳 エイシンフラッシュ受胎 5/8) ⇒ 216万(㈲和新商会)
№94 ドゥルセデレーチェ (11歳 キンシャサノキセキ受胎 4/4) ⇒ 432万(㈲市川牧場)
№129 ソルスティス(7歳 エイシンフラッシュ受胎 3/7) ⇒ 183.6万(㈲佐藤牧場)
№131 プレジャートレイル (13歳 ワークフォース受胎 3/14) ⇒ 主取
№156 ガバーナ (13歳 ディープブリランテ受胎 5/1) ⇒ 主取
№129 ワイルドアフリカ (9歳 スマートファルコン受胎 4/28) ⇒ 248.4万(木部厳生)
№184 ライラックレーン (17歳 ルーラーシップ 不受胎) ⇒ 88.56万(恵比寿興業㈱那須野牧場)
------------------------------


ちなみに近年の繁殖馬セール結果は・・・
2012年はこちら
2011年はこちら
2010年はこちら

昨年は記事にしていなかったようです。
備忘録としてここで残しておきます。
結構上場されてましたね。

2013年 ジェイエス繁殖馬セール (開催日:2013/10/25)
------------------------------
№5 オンシジューム (10歳 ハービンジャー受胎) ⇒ 主取
№18 レストレスハート (10歳 ルーラーシップ受胎) ⇒ 472.5万(杉澤光雄)
№19 レチャーダ (4歳 クロフネ受胎) ⇒ 598.5万(㈲宮内牧場)
№21 フィックルベリー (8歳 ネオユニヴァース受胎) ⇒ 861万(㈲新冠橋本牧場)
№39 ブランシュネージュ (11歳 ディープブリランテ受胎) ⇒ 861万(㈲服部牧場)
№40 キッズエンジェル (10歳 ルーラーシップ受胎) ⇒ 315万(岡田スタッド)
№42 スウィートマフィン (7歳 ローエングリン受胎) ⇒ 210万(三村卓也)
№44 ルビウス (9歳 ディープブリランテ受胎) ⇒ 210万(乾皆雄)
№82 ラヴァーズナット (12歳 ハービンジャー受胎) ⇒ 420万(㈲コスモヴューファーム)
№114 ビオンドパンテーラ (7歳 トーセンホマレボシ受胎) ⇒ 273万(㈲エスティファーム)
№115 ウェスタリーズ (8歳 カジノドライヴ受胎) ⇒ 472.5(㈲ムラカミファーム)
№116 ビヨンドマイリーチ (7歳 トーセンホマレボシ受胎) ⇒ 105万(船越伸也)
№161 プーカ (3歳 未供用) ⇒ 126万(飯岡牧場)
№187 コックニー(13歳 スマートファルコン受胎) ⇒ 378万(㈲友田牧場)
№218 クルナコーヴァ (14歳 キンシャサノキセキ受胎) ⇒ 主取
№219 ローカス (15歳 ローエングリン受胎) ⇒ 主取
№221 ルナリア (3歳 未供用) ⇒ 主取
№225 ミスコンチェルト (12歳 ダノンシャンティ受胎) ⇒ 主取
------------------------------


2013年 ジェイエス繁殖馬セール[冬] (開催日:2013/1/25)
------------------------------
№45 アリスマイン (4歳 未供用) ⇒ 577.5万(㈱ランドマーク)
№46 シャムローグ (4歳 未供用) ⇒ 483万(㈲松田牧場)
№48 ワンサイドゲーム (4歳 未供用) ⇒ 378万(㈲北島牧場)
№61 サファーガ (4歳 未供用) ⇒ 147万(エバーグリーンパートナーシップ)
№62 アルフィルク (4歳 未供用) ⇒ 52.5万(㈲内田ステーブル)
------------------------------


また、サラブレッドオークションでも繁殖牝馬が出されていますね。
社台グループも参入して結構盛り上がっているようです。
キャロットに関わりのあった繁殖牝馬で最近取引された繁殖牝馬は、
------------------------------
2014/10/23 開催オークション
パルティール (3歳 未供用) ⇒ 160.1万

2014/10/16 開催オークション
プラチナベール (9歳 タートルボウル受胎) ⇒ 200万

2014/10/9 開催オークション
フェリーク (11歳 ワークフォース受胎) ⇒ 351.7万
------------------------------

などがいます。
これからも増えていくのでしょうか。
スポンサーサイト

2013 セレクトセール1日目

今日明日と毎年恒例のセレクトセール。
今日は1歳馬のセリが行われました。
それにしてもディープは高く売れますね~ビックリです。

キャロットは今年もセリに参加しました。
2頭の落札。
11 メジロルルドの2012 牡 栗 ハービンジャー メジロルルド (株)レイクヴィラファーム 1,200万 (株)キャロットクラブ
147 リンガフランカの2012 めす 栗 チチカステナンゴ リンガフランカ ノーザンファーム 600万 (株)キャロットクラブ


共に安くてお手頃価格で募集されそうですね。リンガフランカは馬体バランス良さそうですね。
でもたぶんスルーかな。(^_^;

他ではノーザンファームが落札した2頭もキャロットへ来る可能性有りますね。

39 ラブカーナの2012 めす 黒鹿 エンパイアメーカー ラブカーナ (株)ミリオンファーム 900万 ノーザンファーム
159 ミーⅡの2012 めす 鹿 Medicean ミーⅡ (株)ミリオンファーム 1,300万 ノーザンファーム


ラブカーナの仔は馬体も良さそうだし、キャロットへ来たら注目です。
チーム名古屋候補へ入れたい馬ですね。

明日は当歳のセリ。キャロットは明日も参加するのかな?
将来有望な馬を落札して欲しいですね。

2012年 ジェイエス繁殖馬セール

今年も恒例のジェイエス繁殖馬セールが開催されました。
数は昨年ほどではありませんが今年もキャロットに関わりのあった繁殖牝馬が上場されていました。
今年は元愛馬は上場されていませんでした。

では結果をあげてみたいと思います。

※ ここにあげますのは元キャロット馬とキャロットで募集された仔の母馬のみです
※ 購買者は敬称略とさせていただきます
※ 牝馬名後ろの()は 年齢・種付け相手・最終種付け日

------------------------------
№11 バイラオーラ (6歳 シンボリクリスエス受胎 2/15) ⇒ 1575万(ノーザンファーム)
№12 フライングメリッサ (8歳 ジャングルポケット受胎 2/16) ⇒ 987万(㈲ビッグレッドファーム)
№26 ロゼットネビュラ (6歳 メイショウサムソン受胎 4/13) ⇒ 1102.5万(㈲日高大洋牧場)
№27 キッズトゥデイ (13歳 ダイワメジャー受胎 5/29) ⇒ 主取
№84 フェリスホイール (6歳 アサクサデンエン受胎 3/1) ⇒ 519.75万(㈲大北牧場)
№90 ルーシエン (6歳 カジノドライヴ受胎 3/10) ⇒ 105万(杉浦和也)
№130 スムーズセイリング (9歳 キンシャサノキセキ受胎 3/25) ⇒ 325.5万(菅原光博)
№141 マチカネアズサユミ (5歳 タニノギムレット受胎 5/6) ⇒ 主取
№142 マイベストスター (12歳 ゴールドアリュール受胎 4/12) ⇒ 315万(オークツリーファーム)
№143 セレスチャルローブ (7歳 キャプテントゥーレ受胎 4/2) ⇒ 105万(金舛幸夫)
№178 シップスログ(2歳 カジノドライヴ受胎 5/20) ⇒ 43.05万(㈲スガタ牧場)
№190 フィルドール (9歳 ファルブラヴ受胎 2/24) ⇒ 主取
№191 プリンセスミラクル (13歳 カンパニー受胎 4/21) ⇒ 105万(㈲新冠橋本牧場)
№193 シンプルザベスト (14歳 ヴァーミリアン 4/24) ⇒ 主取
------------------------------


ちなみに昨年・一昨年の繁殖セール結果は・・・
2011年はこちら
2010年はこちら

今年は昨年ほどはノーザン&白老から上場されませんでしたが繁殖の入れ替えは毎年多いですね。
昨年も書いたことなのですが、キャロットに関わっている血統は毎年増えていっていますが、
ノーザン&白老に残るのは難しくなっていきそうです。
今後は重賞クラスまで行った母馬でないと母馬優先で出資は厳しいのかも・・・。
今年引退した愛馬ヴァリディオル、サファーガは繁殖入りしたけどどうなんだろう。
仔がデビューするまで競りに出されないといいけど。
ノーザン&白老で繁殖生活を送って欲しい良血馬なんだけどなぁ~
キャロットに来ることを祈ります。

元キャロット馬バイラオーラは白老Fが出してノーザンFが落札という珍しい形。
でもこれっていいんじゃない!!??仔はキャロットに来るんじゃない?
出資されていた方は思ったより高額だったのとノーザンに来てホッとされていることでしょう。

ノーザンも白老も海外の良血繁殖牝馬もたくさん入れているし
今後キャロットの募集馬がどんな仔が来るか楽しみです。

キャロットから話は変わりまして、
今年はエリモの活躍牝馬を含め有限会社エクセルマネジメントから多数上場されました。
エクセルマネジメント(=旧えりも農場)が事業廃止するらしく・・・残念です。
エリモの冠名は毎年楽しみにしていたし、良い馬も多かった。
名門牧場が次々と無くなっていくのは本当に寂しいですね。

スリープレスナイト・・・逝く

アマルフィターナの姉でGⅠ馬 スリープレスナイトが
2012/2/2 ノーザンファームにて右橈骨々折のため亡くなりました。

今年も2番仔を1/23に出産したばかりだったようで、かわいそうで、残念でなりません・・・。
残された2頭のディープ産駒に頑張ってもらいたいです。
全力で応援していきます。
アマルフィターナも姉の分まで今後競走馬としても、
繁殖牝馬としても頑張ってもらいたいです。

スリープレスナイト お疲れ様でした。どうぞ安らかに。

2011年 ジェイエス繁殖馬セール

今年も恒例のジェイエス繁殖馬セールが昨日開催されました。
先月初旬に記事にしましたが、今年は昨年以上にキャロットに関わりのあった繁殖牝馬が
上場されているように思いました。

早速結果をあげてみたいと思います。

※ ここにあげますのは元キャロット馬とキャロットで募集された仔の母馬のみです
※ 購買者は敬称略とさせていただきます
※ 牝馬名後ろの()は 年齢・種付け相手・最終種付け日

------------------------------
№3 ヨーレン (11歳 フレンチデピュティ受胎 3/27) ⇒ 210.0万(白瀬盛雄)
№5 マルティプライ (4歳 ゴールドアリュール受胎 4/2) ⇒ 315.0万(村上雅規)
№12 ガバーナ (10歳 ダイワメジャー受胎 4/10) ⇒ 主取
№13 フェザーレイ (10歳 メイショウサムソン受胎 4/8) ⇒ 1701.0万(㈲高昭牧場)
№44 ローズバレッタ (9歳 メイショウサムソン受胎 2/21) ⇒ 388.5万(林孝輝)
№55 プレジャートレイル (10歳 チチカステナンゴ受胎 2/19) ⇒ 欠場
№57 フーラクサ (10歳 ウォーエンブレム受胎 5/5) ⇒ 682.5万(㈲新冠タガノファーム)
№58 アスクレピアス (9歳 ステイゴールド受胎 4/14) ⇒ 640.5万(㈲上水牧場)
№64 ウインフィオーレ (12歳 ヴァーミリアン受胎 5/29) ⇒ 126.0万(石田国昭)
№87 プレラット (9歳 チチカステナンゴ受胎 2/12) ⇒ 378.0万(小河豊水)
№89 マイティーダンサー (11歳 ゴールドアリュール不受胎) ⇒ 420.0万(㈱オリオンファーム)
№96 ミレニアムポップ (13歳 スニッツェル受胎 3/10) ⇒ 210.0万(手嶋康雄)
№97 スペシャライズ (10歳 スニッツェル受胎 4/13) ⇒ 241.5万(島川隆哉)
№122 ハトシェプスト (5歳 ネオユニヴァース受胎 3/27) ⇒ 420.0万(乾皆雄)
№126 キャニオンビュー 元出資馬 (4歳 グラスワンダー受胎 4/3) ⇒ 主取
№134 セイリングシップ (8歳 カネヒキリ受胎 5/15) ⇒ 105.0万(津田健二)
№135 ビリーヴザミラクル (9歳 カンパニー受胎 5/4) ⇒ 157.5万(村下清志)
№173 シュガーキャンディ (14歳 キンシャサノキセキ受胎 6/3) ⇒ 157.5万(川島るみ)
№174 マックスドゥイット (14歳 フレンチデピュティ受胎 5/28) ⇒ 主取
№180 オートキュイジーヌ (5歳 ゴールドアリュール不受胎) ⇒ 47.25万(㈲スガタ牧場)
№183 ジョディーズライン (4歳 未供用) ⇒ 94.5万(㈲新冠橋本牧場)
№193 ハイランドダンス (3歳 未供用) ⇒ 105.0万(島川隆哉)
------------------------------


セール全体で見ますと昨年よりも売却率は下がっています。
ですが、ここに上げましたキャロットに関わった繁殖牝馬の売却率は上がりました。
( 昨年の記事 → こちら ) 
社台系牧場では昨年以上に繁殖の入れ替えが多くなっているようで、
キャロットに関わっている血統もなかなか残るのは難しくなっていきそうです。

今年の注目はやはり、元出資馬・愛馬キャニオンビュー
主取りになりました。
嬉しいやら、寂しいやら・・・上場時の動画は見てませんが
気性の悪さ出ちゃった??暴れちゃったかな??(笑)
主取りということで社台ファームに戻るのかな?
そうすると、受胎してるグラスワンダー仔はキャロットへ来る可能性をほんの少し残しました。
まぁ無いでしょうけど・・・。

他では、フェザーレイは結構高かったですね。
やはり血統良いからねぇ。
スペシャライズは安めでしたね・・・。
スニッツェル仔がキャロット来たら面白そうだったのになぁ・・・残念。
セイリングシップ、ビリーヴザミラクルも惜しい気はしますがねぇ・・・。

こうやって血を入れ替えることによってキャロット直結のノーザンファームも
進化できると思うし、今後どんな繁殖を入れていくのか注目しています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。